【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515114033.html
デートをドタキャンする男性の心理

デートをドタキャンする男性の心理 | LADYCO

LADYCO
デートをドタキャンする男性の心理

デートをドタキャンされると本当に腹が立つものです。

デートをドタキャンする男性は、一体どのような心理なのでしょうか。

今回はデートをドタキャンする心理をまとめてみました。

  • 忘れっぽい
  • 承認欲求が強い
  • 目先のことしか考えられない
  • 自分が優位に立ちたい
  • 計画性がない
  • デートに関心がない
  • 支配欲が強い
  • ストレスが溜まっている
  • そろそろ別れようとしている
  • 自尊心が強すぎる

1. 忘れっぽい

忘れっぽい

ドタキャンをしがちな男性の場合、単純に忘れっぽいというケースが少なくありません。

女性の場合は約束をしたらしっかりスケジュールに書き入れたり、カレンダーにマークを付けたりするものですが、男性は仕事の予定でなければ頭で覚えていれば大丈夫だと思いがちな人も多いものです。

でも実際には、仕事で忙しかったりすると、つい予定を忘れて、その結果別の予定とバッティングしてドタキャンになってしまうのです。

2. 承認欲求が強い

承認欲求が強い

ドタキャンする人は承認欲求が強いことが少なくありません。

というのも、普通に社会生活を送っていると、なかなか自分だけに注意を向けてもらうチャンスは少ないものですが、承認欲求が強いの場合それでは我慢できません。

そのためドタキャンというような行動を取ることで相手の視線をこちらに向けようとしています。

3. 目先のことしか考えられない

目先のことしか考えられない

目先のことしか考えられないというタイプの男性もドタキャンしがちなものです。

このタイプは、たとえ予定があったとしても、目の前に別のことが現れると、そこにしか関心を向けることができなくなってしまいます。

デートの予定があるのに、急に服を買いに行きたくなったり、部屋の掃除をしたくなったり、またはテレビが見たくなってしまったりすると、他の事をすっかり忘れてしまうか、やりたいと思ったことをやるまで他のことを我慢するという回路が備わっていないのです。

4. 自分が優位に立ちたい

自分が優位に立ちたい

自分が下になりたくない、相手よりも上に立ちたいという考えのもとでドタキャンをする人もいます。

このタイプの男性はドタキャンを繰り返すことで、自分が相手よりも優位に立ったつもりでいます。

そのほか、約束の時間になっても現れない、遅刻するという男性にもこの傾向がみられることがあります。

5. 計画性がない

計画性がない

仕事でもプライベートでも、まったく計画を立てることができない人がいます。

このタイプの人は、そもそも計画を立てるといった考え方が存在しません。

行動はすべて行き当たりばったりで思いつきで買い物をしたり、旅行に行ってしまったりするタイプです。

もともと計画という概念がないため、デートの予定があったとしても平気で別の予定を入れてしまうのです。

6. デートに関心がない

デートに関心がない

デートをドタキャンする人は、デートをすることに関心がないこともあります。

デートを楽しみにしていれば、絶対に別の予定を入れたりしないものですが、デートをどちらでもいいと考えていれば、平気で別の予定を入れたり、他のことに時間を使ってしまいます。

7. 支配欲が強い

支配欲が強い

相手を徹底的に支配したいという考えでドタキャンをするという男性もいます。

実はこのタイプはかなり多く、相手の行動のすべてをコントロールしたいと考えて、わざと予定もないのに直前になってデートをキャンセルしてきます。

そうやって相手が楽しみにしていることを奪ったり、相手の計画がめちゃくちゃになったりすることを喜んでいるのです。

こういったタイプの人は男らしく振舞っていても、実は臆病で、相手に執着する性質を持っているためストーカーになってしまうこともあります。

8. ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっている

もし普段の行動で、女性のほうがイニシアティブを取っている場合には、ドタキャンという極端な方法で反撃に出ようとします。

これはいわば、労働環境に不満を持っている人たちが起こすストライキのようなもの。

ドタキャンをすることで、普段の付き合い方に対して抗議をしているのです。

もしも、普段はそんなことはしない、真面目で時間をきっちり守るはずの男性がドタキャンをした場合には、ちょっといつもの行動を見直してみたほうがいいのかもしれません。

また、ストレスの多い仕事をしている男性がデータをドタキャンしてしまうこともよくあります。

これは仕事が忙しくてデートの予定を忘れてしまうということのほかに、普段は人に待たされたり、頭を下げたりし続けている人が、別の相手に対して高圧的な態度を取るのを同じような行動です。

自分の大切な人に八つ当たりしたり、仕事のストレスを向けるのは良くないことですが、それだけ仕事のストレスやプレッシャーに追い詰められている証拠でもあります。

9. そろそろ別れようとしている

そろそろ別れようとしている

付き合っている相手と別れを考えている場合には、相手の機嫌を損ねて嫌われようとしたり、相手から別れを切り出させようとしてドタキャンをするという場合もあります。

他に予定がなくても一緒にいたくなかったり、急に予定を変更することでそれとなく終わりを予感させている可能性も考えられます。

10. 自尊心が強すぎる

意外なことかもしれませんが、強い自尊心を持っている男性がドタキャンをすることもあります。

これは自分が優れているというイメージによるもので、付き合っている相手にそれを認めさせたいとか、自分のために予定を変更するのは当たり前だという俺様タイプの人によく見られます。

デートをドタキャンされると本当に腹が立つものです。

デートをドタキャンする男性は、一体どのような心理なのでしょうか。

今回はデートをドタキャンする心理をまとめてみました。


忘れっぽい

ドタキャンをしがちな男性の場合、単純に忘れっぽいというケースが少なくありません。

女性の場合は約束をしたらしっかりスケジュールに書き入れたり、カレンダーにマークを付けたりするものですが、男性は仕事の予定でなければ頭で覚えていれば大丈夫だと思いがちな人も多いものです。

でも実際には、仕事で忙しかったりすると、つい予定を忘れて、その結果別の予定とバッティングしてドタキャンになってしまうのです。

承認欲求が強い

ドタキャンする人は承認欲求が強いことが少なくありません。

というのも、普通に社会生活を送っていると、なかなか自分だけに注意を向けてもらうチャンスは少ないものですが、承認欲求が強いの場合それでは我慢できません。

そのためドタキャンというような行動を取ることで相手の視線をこちらに向けようとしています。

目先のことしか考えられない

目先のことしか考えられないというタイプの男性もドタキャンしがちなものです。

このタイプは、たとえ予定があったとしても、目の前に別のことが現れると、そこにしか関心を向けることができなくなってしまいます。

デートの予定があるのに、急に服を買いに行きたくなったり、部屋の掃除をしたくなったり、またはテレビが見たくなってしまったりすると、他の事をすっかり忘れてしまうか、やりたいと思ったことをやるまで他のことを我慢するという回路が備わっていないのです。

自分が優位に立ちたい

自分が下になりたくない、相手よりも上に立ちたいという考えのもとでドタキャンをする人もいます。

このタイプの男性はドタキャンを繰り返すことで、自分が相手よりも優位に立ったつもりでいます。

そのほか、約束の時間になっても現れない、遅刻するという男性にもこの傾向がみられることがあります。

計画性がない

仕事でもプライベートでも、まったく計画を立てることができない人がいます。

このタイプの人は、そもそも計画を立てるといった考え方が存在しません。

行動はすべて行き当たりばったりで思いつきで買い物をしたり、旅行に行ってしまったりするタイプです。

もともと計画という概念がないため、デートの予定があったとしても平気で別の予定を入れてしまうのです。

デートに関心がない

デートをドタキャンする人は、デートをすることに関心がないこともあります。

デートを楽しみにしていれば、絶対に別の予定を入れたりしないものですが、デートをどちらでもいいと考えていれば、平気で別の予定を入れたり、他のことに時間を使ってしまいます。

支配欲が強い

相手を徹底的に支配したいという考えでドタキャンをするという男性もいます。

実はこのタイプはかなり多く、相手の行動のすべてをコントロールしたいと考えて、わざと予定もないのに直前になってデートをキャンセルしてきます。

そうやって相手が楽しみにしていることを奪ったり、相手の計画がめちゃくちゃになったりすることを喜んでいるのです。

こういったタイプの人は男らしく振舞っていても、実は臆病で、相手に執着する性質を持っているためストーカーになってしまうこともあります。

ストレスが溜まっている

もし普段の行動で、女性のほうがイニシアティブを取っている場合には、ドタキャンという極端な方法で反撃に出ようとします。

これはいわば、労働環境に不満を持っている人たちが起こすストライキのようなもの。

ドタキャンをすることで、普段の付き合い方に対して抗議をしているのです。

もしも、普段はそんなことはしない、真面目で時間をきっちり守るはずの男性がドタキャンをした場合には、ちょっといつもの行動を見直してみたほうがいいのかもしれません。

また、ストレスの多い仕事をしている男性がデータをドタキャンしてしまうこともよくあります。

これは仕事が忙しくてデートの予定を忘れてしまうということのほかに、普段は人に待たされたり、頭を下げたりし続けている人が、別の相手に対して高圧的な態度を取るのを同じような行動です。

自分の大切な人に八つ当たりしたり、仕事のストレスを向けるのは良くないことですが、それだけ仕事のストレスやプレッシャーに追い詰められている証拠でもあります。

そろそろ別れようとしている

付き合っている相手と別れを考えている場合には、相手の機嫌を損ねて嫌われようとしたり、相手から別れを切り出させようとしてドタキャンをするという場合もあります。

他に予定がなくても一緒にいたくなかったり、急に予定を変更することでそれとなく終わりを予感させている可能性も考えられます。

意外なことかもしれませんが、強い自尊心を持っている男性がドタキャンをすることもあります。

これは自分が優れているというイメージによるもので、付き合っている相手にそれを認めさせたいとか、自分のために予定を変更するのは当たり前だという俺様タイプの人によく見られます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-