【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518163736.html
余裕のある生活をするコツ

余裕のある生活をするコツ | LADYCO

LADYCO
余裕のある生活をするコツ

余裕のある生活をするコツについて色々考えてみました。

普段余裕のある生活を送っていますか?

ちょっとした工夫で変わるかもしれません。

  • 他人の顔色を見過ぎない
  • やっぱりお金は大切
  • シンプルにする
  • 「やるべきこと」と「やりたいこと」をバランスよく
  • 他人の評価や数字などに惑わされない
  • 食事はゆっくりと食べる
  • 生活の中に運動を取り入れる
  • 失敗を引きずらない
  • 睡眠は大切に
  • 趣味を持つ
  • 「ありのまま」の自分を好きになる
  • ささいなことで幸せを感じる心
  • なんとなく気分がよい
  • まとめ

1. 他人の顔色を見過ぎない

他人の顔色を見過ぎない

人間関係って大事です。

でも人の顔色ばかり伺っている生活は疲れます。

不機嫌な人の事を考えていてもしょうがありません。

あなたでなく他の事で不機嫌なのかもしれません。

人間関係を円滑にすることは大切ですが他人の顔色を見過ぎないというのは,余裕のある生活をするコツの一つではないかと思います。

2. やっぱりお金は大切

やっぱりお金は大切

お金って綺麗ごとではなく大切です。

お金がないと具合悪くても病院に行けなかったり,食費をケチってしまって栄養が偏ってしまったりします。

何より心の余裕がなくなってきます。

勿論お金を稼ぐことも大事です。

足りなかったらどうやったら収入を増やせるか考えるのもいいでしょう。

でも限りある収入の中で上手に節約することも大切です。

例えば通信費など固定費用で無駄にかかっているものはありませんか?

あまり通っていないスポーツクラブの会員になってないかなど,もう一度支出を見直してみるのもいいのではないでしょうか。

貯金やお金があると気持ちにも余裕が出来ます。

そしてそれが余裕のある生活をするコツにもなるのです。

3. シンプルにする

シンプルにする

断捨離という言葉が流行りました。

現代では物が溢れすぎていて,部屋が溢れかえったりしてませんか?

収納棚を買おうと検討しているあなたは,実際は収納しようとしている物は自分にとって本当に必要なのか考えてみましょう。

部屋がすっきり綺麗でものが少ないと,気分も爽快です。

また情報も取り入れすぎて頭が一杯ということはありませんか?

人間関係も大切ですが,余計な人間関係に振り回されてませんか?

ラインなどで返信するので忙しくありませんか?

一度生活を見直して整理してシンプルに生きることを目指せば,生活に余裕が出てくるのではないでしょうか。

4. 「やるべきこと」と「やりたいこと」をバランスよく

「やるべきこと」と「やりたいこと」をバランスよく

人は生きていくためには「やるべきこと」もやらなくてはならないかもしれません。

でも「やるべきこと」に縛られてばかりで「やりたいこと」が後回しばかりになれば余裕がある生活とは言えないです。

「やるべきこと」「やりたいこと」をバランスよく生活に取り入れていくことはストレスも軽くなるのではないでしょうか。

優先順位をつけて二つの事をバランスよくすることで生活に余裕が出来てきます。

5. 他人の評価や数字などに惑わされない

他人の評価や数字などに惑わされない

気になるのは他人の評価であったり,仕事上の数字かもしれません。

でもそればかりに気を取られていると余裕のある生活とは言えません。

全く気にするなということではありませんが,オンとオフを上手に切り替えられたら余裕が生まれてくるのではないでしょうか?

6. 食事はゆっくりと食べる

食事はゆっくりと食べる

食事は生活の基本です。

サラリーマンの方などは急いでかき込んで食べたり,パソコンを見ながらおにぎりやサンドウィッチなどを食べたりする方も多いのではないでしょうか。

でも食事は大切なので,出来れば食事の時間はしっかり取ってゆっくりと食べましょう。

そして1日に1回は家族や友人とゆったりした食事が出来るような生活が,余裕を生むのではないでしょうか。

また栄養のバランスをきちんと考えて食事をとるのは将来の健康にも繋がります。

7. 生活の中に運動を取り入れる

生活の中に運動を取り入れる

現代は運動することが減ってきていると思います。

家と会社の往復で,オフィスのデスクに一日座っているという人も珍しくないと思います。

意識的に運動を取り入れることで,身体を動かしてリフレッシュ出来ることもあります。

運動しなくてはと頑張り過ぎは禁物です。

自分に合った運動のやり方があると思います。

スポーツジムで身体を鍛えたり,週末は何かスポーツをしなくてはということではありません。

それが趣味だったら良いのですが,スポーツが苦手な人はウォーキングから始めるのもいいかもしれません。

運動は余裕のある生活をするコツの一つかもしれません。

8. 失敗を引きずらない

失敗を引きずらない

誰でも失敗はあると思います。

失敗して落ち込むことは普通ですし,失敗したら反省して次につながることもあります。

でも失敗したことばかりを一日中考えていたらもったいないです。

ある程度どこが悪いかと分析して,今後どうしたらその失敗を繰り返さないように出来るかを考えたら,すっきりと気持ちを切り替えましょう。

気持ちの切り替えは余裕のある生活をするコツの一つでもあるのです。

9. 睡眠は大切に

睡眠は大切に

寝ることはとても大切です。

睡眠中に頭の中が整理されて身体もリセットされます。

遅くまで仕事でやむを得ない時もあるかもしれませんが,ネットサーフィンなどをして無駄に睡眠時間を減らしてはいけません。

理想的には1日7時間は睡眠時間が欲しいところです。

しっかり寝ることで思考も前向きになり取り組みもよくなり,仕事の効率も上がります。

余裕のある生活をするコツの一つとして睡眠を軽視しないことです。

10. 趣味を持つ

趣味を持つ

生きるために生活するだけでは,楽しくありません。

趣味を持たなければということで無理やり持つということではなく,自分がやりたいことを生活の中に取り入れましょう。

好きな事をやっている時間というのは自然にリラックス出来て,また人生を豊かにしてくれます。

趣味から友達が出来ることもあるかもしれません。

余裕のある生活をするコツの一つです。

11. 「ありのまま」の自分を好きになる

「ありのまま」の自分を好きになる

人は見栄っ張りだったり,人に良く見られたいと思い自分じゃない自分を演じていることもあります。

弱い自分を認めたくなくて強い自分を演じているかもしれません。

でも自分が「~あるべき」という思考はあまり自分が幸せな気分にならないのではないでしょうか。

「ありのまま」の自分を認めるのは自分しかいません。

「ありのまま」の自分を認めてない人は,難しいことかもしれません。

でも少しずつ「ありのまま」の自分を認めてあげたら如何でしょうか。

その時に余裕のある生活というものが出来るかもしれません。

12. ささいなことで幸せを感じる心

ささいなことで幸せを感じる心

人生は凄く良いことも凄く悪いことも多くはありません。

勿論色々あるでしょう。

でも日常は淡々としているかもしれません。

なんとなく退屈だなって思う時にはささいなことで幸せを感じる心を育ててみては如何でしょうか。

虹が出たとか夕焼けが綺麗だったとか,今日のお昼ご飯は美味しかったとかそんなささいなことを幸せに感じる心こそが余裕のある生活をするコツなのかもしれません。

13. なんとなく気分がよい

なんとなく気分がよい

自己啓発本などには積極的に何かに取り組むことを書いてあるものも少なくありません。

でも自分にそれが合っていなかったら無理が生じてしまい,余裕のある生活が遠ざかってしまいます。

理想を高く持ちすぎずに「なんとなく気分がよい」が丁度良いのだと感じることが出来れば,余裕のある生活なのではないかと思います。

まとめ

余裕のある生活をするコツについて色々考えてみました。

いくつかでも参考になれば幸いです。

余裕のある生活をするコツについて色々考えてみました。

普段余裕のある生活を送っていますか?

ちょっとした工夫で変わるかもしれません。


他人の顔色を見過ぎない

人間関係って大事です。

でも人の顔色ばかり伺っている生活は疲れます。

不機嫌な人の事を考えていてもしょうがありません。

あなたでなく他の事で不機嫌なのかもしれません。

人間関係を円滑にすることは大切ですが他人の顔色を見過ぎないというのは,余裕のある生活をするコツの一つではないかと思います。

やっぱりお金は大切

お金って綺麗ごとではなく大切です。

お金がないと具合悪くても病院に行けなかったり,食費をケチってしまって栄養が偏ってしまったりします。

何より心の余裕がなくなってきます。

勿論お金を稼ぐことも大事です。

足りなかったらどうやったら収入を増やせるか考えるのもいいでしょう。

でも限りある収入の中で上手に節約することも大切です。

例えば通信費など固定費用で無駄にかかっているものはありませんか?

あまり通っていないスポーツクラブの会員になってないかなど,もう一度支出を見直してみるのもいいのではないでしょうか。

貯金やお金があると気持ちにも余裕が出来ます。

そしてそれが余裕のある生活をするコツにもなるのです。

シンプルにする

断捨離という言葉が流行りました。

現代では物が溢れすぎていて,部屋が溢れかえったりしてませんか?

収納棚を買おうと検討しているあなたは,実際は収納しようとしている物は自分にとって本当に必要なのか考えてみましょう。

部屋がすっきり綺麗でものが少ないと,気分も爽快です。

また情報も取り入れすぎて頭が一杯ということはありませんか?

人間関係も大切ですが,余計な人間関係に振り回されてませんか?

ラインなどで返信するので忙しくありませんか?

一度生活を見直して整理してシンプルに生きることを目指せば,生活に余裕が出てくるのではないでしょうか。

「やるべきこと」と「やりたいこと」をバランスよく

人は生きていくためには「やるべきこと」もやらなくてはならないかもしれません。

でも「やるべきこと」に縛られてばかりで「やりたいこと」が後回しばかりになれば余裕がある生活とは言えないです。

「やるべきこと」「やりたいこと」をバランスよく生活に取り入れていくことはストレスも軽くなるのではないでしょうか。

優先順位をつけて二つの事をバランスよくすることで生活に余裕が出来てきます。

他人の評価や数字などに惑わされない

気になるのは他人の評価であったり,仕事上の数字かもしれません。

でもそればかりに気を取られていると余裕のある生活とは言えません。

全く気にするなということではありませんが,オンとオフを上手に切り替えられたら余裕が生まれてくるのではないでしょうか?

食事はゆっくりと食べる

食事は生活の基本です。

サラリーマンの方などは急いでかき込んで食べたり,パソコンを見ながらおにぎりやサンドウィッチなどを食べたりする方も多いのではないでしょうか。

でも食事は大切なので,出来れば食事の時間はしっかり取ってゆっくりと食べましょう。

そして1日に1回は家族や友人とゆったりした食事が出来るような生活が,余裕を生むのではないでしょうか。

また栄養のバランスをきちんと考えて食事をとるのは将来の健康にも繋がります。

生活の中に運動を取り入れる

現代は運動することが減ってきていると思います。

家と会社の往復で,オフィスのデスクに一日座っているという人も珍しくないと思います。

意識的に運動を取り入れることで,身体を動かしてリフレッシュ出来ることもあります。

運動しなくてはと頑張り過ぎは禁物です。

自分に合った運動のやり方があると思います。

スポーツジムで身体を鍛えたり,週末は何かスポーツをしなくてはということではありません。

それが趣味だったら良いのですが,スポーツが苦手な人はウォーキングから始めるのもいいかもしれません。

運動は余裕のある生活をするコツの一つかもしれません。

失敗を引きずらない

誰でも失敗はあると思います。

失敗して落ち込むことは普通ですし,失敗したら反省して次につながることもあります。

でも失敗したことばかりを一日中考えていたらもったいないです。

ある程度どこが悪いかと分析して,今後どうしたらその失敗を繰り返さないように出来るかを考えたら,すっきりと気持ちを切り替えましょう。

気持ちの切り替えは余裕のある生活をするコツの一つでもあるのです。

睡眠は大切に

寝ることはとても大切です。

睡眠中に頭の中が整理されて身体もリセットされます。

遅くまで仕事でやむを得ない時もあるかもしれませんが,ネットサーフィンなどをして無駄に睡眠時間を減らしてはいけません。

理想的には1日7時間は睡眠時間が欲しいところです。

しっかり寝ることで思考も前向きになり取り組みもよくなり,仕事の効率も上がります。

余裕のある生活をするコツの一つとして睡眠を軽視しないことです。

趣味を持つ

生きるために生活するだけでは,楽しくありません。

趣味を持たなければということで無理やり持つということではなく,自分がやりたいことを生活の中に取り入れましょう。

好きな事をやっている時間というのは自然にリラックス出来て,また人生を豊かにしてくれます。

趣味から友達が出来ることもあるかもしれません。

余裕のある生活をするコツの一つです。

「ありのまま」の自分を好きになる

人は見栄っ張りだったり,人に良く見られたいと思い自分じゃない自分を演じていることもあります。

弱い自分を認めたくなくて強い自分を演じているかもしれません。

でも自分が「~あるべき」という思考はあまり自分が幸せな気分にならないのではないでしょうか。

「ありのまま」の自分を認めるのは自分しかいません。

「ありのまま」の自分を認めてない人は,難しいことかもしれません。

でも少しずつ「ありのまま」の自分を認めてあげたら如何でしょうか。

その時に余裕のある生活というものが出来るかもしれません。

ささいなことで幸せを感じる心

人生は凄く良いことも凄く悪いことも多くはありません。

勿論色々あるでしょう。

でも日常は淡々としているかもしれません。

なんとなく退屈だなって思う時にはささいなことで幸せを感じる心を育ててみては如何でしょうか。

虹が出たとか夕焼けが綺麗だったとか,今日のお昼ご飯は美味しかったとかそんなささいなことを幸せに感じる心こそが余裕のある生活をするコツなのかもしれません。

なんとなく気分がよい

自己啓発本などには積極的に何かに取り組むことを書いてあるものも少なくありません。

でも自分にそれが合っていなかったら無理が生じてしまい,余裕のある生活が遠ざかってしまいます。

理想を高く持ちすぎずに「なんとなく気分がよい」が丁度良いのだと感じることが出来れば,余裕のある生活なのではないかと思います。

余裕のある生活をするコツについて色々考えてみました。

いくつかでも参考になれば幸いです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-