【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519113713.html
夫婦でコミュニケーションを取るコツ

夫婦でコミュニケーションを取るコツ | LADYCO

LADYCO
夫婦でコミュニケーションを取るコツ

長い結婚生活を送っていると、コミュニケーションがうまく取れなくなってしまう人も少なくはありません。

元々は他人ですので、努力してコミュニケーションを取る必要性があります。

そこで、夫婦でコミュニケーションを取るコツをご紹介します。

  • 挨拶は欠かさない
  • 相手に任せっきりにしない
  • 感謝の気持ちを持つ
  • 感謝の気持ちは言葉に出す
  • 二人きりの時は名前で呼ぶ
  • 否定的なワードは使わない
  • 互いの趣味を尊重する
  • 月に一度は二人きりで出かける
  • 相手の家族の悪口は言わない
  • 相手を褒める
  • まとめ

1. 挨拶は欠かさない

挨拶は欠かさない

同じ家に住んでいると、毎日の挨拶が減ってくるという夫婦も少なくはありません。

挨拶はコミュニケーションのひとつですので、毎日行うことが大切です。

行ってきますやただいまなどの挨拶はもちろん、同じベッドで寝ていたとしても、おはようやおやすみなさいなどは言い合うことで、コミュニケーションを取ることが出来ます。

2. 相手に任せっきりにしない

相手に任せっきりにしない

相手がなにもかもしてくれるからと、何もかも相手に任せっきりにしてしまうと、せっかくのコミュニケーションのチャンスを失っていると言えます。

いつも料理を作ってくれるのなら、お皿を出すのを手伝うのもコミュニケーションのスタートです。

相手に任せっきりにしないことを心がけるだけで、自然とコミュニケーションを取ることが出来ますし、夫婦生活が円満になるとされています。

3. 感謝の気持ちを持つ

感謝の気持ちを持つ

夫婦になると、相手がしてくれることが当たり前に感じてしまい、感謝の気持ちを持つというのが薄れてしまいがちです。

一つひとつに感謝の気持ちを忘れずにいることが大切となります。

4. 感謝の気持ちは言葉に出す

感謝の気持ちは言葉に出す

感謝の気持ちは口に出さないと伝わらないこともあります。

心で思っているだけで相手に伝わるなんてことはあり得ません。

口に出すことで、コミュニケーションを取ることが出来るのです。

毎日のことになると、感謝の気持ちを忘れてしまいます。

しかし、「お仕事ごくろうさま」「美味しかった」といった言葉でも、十分感謝の気持ちは伝わりますので、感謝の気持ちを抱いたら、必ず口に出すことが、夫婦のコミュニケーションを取るコツです。

5. 二人きりの時は名前で呼ぶ

二人きりの時は名前で呼ぶ

夫婦に子供が出来ると、なかなか名前で呼ぶことがなくなると言われています。

実は、名前で呼ばれなくなった夫婦の多くがコミュニケーションが不足していると感じる傾向にあります。

そのため、二人きりの時だけでも名前で呼び合うようにすると、コミュニケーションを取ることが出来るとされています。

6. 否定的なワードは使わない

否定的なワードは使わない

相手を否定するようなワードを使うと、相手はコミュニケーションを取ることに否定的な考えを持ってしまいます。

でも、だってなどのワードも良好な夫婦生活を望んでいるのであれば、使わないことが大切です。

7. 互いの趣味を尊重する

互いの趣味を尊重する

夫婦になると、家計も一緒になるためお金がかかる趣味などは否定しがちです。

しかし、自分の趣味を否定されてしまうと、人格を否定されてしまったような気分に陥ってしまうのです。

例え気に入らない趣味であっても、理解するように歩み寄ることで、コミュニケーションは取ることが出来るのです。

8. 月に一度は二人きりで出かける

月に一度は二人きりで出かける

子供が出来ると、なかなか二人きりで出かけるということはなくなります。

そのため、月に一度くらいは二人きりで出かけることが大切です。

近くの公園へ散歩に行くだけでも、コンビニに行くだけでも、二人きりで外の空気を吸うことで、初心に戻り、自然とコミュニケーションを取ることが出来るようになります。

9. 相手の家族の悪口は言わない

相手の家族の悪口は言わない

コミュニケーションがなかなか取ることができないという夫婦は、相手の家族の悪口を言っている可能性があります。

自分の両親や家族を大切に思っていない人とコミュニケーションを取ろうとは思いません。

そのため、相手の家族が気に入らなくても悪口は禁物です。

10. 相手を褒める

相手を褒める

夫婦でコミュニケーションを取るためのコツはやはり相手をしっかり褒めることです。

一日一回は褒めるように心がけるだけで、相手の良いところを探そうという意識が芽生えますので、相手の新たな一面も見えてきます。

そのため、相手の良いところを見つけて褒めるというのは、コミュニケーションを取るためには重要だと言えます。

まとめ

夫婦のコミュニケーションというのは、なかなか難しいと感じている人も多いのですが、挨拶を交わすだけでコミュニケーションは出来ています。

そのため、毎日の挨拶は欠かすことなく行うことが、夫婦でコミュニケーションを取るためのコツとも言えます。

また、結婚生活が長くなると、相手がしてくれることが当たり前になったり、相手に任せっきりになってしまったりします。

しかし、コミュニケーションのチャンスというのは、感謝の気持ちを忘れない、感謝の気持ちを言葉にすることから始まるのです。

夫婦のコミュニケーションが取れていないなと感じたら、相手に任せっきりになっていることを手伝ってみることで、上手にコミュニケーションが取れるようになります。

時には結婚する前のことを思い出して名前で呼んだり、二人きりで出かけるのもコミュニケーションを取るためのコツであると言えます。

長い結婚生活を送っていると、コミュニケーションがうまく取れなくなってしまう人も少なくはありません。

元々は他人ですので、努力してコミュニケーションを取る必要性があります。

そこで、夫婦でコミュニケーションを取るコツをご紹介します。


挨拶は欠かさない

同じ家に住んでいると、毎日の挨拶が減ってくるという夫婦も少なくはありません。

挨拶はコミュニケーションのひとつですので、毎日行うことが大切です。

行ってきますやただいまなどの挨拶はもちろん、同じベッドで寝ていたとしても、おはようやおやすみなさいなどは言い合うことで、コミュニケーションを取ることが出来ます。

相手に任せっきりにしない

相手がなにもかもしてくれるからと、何もかも相手に任せっきりにしてしまうと、せっかくのコミュニケーションのチャンスを失っていると言えます。

いつも料理を作ってくれるのなら、お皿を出すのを手伝うのもコミュニケーションのスタートです。

相手に任せっきりにしないことを心がけるだけで、自然とコミュニケーションを取ることが出来ますし、夫婦生活が円満になるとされています。

感謝の気持ちを持つ

夫婦になると、相手がしてくれることが当たり前に感じてしまい、感謝の気持ちを持つというのが薄れてしまいがちです。

一つひとつに感謝の気持ちを忘れずにいることが大切となります。

感謝の気持ちは言葉に出す

感謝の気持ちは口に出さないと伝わらないこともあります。

心で思っているだけで相手に伝わるなんてことはあり得ません。

口に出すことで、コミュニケーションを取ることが出来るのです。

毎日のことになると、感謝の気持ちを忘れてしまいます。

しかし、「お仕事ごくろうさま」「美味しかった」といった言葉でも、十分感謝の気持ちは伝わりますので、感謝の気持ちを抱いたら、必ず口に出すことが、夫婦のコミュニケーションを取るコツです。

二人きりの時は名前で呼ぶ

夫婦に子供が出来ると、なかなか名前で呼ぶことがなくなると言われています。

実は、名前で呼ばれなくなった夫婦の多くがコミュニケーションが不足していると感じる傾向にあります。

そのため、二人きりの時だけでも名前で呼び合うようにすると、コミュニケーションを取ることが出来るとされています。

否定的なワードは使わない

相手を否定するようなワードを使うと、相手はコミュニケーションを取ることに否定的な考えを持ってしまいます。

でも、だってなどのワードも良好な夫婦生活を望んでいるのであれば、使わないことが大切です。

互いの趣味を尊重する

夫婦になると、家計も一緒になるためお金がかかる趣味などは否定しがちです。

しかし、自分の趣味を否定されてしまうと、人格を否定されてしまったような気分に陥ってしまうのです。

例え気に入らない趣味であっても、理解するように歩み寄ることで、コミュニケーションは取ることが出来るのです。

月に一度は二人きりで出かける

子供が出来ると、なかなか二人きりで出かけるということはなくなります。

そのため、月に一度くらいは二人きりで出かけることが大切です。

近くの公園へ散歩に行くだけでも、コンビニに行くだけでも、二人きりで外の空気を吸うことで、初心に戻り、自然とコミュニケーションを取ることが出来るようになります。

相手の家族の悪口は言わない

コミュニケーションがなかなか取ることができないという夫婦は、相手の家族の悪口を言っている可能性があります。

自分の両親や家族を大切に思っていない人とコミュニケーションを取ろうとは思いません。

そのため、相手の家族が気に入らなくても悪口は禁物です。

相手を褒める

夫婦でコミュニケーションを取るためのコツはやはり相手をしっかり褒めることです。

一日一回は褒めるように心がけるだけで、相手の良いところを探そうという意識が芽生えますので、相手の新たな一面も見えてきます。

そのため、相手の良いところを見つけて褒めるというのは、コミュニケーションを取るためには重要だと言えます。

夫婦のコミュニケーションというのは、なかなか難しいと感じている人も多いのですが、挨拶を交わすだけでコミュニケーションは出来ています。

そのため、毎日の挨拶は欠かすことなく行うことが、夫婦でコミュニケーションを取るためのコツとも言えます。

また、結婚生活が長くなると、相手がしてくれることが当たり前になったり、相手に任せっきりになってしまったりします。

しかし、コミュニケーションのチャンスというのは、感謝の気持ちを忘れない、感謝の気持ちを言葉にすることから始まるのです。

夫婦のコミュニケーションが取れていないなと感じたら、相手に任せっきりになっていることを手伝ってみることで、上手にコミュニケーションが取れるようになります。

時には結婚する前のことを思い出して名前で呼んだり、二人きりで出かけるのもコミュニケーションを取るためのコツであると言えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-