【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519142742.html
大勢の人前で話すコツ

大勢の人前で話すコツ | LADYCO

LADYCO
大勢の人前で話すコツ

大勢の人前で話すことは緊張してしまっておなかが痛くなることもありますね。

コツを知ればそんなことも徐々になくなっていきます。

  • 聞いている人を人だと思わない
  • ホワイトボードや手元のプリントに集中する
  • 話術を身につけて盛り上げる
  • 遠くに向かって話すつもりで声を通す
  • 多くの人に求められている自分に自信を持つ
  • リアクションを気にせず割り切って話す
  • もっと緊張した時のことを思い出す
  • ミスをしないように練習しておく
  • 読み間違いや言い間違いを防ぐために完璧な資料を揃える
  • お客さんをうまく活かす
  • まとめ

1. 聞いている人を人だと思わない

聞いている人を人だと思わない

大勢の人前で緊張しないようにするために「聞いている人をかぼちゃだと思え」なんて言ったりします。

これによって無機質なものに対して話していると思え、相手はつまらないだとか話が長いだとか批判的なことを感じていないと思えますし視線も気にならなくなります。

かぼちゃではなくても動物や食べ物でも何でもOKです。

自分がリラックスできるものを想定して緊張しないようにイメージしてみてください。

2. ホワイトボードや手元のプリントに集中する

ホワイトボードや手元のプリントに集中する

聞いている人の多くの視線が気になって追い込まれるような気持ちになることもありますが、必要以上に見られないようにするために会議の場であるならホワイトボードや配布したプリントに集中してもらうように工夫してみましょう。

「こちらをご覧ください」とホワイトボードに目をやってもらったり、「手元のプリントの何ページにもありますように…」と言えばそちらをぱっと見てくれます。

それを多用することで自分への視線が減ります。

3. 話術を身につけて盛り上げる

話術を身につけて盛り上げる

大勢の人前でノリノリで話すことができれば自分も楽しくなってきます。

そのためには話術を身につけることが大切です。

日頃の会話でも相手を楽しいと思わせるような話し方や盛り上がる話の展開になるよう気を配り、少しずつ鍛えていきましょう。

話術を磨くには講演会に足を運んだりテレビをよく観るのもいいですね。

聞いている人が盛り上がってくれれば多少のミスも気にならなくなって楽しく話せます。

4. 遠くに向かって話すつもりで声を通す

遠くに向かって話すつもりで声を通す

緊張して声が通らなくなってしまうこともありますが、大勢の人前ではそばにいる人に話す感じではなく会場の一番向こうの壁に向かって話しているつもりで声を通しましょう。

「聞こえればいいな」ではなく「声をあそこまで通す!」という気持ちでしっかり大きく話します。

大きな声で話すことで気持ちよくなってきますし、聞いている人のリアクションも増えます。

5. 多くの人に求められている自分に自信を持つ

多くの人に求められている自分に自信を持つ

大勢の人前で話す機会を与えられたということに喜びと自信を持つことも上手く話すコツのひとつです。

嫌だと思ってしまうとどんどん萎縮し、緊張してしまいます。

しかし、「みんなが待っている」「聞きたがっている」と思えば「聞かせてやろう!」と強気にもなれます。

自分が奮起するように思い込ませ、強引にでも気持ちをのらせましょう。

思い込みでも独りよがりでもそれで自信が出て堂々とできるならいいことです。

6. リアクションを気にせず割り切って話す

リアクションを気にせず割り切って話す

人前で話すとどうしても相手のリアクションに感情を引っ張られてしまいますが、相手のリアクションなど気にせずに割り切って話すべきことを話すと思ってみてください。

与えられた任務だからやるだけ、話し終わるまでただ話すだけなんて思ってみると事務的に時間が過ぎていきます。

人によって価値観は違いますからリアクションは様々です。

どんなに自信があることでもいまいちなリアクションもあり、それは仕方のないことです。

7. もっと緊張した時のことを思い出す

もっと緊張した時のことを思い出す

大勢の人前で話した経験が過去にもあったはずです。

子供の頃なら参観日や発表会、大人になってからなら入社後の挨拶や飲み会でのカラオケなど、緊張して嫌だったなと感じた記憶を辿り、「あの時と比べたらずっとマシだ」と自分を励ましてみましょう。

「あの時できたんだからできるさ」と楽観的に考えることも大切です。

経験したことなら何とか乗り越えられそうな気になってきます。

人に相談して緊張した思い出話を聞かせてもらうのも同じように使えます。

8. ミスをしないように練習しておく

ミスをしないように練習しておく

大勢の人前でミスをしてしまうとさらに緊張してしまいます。

ミスしないように何度か練習しておくと安心ですね。

この速さならこのくらいで話し終わるとか、入退場までもイメージして置くと練習どおりにやればいいという気持ちに変わります。

経験が少ない人こそ練習が必要です。

9. 読み間違いや言い間違いを防ぐために完璧な資料を揃える

読み間違いや言い間違いを防ぐために完璧な資料を揃える

完璧な資料を揃え、読み間違えやいい間違いを防ぐようにします。

資料にはひらがなを振ったり、質問を想定してこう答えるというものを用意しておきましょう。

十分な資料があれば臨機応変に対応できます。

また、間違いを防ぐためにシンプルな文章にしたり、どうしても言い間違える言い方を避けて文を作ることもポイントです。

10. お客さんをうまく活かす

お客さんをうまく活かす

大勢の人前で自分だけが注目されて緊張したり恥ずかしい思いをするなんて損をした気分になります。

それならお客さんも上手く巻き込んでしまいましょう。

話をしながら質問をしたり、自分のそばに招いて協力してもらいながら話を進めます。

リアクションがあれば「ありがとうございます!」とちょっとふざけたりもしながら活かしてみてください。

まとめ

大勢の人前で話すには慣れも必要ですが、十分な準備と気の持ちようでも楽になれます。

張り切りすぎるとかえって空回りすることもあるので「無難にやろう」とか「聞かせてやるか」くらいの気持ちでもいいのではないでしょうか。

大勢の人前で話すことは緊張してしまっておなかが痛くなることもありますね。

コツを知ればそんなことも徐々になくなっていきます。


聞いている人を人だと思わない

大勢の人前で緊張しないようにするために「聞いている人をかぼちゃだと思え」なんて言ったりします。

これによって無機質なものに対して話していると思え、相手はつまらないだとか話が長いだとか批判的なことを感じていないと思えますし視線も気にならなくなります。

かぼちゃではなくても動物や食べ物でも何でもOKです。

自分がリラックスできるものを想定して緊張しないようにイメージしてみてください。

ホワイトボードや手元のプリントに集中する

聞いている人の多くの視線が気になって追い込まれるような気持ちになることもありますが、必要以上に見られないようにするために会議の場であるならホワイトボードや配布したプリントに集中してもらうように工夫してみましょう。

「こちらをご覧ください」とホワイトボードに目をやってもらったり、「手元のプリントの何ページにもありますように…」と言えばそちらをぱっと見てくれます。

それを多用することで自分への視線が減ります。

話術を身につけて盛り上げる

大勢の人前でノリノリで話すことができれば自分も楽しくなってきます。

そのためには話術を身につけることが大切です。

日頃の会話でも相手を楽しいと思わせるような話し方や盛り上がる話の展開になるよう気を配り、少しずつ鍛えていきましょう。

話術を磨くには講演会に足を運んだりテレビをよく観るのもいいですね。

聞いている人が盛り上がってくれれば多少のミスも気にならなくなって楽しく話せます。

遠くに向かって話すつもりで声を通す

緊張して声が通らなくなってしまうこともありますが、大勢の人前ではそばにいる人に話す感じではなく会場の一番向こうの壁に向かって話しているつもりで声を通しましょう。

「聞こえればいいな」ではなく「声をあそこまで通す!」という気持ちでしっかり大きく話します。

大きな声で話すことで気持ちよくなってきますし、聞いている人のリアクションも増えます。

多くの人に求められている自分に自信を持つ

大勢の人前で話す機会を与えられたということに喜びと自信を持つことも上手く話すコツのひとつです。

嫌だと思ってしまうとどんどん萎縮し、緊張してしまいます。

しかし、「みんなが待っている」「聞きたがっている」と思えば「聞かせてやろう!」と強気にもなれます。

自分が奮起するように思い込ませ、強引にでも気持ちをのらせましょう。

思い込みでも独りよがりでもそれで自信が出て堂々とできるならいいことです。

リアクションを気にせず割り切って話す

人前で話すとどうしても相手のリアクションに感情を引っ張られてしまいますが、相手のリアクションなど気にせずに割り切って話すべきことを話すと思ってみてください。

与えられた任務だからやるだけ、話し終わるまでただ話すだけなんて思ってみると事務的に時間が過ぎていきます。

人によって価値観は違いますからリアクションは様々です。

どんなに自信があることでもいまいちなリアクションもあり、それは仕方のないことです。

もっと緊張した時のことを思い出す

大勢の人前で話した経験が過去にもあったはずです。

子供の頃なら参観日や発表会、大人になってからなら入社後の挨拶や飲み会でのカラオケなど、緊張して嫌だったなと感じた記憶を辿り、「あの時と比べたらずっとマシだ」と自分を励ましてみましょう。

「あの時できたんだからできるさ」と楽観的に考えることも大切です。

経験したことなら何とか乗り越えられそうな気になってきます。

人に相談して緊張した思い出話を聞かせてもらうのも同じように使えます。

ミスをしないように練習しておく

大勢の人前でミスをしてしまうとさらに緊張してしまいます。

ミスしないように何度か練習しておくと安心ですね。

この速さならこのくらいで話し終わるとか、入退場までもイメージして置くと練習どおりにやればいいという気持ちに変わります。

経験が少ない人こそ練習が必要です。

読み間違いや言い間違いを防ぐために完璧な資料を揃える

完璧な資料を揃え、読み間違えやいい間違いを防ぐようにします。

資料にはひらがなを振ったり、質問を想定してこう答えるというものを用意しておきましょう。

十分な資料があれば臨機応変に対応できます。

また、間違いを防ぐためにシンプルな文章にしたり、どうしても言い間違える言い方を避けて文を作ることもポイントです。

お客さんをうまく活かす

大勢の人前で自分だけが注目されて緊張したり恥ずかしい思いをするなんて損をした気分になります。

それならお客さんも上手く巻き込んでしまいましょう。

話をしながら質問をしたり、自分のそばに招いて協力してもらいながら話を進めます。

リアクションがあれば「ありがとうございます!」とちょっとふざけたりもしながら活かしてみてください。

大勢の人前で話すには慣れも必要ですが、十分な準備と気の持ちようでも楽になれます。

張り切りすぎるとかえって空回りすることもあるので「無難にやろう」とか「聞かせてやるか」くらいの気持ちでもいいのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-