【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519114525.html
浮気されやすい男性の特徴

浮気されやすい男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
浮気されやすい男性の特徴

女性と恋愛をスタートさせても、なぜか毎度のように浮気され、悲しい末路を迎えてしまう男性には、幾つかの特徴があります。

  • 優しすぎる
  • メールやラインをコミュニケーションツールに使わない
  • 忙しすぎる
  • 会話やデートが偏っている
  • 嫉妬深い
  • 頼りない
  • 身勝手な放任主義
  • 外見を気にしなくなる
  • 女性の友達が多い
  • ケチすぎる
  • 恋多き魔性の女が好み
  • 彼女を信頼しすぎる
  • 女癖の悪い男友達が多い
  • まとめ

1. 優しすぎる

優しすぎる

女性に好きな男性のタイプを尋ねると、優しい人と答える人は多いですが、あまりに度が過ぎてしまうと、彼女を横柄な性格に育ててしまうことがあります。

次第に自分がどんなことをしても、あの人は自分のことを好きでい続けてくれると勘違いし、浮気すら許されるという結論に至ってしまいます。

2. メールやラインをコミュニケーションツールに使わない

メールやラインをコミュニケーションツールに使わない

男性ほど他愛もない内容のメールやラインの交流を煩わしく思う傾向がありますが、女性にとっては精神を安定させるために大切なツールです。

返事が気持ちよく返ってこないと、邪険にされているような感傷に浸りますが、そのタイミングでマメな男性が現れれば、彼女の寂しさをどんどん埋めていきますし、話が興じれば、暇なら少し会いませんかという誘いにも発展します。

3. 忙しすぎる

忙しすぎる

デートを楽しみたい頻度は、人によってそれぞれですが、その感覚に温度差があると、付き合いを続けていく自信を失ってしまうことがあります。

そうした心労を抱えるのは、多くの場合、女性の方で、仕事だから仕方ないとか、男友達との付き合いも大切と自分を律するも、本当の自分を騙すことはできず、そんな心の隙間に入ってきた男性に居心地の良さを感じてしまい、浮気に至ってしまいます。

4. 会話やデートが偏っている

会話やデートが偏っている

似通った会話やデートを繰り返していると、友達のようになってしまい、男女のドキドキを感じなくなってしまうことがあります。

そこに、彼氏とは全く違う個性を持った男性が現れると、女性は異性ということを強く意識し、興味を惹かれてしまうことがあります。

似たような会話やデートを繰り返し、マンネリ化しないように注意しましょう。

5. 嫉妬深い

嫉妬深い

嫉妬深い男性は、束縛を愛情の深さと捉えていますが、女性にとっては苦痛でしかなく、その縛りから逃げ出したくなることがあります。

女性だけでカラオケに行っていても頻繁に彼氏に連絡を入れたり、着信が光っていれば、同性の友達からあなたの彼氏はおかしいよと言われ、不信感が募ります。

その結果、私もまともな男性と束縛されない恋愛をしたいと、他の男性への興味を抱かせることになります。

6. 頼りない

頼りない

女性に頼りない印象を抱かせてしまう男性は、決断力や行動力のある男性に目移りしてしまうことがあります。

一般的に、職場の上司と不倫関係になってしまいがちなのはそのような要因があり、職場という戦場でテキパキと仕事のプロジェクトを遂行していく男性に惹かれてしまうのは、自然のこととすら言えます。

7. 身勝手な放任主義

身勝手な放任主義

付き合う前は熱烈にアプローチしていた男性が、付き合った後に放任主義にシフトチェンジすると、女性にとっては単に熱量が下がっただけのような体感を受けるので、信頼ゆえの放任主義とはなかなか理解されることはありません。

初期の情熱的なアプローチに惚れた女性は、同様にそのような熱量を見せてくれる新たな男性の登場により、浮気に至ってしまいます。

8. 外見を気にしなくなる

外見を気にしなくなる

長く付き合っているうちに、異性としてドキドキさせるようなルックスを保とうとしない傾向が男性に多く見られます。

彼女は自分の性格に惚れて付き合ったはずだから、自分の外見なんてどうでも良いだろうと都合よく考えてしまう方もいますが、女性は多くの時間をかけて髪をセットしたり、綺麗にメイクをしてくるのですから、男性の方も気をつけないと、イケメンに出会い頭に持っていかれてしまいます。

9. 女性の友達が多い

女性の友達が多い

飲み仲間とされている女友達の存在は、酒に酔うことで理性を失うことや、それによって終電を逃しやすいことなど、いつ浮気に発展してもおかしくないシチュエーションが整っているので、彼女にとって心が休まる暇がありません。

そんな付き合いに嫌気がさせば、反発心から女性の方も彼氏以外の男性も遊ぼうという気持ちが高まり、浮気に至ってしまいます。

10. ケチすぎる

ケチすぎる

記念日やデートなど、男性の給料に対しあまりに低い金額しか使ってもらえないと、女性は自分が本当に愛されているのかわからなくなることがあります。

そうした温度差は日常の行いからも蓄積されていき、そんなタイミングで残業などでたまたま会食する流れになった上司が、カードでスマートに支払いをする姿を目の当たりにすれば、心惹かれてしまうのは致し方ないことです。

11. 恋多き魔性の女が好み

恋多き魔性の女が好み

彼氏がいても夫がいても、女性として魅力的だと思われたいと願っている方は少なくないですが、そうした性格の弊害で恋多き女になることも多々あります。

そのような女性と付き合うことを止められない男性は、自分に問題があって女性に浮気されるわけではなく、止める術はないので、浮気されるリスクももれなくついてくることを覚悟の上で、付き合う必要があります。

12. 彼女を信頼しすぎる

彼女を信頼しすぎる

どう考えても浮気だと想定できる状況や証拠があっても、彼女が違うと言えばそれを信じたい気持ちから受け入れてしまう、彼女にベタ惚れの男性は、何度でも浮気されます。

自分が選んだ女性が浮気なんてするはずがないという、自己愛にも似た感情がそこには含まれているので、盲信者のように都合よく解釈し、浮気の事実をもみ消すサポートを自ら行なってしまいます。

13. 女癖の悪い男友達が多い

女癖の悪い男友達が多い

友達の彼女でも見境なしに誘うような悪友が多い男性は、身近なところで浮気をされてしまいがちです。

彼氏の友達だから変なことはしないという安心感を与えながら、距離を縮める悪友は、多くの場合、彼氏の愚痴を聞く形で、二人きりの秘密を共有するようになります。

初めはラインなどで終わっていたものの、一度会ってゆっくり話そうよなどと持ちかけられ、自分をわかってくれる包容力に居心地のよさを感じ、抱かれてしまいます。

まとめ

様々な角度から、浮気されやすい男性の特徴を挙げてきましたが、注意深く自分の態度を改めていくことで防げることも多いです。

悲しい末路を迎えてしまわないよう、付き合ってからも相手に惚れ直してもらえるように、日々、精進しましょう。

女性と恋愛をスタートさせても、なぜか毎度のように浮気され、悲しい末路を迎えてしまう男性には、幾つかの特徴があります。


優しすぎる

女性に好きな男性のタイプを尋ねると、優しい人と答える人は多いですが、あまりに度が過ぎてしまうと、彼女を横柄な性格に育ててしまうことがあります。

次第に自分がどんなことをしても、あの人は自分のことを好きでい続けてくれると勘違いし、浮気すら許されるという結論に至ってしまいます。

メールやラインをコミュニケーションツールに使わない

男性ほど他愛もない内容のメールやラインの交流を煩わしく思う傾向がありますが、女性にとっては精神を安定させるために大切なツールです。

返事が気持ちよく返ってこないと、邪険にされているような感傷に浸りますが、そのタイミングでマメな男性が現れれば、彼女の寂しさをどんどん埋めていきますし、話が興じれば、暇なら少し会いませんかという誘いにも発展します。

忙しすぎる

デートを楽しみたい頻度は、人によってそれぞれですが、その感覚に温度差があると、付き合いを続けていく自信を失ってしまうことがあります。

そうした心労を抱えるのは、多くの場合、女性の方で、仕事だから仕方ないとか、男友達との付き合いも大切と自分を律するも、本当の自分を騙すことはできず、そんな心の隙間に入ってきた男性に居心地の良さを感じてしまい、浮気に至ってしまいます。

会話やデートが偏っている

似通った会話やデートを繰り返していると、友達のようになってしまい、男女のドキドキを感じなくなってしまうことがあります。

そこに、彼氏とは全く違う個性を持った男性が現れると、女性は異性ということを強く意識し、興味を惹かれてしまうことがあります。

似たような会話やデートを繰り返し、マンネリ化しないように注意しましょう。

嫉妬深い

嫉妬深い男性は、束縛を愛情の深さと捉えていますが、女性にとっては苦痛でしかなく、その縛りから逃げ出したくなることがあります。

女性だけでカラオケに行っていても頻繁に彼氏に連絡を入れたり、着信が光っていれば、同性の友達からあなたの彼氏はおかしいよと言われ、不信感が募ります。

その結果、私もまともな男性と束縛されない恋愛をしたいと、他の男性への興味を抱かせることになります。

頼りない

女性に頼りない印象を抱かせてしまう男性は、決断力や行動力のある男性に目移りしてしまうことがあります。

一般的に、職場の上司と不倫関係になってしまいがちなのはそのような要因があり、職場という戦場でテキパキと仕事のプロジェクトを遂行していく男性に惹かれてしまうのは、自然のこととすら言えます。

身勝手な放任主義

付き合う前は熱烈にアプローチしていた男性が、付き合った後に放任主義にシフトチェンジすると、女性にとっては単に熱量が下がっただけのような体感を受けるので、信頼ゆえの放任主義とはなかなか理解されることはありません。

初期の情熱的なアプローチに惚れた女性は、同様にそのような熱量を見せてくれる新たな男性の登場により、浮気に至ってしまいます。

外見を気にしなくなる

長く付き合っているうちに、異性としてドキドキさせるようなルックスを保とうとしない傾向が男性に多く見られます。

彼女は自分の性格に惚れて付き合ったはずだから、自分の外見なんてどうでも良いだろうと都合よく考えてしまう方もいますが、女性は多くの時間をかけて髪をセットしたり、綺麗にメイクをしてくるのですから、男性の方も気をつけないと、イケメンに出会い頭に持っていかれてしまいます。

女性の友達が多い

飲み仲間とされている女友達の存在は、酒に酔うことで理性を失うことや、それによって終電を逃しやすいことなど、いつ浮気に発展してもおかしくないシチュエーションが整っているので、彼女にとって心が休まる暇がありません。

そんな付き合いに嫌気がさせば、反発心から女性の方も彼氏以外の男性も遊ぼうという気持ちが高まり、浮気に至ってしまいます。

ケチすぎる

記念日やデートなど、男性の給料に対しあまりに低い金額しか使ってもらえないと、女性は自分が本当に愛されているのかわからなくなることがあります。

そうした温度差は日常の行いからも蓄積されていき、そんなタイミングで残業などでたまたま会食する流れになった上司が、カードでスマートに支払いをする姿を目の当たりにすれば、心惹かれてしまうのは致し方ないことです。

恋多き魔性の女が好み

彼氏がいても夫がいても、女性として魅力的だと思われたいと願っている方は少なくないですが、そうした性格の弊害で恋多き女になることも多々あります。

そのような女性と付き合うことを止められない男性は、自分に問題があって女性に浮気されるわけではなく、止める術はないので、浮気されるリスクももれなくついてくることを覚悟の上で、付き合う必要があります。

彼女を信頼しすぎる

どう考えても浮気だと想定できる状況や証拠があっても、彼女が違うと言えばそれを信じたい気持ちから受け入れてしまう、彼女にベタ惚れの男性は、何度でも浮気されます。

自分が選んだ女性が浮気なんてするはずがないという、自己愛にも似た感情がそこには含まれているので、盲信者のように都合よく解釈し、浮気の事実をもみ消すサポートを自ら行なってしまいます。

女癖の悪い男友達が多い

友達の彼女でも見境なしに誘うような悪友が多い男性は、身近なところで浮気をされてしまいがちです。

彼氏の友達だから変なことはしないという安心感を与えながら、距離を縮める悪友は、多くの場合、彼氏の愚痴を聞く形で、二人きりの秘密を共有するようになります。

初めはラインなどで終わっていたものの、一度会ってゆっくり話そうよなどと持ちかけられ、自分をわかってくれる包容力に居心地のよさを感じ、抱かれてしまいます。

様々な角度から、浮気されやすい男性の特徴を挙げてきましたが、注意深く自分の態度を改めていくことで防げることも多いです。

悲しい末路を迎えてしまわないよう、付き合ってからも相手に惚れ直してもらえるように、日々、精進しましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-