【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519131022.html
嘘を見抜くコツ

嘘を見抜くコツ | LADYCO

LADYCO
嘘を見抜くコツ

どんなに小さくても、嘘をつかれてだまされるのはつらいものです。

騙されないために嘘を見抜くコツをご紹介します。

  • 相手の目を見る
  • 相手の話をよく聞く
  • 普段から嘘をつく人かどうかを把握しておく
  • 辻褄が合っているか確かめる
  • 知識を増やす
  • 複数人に話を聞く
  • 後日また話を聞いてみる
  • 「他の人に聞いてみてもいい?」と聞いてみる
  • あえて話に乗ってみる
  • 常に疑う気持ちを持つ
  • まとめ

1. 相手の目を見る

相手の目を見る

目は口ほどにものを言う、という言葉もある通り、目を見れば相手の様子がおかしいことに気づくことができます。

とはいえ相手の目を見て話すことができる人とそうでない人がいるので、目が合わないから嘘をついていると判断するのは早計でしょう。

目が泳いでいないか、不自然な動きをしていないかなどを見ることで、嘘をついているのかどうか判断するのが良いです。

2. 相手の話をよく聞く

相手の話をよく聞く

相手の話を聞き流していると、嘘をつかれても気が付くことができません。

また、こちらが適当な態度で聞いていると、相手も適当な話をしてくることがあるかもしれません。

真剣に話を聞いてくれる相手に対しては誠実であろうとする心理が働く人がほとんどです。

相手の話をよく聞き的確な相槌を打つことで、嘘を見抜くこともできますし、その場でつい口から出てしまうような小さな嘘をつかれることを防ぐことができます。

3. 普段から嘘をつく人かどうかを把握しておく

普段から嘘をつく人かどうかを把握しておく

その時たまたま嘘をついてしまった、等ではなく、いつも嘘をつく人がいます。

そういう人はほとんど無意識のうちに嘘をついてしまい、嘘のつき方もとても自然です。

普段嘘をつかない人とは違い、特に動揺することもなく嘘をつきます。

そのような人の言葉は基本的に本気にしない方がいいでしょう。

そのような人の嘘をピンポイントに見抜くのは難しいですが、疑う姿勢を持つことで嘘を見抜ける確率がぐっと上がります。

4. 辻褄が合っているか確かめる

辻褄が合っているか確かめる

嘘というのはほとんどがその場の思い付きのようなものです。

計画的で巧妙な嘘もありますが、だいたいの嘘はそうではありません。

必ずどこかで辻褄が合わなくなりますので、きちんと辻褄が合っているか、不自然な部分がないかを確かめましょう。

少しでもおかしいと思うことがあったら「この前はこう言ってたよね?」と確認することではっきりと嘘かどうか確かめることもできます。

5. 知識を増やす

知識を増やす

そもそも、相手以上に知っている分野に関しては、嘘をつかれたとしてもすぐに気が付くことができます。

相手もそれが分かっていれば嘘をついてくることはほとんどないでしょう。

しかし知らない分野については、相手に自信満々に「こうなんだよ」と言われたら「そうなんだ!」と思ってしまいがちです。

そこで、あらゆる知識を蓄えることが嘘をすぐに見抜く上で重要になります。

6. 複数人に話を聞く

複数人に話を聞く

一人だけに話を聞いていると、一方的な面しか見ることができず、たとえ嘘をつかれていてもすぐに見抜くことができません。

ですが、複数人に話を聞けば、話の内容が違っていたり辻褄が合っていなかったりして、嘘をつかれていたことに気が付くことができます。

何人かに話を聞けば、おのずと何が嘘で何が本当なのか見えてくるでしょう。

7. 後日また話を聞いてみる

後日また話を聞いてみる

嘘をつかれると、その時には嘘だと気が付いていなくても、なんとなく自分の中にひっかかることがあります。

そのような時には迷わず相手に後日もう一度話を聞いてみましょう。

嘘をついた側が、ついた嘘について何日も完璧に覚えていることは難しいことです。

前に話を聞いた時と内容が変わっていないか確かめ、「前はこう言ってなかった?」と確認してみましょう。

8. 「他の人に聞いてみてもいい?」と聞いてみる

「他の人に聞いてみてもいい?」と聞いてみる

嘘をついている相手は、真実を知られたくないから嘘をついています。

他の人に話を聞かれるということは、知られたくない真実について知られてしまう危険があります。

当然、この言葉を問いかけられた時には焦ってしまいます。

「他の人に話を聞く」と相手に伝えた時に突然焦りだすようなことがあれば、相手は嘘をついている可能性が高いです。

9. あえて話に乗ってみる

あえて話に乗ってみる

相手の話が嘘かどうかわからない時、疑う気持ちがあっても一度話に乗ってみてください。

話が盛り上がってくると、嘘をついた相手はうれしくなって嘘がどんどん大きくなることがあります。

小さな嘘は見抜くことが難しくても、大きな嘘になれば聞いただけですぐ嘘であると見抜くことができるようになります。

10. 常に疑う気持ちを持つ

常に疑う気持ちを持つ

常に疑いながら話を聞く、と言うと、あまりいいイメージがありませんが、自分も相手も傷つけないための有効な手段です。

人の言うことを何でも信じ切っていては、悪意を持った人に巧妙な嘘をつかれても自分の身を守ることはできません。

また、嘘はいつかばれることがほとんどです。

自分が騙されないことによって、嘘をつく相手にもそのことを実感させ、もしかすると嘘をつくことをやめてくれるかもしれません。

まとめ

以上、10選の嘘を見抜くコツでした。

嘘をつかれること自体が悲しいことではありますが、それを見抜けずに騙されてしまうことはさらなる悲劇を呼ぶことになります。

この10点を意識することで嘘を見抜き、嘘をつかれることがない人になりましょう。

どんなに小さくても、嘘をつかれてだまされるのはつらいものです。

騙されないために嘘を見抜くコツをご紹介します。


相手の目を見る

目は口ほどにものを言う、という言葉もある通り、目を見れば相手の様子がおかしいことに気づくことができます。

とはいえ相手の目を見て話すことができる人とそうでない人がいるので、目が合わないから嘘をついていると判断するのは早計でしょう。

目が泳いでいないか、不自然な動きをしていないかなどを見ることで、嘘をついているのかどうか判断するのが良いです。

相手の話をよく聞く

相手の話を聞き流していると、嘘をつかれても気が付くことができません。

また、こちらが適当な態度で聞いていると、相手も適当な話をしてくることがあるかもしれません。

真剣に話を聞いてくれる相手に対しては誠実であろうとする心理が働く人がほとんどです。

相手の話をよく聞き的確な相槌を打つことで、嘘を見抜くこともできますし、その場でつい口から出てしまうような小さな嘘をつかれることを防ぐことができます。

普段から嘘をつく人かどうかを把握しておく

その時たまたま嘘をついてしまった、等ではなく、いつも嘘をつく人がいます。

そういう人はほとんど無意識のうちに嘘をついてしまい、嘘のつき方もとても自然です。

普段嘘をつかない人とは違い、特に動揺することもなく嘘をつきます。

そのような人の言葉は基本的に本気にしない方がいいでしょう。

そのような人の嘘をピンポイントに見抜くのは難しいですが、疑う姿勢を持つことで嘘を見抜ける確率がぐっと上がります。

辻褄が合っているか確かめる

嘘というのはほとんどがその場の思い付きのようなものです。

計画的で巧妙な嘘もありますが、だいたいの嘘はそうではありません。

必ずどこかで辻褄が合わなくなりますので、きちんと辻褄が合っているか、不自然な部分がないかを確かめましょう。

少しでもおかしいと思うことがあったら「この前はこう言ってたよね?」と確認することではっきりと嘘かどうか確かめることもできます。

知識を増やす

そもそも、相手以上に知っている分野に関しては、嘘をつかれたとしてもすぐに気が付くことができます。

相手もそれが分かっていれば嘘をついてくることはほとんどないでしょう。

しかし知らない分野については、相手に自信満々に「こうなんだよ」と言われたら「そうなんだ!」と思ってしまいがちです。

そこで、あらゆる知識を蓄えることが嘘をすぐに見抜く上で重要になります。

複数人に話を聞く

一人だけに話を聞いていると、一方的な面しか見ることができず、たとえ嘘をつかれていてもすぐに見抜くことができません。

ですが、複数人に話を聞けば、話の内容が違っていたり辻褄が合っていなかったりして、嘘をつかれていたことに気が付くことができます。

何人かに話を聞けば、おのずと何が嘘で何が本当なのか見えてくるでしょう。

後日また話を聞いてみる

嘘をつかれると、その時には嘘だと気が付いていなくても、なんとなく自分の中にひっかかることがあります。

そのような時には迷わず相手に後日もう一度話を聞いてみましょう。

嘘をついた側が、ついた嘘について何日も完璧に覚えていることは難しいことです。

前に話を聞いた時と内容が変わっていないか確かめ、「前はこう言ってなかった?」と確認してみましょう。

「他の人に聞いてみてもいい?」と聞いてみる

嘘をついている相手は、真実を知られたくないから嘘をついています。

他の人に話を聞かれるということは、知られたくない真実について知られてしまう危険があります。

当然、この言葉を問いかけられた時には焦ってしまいます。

「他の人に話を聞く」と相手に伝えた時に突然焦りだすようなことがあれば、相手は嘘をついている可能性が高いです。

あえて話に乗ってみる

相手の話が嘘かどうかわからない時、疑う気持ちがあっても一度話に乗ってみてください。

話が盛り上がってくると、嘘をついた相手はうれしくなって嘘がどんどん大きくなることがあります。

小さな嘘は見抜くことが難しくても、大きな嘘になれば聞いただけですぐ嘘であると見抜くことができるようになります。

常に疑う気持ちを持つ

常に疑いながら話を聞く、と言うと、あまりいいイメージがありませんが、自分も相手も傷つけないための有効な手段です。

人の言うことを何でも信じ切っていては、悪意を持った人に巧妙な嘘をつかれても自分の身を守ることはできません。

また、嘘はいつかばれることがほとんどです。

自分が騙されないことによって、嘘をつく相手にもそのことを実感させ、もしかすると嘘をつくことをやめてくれるかもしれません。

以上、10選の嘘を見抜くコツでした。

嘘をつかれること自体が悲しいことではありますが、それを見抜けずに騙されてしまうことはさらなる悲劇を呼ぶことになります。

この10点を意識することで嘘を見抜き、嘘をつかれることがない人になりましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-