【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519145323.html
生きがいを見つける方法

生きがいを見つける方法 | LADYCO

LADYCO
生きがいを見つける方法

これが自分の生きがいだとはっきり断言できるようなものに出会えた人は、そのような生きる糧をどのように見つけているのか、挙げていきます。

  • 行動パターンを変える
  • 新しい友達を作る
  • 一人の時間を確保する
  • 小さな喜びを肯定する
  • 半端な興味を絶つ
  • 遊び場を変える
  • 学生時代を振り返る
  • 好きな人を作る
  • 旅をする
  • 親しい友人に聞いてみる
  • 苦境に埋もれた生きがいを再確認する
  • 人間社会以外にも目を向けてみる
  • 無人島に持って行きたいものから探る
  • まとめ

1. 行動パターンを変える

行動パターンを変える

現状の自分の人生に生きがいが見つかっていないとすれば、日々の行動パターンの中にそれと出会える要素がないと考えてしまった方が良いです。

同じルーティンを繰り返す日々の中で、突然変異的に生きがいを見つけることは不可能ですので、自分だったら絶対にありえないようなイレギュラーな行動を取り、まだ見ぬ自分の生きがいと己自身を引き合わせましょう。

2. 新しい友達を作る

新しい友達を作る

様々な経験を経て自分の人生を楽しんでいる新しい友達ができると、その人の生きがいと言える趣味を最良の形でナビゲートしてもらうことができます。

バイクが生きがいの人と友達になれば、まずは後ろに乗せてもらうことでスピードの魅力に目覚めることができたり、自由気ままに遠くまで行ける快適さに気付かせてもらうことができ、今までは他人事のように遠くから眺めていたバイクが、一気に身近になり、自分の生活に取り入れることも意識するようになります。

3. 一人の時間を確保する

一人の時間を確保する

生きがいというのは、自分の内なる声に、私の生きがいはこれですと自覚させる必要があるため、忙しい毎日に追われ、自分と向き合う時間を作れていない人は、仮に生きがいと言えるものに出会っているとしても、見落としてしまいがちです。

自分が人生で心から大切にしているものは何なのか、それを導き出すための時間を惜しむことなく、自分の心に語りかければ、自分の魂を震わせる生きがいは何なのか、自ずと見えてきます。

4. 小さな喜びを肯定する

小さな喜びを肯定する

生きがいと言う言葉の響きは、とてつもなく大きい幸せを自分にもたらしてくれるものでなければ、それに値しないかのような印象を持ってしまう方もいると思いますが、生きがいというのは日々の暮らしの中でちょこんと顔を出すような、派手に目立たないものもたくさんあります。

当たる、当たらないは二の次で、毎日スピードくじを買うのが生きがいと言う人もいますし、他人にとっては何とも思わないような些細なことを、生きがいにしている人もたくさんいます。

5. 半端な興味を絶つ

半端な興味を絶つ

半端な興味しかないことを何となく楽しんでいる人は、本当に没頭できるものに出会うための時間や集中力までそちらに奪われてしまい、生きがいに出会う機会がありません。

言うなれば、本当は寿司屋でマグロが食べたいのに、駄菓子で満腹状態になって寿司屋に辿り着かないようなものです。

生きがいを見つけるには、最低限の時間や集中力を確保することが大事ですので 、半端な興味は絶ってそれらを取り戻しましょう。

6. 遊び場を変える

遊び場を変える

毎週末、同じような場所に遊びに行っている人は、 新しい環境に遊びに行くことを意識してみましょう。

少なくとも、今の遊び場には生きがいを見出せていないわけですから、7割程度の妥協した楽しさで遊んでいるのであれば、10割の魅力を持った趣味と出会えるはずです。

普段の自分の遊び場はそのままに、生きがいを見つけるための冒険に出てみましょう。

7. 学生時代を振り返る

学生時代を振り返る

学生時代は部活に全神経を集中させ、熱く燃えていた人でも、成人すると皆同じようなダークスーツに身を包み、自分の個性を押し殺すように仕事人間となることを奨励されがちです。

企業に入れば、無個性の歯車となって生きがいを見失いがちですので、自分が楽しむことに貪欲だった学生時代を思い出し、生きがいを探すヒントにしてみましょう。

8. 好きな人を作る

好きな人を作る

自分の恋人や子供といった身近にいる大切な人や、元気をくれるアイドルや尊敬するスポーツ選手のような遠い憧れの人など、自分が好きになった人に愛情を注ぐことを生きがいとする人はたくさんいます。

逆に言えば、好きな人を見つけることで、生きがいもそこに付随してくる可能性も大きいですので、先に好きな人を探してしまうのも生きがい探しには効果的です。

9. 旅をする

旅をする

井の中の蛙になることなく、自分の心を揺さぶるものに出会えるので、自分を解放することで、生きがいを見つける人もいます。

海外に行くことで、日本では考えられないような過酷な労働環境や医療体制と出会い、そのことがきっかけとなってその国を救うことが自分の宿命となる場合もありますし、逆に海外に行くことで日本の素晴らしさに気づき、何でもなかったことが輝いて見えてくることもありますので、生きがいを見つけたいなら旅行はお勧めです。

10. 親しい友人に聞いてみる

親しい友人に聞いてみる

自分以上に自分のことをわかってくれている人は、意外と身近にいるものですので、自分は何を生きがいにしたら幸せになれるかを尋ねてみましょう。

意外な答えが返ってくるかもしれませんが、例えば自分のことを歌が上手いと言っている人より、周りの人から歌が上手いと言われている人の方が信憑性は高いですので、他力本願で他人の助言に期待してみましょう。

11. 苦境に埋もれた生きがいを再確認する

苦境に埋もれた生きがいを再確認する

慢性的に忙しかったり、体調が優れずに体のことばかり考える時間が長くなると、意識は危険なことや不安なことの方に支配されがちなので、生きがいは見えなくなってしまいがちです。

苦境の最中でも、生きがいを探すことを意識すれば、きちんと見えてきますので、苦境だからこそ眠っている生きがいを探してみましょう。

12. 人間社会以外にも目を向けてみる

人間社会以外にも目を向けてみる

生きがいは、人間社会に関わること以外にも見出すことができます。

例えば、天体観測であったり、虫の発する音を調べることに生きがいを見つける人もいます。

一般的に生きがいにする人が多い項目もありますが、こうでなければならないというルールなどありませんので、頭を柔らかくして自分だけの生きがいを見つけて下さい。

13. 無人島に持って行きたいものから探る

無人島に持って行きたいものから探る

無人島に持って行きたいものという質問を耳にすることはよくありますが、これを考えることで、自分が一生大切にするものは何かが見えてきます。

それは人生に必要不可欠なものの優先順位として、最上クラスに位置するものであり、生きがいとも密接に結びついていますので、自問自答してみましょう。

まとめ

生きがいを見つける様々な方法を挙げてみました。

意識や行動が変われば、今まで見れなかった景色も見えてきますので、プチ革命を起こし、自分の生きがいを即答できる人生にしましょう。

これが自分の生きがいだとはっきり断言できるようなものに出会えた人は、そのような生きる糧をどのように見つけているのか、挙げていきます。


行動パターンを変える

現状の自分の人生に生きがいが見つかっていないとすれば、日々の行動パターンの中にそれと出会える要素がないと考えてしまった方が良いです。

同じルーティンを繰り返す日々の中で、突然変異的に生きがいを見つけることは不可能ですので、自分だったら絶対にありえないようなイレギュラーな行動を取り、まだ見ぬ自分の生きがいと己自身を引き合わせましょう。

新しい友達を作る

様々な経験を経て自分の人生を楽しんでいる新しい友達ができると、その人の生きがいと言える趣味を最良の形でナビゲートしてもらうことができます。

バイクが生きがいの人と友達になれば、まずは後ろに乗せてもらうことでスピードの魅力に目覚めることができたり、自由気ままに遠くまで行ける快適さに気付かせてもらうことができ、今までは他人事のように遠くから眺めていたバイクが、一気に身近になり、自分の生活に取り入れることも意識するようになります。

一人の時間を確保する

生きがいというのは、自分の内なる声に、私の生きがいはこれですと自覚させる必要があるため、忙しい毎日に追われ、自分と向き合う時間を作れていない人は、仮に生きがいと言えるものに出会っているとしても、見落としてしまいがちです。

自分が人生で心から大切にしているものは何なのか、それを導き出すための時間を惜しむことなく、自分の心に語りかければ、自分の魂を震わせる生きがいは何なのか、自ずと見えてきます。

小さな喜びを肯定する

生きがいと言う言葉の響きは、とてつもなく大きい幸せを自分にもたらしてくれるものでなければ、それに値しないかのような印象を持ってしまう方もいると思いますが、生きがいというのは日々の暮らしの中でちょこんと顔を出すような、派手に目立たないものもたくさんあります。

当たる、当たらないは二の次で、毎日スピードくじを買うのが生きがいと言う人もいますし、他人にとっては何とも思わないような些細なことを、生きがいにしている人もたくさんいます。

半端な興味を絶つ

半端な興味しかないことを何となく楽しんでいる人は、本当に没頭できるものに出会うための時間や集中力までそちらに奪われてしまい、生きがいに出会う機会がありません。

言うなれば、本当は寿司屋でマグロが食べたいのに、駄菓子で満腹状態になって寿司屋に辿り着かないようなものです。

生きがいを見つけるには、最低限の時間や集中力を確保することが大事ですので 、半端な興味は絶ってそれらを取り戻しましょう。

遊び場を変える

毎週末、同じような場所に遊びに行っている人は、 新しい環境に遊びに行くことを意識してみましょう。

少なくとも、今の遊び場には生きがいを見出せていないわけですから、7割程度の妥協した楽しさで遊んでいるのであれば、10割の魅力を持った趣味と出会えるはずです。

普段の自分の遊び場はそのままに、生きがいを見つけるための冒険に出てみましょう。

学生時代を振り返る

学生時代は部活に全神経を集中させ、熱く燃えていた人でも、成人すると皆同じようなダークスーツに身を包み、自分の個性を押し殺すように仕事人間となることを奨励されがちです。

企業に入れば、無個性の歯車となって生きがいを見失いがちですので、自分が楽しむことに貪欲だった学生時代を思い出し、生きがいを探すヒントにしてみましょう。

好きな人を作る

自分の恋人や子供といった身近にいる大切な人や、元気をくれるアイドルや尊敬するスポーツ選手のような遠い憧れの人など、自分が好きになった人に愛情を注ぐことを生きがいとする人はたくさんいます。

逆に言えば、好きな人を見つけることで、生きがいもそこに付随してくる可能性も大きいですので、先に好きな人を探してしまうのも生きがい探しには効果的です。

旅をする

井の中の蛙になることなく、自分の心を揺さぶるものに出会えるので、自分を解放することで、生きがいを見つける人もいます。

海外に行くことで、日本では考えられないような過酷な労働環境や医療体制と出会い、そのことがきっかけとなってその国を救うことが自分の宿命となる場合もありますし、逆に海外に行くことで日本の素晴らしさに気づき、何でもなかったことが輝いて見えてくることもありますので、生きがいを見つけたいなら旅行はお勧めです。

親しい友人に聞いてみる

自分以上に自分のことをわかってくれている人は、意外と身近にいるものですので、自分は何を生きがいにしたら幸せになれるかを尋ねてみましょう。

意外な答えが返ってくるかもしれませんが、例えば自分のことを歌が上手いと言っている人より、周りの人から歌が上手いと言われている人の方が信憑性は高いですので、他力本願で他人の助言に期待してみましょう。

苦境に埋もれた生きがいを再確認する

慢性的に忙しかったり、体調が優れずに体のことばかり考える時間が長くなると、意識は危険なことや不安なことの方に支配されがちなので、生きがいは見えなくなってしまいがちです。

苦境の最中でも、生きがいを探すことを意識すれば、きちんと見えてきますので、苦境だからこそ眠っている生きがいを探してみましょう。

人間社会以外にも目を向けてみる

生きがいは、人間社会に関わること以外にも見出すことができます。

例えば、天体観測であったり、虫の発する音を調べることに生きがいを見つける人もいます。

一般的に生きがいにする人が多い項目もありますが、こうでなければならないというルールなどありませんので、頭を柔らかくして自分だけの生きがいを見つけて下さい。

無人島に持って行きたいものから探る

無人島に持って行きたいものという質問を耳にすることはよくありますが、これを考えることで、自分が一生大切にするものは何かが見えてきます。

それは人生に必要不可欠なものの優先順位として、最上クラスに位置するものであり、生きがいとも密接に結びついていますので、自問自答してみましょう。

生きがいを見つける様々な方法を挙げてみました。

意識や行動が変われば、今まで見れなかった景色も見えてきますので、プチ革命を起こし、自分の生きがいを即答できる人生にしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-