【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515114028.html
短時間デートがお勧めな理由10選

短時間デートがお勧めな理由10選 | LADYCO

LADYCO
短時間デートがお勧めな理由10選

短時間デートがお勧めの理由とはどんな事が挙げられるのでしょうか。

  • 嫌なところが見えない
  • また会いたくなる
  • お金がかからない
  • 予定が組みやすい
  • 会っている時間を大切にしようと思う
  • 色々な場所へ行ける
  • 早めに家につける
  • ケンカが少ない
  • 疲れない
  • ボロが出ない

1. 嫌なところが見えない

嫌なところが見えない

長い時間デートをすると、お互い一人になる時間が欲しかったり、徐々に締まりがなくなります。 なので相手の見たくないところまで見る羽目になるなど、最後の最後で嫌な気持ちになる事があります。 短時間デートはギュッと時間を濃縮しているので、相手の良い面がより見えます。 また少しの緊張感も感じる為、相手の為を思う行動が増えます。

2. また会いたくなる

また会いたくなる

楽しいと感じる瞬間にデートが終わる為また会いたいと必然的に思わせる事ができます。 なので次のデートの予定が取りやすく、会えるまでのドキドキ感がいつも以上に増します。

楽しくて満足したとデートが終わるよりも、もう少し一緒にいたかったという名残惜しさを相手に感じさせる事が恋愛の必勝法です。 むしろ自分から連絡を取らなくても相手からアプローチやレスポンスを取ってくる事も見受けられます。

3. お金がかからない

お金がかからない

お互いの時間を共有すればするほど、一緒にいる時間が長くなる為、その分お金もかかります。 ご飯代、遊び代、電車代というように予定していたお金よりも多くかかる事もあります。

ですが短時間のデートなら決められた場所にしか行かないので、お金も掛かりにくく倹約に基づいたデートが行えます。 お金がかからないという事は次のデートにも繋げられやすく、回数を重ねやすいのも特徴です。

4. 予定が組みやすい

予定が組みやすい

短時間という事なので、その時間までに他の予定を入れたり、一日の予定が立てやすいです。 メリハリがつけられるので充実した一日を送る事ができます。

デートの待ち合わせ付近まで早く着いて、自分の見たいところを今のうちに見て回るという斬新な楽しみ方も行う事が可能です。 たくさん予定を詰め込めるので今日は楽しかった、たくさん色んなことをこなしたなという満足感でいっぱいになりやすいです。

5. 会っている時間を大切にしようと思う

会っている時間を大切にしようと思う

短時間であればあるほど一緒にいる時間が貴重に見えてきます。 なので一分一分を宝物のように扱ったり、夢のような時間として楽しめます。

長い時間会うことになると、下手したら早く帰りたいという気持ちが芽生えてしまう事があります。 短時間デートは物足りなさを感じてしまう人も中にはいますが、その分、今いる時間を大切にしてくれます。 限られた時間の中で相手を知りたい、相手を楽しませたいという、時間による吊り橋効果が期待できます。

6. 色々な場所へ行ける

色々な場所へ行ける

短時間デートを繰り返すと色んな場所へ行く事ができます。 水族館、動物園、映画、カフェ、デパートなど様々なジャンルの施設に行けるので思い出も作りやすいです。 なお、短時間という事なので、施設の中でも目玉な部分、注目どころだけを見る事ができるので、記憶にも残りやすいです。

7. 早めに家につける

早めに家につける

遅くても夜にまでは家につける為、後は自分の時間を心ゆくまで楽しむ事ができます。 ベッドの上で今日デートした出来事を反芻するなど、帰った後も十分に楽しめます。 また今日はありがとうというメールもタイミング良く送りやすいです。 今日の楽しかった思い出を考えながらご飯を食べたり、お風呂に入って、そのまま寝る事もできます。

8. ケンカが少ない

ケンカが少ない

どんなに仲の良い者同士でも同じ空間近い距離にいればいるほどどうしてもケンカに発展してしまうものです。 ですが短時間であればあるほどケンカになりにくく、仲の良い状態のままデートを終える事ができます。 楽しい雰囲気のままデートを終える事ができるので、嫌な気持ちやケンカをする事が無いです。

いつもケンカをしてしまうカップルにこそ、短時間デートがお勧めで合計時間を変える事で次第に二人の雰囲気も変わってきます。 まだたくさんデートできるという安心感からケンカに発展する事もあるので、わざと短時間デートを行う事でもう少しでお別れだという切なさを演出できます。

9. 疲れない

疲れない

一日中歩き回る事もないので、疲れにくく元気なままデートを解散できます。 名残惜しいですが、体は元気なままなので家に帰ってもどっと疲れることはありません。

明日にも響かないので筋肉痛やだるさを感じる事なく、各々の学校や会社へ元気で出向く事ができます。 長時間デートをすると女の人はヒールにより足が痛くなったり、男の人は荷物を持つ為腕が痛くなったりします。 その痛さを短時間デートによって和らげる事ができ、良い思いだけを短時間デートで感じる事ができます。

10. ボロが出ない

同じ時間を過ごすと、つい言ってはいけない言葉を口にしたり、中には地雷を踏んでしまう事があります。 お互い違う人間なので仕方のない事ですが、短時間デートであればあるほど、本当の自分を隠してデートを行えます。

なるべく嫌われたくないと感じている人は限られた時間を最初は指定してデートを行う事で成功しやすくなります。 徐々に慣れてきたらデートの時間を伸ばすなど工夫を行う事で、背伸びをする事もなく徐々にありのままの自分を見せられます。

短時間デートがお勧めの理由とはどんな事が挙げられるのでしょうか。


嫌なところが見えない

長い時間デートをすると、お互い一人になる時間が欲しかったり、徐々に締まりがなくなります。 なので相手の見たくないところまで見る羽目になるなど、最後の最後で嫌な気持ちになる事があります。 短時間デートはギュッと時間を濃縮しているので、相手の良い面がより見えます。 また少しの緊張感も感じる為、相手の為を思う行動が増えます。

また会いたくなる

楽しいと感じる瞬間にデートが終わる為また会いたいと必然的に思わせる事ができます。 なので次のデートの予定が取りやすく、会えるまでのドキドキ感がいつも以上に増します。

楽しくて満足したとデートが終わるよりも、もう少し一緒にいたかったという名残惜しさを相手に感じさせる事が恋愛の必勝法です。 むしろ自分から連絡を取らなくても相手からアプローチやレスポンスを取ってくる事も見受けられます。

お金がかからない

お互いの時間を共有すればするほど、一緒にいる時間が長くなる為、その分お金もかかります。 ご飯代、遊び代、電車代というように予定していたお金よりも多くかかる事もあります。

ですが短時間のデートなら決められた場所にしか行かないので、お金も掛かりにくく倹約に基づいたデートが行えます。 お金がかからないという事は次のデートにも繋げられやすく、回数を重ねやすいのも特徴です。

予定が組みやすい

短時間という事なので、その時間までに他の予定を入れたり、一日の予定が立てやすいです。 メリハリがつけられるので充実した一日を送る事ができます。

デートの待ち合わせ付近まで早く着いて、自分の見たいところを今のうちに見て回るという斬新な楽しみ方も行う事が可能です。 たくさん予定を詰め込めるので今日は楽しかった、たくさん色んなことをこなしたなという満足感でいっぱいになりやすいです。

会っている時間を大切にしようと思う

短時間であればあるほど一緒にいる時間が貴重に見えてきます。 なので一分一分を宝物のように扱ったり、夢のような時間として楽しめます。

長い時間会うことになると、下手したら早く帰りたいという気持ちが芽生えてしまう事があります。 短時間デートは物足りなさを感じてしまう人も中にはいますが、その分、今いる時間を大切にしてくれます。 限られた時間の中で相手を知りたい、相手を楽しませたいという、時間による吊り橋効果が期待できます。

色々な場所へ行ける

短時間デートを繰り返すと色んな場所へ行く事ができます。 水族館、動物園、映画、カフェ、デパートなど様々なジャンルの施設に行けるので思い出も作りやすいです。 なお、短時間という事なので、施設の中でも目玉な部分、注目どころだけを見る事ができるので、記憶にも残りやすいです。

早めに家につける

遅くても夜にまでは家につける為、後は自分の時間を心ゆくまで楽しむ事ができます。 ベッドの上で今日デートした出来事を反芻するなど、帰った後も十分に楽しめます。 また今日はありがとうというメールもタイミング良く送りやすいです。 今日の楽しかった思い出を考えながらご飯を食べたり、お風呂に入って、そのまま寝る事もできます。

ケンカが少ない

どんなに仲の良い者同士でも同じ空間近い距離にいればいるほどどうしてもケンカに発展してしまうものです。 ですが短時間であればあるほどケンカになりにくく、仲の良い状態のままデートを終える事ができます。 楽しい雰囲気のままデートを終える事ができるので、嫌な気持ちやケンカをする事が無いです。

いつもケンカをしてしまうカップルにこそ、短時間デートがお勧めで合計時間を変える事で次第に二人の雰囲気も変わってきます。 まだたくさんデートできるという安心感からケンカに発展する事もあるので、わざと短時間デートを行う事でもう少しでお別れだという切なさを演出できます。

疲れない

一日中歩き回る事もないので、疲れにくく元気なままデートを解散できます。 名残惜しいですが、体は元気なままなので家に帰ってもどっと疲れることはありません。

明日にも響かないので筋肉痛やだるさを感じる事なく、各々の学校や会社へ元気で出向く事ができます。 長時間デートをすると女の人はヒールにより足が痛くなったり、男の人は荷物を持つ為腕が痛くなったりします。 その痛さを短時間デートによって和らげる事ができ、良い思いだけを短時間デートで感じる事ができます。

同じ時間を過ごすと、つい言ってはいけない言葉を口にしたり、中には地雷を踏んでしまう事があります。 お互い違う人間なので仕方のない事ですが、短時間デートであればあるほど、本当の自分を隠してデートを行えます。

なるべく嫌われたくないと感じている人は限られた時間を最初は指定してデートを行う事で成功しやすくなります。 徐々に慣れてきたらデートの時間を伸ばすなど工夫を行う事で、背伸びをする事もなく徐々にありのままの自分を見せられます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-