【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519142739.html
他人と比較しないコツ

他人と比較しないコツ | LADYCO

LADYCO
他人と比較しないコツ

他人と比較すると落ち込んでしまうことがありますが、そうしない8つのコツについてお伝えしたいと思います。

  • 自分の成果に注目
  • 適度に聞き流す
  • 集中する
  • 自分を正しく評価する
  • 気分転換
  • 理解者を得る
  • 自分の良い点に目を向ける
  • 人の気持ちを理解する
  • まとめ

1. 自分の成果に注目

自分の成果に注目

他人の成果と自分の成果を比べてしまうとその差に愕然としてしまうかもしれません。

しかし他の人と比べて自分がどうかではなく、自分が何を成し遂げてきたかについて注意を向ければ、満足感を味わうことができます。

このようにすれば自分の能力内での成果について考えることができ、自分には到底成し遂げることのできないことについては考えることがなくなります。

なるべくどんなに小さな事であっても自分の成し遂げたことについて考える習慣を培えば、比較する癖は徐々に消えていきます。

2. 適度に聞き流す

適度に聞き流す

誰かがものすごいことを成し遂げたというニュースが耳に飛び込んでくることがあるかもしれません。

そしてこの人が自分と同い年であったり、動機であったりするなら落ち込んでしまうことがあるかもしれません。

そのためこうしたニュースはなるべく聞かないようにするべきです。

このような情報が頭の中に入ってしまうと自信を失うことになり、自分が持っている力を思う存分に発揮できなくなってしまいます。

そのため適度に耳をふさぐことも他人と自分を比較しないためには必要です。

3. 集中する

集中する

自分が今行っていることに集中することも一つの手段です。

そのようにすることで周りを気にしなくて済みます。

またそこで何らかの成果を上げることができれば自信につながり、これまで以上の力を発揮できる可能性は高まります。

実のところ、あらゆる分野での進歩のスピードは人それぞれ異なります。

そのため進歩の遅い人はそれなりの努力が必要となってくるわけですが、それでも確実に前へ進んでいる場合はそれについて喜ぶべきなのです。

4. 自分を正しく評価する

自分を正しく評価する

1つ目の項目でも考えましたが、自分が成し遂げたことを考えると素直に喜べるはずです。

しかしここで他の人が自分よりも優れたことを行い、そこでの成果が多くの人によって称賛されている場合、心が落ち込むことがあるでしょう。

このような状況に陥った場合、自分を正しく評価してみることもできます。

「自分はあの人よりも能力で劣っているのだから、仕方がない」という素直な気持ちになれば、意外と気持ちが楽になるものです。

5. 気分転換

気分転換

落ち込んだときには気分転換が一番です。

そのため思わず他の人と自分を比べてその能力の違いに愕然としてしまった場合、気分転換を行うことができます。

しかしこのような状況に陥る前にも気分転換を行うことができます。

多くの場合、気持ちが落ち込むのは精神的に疲れているときです。

心が晴れ晴れしているときにはネガティブな発想は浮かんできません。

そこで自分の趣味などの時間を作り、気持ちを晴れやかにしておくことができます。

そのようにすれば他の人の成果について気になることはなく、楽観的に物事を見ることができます。

6. 理解者を得る

 理解者を得る

自分のことをよく理解してくれる人がいる場合、それは大きな助けとなります。

このような人は自分の能力についてよく知っており、それを評価してくれます。

しかしそのよなことは誰かに言われるまで気づかないものです。

そのようなわけで自分を良く知る理解者がそばにいて励ましの言葉を与えてくれるというのは、大きな力となります。

7. 自分の良い点に目を向ける

自分の良い点に目を向ける

誰にでも他の人よりも秀でている点があります。

このようなものを見つけ、そこに目を向けるようにするのも自尊心を培う上で重要です。

「自分はこの点で他の人よりも優っている」という気持ちがあれば、他の人と自分を比較して自分のできていない点にばかり目が行ってしまうという事態を避けることができます。

しかし他の人よりも優っている点を見つけ、逆にそれを誇るようなことがないように気をつけなければなりません。

そのようなことが生じると周りの人から嫌われてしまうことがあります。

8. 人の気持ちを理解する

人の気持ちを理解する

これまで他の人と自分を比較して落ち込むことがないよう、どのように対処できるかについて考えてきました。

しかし逆のケースも生じえます。

それは他の人と自分を比較し、「あの人は何でこんなことができないのだろう」という気持ちになるというものです。

これまでさんざん考えてきましたが、人が持つ能力はそれぞれ異なります。

そのため自分にはできても他の人にはできないということがあるのです。

この点をしっかりと理解し、他の人の気持ちを考えてあげることでこうした漢書は除き去ることができます。

まとめ

もちろん他の人と自分を比較することで向上していく人もいます。

しかしそれがきっかけで落ち込んでしまったり、他の人を傷つけてしまうことがあるのも事実です。

こうしたことを心配する人は上記で考えた点を実践し、比較してしまう癖を改善することができます。

このようにすれば気持ちが楽になり、物事に対して積極的な見方を取ることができるようになります。

他人と比較すると落ち込んでしまうことがありますが、そうしない8つのコツについてお伝えしたいと思います。


自分の成果に注目

他人の成果と自分の成果を比べてしまうとその差に愕然としてしまうかもしれません。

しかし他の人と比べて自分がどうかではなく、自分が何を成し遂げてきたかについて注意を向ければ、満足感を味わうことができます。

このようにすれば自分の能力内での成果について考えることができ、自分には到底成し遂げることのできないことについては考えることがなくなります。

なるべくどんなに小さな事であっても自分の成し遂げたことについて考える習慣を培えば、比較する癖は徐々に消えていきます。

適度に聞き流す

誰かがものすごいことを成し遂げたというニュースが耳に飛び込んでくることがあるかもしれません。

そしてこの人が自分と同い年であったり、動機であったりするなら落ち込んでしまうことがあるかもしれません。

そのためこうしたニュースはなるべく聞かないようにするべきです。

このような情報が頭の中に入ってしまうと自信を失うことになり、自分が持っている力を思う存分に発揮できなくなってしまいます。

そのため適度に耳をふさぐことも他人と自分を比較しないためには必要です。

集中する

自分が今行っていることに集中することも一つの手段です。

そのようにすることで周りを気にしなくて済みます。

またそこで何らかの成果を上げることができれば自信につながり、これまで以上の力を発揮できる可能性は高まります。

実のところ、あらゆる分野での進歩のスピードは人それぞれ異なります。

そのため進歩の遅い人はそれなりの努力が必要となってくるわけですが、それでも確実に前へ進んでいる場合はそれについて喜ぶべきなのです。

自分を正しく評価する

1つ目の項目でも考えましたが、自分が成し遂げたことを考えると素直に喜べるはずです。

しかしここで他の人が自分よりも優れたことを行い、そこでの成果が多くの人によって称賛されている場合、心が落ち込むことがあるでしょう。

このような状況に陥った場合、自分を正しく評価してみることもできます。

「自分はあの人よりも能力で劣っているのだから、仕方がない」という素直な気持ちになれば、意外と気持ちが楽になるものです。

気分転換

落ち込んだときには気分転換が一番です。

そのため思わず他の人と自分を比べてその能力の違いに愕然としてしまった場合、気分転換を行うことができます。

しかしこのような状況に陥る前にも気分転換を行うことができます。

多くの場合、気持ちが落ち込むのは精神的に疲れているときです。

心が晴れ晴れしているときにはネガティブな発想は浮かんできません。

そこで自分の趣味などの時間を作り、気持ちを晴れやかにしておくことができます。

そのようにすれば他の人の成果について気になることはなく、楽観的に物事を見ることができます。

 理解者を得る

自分のことをよく理解してくれる人がいる場合、それは大きな助けとなります。

このような人は自分の能力についてよく知っており、それを評価してくれます。

しかしそのよなことは誰かに言われるまで気づかないものです。

そのようなわけで自分を良く知る理解者がそばにいて励ましの言葉を与えてくれるというのは、大きな力となります。

自分の良い点に目を向ける

誰にでも他の人よりも秀でている点があります。

このようなものを見つけ、そこに目を向けるようにするのも自尊心を培う上で重要です。

「自分はこの点で他の人よりも優っている」という気持ちがあれば、他の人と自分を比較して自分のできていない点にばかり目が行ってしまうという事態を避けることができます。

しかし他の人よりも優っている点を見つけ、逆にそれを誇るようなことがないように気をつけなければなりません。

そのようなことが生じると周りの人から嫌われてしまうことがあります。

人の気持ちを理解する

これまで他の人と自分を比較して落ち込むことがないよう、どのように対処できるかについて考えてきました。

しかし逆のケースも生じえます。

それは他の人と自分を比較し、「あの人は何でこんなことができないのだろう」という気持ちになるというものです。

これまでさんざん考えてきましたが、人が持つ能力はそれぞれ異なります。

そのため自分にはできても他の人にはできないということがあるのです。

この点をしっかりと理解し、他の人の気持ちを考えてあげることでこうした漢書は除き去ることができます。

もちろん他の人と自分を比較することで向上していく人もいます。

しかしそれがきっかけで落ち込んでしまったり、他の人を傷つけてしまうことがあるのも事実です。

こうしたことを心配する人は上記で考えた点を実践し、比較してしまう癖を改善することができます。

このようにすれば気持ちが楽になり、物事に対して積極的な見方を取ることができるようになります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-