【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518163624.html
釣った魚に餌を上げない彼氏の特徴

釣った魚に餌を上げない彼氏の特徴 | LADYCO

LADYCO
釣った魚に餌を上げない彼氏の特徴

釣った魚に餌を上げないタイプの彼氏、意外に多いものです。

かなりの確率で、このような彼氏の話を聞きます。

そんな彼氏の特徴を紹介します。

  • ハンター的な性格
  • 減点法彼氏
  • なれあいが高じた
  • しょせんモノ扱い
  • そんなつもりがない
  • 他に好きな人がいる
  • 亭主関白型
  • それがカッコイイと思っている
  • 甘えている
  • 仕事も途中からザツ
  • 気分屋
  • 育った家庭の影響
  • 照れ屋
  • まとめ

1. ハンター的な性格

ハンター的な性格

男性というのは、太古の昔からハンター気質です。

獲物を外に獲りに行くという生活をしてきました。

それは時代が変わっても残るものです。

太古の昔から残っているDNAとでもいうのかもしれません。

釣り上げるときに集中力を増して、人生をも賭けるので、釣り上げてしまえば目的が達成されて安堵してしまうのです。

物足りないと思うかもしれませんが男性の本質が、そのようなものなのです。

その強弱は様々です。

2. 減点法彼氏

減点法彼氏

彼女の悪いところばかりをあげつらい、減点法で相手を勝手に罰している彼氏は、最終的に釣った魚に餌を上げない彼氏に変貌します。

つねに、マイナス面を数えているのでだんだんと、彼女に冷淡になるのです。

まったく論外な彼氏です。

このような彼氏は、満足することを知りませんから忍耐力がなければ続きません。

3. なれあいが高じた

なれあいが高じた

長く交際していると、なれあいになっていくのは、致し方ないことです。

倦怠期に差し掛かる時期、彼氏も彼女への扱いがぞんざいになります。

釣った魚に餌を上げないように見えますが、なれあいが高じている状態なので、なあなあで済ませてしまいたいのです。

悪意はさほどありませんので、なれあいが根底にあると感じたら、新しい刺激をお互いに課すと燃え上がりラブラブになります。

4. しょせんモノ扱い

しょせんモノ扱い

女性をモノ扱いで、飽きたら捨てるという非情な男性もいます。

このタイプの彼氏は、飽きたら釣った魚に餌を上げようとしません。

コレクションのひとつにしか思っていませんので、長く大事にするという感覚に乏しいのです。

彼女を人間として、メンタル面までフォローする気がないので、こうしたタイプだと長く交際するのは難しい相手です。

5. そんなつもりがない

そんなつもりがない

そもそも、釣った魚に餌を上げないなどという発想すらない彼氏もいます。

そんなつもりが毛頭ないのです。

無自覚の成せる技です。

彼女に指摘されて、はじめて気付くので、はっきりと教えてあげることが大切です。

素直に聞いてくれるでしょう。

男性は女性と違い鈍感にできていますので誤解が誤解を生むこともあります。

6. 他に好きな人がいる

他に好きな人がいる

人間ですから、心変わりもします。

そんなとき、自然と彼女には冷たい仕打ちになりますし、釣った魚に餌を上げない状態になります。

急激に態度が急変したときには、他に好きな人がいないか、浮気はしていないか、その確認が急務になります。

浮気まで至っていない場合は、話し合いで元に優しい彼氏に戻る可能性も残されていますから、あわてないことです。

7. 亭主関白型

亭主関白型

昔の男性には多くみられたパターンなのですが、女は三歩下がってついてこいという人がいます。

現代にはマッチしませんが、いるのです。

奥ゆかしい女性を求めているような男性は、交際を始める前は丁寧なジェントルマンを装いますが、交際が始まると本来の自分が出てきます。

釣った魚に餌を上げないのは計算済みの亭主関白型なので、交際前に見極めが必要になります。

8. それがカッコイイと思っている

それがカッコイイと思っている

女にデレデレするのがカッコ悪い。

と思う彼氏もいます。

女性の尻にひかれてしまう男性を蔑視していると、逆らうように彼女に冷たくなります。

彼女に対して、釣った魚に餌を上げないように見えますが、女性に気を遣いすぎる男性を嫌うあまりの行動です。

自分は違うという反骨精神です。

男は女に甘えられてなんぼのもの、と思っているような彼氏だと、Sっ気を発揮してきます。

9. 甘えている

甘えている

母親に頼っているにもかかわらず、言葉遣いがぶっきらぼうで、横柄な男子がそのまま成長して、彼女に同じことをしてしまうということもあります。

はっきり言えば、甘えているに他なりません。

釣った魚に餌を上げないというより、自分に餌を与えてほしいという甘えん坊なのです。

彼女にも母親のような無心の愛を求めているのです。

面倒なときには、ハッキリ文句を言えば、基本ただの甘えん坊なので、シュンとなります。

10. 仕事も途中からザツ

仕事も途中からザツ

釣った魚に餌を上げないような彼氏は仕事場でも同じことをしています。

要はザツなのです。

途中までは何でも一生懸命こなしますが、途中までです。

ウサギと亀の童話のように、ある程度のところで、面倒になってしまうのです。

仕事もそんなザツさで不興を買っていることでしょう。

性格の短所であることは疑いようもないので、全般にザツさが目立つなら彼女の方で忠告してあげることで改善の道が残されています。

11. 気分屋

気分屋

とにかく気分屋で、態度に一貫性のない彼氏は一見すると、釣った魚に餌を上げない彼氏に見えます。

しかし、基本的には違います。

気分屋なので、ときに彼女にたいして、そんな態度を取りますが、何かのきっかけで再びラブラブモードに移行することもあります。

自分の彼氏は気分屋なのだなと理解していれば、プライドを無駄に気付つけられることもありません。

山の天気と同じだと思ってください。

12. 育った家庭の影響

育った家庭の影響

育ってきた環境が恋愛関係にも影響を及ぼします。

もし、彼氏の父親が母親に対して、釣った魚に餌を上げない態度で接していると、息子もそうなります。

こんな父親嫌だなと思っていたとしても、結局同じことをしているということがあります。

彼氏の方が意識して変革していかないと解決しません。

親の一番嫌なところを無意識に真似ていても、父親と個性は別ですから、カウンセリングなどで改善されることも多いのです。

13. 照れ屋

照れ屋

愛情の質は全く変わらないどころか、交際を始めて、ますます彼女の事が好きになりすぎると、そんな自分に困惑することがあります。

バランスを取るために、大好きな気持ちを押し殺して、釣った魚に餌を上げない風を装います。

ただの照れ屋さんなので、深く考えなくてもよいです。

むしろ可愛い彼氏だなと母性本能が刺激される事も多々あるでしょう。

まとめ

恋愛の熱というものは、次第に冷めていくものではあります。

しかし、あからさまに態度を急変させる彼氏は困りものです。

このような、身勝手な彼氏の特徴を熟知して、適切な対応を取ることで、悪しざまな態度も緩和していきます。

釣った魚に餌を上げないタイプの彼氏、意外に多いものです。

かなりの確率で、このような彼氏の話を聞きます。

そんな彼氏の特徴を紹介します。


ハンター的な性格

男性というのは、太古の昔からハンター気質です。

獲物を外に獲りに行くという生活をしてきました。

それは時代が変わっても残るものです。

太古の昔から残っているDNAとでもいうのかもしれません。

釣り上げるときに集中力を増して、人生をも賭けるので、釣り上げてしまえば目的が達成されて安堵してしまうのです。

物足りないと思うかもしれませんが男性の本質が、そのようなものなのです。

その強弱は様々です。

減点法彼氏

彼女の悪いところばかりをあげつらい、減点法で相手を勝手に罰している彼氏は、最終的に釣った魚に餌を上げない彼氏に変貌します。

つねに、マイナス面を数えているのでだんだんと、彼女に冷淡になるのです。

まったく論外な彼氏です。

このような彼氏は、満足することを知りませんから忍耐力がなければ続きません。

なれあいが高じた

長く交際していると、なれあいになっていくのは、致し方ないことです。

倦怠期に差し掛かる時期、彼氏も彼女への扱いがぞんざいになります。

釣った魚に餌を上げないように見えますが、なれあいが高じている状態なので、なあなあで済ませてしまいたいのです。

悪意はさほどありませんので、なれあいが根底にあると感じたら、新しい刺激をお互いに課すと燃え上がりラブラブになります。

しょせんモノ扱い

女性をモノ扱いで、飽きたら捨てるという非情な男性もいます。

このタイプの彼氏は、飽きたら釣った魚に餌を上げようとしません。

コレクションのひとつにしか思っていませんので、長く大事にするという感覚に乏しいのです。

彼女を人間として、メンタル面までフォローする気がないので、こうしたタイプだと長く交際するのは難しい相手です。

そんなつもりがない

そもそも、釣った魚に餌を上げないなどという発想すらない彼氏もいます。

そんなつもりが毛頭ないのです。

無自覚の成せる技です。

彼女に指摘されて、はじめて気付くので、はっきりと教えてあげることが大切です。

素直に聞いてくれるでしょう。

男性は女性と違い鈍感にできていますので誤解が誤解を生むこともあります。

他に好きな人がいる

人間ですから、心変わりもします。

そんなとき、自然と彼女には冷たい仕打ちになりますし、釣った魚に餌を上げない状態になります。

急激に態度が急変したときには、他に好きな人がいないか、浮気はしていないか、その確認が急務になります。

浮気まで至っていない場合は、話し合いで元に優しい彼氏に戻る可能性も残されていますから、あわてないことです。

亭主関白型

昔の男性には多くみられたパターンなのですが、女は三歩下がってついてこいという人がいます。

現代にはマッチしませんが、いるのです。

奥ゆかしい女性を求めているような男性は、交際を始める前は丁寧なジェントルマンを装いますが、交際が始まると本来の自分が出てきます。

釣った魚に餌を上げないのは計算済みの亭主関白型なので、交際前に見極めが必要になります。

それがカッコイイと思っている

女にデレデレするのがカッコ悪い。

と思う彼氏もいます。

女性の尻にひかれてしまう男性を蔑視していると、逆らうように彼女に冷たくなります。

彼女に対して、釣った魚に餌を上げないように見えますが、女性に気を遣いすぎる男性を嫌うあまりの行動です。

自分は違うという反骨精神です。

男は女に甘えられてなんぼのもの、と思っているような彼氏だと、Sっ気を発揮してきます。

甘えている

母親に頼っているにもかかわらず、言葉遣いがぶっきらぼうで、横柄な男子がそのまま成長して、彼女に同じことをしてしまうということもあります。

はっきり言えば、甘えているに他なりません。

釣った魚に餌を上げないというより、自分に餌を与えてほしいという甘えん坊なのです。

彼女にも母親のような無心の愛を求めているのです。

面倒なときには、ハッキリ文句を言えば、基本ただの甘えん坊なので、シュンとなります。

仕事も途中からザツ

釣った魚に餌を上げないような彼氏は仕事場でも同じことをしています。

要はザツなのです。

途中までは何でも一生懸命こなしますが、途中までです。

ウサギと亀の童話のように、ある程度のところで、面倒になってしまうのです。

仕事もそんなザツさで不興を買っていることでしょう。

性格の短所であることは疑いようもないので、全般にザツさが目立つなら彼女の方で忠告してあげることで改善の道が残されています。

気分屋

とにかく気分屋で、態度に一貫性のない彼氏は一見すると、釣った魚に餌を上げない彼氏に見えます。

しかし、基本的には違います。

気分屋なので、ときに彼女にたいして、そんな態度を取りますが、何かのきっかけで再びラブラブモードに移行することもあります。

自分の彼氏は気分屋なのだなと理解していれば、プライドを無駄に気付つけられることもありません。

山の天気と同じだと思ってください。

育った家庭の影響

育ってきた環境が恋愛関係にも影響を及ぼします。

もし、彼氏の父親が母親に対して、釣った魚に餌を上げない態度で接していると、息子もそうなります。

こんな父親嫌だなと思っていたとしても、結局同じことをしているということがあります。

彼氏の方が意識して変革していかないと解決しません。

親の一番嫌なところを無意識に真似ていても、父親と個性は別ですから、カウンセリングなどで改善されることも多いのです。

照れ屋

愛情の質は全く変わらないどころか、交際を始めて、ますます彼女の事が好きになりすぎると、そんな自分に困惑することがあります。

バランスを取るために、大好きな気持ちを押し殺して、釣った魚に餌を上げない風を装います。

ただの照れ屋さんなので、深く考えなくてもよいです。

むしろ可愛い彼氏だなと母性本能が刺激される事も多々あるでしょう。

恋愛の熱というものは、次第に冷めていくものではあります。

しかし、あからさまに態度を急変させる彼氏は困りものです。

このような、身勝手な彼氏の特徴を熟知して、適切な対応を取ることで、悪しざまな態度も緩和していきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-