【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518163636.html
二回目デートを成功させる心得13選

二回目デートを成功させる心得13選 | LADYCO

LADYCO
二回目デートを成功させる心得13選

デートは第一印象が大切ですが、実は一回目はおためしで、二回目に上手くいかないとそのまま関係が解消されることも。

そんな二回目のデートを成功させる心得についてまとめました。

  • 身だしなみを整える
  • 油断しない
  • 初めて会った時と印象を変えすぎない
  • 高級感を出しすぎない
  • 堅くなりすぎない
  • マナーやモラルを守る
  • 笑顔を忘れない
  • ご飯の食べ方に気を付ける
  • 強引な態度をとらない
  • 支払いはスマートに行う
  • さりげなく情報収集をする
  • 会話を楽しむ
  • 楽しかったことやお礼を後で伝える
  • まとめ

1. 身だしなみを整える

身だしなみを整える

異性と会う時は身だしなみを整えるのが基本です。

女性ばかりに身だしなみを求め、自分の事を気にしない男性は嫌われます。

その逆もしかりです。

仕事終わりで疲れていても、デートをする前には、服装や髪の乱れをチェックしたり、歯磨きなどのエチケット対策をしましょう。

また女性はあまりキツくない香水やデオドランドをし、 化粧も直す程度であまりケバすぎないようにしましょう。

清潔感は印象を左右し、次のデートへ繋ぐための大切な要素です。

2. 油断しない

油断しない

一回目のデートが上手く行ったから、無難に済んだからといって油断してはいけません。

一回目のデートとは、いうなれば、「お試し」です。

二回目から本番であり、このデートが上手くいくか否かで、付き合うかどうかも決まるのです。

慢心した結果、ボロが出てしまうことはよくあります。

ある程度の緊張感や遠慮を持って、相手と接しましょう。

3. 初めて会った時と印象を変えすぎない

初めて会った時と印象を変えすぎない

初めてのデートや、初めて会った時と、印象をガラリと変えるのもあまり良くないです。

内弁慶でネコを被っていた人が、自分をさらけ出したり、逆にはっきりとした性格の人が、ネコを被りブリっ子になったりするのは、相手がドン引いてしまうこともあるので、気をつけましょう。

自分の良い所見つけ出し、さりげなくアピールすることが大切です。

また、相手を褒めることは良いことですが、 あまり媚びを売りすぎると、逆に相手を馬鹿にすることにもなりかねないので、自重しましょう。

4. 高級感を出しすぎない

高級感を出しすぎない

ブランド物を身につけすぎたり、高い車で颯爽と迎えにきたりとゴージャス感を出し過ぎるのも、相手が引いてしまうパターンが多いです。

TPOに合わせてラグジュアリーな雰囲気を出しましょう。

また、そうしたリッチな雰囲気よりも、庶民的で気楽なデートが好きという人も多くいます。

相手の好みをリサーチして合わせることも大切です。

また、女性の方が何を着て行くか迷う場合があるので、どこに行くか、ある程度のドレスコードやフォーマル感は必要か、ということを男性側が伝えることも大切です。

5. 堅くなりすぎない

堅くなりすぎない

デートを成功させるには、ある程度の緊張感は必要ですが、 緊張しすぎて堅くなってしまってはいけません。

パニックになったり、おどおどしてしまうと印象はあまりよくないのです。

また、緊張しすぎて会話に詰まったり、沈黙が長引くのもあまりよくないでしょう。

デート慣れすべきとまではいいませんが、落ち着いた行動をとれる人の方が好印象を抱かれます。

6. マナーやモラルを守る

マナーやモラルを守る

マナーやモラルを守ることも、二回目のデートで大切なことです。

一回目のデートというのはお互いに緊張することが多く、細やかな所まで目に行かない事も多いのです。

しかし、二回目になって、少しだけ余裕が出てくると、相手の欠点やアラが見えやすくなります。

油断することなく、交通マナーや食事のマナー、その他さまざまなモラルを守れる真面目な人の方がウケが良いのです。

7. 笑顔を忘れない

笑顔を忘れない

いくら緊張していても、笑顔を忘れてはいけません。

せっかく気になる人とデートしているのに、表情が暗いと悪い印象を抱かれることが多いです。

「退屈なのかな」「不機嫌なのだろうか」と、相手に不安や心配をさせてしまうでしょう。

恥ずかしがらずに、嬉しい時は嬉しいと伝えた方が良いのです。

8. ご飯の食べ方に気を付ける

ご飯の食べ方に気を付ける

デートにおいて食事というのはとても大切な項目です。

相手の食事のマナーや態度から、育ちの良さや悪さ、家庭環境などが分かるからです。

箸の持ち方や、食べる順番、食べ方などに気を付け、きれいに食べることが大切です。

いくら美しくても、汚らしい食べ方をする人は、相手に引かれてしまうことが多いのです。

また、好き嫌いをせずに、残さずたべることも重要でしょう。

美味しそうに食べる姿は、周囲も幸せにするので、美味しさや楽しさを好きな人に伝えるのも大切です。

9. 強引な態度をとらない

強引な態度をとらない

二回目のデートで、強引でごり押しな態度をとるのはやめましょう。

べたべたとボディタッチをしたり、すぐにキスをしたがったり、体の関係を迫るようながっつきは、引かれることが多いです。

「結局、そっちが目当てなのか」とがっかりされる場合も多いです。

関係を進展させるのは、デートの回数だけではありません。

内容はもちろんのこと、雰囲気、お互いにどう思っているのか、どれだけ良い印象を抱いているのか、 さまざま要点をクリアし、信頼関係がなければ、発展はしません。

押せ押せだけの人は嫌われてしまうのです。

10. 支払いはスマートに行う

支払いはスマートに行う

支払いがスマートに行えるのも、デートの印象を良くする行動パターンのひとつです。

さりげなく先に払ったり、「じゃあ今度おごってもらおうかな」と割り勘を断ったりする男性はモテるでしょう。

もちろん奢られるのが嫌で、割り勘じゃないと気が済まない人もいます。

そういう時は一の位まできっちり割る人よりも、大ざっぱに割って高い方を自分が払う方が印象が良いでしょう。

ケチじゃなく、だからといって浪費家すぎない、ちょうどよい人が好まれるパターンも多いです。

いきなり高価なプレゼントを渡すのも、迷惑がられることが多いのでやめておきましょう。

11. さりげなく情報収集をする

さりげなく情報収集をする

二回目のデートをするに当たって、さりげなく相手の情報を集めておくことも大切です。

前もって連絡先を聞き、ちょっとした会話の中に、質問を混ぜて聞きだすのも良いでしょう。

会ったばかりの人であれば、直接話すよりもLINEやメールの方が会話が弾むことも多いです。

しかし、しつこい質問責めは、相手に嫌がられることが多いので、控えめに行いましょう。

12. 会話を楽しむ

会話を楽しむ

二回目のデートでは、より会話を楽しみましょう。

まだまだ緊張するとは思いますが、ここで会話が発展しないと、関係も進展せずにしぼんでしまうことが多いのです。

「会っても何も会話がなくてつまらない」「緊張してばかりならデートなんてしなくていい」 というように思うことも多いので、会話を続けることを努めましょう。

お互いの好きなことや、趣味について話すことも良いでしょう。

あまりマニアックになりすぎると引かれることもあるので、無難なあたりでとどめておきましょう。

13. 楽しかったことやお礼を後で伝える

楽しかったことやお礼を後で伝える

二回目のデートではアフターケアも大切です。

楽しかったことを伝えたり、感謝の気持ちを伝えましょう。

丁寧で親切な対応から、もう一度デートをしたい、もっと仲良くなりたいという思いが育つことも大いにあるのです。

緊張がほぐれて、慢心してしまいがちですが、思いやりや感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

まとめ

二回目のデートを成功させる上で、大切なことはたくさんあります。

一番大切なことは、清潔感と誠実さです。

相手の会話に応える真摯な態度を持って接しましょう。

デートは第一印象が大切ですが、実は一回目はおためしで、二回目に上手くいかないとそのまま関係が解消されることも。

そんな二回目のデートを成功させる心得についてまとめました。


身だしなみを整える

異性と会う時は身だしなみを整えるのが基本です。

女性ばかりに身だしなみを求め、自分の事を気にしない男性は嫌われます。

その逆もしかりです。

仕事終わりで疲れていても、デートをする前には、服装や髪の乱れをチェックしたり、歯磨きなどのエチケット対策をしましょう。

また女性はあまりキツくない香水やデオドランドをし、 化粧も直す程度であまりケバすぎないようにしましょう。

清潔感は印象を左右し、次のデートへ繋ぐための大切な要素です。

油断しない

一回目のデートが上手く行ったから、無難に済んだからといって油断してはいけません。

一回目のデートとは、いうなれば、「お試し」です。

二回目から本番であり、このデートが上手くいくか否かで、付き合うかどうかも決まるのです。

慢心した結果、ボロが出てしまうことはよくあります。

ある程度の緊張感や遠慮を持って、相手と接しましょう。

初めて会った時と印象を変えすぎない

初めてのデートや、初めて会った時と、印象をガラリと変えるのもあまり良くないです。

内弁慶でネコを被っていた人が、自分をさらけ出したり、逆にはっきりとした性格の人が、ネコを被りブリっ子になったりするのは、相手がドン引いてしまうこともあるので、気をつけましょう。

自分の良い所見つけ出し、さりげなくアピールすることが大切です。

また、相手を褒めることは良いことですが、 あまり媚びを売りすぎると、逆に相手を馬鹿にすることにもなりかねないので、自重しましょう。

高級感を出しすぎない

ブランド物を身につけすぎたり、高い車で颯爽と迎えにきたりとゴージャス感を出し過ぎるのも、相手が引いてしまうパターンが多いです。

TPOに合わせてラグジュアリーな雰囲気を出しましょう。

また、そうしたリッチな雰囲気よりも、庶民的で気楽なデートが好きという人も多くいます。

相手の好みをリサーチして合わせることも大切です。

また、女性の方が何を着て行くか迷う場合があるので、どこに行くか、ある程度のドレスコードやフォーマル感は必要か、ということを男性側が伝えることも大切です。

堅くなりすぎない

デートを成功させるには、ある程度の緊張感は必要ですが、 緊張しすぎて堅くなってしまってはいけません。

パニックになったり、おどおどしてしまうと印象はあまりよくないのです。

また、緊張しすぎて会話に詰まったり、沈黙が長引くのもあまりよくないでしょう。

デート慣れすべきとまではいいませんが、落ち着いた行動をとれる人の方が好印象を抱かれます。

マナーやモラルを守る

マナーやモラルを守ることも、二回目のデートで大切なことです。

一回目のデートというのはお互いに緊張することが多く、細やかな所まで目に行かない事も多いのです。

しかし、二回目になって、少しだけ余裕が出てくると、相手の欠点やアラが見えやすくなります。

油断することなく、交通マナーや食事のマナー、その他さまざまなモラルを守れる真面目な人の方がウケが良いのです。

笑顔を忘れない

いくら緊張していても、笑顔を忘れてはいけません。

せっかく気になる人とデートしているのに、表情が暗いと悪い印象を抱かれることが多いです。

「退屈なのかな」「不機嫌なのだろうか」と、相手に不安や心配をさせてしまうでしょう。

恥ずかしがらずに、嬉しい時は嬉しいと伝えた方が良いのです。

ご飯の食べ方に気を付ける

デートにおいて食事というのはとても大切な項目です。

相手の食事のマナーや態度から、育ちの良さや悪さ、家庭環境などが分かるからです。

箸の持ち方や、食べる順番、食べ方などに気を付け、きれいに食べることが大切です。

いくら美しくても、汚らしい食べ方をする人は、相手に引かれてしまうことが多いのです。

また、好き嫌いをせずに、残さずたべることも重要でしょう。

美味しそうに食べる姿は、周囲も幸せにするので、美味しさや楽しさを好きな人に伝えるのも大切です。

強引な態度をとらない

二回目のデートで、強引でごり押しな態度をとるのはやめましょう。

べたべたとボディタッチをしたり、すぐにキスをしたがったり、体の関係を迫るようながっつきは、引かれることが多いです。

「結局、そっちが目当てなのか」とがっかりされる場合も多いです。

関係を進展させるのは、デートの回数だけではありません。

内容はもちろんのこと、雰囲気、お互いにどう思っているのか、どれだけ良い印象を抱いているのか、 さまざま要点をクリアし、信頼関係がなければ、発展はしません。

押せ押せだけの人は嫌われてしまうのです。

支払いはスマートに行う

支払いがスマートに行えるのも、デートの印象を良くする行動パターンのひとつです。

さりげなく先に払ったり、「じゃあ今度おごってもらおうかな」と割り勘を断ったりする男性はモテるでしょう。

もちろん奢られるのが嫌で、割り勘じゃないと気が済まない人もいます。

そういう時は一の位まできっちり割る人よりも、大ざっぱに割って高い方を自分が払う方が印象が良いでしょう。

ケチじゃなく、だからといって浪費家すぎない、ちょうどよい人が好まれるパターンも多いです。

いきなり高価なプレゼントを渡すのも、迷惑がられることが多いのでやめておきましょう。

さりげなく情報収集をする

二回目のデートをするに当たって、さりげなく相手の情報を集めておくことも大切です。

前もって連絡先を聞き、ちょっとした会話の中に、質問を混ぜて聞きだすのも良いでしょう。

会ったばかりの人であれば、直接話すよりもLINEやメールの方が会話が弾むことも多いです。

しかし、しつこい質問責めは、相手に嫌がられることが多いので、控えめに行いましょう。

会話を楽しむ

二回目のデートでは、より会話を楽しみましょう。

まだまだ緊張するとは思いますが、ここで会話が発展しないと、関係も進展せずにしぼんでしまうことが多いのです。

「会っても何も会話がなくてつまらない」「緊張してばかりならデートなんてしなくていい」 というように思うことも多いので、会話を続けることを努めましょう。

お互いの好きなことや、趣味について話すことも良いでしょう。

あまりマニアックになりすぎると引かれることもあるので、無難なあたりでとどめておきましょう。

楽しかったことやお礼を後で伝える

二回目のデートではアフターケアも大切です。

楽しかったことを伝えたり、感謝の気持ちを伝えましょう。

丁寧で親切な対応から、もう一度デートをしたい、もっと仲良くなりたいという思いが育つことも大いにあるのです。

緊張がほぐれて、慢心してしまいがちですが、思いやりや感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

二回目のデートを成功させる上で、大切なことはたくさんあります。

一番大切なことは、清潔感と誠実さです。

相手の会話に応える真摯な態度を持って接しましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-