【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515114036.html
デートで行きたくない時の対処方法10選

デートで行きたくない時の対処方法10選 | LADYCO

LADYCO
デートで行きたくない時の対処方法10選

前から約束をしていたデートだけど、いざ迫ってくると行きたくない…という時も人間ですからありますよね。

なるべく相手を傷つけずデートを断るにはどうしたらよいのでしょうか。

対処法をご紹介します!

  • 体調不良を装う
  • 仕事の都合を装う
  • 家族を出す
  • 約束の時間を勘違い
  • 期限の迫っているものを出す
  • 冠婚葬祭
  • 友達を出す
  • 正直に気持ちを伝える
  • お金のなさをアピール
  • 遠くに住む友達を出す
  • まとめ

1. 体調不良を装う

体調不良を装う

まず、一番よく使える対処法が、体調不良を装うことでしょう。

体調不良は予測不可能なものですし、割とギリギリになってから断る理由としては、相手が納得しやすいものだと思います。

しかし、体調不良がデートの度に何度も重なると相手も不安になるでしょうから、そう何度も使える対処法とは言えないでしょう。

2. 仕事の都合を装う

仕事の都合を装う

次に使いやすい対処法が仕事の都合を装うことです。

急遽仕事の予定が入ることは誰しもあるものでしょうから、相手もそれならばしょうがないと思ってくれる可能性が高いです。

しかし、その後で会った時に「仕事大丈夫だった?」などと聞かれてしまう可能性もあるので、あまり大きなことを言わないように気をつけた方がよさそうですね。

3. 家族を出す

家族を出す

次に、家族を理由にデートを断る対処法を考えてみたいと思います。

家族の体調が悪いといったことや、親に用事を頼まれてしまったというような理由だと、相手は家族を大切にしているのだな、と納得してくれるかもしれません。

しかし、家族の体調不良などを理由に断ってしまうと、実際その家族は元気に過ごしているわけですから、姿を見られて辻褄が合わなくなるようなことがないように気をつける必要があるかもしれません。

4. 約束の時間を勘違い

約束の時間を勘違い

時と場合によっては、約束の日程や、その時間を勘違いしていた、という理由でデートをキャンセルすることができるかもしれません。

例えば仕事の後に晩御飯を食べる約束をしていた時など「仕事終わった?そろそろ出られる?」と連絡がきた時に、約束が今日だと思っていなかった、明日だと思っていたなどと返せば、じゃあ今日はやめておこうという風にことが進むかもしれません。

しかし休日に一日使ってデートしようと決めていた時などに、この対処法を使ってしまうと、さすがに相手が怒ってしまうかもしれませんので、ご注意ください。

5. 期限の迫っているものを出す

期限の迫っているものを出す

学生の場合は授業のレポートなど、社会人の場合は仕事の資料など、期限の迫っているものがあり、どうしても今日やる必要がある、という理由でデートを断ることができるかもしれません。

このような経験はきっと誰しもあるものでしょうから、同情してくれる可能性もあります。

何度もこの手を使うと、仕事などを頑張って終わらせてデートを楽しもうという気がないのかな?と相手を不安にさせてしまう可能性もありますので、ご注意ください。

6. 冠婚葬祭

冠婚葬祭

冠婚葬祭に出席しなければならない、という理由を使うと、それは、そちらを優先するのはしょうがないと、納得してくれるかもしれません。

しかし、結婚式などは基本的に前もって出欠が決まっていますし、お葬式を偽るというのはさすがに気がひける人が多いと思います。

理由に使うとしても、同僚の軽い結婚パーティー程度の理由にした方が良いかもしれませんね。

7. 友達を出す

友達を出す

友達を理由に使わせてもらうのも、デートを断る一つの対処法となるでしょう。

友達が落ち込んでいて、どうしても今日励ましてあげたい、という風に言うと、友達を思ってのことだからと相手は納得してくれるかもしれません。

もし、相手もよく知っている友達を理由にさせてもらうならば、後から辻褄が合わなくならないように、その友達にあらかじめ事情を話しておくとよいかもしれませんね。

8. 正直に気持ちを伝える

正直に気持ちを伝える

相手に嘘をついてしまうのは、罪悪感が湧いてしまうから嫌だという人もいると思います。

その場合は、誠実に正直な気持ちを伝えてしまった方が良いかもしれません。

今週は仕事で疲れていて、どうしても家でゆっくりしたいと正直に言われれば相手はそれほど傷つくこともなく、納得してくれるのではないでしょうか。

その埋め合わせとして、元気が出た時には、相手の行きたい場所に必ず行こうね、という風な話ができれば、お互いが気持ち良く、納得できるかもしれませんね。

9. お金のなさをアピール

お金のなさをアピール

デートをしたい気持ちは山々だけれども、今月はお金が厳しいから、給料日を過ぎてからデートしよう、というように提案してみてもいいかもしれません。

しかしこれは、男性側に、奢ってあげるから気にしなくていいよ、と言わせてしまうかもしれません。

そんなつもりで言ったんじゃないのに…と気持ちのすれ違いが起きてしまう可能性もあります。

学生同士で、お金の無さを共有できるようなカップルの場合は使いやすい対処法と言えるでしょう。

10. 遠くに住む友達を出す

遠くに住む友達を出す

遠くに住んでいる友達が急遽こっちに来ることになった、という理由も、デートを断る対処法になるかもしれません。

なかなか会えない友達が来るということで、そちらを優先したいという気持ちになるのは理解してもらえることだと思います。

この場合も、必ず埋め合わせをするから、という風に次の約束ができれば、あまり相手は気にせずに納得してくれるはずです。

まとめ

以上のように、相手が納得してくれそうな対処法はいくつかありますね。

デートを自分の都合で断ってしまった時は、その後、相手に行きたいところに行くなどして、埋め合わせをすると良いのではないでしょうか。

前から約束をしていたデートだけど、いざ迫ってくると行きたくない…という時も人間ですからありますよね。

なるべく相手を傷つけずデートを断るにはどうしたらよいのでしょうか。

対処法をご紹介します!


体調不良を装う

まず、一番よく使える対処法が、体調不良を装うことでしょう。

体調不良は予測不可能なものですし、割とギリギリになってから断る理由としては、相手が納得しやすいものだと思います。

しかし、体調不良がデートの度に何度も重なると相手も不安になるでしょうから、そう何度も使える対処法とは言えないでしょう。

仕事の都合を装う

次に使いやすい対処法が仕事の都合を装うことです。

急遽仕事の予定が入ることは誰しもあるものでしょうから、相手もそれならばしょうがないと思ってくれる可能性が高いです。

しかし、その後で会った時に「仕事大丈夫だった?」などと聞かれてしまう可能性もあるので、あまり大きなことを言わないように気をつけた方がよさそうですね。

家族を出す

次に、家族を理由にデートを断る対処法を考えてみたいと思います。

家族の体調が悪いといったことや、親に用事を頼まれてしまったというような理由だと、相手は家族を大切にしているのだな、と納得してくれるかもしれません。

しかし、家族の体調不良などを理由に断ってしまうと、実際その家族は元気に過ごしているわけですから、姿を見られて辻褄が合わなくなるようなことがないように気をつける必要があるかもしれません。

約束の時間を勘違い

時と場合によっては、約束の日程や、その時間を勘違いしていた、という理由でデートをキャンセルすることができるかもしれません。

例えば仕事の後に晩御飯を食べる約束をしていた時など「仕事終わった?そろそろ出られる?」と連絡がきた時に、約束が今日だと思っていなかった、明日だと思っていたなどと返せば、じゃあ今日はやめておこうという風にことが進むかもしれません。

しかし休日に一日使ってデートしようと決めていた時などに、この対処法を使ってしまうと、さすがに相手が怒ってしまうかもしれませんので、ご注意ください。

期限の迫っているものを出す

学生の場合は授業のレポートなど、社会人の場合は仕事の資料など、期限の迫っているものがあり、どうしても今日やる必要がある、という理由でデートを断ることができるかもしれません。

このような経験はきっと誰しもあるものでしょうから、同情してくれる可能性もあります。

何度もこの手を使うと、仕事などを頑張って終わらせてデートを楽しもうという気がないのかな?と相手を不安にさせてしまう可能性もありますので、ご注意ください。

冠婚葬祭

冠婚葬祭に出席しなければならない、という理由を使うと、それは、そちらを優先するのはしょうがないと、納得してくれるかもしれません。

しかし、結婚式などは基本的に前もって出欠が決まっていますし、お葬式を偽るというのはさすがに気がひける人が多いと思います。

理由に使うとしても、同僚の軽い結婚パーティー程度の理由にした方が良いかもしれませんね。

友達を出す

友達を理由に使わせてもらうのも、デートを断る一つの対処法となるでしょう。

友達が落ち込んでいて、どうしても今日励ましてあげたい、という風に言うと、友達を思ってのことだからと相手は納得してくれるかもしれません。

もし、相手もよく知っている友達を理由にさせてもらうならば、後から辻褄が合わなくならないように、その友達にあらかじめ事情を話しておくとよいかもしれませんね。

正直に気持ちを伝える

相手に嘘をついてしまうのは、罪悪感が湧いてしまうから嫌だという人もいると思います。

その場合は、誠実に正直な気持ちを伝えてしまった方が良いかもしれません。

今週は仕事で疲れていて、どうしても家でゆっくりしたいと正直に言われれば相手はそれほど傷つくこともなく、納得してくれるのではないでしょうか。

その埋め合わせとして、元気が出た時には、相手の行きたい場所に必ず行こうね、という風な話ができれば、お互いが気持ち良く、納得できるかもしれませんね。

お金のなさをアピール

デートをしたい気持ちは山々だけれども、今月はお金が厳しいから、給料日を過ぎてからデートしよう、というように提案してみてもいいかもしれません。

しかしこれは、男性側に、奢ってあげるから気にしなくていいよ、と言わせてしまうかもしれません。

そんなつもりで言ったんじゃないのに…と気持ちのすれ違いが起きてしまう可能性もあります。

学生同士で、お金の無さを共有できるようなカップルの場合は使いやすい対処法と言えるでしょう。

遠くに住む友達を出す

遠くに住んでいる友達が急遽こっちに来ることになった、という理由も、デートを断る対処法になるかもしれません。

なかなか会えない友達が来るということで、そちらを優先したいという気持ちになるのは理解してもらえることだと思います。

この場合も、必ず埋め合わせをするから、という風に次の約束ができれば、あまり相手は気にせずに納得してくれるはずです。

以上のように、相手が納得してくれそうな対処法はいくつかありますね。

デートを自分の都合で断ってしまった時は、その後、相手に行きたいところに行くなどして、埋め合わせをすると良いのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-