【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519131019.html
ロールキャベツ男子の特徴

ロールキャベツ男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
ロールキャベツ男子の特徴

肉食でも草食でもない、ロールキャベツ男子の実態とはいかなるものか、その特徴や傾向について挙げていきます。

  • 温厚そうに見えて怒らせると怖い
  • 冷静に見えて熱い
  • なめられやすいけど弱いわけじゃない
  • 消極的に見えて大胆
  • 期待を上回る結果を出す
  • 見た目の印象より女慣れしている
  • 親しみやすいけど好き嫌いは激しい
  • 事なかれ主義に見えて黙って見逃せない
  • 表面的な男らしさで自分を強く見せない
  • 浅い付き合いの人は中身が肉食だと気づかない
  • 笑いには疎そうだけど話すと面白い
  • 肉食に見られることのデメリットを知っている
  • 世間知らずに見えて経験豊富
  • まとめ

1. 温厚そうに見えて怒らせると怖い

温厚そうに見えて怒らせると怖い

一見すると草食系の雰囲気を醸し出すロールキャベツ男子は、何をしても怒らなそうに見えるため、ツッコミ好きの人にイジられやすい傾向がありますが、あまり調子に乗っていると空気を一変させ、その風貌からは想像できないほどはっきりした口調で制止を促し、本性を剥き出しにします。

一度怒らせると謝ってもすぐには許しませんが、一日経つと水に流すことも多いので、謝罪のタイミングには気をつけましょう。

2. 冷静に見えて熱い

冷静に見えて熱い

泣ける映画を見たり、激闘のスポーツ観戦をしても、草食系の雰囲気を持つ男性は、自分の感情をあまり表に表さない印象がありますが、ロールキャベツ男子にとってそれは外見的な要素だけなので、周囲の予想に反して両手を上げて喜びの声を張り上げたり、人目も気にせず号泣することがあります。

また、表面には出さなくても怒っていることがあるので、目の奥を良く見るようにしましょう。

3. なめられやすいけど弱いわけじゃない

なめられやすいけど弱いわけじゃない

草食な外見の人はおとなしく見えるので、肉食な連中にナメられやすい傾向がありますが、元々は完全に肉食だった人が年齢と共に落ち着き、外見を人当たりの良い風貌に変えただけのロールキャベツ男子もいるので、ナメてかかると血気盛んだった肉食時代の要素が色濃くなり、痛い目に合います。

4. 消極的に見えて大胆

消極的に見えて大胆

見た目では何事にも消極的で、自分で決断して動くことは苦手は見えますが、その大人しそうな外見とは裏腹に、思い切った行動に出ることがあります。

このような男性は、初めてのデートでは、女性が引っ張っていかなければならないと女性に意識させますが、付き合いを重ねていくにつれ、デートのプランを決めたり、レストランを予約したりと、頼もしく思える要素が色濃くなっていくので、付き合った後に魅力が増していく傾向があります。

5. 期待を上回る結果を出す

期待を上回る結果を出す

力仕事や営業職などを任される時、その見た目からあまり期待されない傾向がありますが、期待値が下がっている分、肉食としての馬力や行動力を発揮することで、高い評価を得ることがあります。

ハードルが下がっていることで余計な緊張も和らぎ、本来のポテンシャルを発揮しやすくなることを思えば、良い成績を残すために恵まれたギャップを持つと言えます。

6. 見た目の印象より女慣れしている

見た目の印象より女慣れしている

女性との交流がなさそうな外見から、女性を目の前にすると緊張して何も喋れなくなるようなキャラクターを想像されがちですが、実際は全くそんなことはありません。

女性を気持ちよくする様々な褒め言葉が次々と出てきたり、自然に連絡先を聞き出すスキルに至るまで、女性の扱いに慣れていることが多いので、自分の彼女や大切な女友達には、見た目のわりに女癖が悪いことを事前に伝え、ギャップ萌えで惚れてしまったり、人間関係がこじれてしまわように注意しましょう。

7. 親しみやすいけど好き嫌いは激しい

親しみやすいけど好き嫌いは激しい

他人を威嚇する要素が全くない親しみやすいルックスから、どんな人も優しく受け入れてくれそうに見えますが、自分のこだわりや美意識には忠実であろうとする熱さがあるため、それに反する人には心を開かないことを明確に意思表示することがあります。

その反面、意気投合した人には初対面でも家に泊めるレベルで心を開放するので、好きか嫌いかによって天国と地獄ほどの温度差が発生します。

8. 事なかれ主義に見えて黙って見逃せない

事なかれ主義に見えて黙って見逃せない

レストランで店員に横柄な態度をとっている迷惑客や、電車の優先席に座れずに困っている老人を見かけても、下を向いて見て見ぬふりをしそうに見えますが、実際はそういう輩を黙って見過ごせない熱さと不器用さがあります。

そのような性格ゆえ、トラブルに見舞われることも多いですが、その正義感で救われる人もたくさんいることを思えば、ヒーローのように変身する勇姿を否定することはできません。

9. 表面的な男らしさで自分を強く見せない

表面的な男らしさで自分を強く見せない

格闘技をやっていたり、自分が本当に強いことを知っている人は、外見的な武装で他人を威嚇する必要がないので、いかにも肉食的な雄々しいルックスにする必要がありません。

自分に自信のない男性ほど、悪しき男らしさを誇張しがちですが、ロールキャベツ男子はそのような男らしさを真っ向から否定し、見た目や口調は物腰柔らかい雰囲気で、精神的なゆとりを見せます。

10. 浅い付き合いの人は中身が肉食だと気づかない

浅い付き合いの人は中身が肉食だと気づかない

挨拶や芸能ニュースの話をする程度の付き合いの人は、社会性の高い草食の部分だけで付き合いが完結することがあります。

そのような交流をする上で、ありのままの本性が出やすい肉食の部分を曝け出す必要 はないので、一緒に旅行をしたり、一晩呑み明かすような付き合いをしない限り、中身が肉食だと気づかないロールキャベツ男子もいます。

11. 笑いには疎そうだけど話すと面白い

笑いには疎そうだけど話すと面白い

人の輪の中でみんなを笑わせるタイプというより、一人で本を読んでそうなタイプに見えるため、根暗なタイプに思われがちですが、実際に話してみると頭の回転が速く、話術も達者で、思わぬ爆笑を生むことがあります。

中身が肉食ということは、女性を虜にするホストや、女性の心の隙間に貪欲に入り込むナンパ師のような一面を持っていることを意味しますので、ある種、当然のことと言えます。

12. 肉食に見られることのデメリットを知っている

肉食に見られることのデメリットを知っている

過去に肉食系の外見にしていたことで、嫌な思いをした経験が、草食の外見にする動機になっていることもあります。

外見は草食にしておいた方が、ギャルのような女性以外からも好かれるとか、仕事の現場で信頼を得やすいといったように、本来は心も体も肉食でいたいものの、メリットとデメリットを計算高く考えた結果、ロールキャベツ男子と化す人もいます。

13. 世間知らずに見えて経験豊富

世間知らずに見えて経験豊富

ゲームや音楽鑑賞を趣味とするインドア派な印象がある草食男子は、程度によっては引きこもりに見えることすらあるため、社会的な経験に乏しく、世間知らずに見えてしまいますが、ロールキャベツ男子は全くそんなことはなく、学生時代に一人で海外旅行をしていたり、多種多様なアルバイト経験があるなど、同世代の男性と比べ、経験豊富なことが多いです。

まとめ

見た目と内面のギャップが魅力のロールキャベツ男子の特徴を挙げてきました。

彼らと恋愛する機会があれば、男性特有の高圧的な態度は排除しつつ、頼りになる要素だけを残してくれる彼らの魅力の虜になることは間違いありません。

肉食でも草食でもない、ロールキャベツ男子の実態とはいかなるものか、その特徴や傾向について挙げていきます。


温厚そうに見えて怒らせると怖い

一見すると草食系の雰囲気を醸し出すロールキャベツ男子は、何をしても怒らなそうに見えるため、ツッコミ好きの人にイジられやすい傾向がありますが、あまり調子に乗っていると空気を一変させ、その風貌からは想像できないほどはっきりした口調で制止を促し、本性を剥き出しにします。

一度怒らせると謝ってもすぐには許しませんが、一日経つと水に流すことも多いので、謝罪のタイミングには気をつけましょう。

冷静に見えて熱い

泣ける映画を見たり、激闘のスポーツ観戦をしても、草食系の雰囲気を持つ男性は、自分の感情をあまり表に表さない印象がありますが、ロールキャベツ男子にとってそれは外見的な要素だけなので、周囲の予想に反して両手を上げて喜びの声を張り上げたり、人目も気にせず号泣することがあります。

また、表面には出さなくても怒っていることがあるので、目の奥を良く見るようにしましょう。

なめられやすいけど弱いわけじゃない

草食な外見の人はおとなしく見えるので、肉食な連中にナメられやすい傾向がありますが、元々は完全に肉食だった人が年齢と共に落ち着き、外見を人当たりの良い風貌に変えただけのロールキャベツ男子もいるので、ナメてかかると血気盛んだった肉食時代の要素が色濃くなり、痛い目に合います。

消極的に見えて大胆

見た目では何事にも消極的で、自分で決断して動くことは苦手は見えますが、その大人しそうな外見とは裏腹に、思い切った行動に出ることがあります。

このような男性は、初めてのデートでは、女性が引っ張っていかなければならないと女性に意識させますが、付き合いを重ねていくにつれ、デートのプランを決めたり、レストランを予約したりと、頼もしく思える要素が色濃くなっていくので、付き合った後に魅力が増していく傾向があります。

期待を上回る結果を出す

力仕事や営業職などを任される時、その見た目からあまり期待されない傾向がありますが、期待値が下がっている分、肉食としての馬力や行動力を発揮することで、高い評価を得ることがあります。

ハードルが下がっていることで余計な緊張も和らぎ、本来のポテンシャルを発揮しやすくなることを思えば、良い成績を残すために恵まれたギャップを持つと言えます。

見た目の印象より女慣れしている

女性との交流がなさそうな外見から、女性を目の前にすると緊張して何も喋れなくなるようなキャラクターを想像されがちですが、実際は全くそんなことはありません。

女性を気持ちよくする様々な褒め言葉が次々と出てきたり、自然に連絡先を聞き出すスキルに至るまで、女性の扱いに慣れていることが多いので、自分の彼女や大切な女友達には、見た目のわりに女癖が悪いことを事前に伝え、ギャップ萌えで惚れてしまったり、人間関係がこじれてしまわように注意しましょう。

親しみやすいけど好き嫌いは激しい

他人を威嚇する要素が全くない親しみやすいルックスから、どんな人も優しく受け入れてくれそうに見えますが、自分のこだわりや美意識には忠実であろうとする熱さがあるため、それに反する人には心を開かないことを明確に意思表示することがあります。

その反面、意気投合した人には初対面でも家に泊めるレベルで心を開放するので、好きか嫌いかによって天国と地獄ほどの温度差が発生します。

事なかれ主義に見えて黙って見逃せない

レストランで店員に横柄な態度をとっている迷惑客や、電車の優先席に座れずに困っている老人を見かけても、下を向いて見て見ぬふりをしそうに見えますが、実際はそういう輩を黙って見過ごせない熱さと不器用さがあります。

そのような性格ゆえ、トラブルに見舞われることも多いですが、その正義感で救われる人もたくさんいることを思えば、ヒーローのように変身する勇姿を否定することはできません。

表面的な男らしさで自分を強く見せない

格闘技をやっていたり、自分が本当に強いことを知っている人は、外見的な武装で他人を威嚇する必要がないので、いかにも肉食的な雄々しいルックスにする必要がありません。

自分に自信のない男性ほど、悪しき男らしさを誇張しがちですが、ロールキャベツ男子はそのような男らしさを真っ向から否定し、見た目や口調は物腰柔らかい雰囲気で、精神的なゆとりを見せます。

浅い付き合いの人は中身が肉食だと気づかない

挨拶や芸能ニュースの話をする程度の付き合いの人は、社会性の高い草食の部分だけで付き合いが完結することがあります。

そのような交流をする上で、ありのままの本性が出やすい肉食の部分を曝け出す必要 はないので、一緒に旅行をしたり、一晩呑み明かすような付き合いをしない限り、中身が肉食だと気づかないロールキャベツ男子もいます。

笑いには疎そうだけど話すと面白い

人の輪の中でみんなを笑わせるタイプというより、一人で本を読んでそうなタイプに見えるため、根暗なタイプに思われがちですが、実際に話してみると頭の回転が速く、話術も達者で、思わぬ爆笑を生むことがあります。

中身が肉食ということは、女性を虜にするホストや、女性の心の隙間に貪欲に入り込むナンパ師のような一面を持っていることを意味しますので、ある種、当然のことと言えます。

肉食に見られることのデメリットを知っている

過去に肉食系の外見にしていたことで、嫌な思いをした経験が、草食の外見にする動機になっていることもあります。

外見は草食にしておいた方が、ギャルのような女性以外からも好かれるとか、仕事の現場で信頼を得やすいといったように、本来は心も体も肉食でいたいものの、メリットとデメリットを計算高く考えた結果、ロールキャベツ男子と化す人もいます。

世間知らずに見えて経験豊富

ゲームや音楽鑑賞を趣味とするインドア派な印象がある草食男子は、程度によっては引きこもりに見えることすらあるため、社会的な経験に乏しく、世間知らずに見えてしまいますが、ロールキャベツ男子は全くそんなことはなく、学生時代に一人で海外旅行をしていたり、多種多様なアルバイト経験があるなど、同世代の男性と比べ、経験豊富なことが多いです。

見た目と内面のギャップが魅力のロールキャベツ男子の特徴を挙げてきました。

彼らと恋愛する機会があれば、男性特有の高圧的な態度は排除しつつ、頼りになる要素だけを残してくれる彼らの魅力の虜になることは間違いありません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-