【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092748.html
手っ取り早く英語を覚えるコツ

手っ取り早く英語を覚えるコツ | LADYCO

LADYCO
手っ取り早く英語を覚えるコツ

英語を覚えるには相応の時間が必要ですが、取り組み方によって、その時間は長くも短くもなります。

なるべく早く英語をマスターする方法を探ってみましょう。

  • まずは基礎文法をおさえる
  • 理屈抜きの実践
  • 読み、書き、聞き、しゃべりのバランス
  • 語彙力を高める
  • パートナーを見つける
  • ランゲージエクスチェンジ
  • 各種テストについて
  • 英語を仕事で使う
  • まとめ

1. まずは基礎文法をおさえる

まずは基礎文法をおさえる

誰もが義務教育で学ぶ、英文法の基礎ですが、これは英語習得には欠かせません。

中学時代の教科書を引っ張り出してくるか、基礎英文法の教科書を購入し、復習しましょう。

各単元にある例文を、ノートに書き出し、下に日本語訳を書きます。

これをくり返し、理解していきましょう。

黙読だけでなく、口に出しながら覚えると理解が増します。

新しい単語は別のノートか単語帳に書き出し、意味や例文を書いておきます。

2. 理屈抜きの実践

理屈抜きの実践

一通り中学時代に習う文法を網羅したら、ノートに書き出した英語の例文をひたすら音読していきます。

単元ごとに例文を読み、暗記してしまうくらい繰り返します。

その後、日本語訳だけを見て、英文をしゃべる練習をします。

これをすらすら英文が出てくるようになるまで、最初から繰り返します。

3. 読み、書き、聞き、しゃべりのバランス

読み、書き、聞き、しゃべりのバランス

言語は読み、書き、聞き、しゃべるという、四つの要素が不可欠です。

英文法の理解をし、語彙力をつけていくと、読んで意味がわかるようになり、書けるようになります。

また簡単な英語が聞きとれるようになり、簡単な意思表示程度はしゃべれるようになります。

ここから特に聞き、しゃべりを磨くのに有効なのがシャドウィングです。

YouTubeやインターネットラジオなどで簡単な英語を聞き、真似てしゃべります。

モノマネの要領です。

慣れてくると聞いた英語をすぐに口に出せるようになります。

素材については、ネイティブスピーカーが比較的ゆっくりわかりやすくしゃべっているものを選びましょう。

イントネーションやテンポも真似るようにしましょう。

この四つの要素を意識し、どこかに偏らないように、バランス良く練習することで相乗効果が生まれます。

4. 語彙力を高める

語彙力を高める

語彙力を高めるには、単語を暗記するより、文章を読む中で、わからない単語をノートや単語帳に書き出し、意味と例文を添えるのが効果的です。

自身で興味のあるテーマの文章だと、分からない単語を調べながらも読み進めたい衝動にかられるので、より効果的でしょう。

5. パートナーを見つける

パートナーを見つける

シャドウイング以外で聞き、しゃべりを磨くために、パートナーを見つけるのも有効です。

ネイティブスピーカーがそばにいるような環境が理想ですが、なかなかそうもいきません。

日本人でも自分より上のレベルの英語力を持つ方が見つかれば、コンタクトして、対面やスカイプなどで英会話の練習をしましょう。

話のテーマを前もって決めておくとスムーズにすすむでしょう。

初心者の場合、無理に会話にしなくても、あるテーマでブレインストーミング的に、思いついたことを言い合ってみるのも有効です。

6. ランゲージエクスチェンジ

ランゲージエクスチェンジ

クラシファイドでランゲージエクスチェンジのパートナーを見つけるのも、聞いたり、しゃべったりする機会を作るのに有効です。

相手に日本語を英語で教えてみます。

反対に相手は英語を教えてくれるでしょう。

お互いの意思疎通が難しい場合、筆談も加えると通じやすくなります。

前もって打ち合わせて、お互いの言語の練習がどちらかに偏らないようにしましょう。

7. 各種テストについて

各種テストについて

英語を学習する上でテストで成果をあげるのは、モチベーションにつながります。

また留学や就職である程度の点数を求められることがあります。

TOEIC、英検をはじめ、TOEFL、IELTSといった、さまざまなテストがありますが、それぞれ問題形式や評価基準が異なります。

英語がしゃべれたからといって、あるテストで良い点数に結びつくとも限りませんので、受験に際しては、そのテスト向けの参考書を購入して準備しましょう。

8. 英語を仕事で使う

英語を仕事で使う

ある程度の実力がついたら、職場でも積極的にアピールすることも大事です。

職場によっては英文メールの作成や翻訳、電話でのやり取り、通訳といった業務があるかもしれません。

実践の機会が得られれば、一日のうちで英語の使用量が大幅に増えて、更なるブラッシュアップにつながります。

給与のアップにもつながり、当然、モチベーションにもなるでしょう。

まとめ

英語をマスターするには、最初は遠い道のりに感じるかもしれません。

踏み出してしまえば、徐々にではありますが、成果がわかってきます。

それが気持ちよくなってくればしめたものです。

また言葉は習慣であり、日々の実践の積み重ねに尽きるという考えを持ちましょう。

とにかく毎日、読み、書き、聞き、しゃべる機会を作ることが大事です。

地道に見えますが、英語を習得することによって、じわじわと世界が広がっていくのが分かってきます。

今まで聞いても分からなかったこと、読んでも分からなかったことが、わかるようになる喜びは測りしれません。

人生を変えると言っても過言ではないのです。

さあ、今から始めましょう。

英語を覚えるには相応の時間が必要ですが、取り組み方によって、その時間は長くも短くもなります。

なるべく早く英語をマスターする方法を探ってみましょう。


まずは基礎文法をおさえる

誰もが義務教育で学ぶ、英文法の基礎ですが、これは英語習得には欠かせません。

中学時代の教科書を引っ張り出してくるか、基礎英文法の教科書を購入し、復習しましょう。

各単元にある例文を、ノートに書き出し、下に日本語訳を書きます。

これをくり返し、理解していきましょう。

黙読だけでなく、口に出しながら覚えると理解が増します。

新しい単語は別のノートか単語帳に書き出し、意味や例文を書いておきます。

理屈抜きの実践

一通り中学時代に習う文法を網羅したら、ノートに書き出した英語の例文をひたすら音読していきます。

単元ごとに例文を読み、暗記してしまうくらい繰り返します。

その後、日本語訳だけを見て、英文をしゃべる練習をします。

これをすらすら英文が出てくるようになるまで、最初から繰り返します。

読み、書き、聞き、しゃべりのバランス

言語は読み、書き、聞き、しゃべるという、四つの要素が不可欠です。

英文法の理解をし、語彙力をつけていくと、読んで意味がわかるようになり、書けるようになります。

また簡単な英語が聞きとれるようになり、簡単な意思表示程度はしゃべれるようになります。

ここから特に聞き、しゃべりを磨くのに有効なのがシャドウィングです。

YouTubeやインターネットラジオなどで簡単な英語を聞き、真似てしゃべります。

モノマネの要領です。

慣れてくると聞いた英語をすぐに口に出せるようになります。

素材については、ネイティブスピーカーが比較的ゆっくりわかりやすくしゃべっているものを選びましょう。

イントネーションやテンポも真似るようにしましょう。

この四つの要素を意識し、どこかに偏らないように、バランス良く練習することで相乗効果が生まれます。

語彙力を高める

語彙力を高めるには、単語を暗記するより、文章を読む中で、わからない単語をノートや単語帳に書き出し、意味と例文を添えるのが効果的です。

自身で興味のあるテーマの文章だと、分からない単語を調べながらも読み進めたい衝動にかられるので、より効果的でしょう。

パートナーを見つける

シャドウイング以外で聞き、しゃべりを磨くために、パートナーを見つけるのも有効です。

ネイティブスピーカーがそばにいるような環境が理想ですが、なかなかそうもいきません。

日本人でも自分より上のレベルの英語力を持つ方が見つかれば、コンタクトして、対面やスカイプなどで英会話の練習をしましょう。

話のテーマを前もって決めておくとスムーズにすすむでしょう。

初心者の場合、無理に会話にしなくても、あるテーマでブレインストーミング的に、思いついたことを言い合ってみるのも有効です。

ランゲージエクスチェンジ

クラシファイドでランゲージエクスチェンジのパートナーを見つけるのも、聞いたり、しゃべったりする機会を作るのに有効です。

相手に日本語を英語で教えてみます。

反対に相手は英語を教えてくれるでしょう。

お互いの意思疎通が難しい場合、筆談も加えると通じやすくなります。

前もって打ち合わせて、お互いの言語の練習がどちらかに偏らないようにしましょう。

各種テストについて

英語を学習する上でテストで成果をあげるのは、モチベーションにつながります。

また留学や就職である程度の点数を求められることがあります。

TOEIC、英検をはじめ、TOEFL、IELTSといった、さまざまなテストがありますが、それぞれ問題形式や評価基準が異なります。

英語がしゃべれたからといって、あるテストで良い点数に結びつくとも限りませんので、受験に際しては、そのテスト向けの参考書を購入して準備しましょう。

英語を仕事で使う

ある程度の実力がついたら、職場でも積極的にアピールすることも大事です。

職場によっては英文メールの作成や翻訳、電話でのやり取り、通訳といった業務があるかもしれません。

実践の機会が得られれば、一日のうちで英語の使用量が大幅に増えて、更なるブラッシュアップにつながります。

給与のアップにもつながり、当然、モチベーションにもなるでしょう。

英語をマスターするには、最初は遠い道のりに感じるかもしれません。

踏み出してしまえば、徐々にではありますが、成果がわかってきます。

それが気持ちよくなってくればしめたものです。

また言葉は習慣であり、日々の実践の積み重ねに尽きるという考えを持ちましょう。

とにかく毎日、読み、書き、聞き、しゃべる機会を作ることが大事です。

地道に見えますが、英語を習得することによって、じわじわと世界が広がっていくのが分かってきます。

今まで聞いても分からなかったこと、読んでも分からなかったことが、わかるようになる喜びは測りしれません。

人生を変えると言っても過言ではないのです。

さあ、今から始めましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-