【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519101626.html
遠距離恋愛で負担のかからない会う頻度12選

遠距離恋愛で負担のかからない会う頻度12選 | LADYCO

LADYCO
遠距離恋愛で負担のかからない会う頻度12選

遠距離恋愛をすると、会いたくて会えないせつなさがつらいです。

しかし日常生活に負担になるほど無理をするのもよくありません。

それでは、どの程度の頻度で会うのがよいのでしょうか。

  • 普通電車で移動できる遠距離恋愛
  • 週に1回
  • 週末に宿泊する
  • 新幹線で移動できる遠距離恋愛
  • 月に1回
  • 月に1回を男女交互に移動する
  • 時間の都合がつく方が移動する
  • 飛行機に乗る必要がある遠距離恋愛
  • 3か月に1回か、半年に1回
  • 彼氏か彼女が帰国する時に会う
  • 1年に1回まとめて滞在する
  • 中間地点で会う
  • まとめ

1. 普通電車で移動できる遠距離恋愛

普通電車で移動できる遠距離恋愛

普通電車で移動できる程度の距離なら、かなり頻繁に会うことができます。

まず移動に掛かる時間が少なくて済みますし、移動費も少なくてすみます。

とはいえ遠距離恋愛であることには変わりありません。

同じ街で住んでいたり、お互いが東京23区内に住んでいれば、会いたい時にすぐに会うことができます。

しかし神奈川県の横浜市内に住んでいる彼氏と、埼玉県の浦和市に住んでいる彼女が、毎日会うのは大変でしょう。

もちろんふたりとも都心の会社で働いている場合は、会社帰りに会うことができます。

どちらも地元の会社で働いていたり、家事手伝いなどをしている場合は、例えば片道2時間弱の距離でも毎日会うのは負担になります。

ラブラブの燃え上がっている時期はいいですが、何年も付き合うとなると、近くて遠い距離になります。

お互いが無理のない程度の頻度に調整するようにしましょう。

2. 週に1回

週に1回

週末が休みの会社に勤めている場合は、週末に1回会うようにするのが負担がかからない頻度でしょう。

例えば土曜日はカップルで過ごす日と決めて、よほどのことがない限り他の予定を入れないようにします。

朝早くに会い、夜遅くまでデートを楽しむのがおすすめです。

土曜日の疲れと平日の仕事の疲れは、日曜日に自宅でゆっくり過ごして取りましょう。

3. 週末に宿泊する

週末に宿泊する

彼か彼女が一人暮らしをしている場合は、週末をどちらかの家で過ごすのもおすすめです。

金曜日の夜に会社帰りに彼氏や彼女の家に行き、宿泊して土曜日の夜に帰宅するという方法なら、長く過ごせて日曜日は疲労回復のために使えます。

また土曜日から日曜日にかけて彼氏か彼女の家に遊びに行く方法もあります。

その場合は土曜日は午後過ぎまで自宅でのんびりして、日曜日も夕方までには帰るようにしましょう。

土曜日の午前中のんびり過ごして平日の疲れを抜き、日曜日も早めに自宅に戻ることで疲労を残さないようにしましょう。

4. 新幹線で移動できる遠距離恋愛

新幹線で移動できる遠距離恋愛

次に新幹線で移動しないと会えない、本格的な遠距離恋愛の場合です。

例えば東京に彼氏がいて、大阪に彼女がいる場合、新幹線を利用しても片道だけで3時間かかってしまいます。

さらに往復の移動費が3万円以上になってしまいます。

特に移動費の負担が大きすぎるため、そんなに何度も会うことはできません。

また夜行バスなどの高速バスを利用すれば、往復の移動費を1万円程度に抑えることができます。

ただし移動時間がかなり長くなってしまうこと、体力的な負担が大きくなってしまうことなどデメリットもあります。

夜行バスに乗っても全然疲れない体質の人もいますし、全く眠れない人もいます。

自分に合った方法で移動するようにしましょう。

5. 月に1回

月に1回

新幹線で移動しないと会えない距離のカップルは、月に1回までが負担がかからずに済む頻度でしょう。

それ以上会うと、経済面でも体力面でも負担が大きくなりすぎます。

もちろん月に1回のふたりが会える日は、彼氏か彼女部屋、またはホテルに宿泊するなどして、1泊2日以上の旅程で会うようにしましょう。

せっかく労力を掛けても、数時間しか会えない場合は、徒労感のほうが大きくなります。

そのような場合は翌月まで会うのを持ち越すようにしたほうが、結果的によさそうです。

6. 月に1回を男女交互に移動する

月に1回を男女交互に移動する

月に1回の移動でも、彼氏ばかり、または彼女ばかりが移動担当になると負担が大きすぎます。

できれば今月は彼女、来月は彼氏という風に、交互に移動するようにしましょう。

特にお互いが会社勤めをしていて同じくらい忙しい場合は、できるだけ公平に負担を分けるようします。

どちらかに負担が掛かりすぎると、不平が出ます。

別れるきっかけになってしまうかもしれません。

7. 時間の都合がつく方が移動する

時間の都合がつく方が移動する

またどちらかが時間に都合がつく場合は、そちらが移動担当になるといいでしょう。

例えば彼氏は忙しく働いていて、彼女が家事手伝いなどをしている場合は、彼女が彼氏に会いに行くようにします。

その代り、彼女の移動費を経済的に豊かな彼氏が負担するようにしましょう。

8. 飛行機に乗る必要がある遠距離恋愛

飛行機に乗る必要がある遠距離恋愛

飛行機に乗る必要があるほど離れている遠距離恋愛の場合は、そうそう会えるものではありません。

特にどちらかが海外に行っている場合は大変です。

基本はスカイプなどでデートをするなどして、会えない時間を寂しくないようにしましょう。

9. 3か月に1回か、半年に1回

3か月に1回か、半年に1回

飛行機で移動するしかないほど離れている場合、特に海外に住む彼氏や彼女と会う場合は、半年に1回程度が負担がかからない頻度の目安になるでしょう。

もちろん海外赴任をしている彼氏だとしても、韓国とブラジルでは違います。

韓国なら国内の遠距離カップルよりも通いやすい場合があります。

韓国のように直通便が頻繁に出ていて、チケット代も安く、移動時間も3時間程度の距離なら、新幹線移動の距離のカップルと同じように考えましょう。

一方でブラジルなど南米に行く場合、少なくとも片道の移動時間が30時間、移動費は往復20万円以上の出費を覚悟しないといけません。

10. 彼氏か彼女が帰国する時に会う

彼氏か彼女が帰国する時に会う

彼氏や彼女が仕事で海外に行っている場合は、仕事の都合で帰国した時に会うのが基本になります。

移動費もかかりませんし、負担が少ないです。

11. 1年に1回まとめて滞在する

1年に1回まとめて滞在する

またブラジルのように遠い国に会いに行く場合は、有給休暇を全て放出して2週間以上現地に滞在するようにしましょう。

1年に1回、思い切り一緒に過ごせると思えば、会えない時間もがんばることができるでしょう。

移動費の負担は大きくても、長い時間過ごせる満足度が高いので心理的な負担にはならないでしょう。

12. 中間地点で会う

中間地点で会う

例えばブラジルに住む彼氏や彼女と会う時に、アメリカやオーストラリアなどの中間地点で落ち合う方法もあります。

お互いの国から直通で行ける国や都市があったら、そこで会うようにするとお互いの負担が軽くなるでしょう。

半年に一度しか会えないところを、3か月に一度にできるかもしれません。

まとめ

遠距離恋愛では物理的に離れている距離により、負担がかからない会う頻度も変わってきます。

無理をして会う頻度を高めて疲れを残さないようにすること、そして経済的な負担を無視しないことが大切です。

次に会う日が決まっていれば、その日を楽しみにすることができます。

計画的に会う日を決めるようにすると、会う頻度を下げても寂しさが軽減されるでしょう。

遠距離恋愛をすると、会いたくて会えないせつなさがつらいです。

しかし日常生活に負担になるほど無理をするのもよくありません。

それでは、どの程度の頻度で会うのがよいのでしょうか。


普通電車で移動できる遠距離恋愛

普通電車で移動できる程度の距離なら、かなり頻繁に会うことができます。

まず移動に掛かる時間が少なくて済みますし、移動費も少なくてすみます。

とはいえ遠距離恋愛であることには変わりありません。

同じ街で住んでいたり、お互いが東京23区内に住んでいれば、会いたい時にすぐに会うことができます。

しかし神奈川県の横浜市内に住んでいる彼氏と、埼玉県の浦和市に住んでいる彼女が、毎日会うのは大変でしょう。

もちろんふたりとも都心の会社で働いている場合は、会社帰りに会うことができます。

どちらも地元の会社で働いていたり、家事手伝いなどをしている場合は、例えば片道2時間弱の距離でも毎日会うのは負担になります。

ラブラブの燃え上がっている時期はいいですが、何年も付き合うとなると、近くて遠い距離になります。

お互いが無理のない程度の頻度に調整するようにしましょう。

週に1回

週末が休みの会社に勤めている場合は、週末に1回会うようにするのが負担がかからない頻度でしょう。

例えば土曜日はカップルで過ごす日と決めて、よほどのことがない限り他の予定を入れないようにします。

朝早くに会い、夜遅くまでデートを楽しむのがおすすめです。

土曜日の疲れと平日の仕事の疲れは、日曜日に自宅でゆっくり過ごして取りましょう。

週末に宿泊する

彼か彼女が一人暮らしをしている場合は、週末をどちらかの家で過ごすのもおすすめです。

金曜日の夜に会社帰りに彼氏や彼女の家に行き、宿泊して土曜日の夜に帰宅するという方法なら、長く過ごせて日曜日は疲労回復のために使えます。

また土曜日から日曜日にかけて彼氏か彼女の家に遊びに行く方法もあります。

その場合は土曜日は午後過ぎまで自宅でのんびりして、日曜日も夕方までには帰るようにしましょう。

土曜日の午前中のんびり過ごして平日の疲れを抜き、日曜日も早めに自宅に戻ることで疲労を残さないようにしましょう。

新幹線で移動できる遠距離恋愛

次に新幹線で移動しないと会えない、本格的な遠距離恋愛の場合です。

例えば東京に彼氏がいて、大阪に彼女がいる場合、新幹線を利用しても片道だけで3時間かかってしまいます。

さらに往復の移動費が3万円以上になってしまいます。

特に移動費の負担が大きすぎるため、そんなに何度も会うことはできません。

また夜行バスなどの高速バスを利用すれば、往復の移動費を1万円程度に抑えることができます。

ただし移動時間がかなり長くなってしまうこと、体力的な負担が大きくなってしまうことなどデメリットもあります。

夜行バスに乗っても全然疲れない体質の人もいますし、全く眠れない人もいます。

自分に合った方法で移動するようにしましょう。

月に1回

新幹線で移動しないと会えない距離のカップルは、月に1回までが負担がかからずに済む頻度でしょう。

それ以上会うと、経済面でも体力面でも負担が大きくなりすぎます。

もちろん月に1回のふたりが会える日は、彼氏か彼女部屋、またはホテルに宿泊するなどして、1泊2日以上の旅程で会うようにしましょう。

せっかく労力を掛けても、数時間しか会えない場合は、徒労感のほうが大きくなります。

そのような場合は翌月まで会うのを持ち越すようにしたほうが、結果的によさそうです。

月に1回を男女交互に移動する

月に1回の移動でも、彼氏ばかり、または彼女ばかりが移動担当になると負担が大きすぎます。

できれば今月は彼女、来月は彼氏という風に、交互に移動するようにしましょう。

特にお互いが会社勤めをしていて同じくらい忙しい場合は、できるだけ公平に負担を分けるようします。

どちらかに負担が掛かりすぎると、不平が出ます。

別れるきっかけになってしまうかもしれません。

時間の都合がつく方が移動する

またどちらかが時間に都合がつく場合は、そちらが移動担当になるといいでしょう。

例えば彼氏は忙しく働いていて、彼女が家事手伝いなどをしている場合は、彼女が彼氏に会いに行くようにします。

その代り、彼女の移動費を経済的に豊かな彼氏が負担するようにしましょう。

飛行機に乗る必要がある遠距離恋愛

飛行機に乗る必要があるほど離れている遠距離恋愛の場合は、そうそう会えるものではありません。

特にどちらかが海外に行っている場合は大変です。

基本はスカイプなどでデートをするなどして、会えない時間を寂しくないようにしましょう。

3か月に1回か、半年に1回

飛行機で移動するしかないほど離れている場合、特に海外に住む彼氏や彼女と会う場合は、半年に1回程度が負担がかからない頻度の目安になるでしょう。

もちろん海外赴任をしている彼氏だとしても、韓国とブラジルでは違います。

韓国なら国内の遠距離カップルよりも通いやすい場合があります。

韓国のように直通便が頻繁に出ていて、チケット代も安く、移動時間も3時間程度の距離なら、新幹線移動の距離のカップルと同じように考えましょう。

一方でブラジルなど南米に行く場合、少なくとも片道の移動時間が30時間、移動費は往復20万円以上の出費を覚悟しないといけません。

彼氏か彼女が帰国する時に会う

彼氏や彼女が仕事で海外に行っている場合は、仕事の都合で帰国した時に会うのが基本になります。

移動費もかかりませんし、負担が少ないです。

1年に1回まとめて滞在する

またブラジルのように遠い国に会いに行く場合は、有給休暇を全て放出して2週間以上現地に滞在するようにしましょう。

1年に1回、思い切り一緒に過ごせると思えば、会えない時間もがんばることができるでしょう。

移動費の負担は大きくても、長い時間過ごせる満足度が高いので心理的な負担にはならないでしょう。

中間地点で会う

例えばブラジルに住む彼氏や彼女と会う時に、アメリカやオーストラリアなどの中間地点で落ち合う方法もあります。

お互いの国から直通で行ける国や都市があったら、そこで会うようにするとお互いの負担が軽くなるでしょう。

半年に一度しか会えないところを、3か月に一度にできるかもしれません。

遠距離恋愛では物理的に離れている距離により、負担がかからない会う頻度も変わってきます。

無理をして会う頻度を高めて疲れを残さないようにすること、そして経済的な負担を無視しないことが大切です。

次に会う日が決まっていれば、その日を楽しみにすることができます。

計画的に会う日を決めるようにすると、会う頻度を下げても寂しさが軽減されるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-