【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155051.html
やる気を継続させるコツ

やる気を継続させるコツ | LADYCO

LADYCO
やる気を継続させるコツ

人生には今こそやらなければいけないという瞬間が必ず何度か訪れます。

そんな時に役立つのが今回の「やる気を継続させるコツ」なのです。

  • しっかりとした目標を立てる
  • 目標に向かって流れをつかんでおく
  • 好きなものをそばに置いて取り組む
  • やる時とやらない時をきっちり分ける
  • 同じように頑張っている人を意識する
  • 人に評価してもらう
  • 人にダメ出しをしてもらう
  • 節目に自分へのご褒美を与える
  • やり終えた時の自分を想像する
  • 弱い自分に打ち勝つという決意を固める
  • 過去に辛かった経験があればその時よりはマシと思うこと
  • 誰も褒めてくれなくても自分で自分を認める
  • 万全な体調で臨む
  • まとめ

1. しっかりとした目標を立てる

しっかりとした目標を立てる

やる気を継続させるには何のためにそれをやるのかということをしっかりわかっていなければいけません。

ぼんやり始めると気持ちも入らず、飽きたり疲れたりした時にもうやめてもいいやという気持ちにあっさりとなってしまいます。

目的を理解して目標として強く心に刻み込みましょう。

しっかりとした目標を立てることでやりたいことがあるという喜びにも変わります。

2. 目標に向かって流れをつかんでおく

目標に向かって流れをつかんでおく

ただ漠然とやっていても考えながらやることで時間ばかりかかってしまい、やり残しも発生してしまうでしょう。

そうならないためには目標に向かっていくための流れをつかむことです。

スケジュール管理をして何時までにどこまでやる、何日までにはこれを終わらせるというような計画を立てます。

それをひとつずつ潰していくように進めればやっていても気持ちがいいんです。

3. 好きなものをそばに置いて取り組む

好きなものをそばに置いて取り組む

どんなにやる気があっても飽きたり疲れたりしますね。

その時すぐに自分を癒してくれるアイテムがそばにあるとそれを用意する時間が省けて楽チンです。

お菓子が好きならそばに置いておき、ひと段落つくまで食べずに我慢します。

休憩の時にさっと食べればすぐに癒されてすぐにまたやるべきことに取り組めます。

視界に好きなものが入っている中だと頑張る気力にもなるものです。

4. やる時とやらない時をきっちり分ける

やる時とやらない時をきっちり分ける

やる気を継続させるにはやらないという時間をちゃんと作ることも大切です。

がんばりやさんの人は常にやる気を持ってがんばろうとし続けますが、それでは全力で24時間というわけにはいきません。

体力も気力も一点に集中させるため、やる時はやるけれどやらない時は気にせずに休んだり考えないようにします。

その時間があるからこそやってばかりで損をしている気分にならずに済みます。

5. 同じように頑張っている人を意識する

同じように頑張っている人を意識する

できる人は周りが自分よりできないと急にやる気をなくしてしまうことがありますが、そんな人こそ同じように頑張っているライバルの存在が欠かせません。

人が頑張っている話を聞いたり頑張る人が集まる場に出向いて見てみましょう。

自分がどれほど頑張っていたと思っていてもそれは普通だったとか、まだまだ足りなかったと気づけるはずです。

そしてやる気にまた火がつきます。

6. 人に評価してもらう

人に評価してもらう

子供は頑張ったことを褒めてもらえるとまた頑張ろうとしますが、大人だってそうやって褒められながらもっといいところを見せたいと思うこともあります。

自分の手柄としてだけではなく、相手が「すごい!」と笑顔になってくれるのが嬉しいという人もいますね。

人に評価してもらいながらやる気を継続させましょう。

見てくれる人がいると思えばエンジンが加速しますよ。

7. 人にダメ出しをしてもらう

人にダメ出しをしてもらう

褒めてもらってばかりでは調子にのってしまい、やる気が衰えていく人もいます。

うさぎとかめのうさぎのようなタイプの人です。

そのような人はダメ出しをしてくれる厳しい鬼コーチのような存在が必要ですね。

褒めてもくれるけれど課題もくれるというバランスがわかりやすくやる気を刺激します。

自分の弱い部分をよく知ってくれている人こそベストパートナーとなってくれるでしょう。

8. 節目に自分へのご褒美を与える

節目に自分へのご褒美を与える

やる気を出して頑張り続けることは辛いことですが、節目に自分へのご褒美があるとまた次の節目へと進みたくなるものです。

何時にあれをしようとか、これが終わったら何を食べようなどと給水ポイントをイメージして設けましょう。

スケジュールを立てる際にこんなことも織り交ぜておくとゲーム感覚でやっていけるようになります。

9. やり終えた時の自分を想像する

やり終えた時の自分を想像する

やっている時は辛くてもやり終えたら開放されます。

その時どんな風に喜んでいるのか、自分や周りの人の様子を想像してみてください。

辛いことこそ達成感が得られ、大きい物事を成し遂げた時こそ得るものも多いのです。

今どんなに辛くても大きなものが返ってくると思えば頑張る気持ちになれます。

大切な人が何人も思い浮かぶならその人達の喜ぶ笑顔を想像するのもいいですね。

10. 弱い自分に打ち勝つという決意を固める

弱い自分に打ち勝つという決意を固める

今までいろいろなことに逃げてきたと思うなら、やる気を出して継続していきたいと思っている今がそんな弱い自分を捨てるチャンスだと考えてください。

性格や習慣を変えるのは簡単なことではありませんが、せっかく今それを変えられそうな機会が訪れています。

今回を逃すとまたコンプレックスだらけの自分に戻るということを忘れないでくださいね。

11. 過去に辛かった経験があればその時よりはマシと思うこと

過去に辛かった経験があればその時よりはマシと思うこと

今まで苦労してきた人なら過去にも同じような経験があったはずです。

その時どれほど辛かったかを覚えているならその時よりはマシだと思うこともやる気に繋がったりします。

もし今以上の辛い経験がないなら今後もうこんなに大変なことはないはずと思い込みましょう。

一度やっつけてしまえば当分現れない試練だと思えばやる気もわいてきます。

12. 誰も褒めてくれなくても自分で自分を認める

誰も褒めてくれなくても自分で自分を認める

誰も褒めてくれなくたって自分で自分を認めることもできます。

「何時間もやってる!すごいなぁ」とか、「こんなにやる人いないよね!」というように心の中で自分に話しかけてみましょう。

日記につけてみるのもいいですね。

文字として残れば心が折れそうになった時にもう一度読み返すこともできます。

そして大切なことは誰も褒めてくれないと思っていても見てくれている人はきっといるという事実です。

忘れないで頑張りましょう。

13. 万全な体調で臨む

万全な体調で臨む

やる気があっても体調が万全でない時は途中で挫折することになってしまいます。

睡眠をしっかりとっておなかもそこそこいっぱいにしておき、心配事がないように周りの支度も済ませておきます。

そこから始めれば途中で集中が切れるきっかけが減るのでやる気も継続していられます。

まとめ

やる気を継続させるには強い決意と心構えが大切ですが、人の目や自らが第三者の目となって自分を励ましたり奮起させるということも欠かせません。

やる気を継続できる強い人間になりましょう。

人生には今こそやらなければいけないという瞬間が必ず何度か訪れます。

そんな時に役立つのが今回の「やる気を継続させるコツ」なのです。


しっかりとした目標を立てる

やる気を継続させるには何のためにそれをやるのかということをしっかりわかっていなければいけません。

ぼんやり始めると気持ちも入らず、飽きたり疲れたりした時にもうやめてもいいやという気持ちにあっさりとなってしまいます。

目的を理解して目標として強く心に刻み込みましょう。

しっかりとした目標を立てることでやりたいことがあるという喜びにも変わります。

目標に向かって流れをつかんでおく

ただ漠然とやっていても考えながらやることで時間ばかりかかってしまい、やり残しも発生してしまうでしょう。

そうならないためには目標に向かっていくための流れをつかむことです。

スケジュール管理をして何時までにどこまでやる、何日までにはこれを終わらせるというような計画を立てます。

それをひとつずつ潰していくように進めればやっていても気持ちがいいんです。

好きなものをそばに置いて取り組む

どんなにやる気があっても飽きたり疲れたりしますね。

その時すぐに自分を癒してくれるアイテムがそばにあるとそれを用意する時間が省けて楽チンです。

お菓子が好きならそばに置いておき、ひと段落つくまで食べずに我慢します。

休憩の時にさっと食べればすぐに癒されてすぐにまたやるべきことに取り組めます。

視界に好きなものが入っている中だと頑張る気力にもなるものです。

やる時とやらない時をきっちり分ける

やる気を継続させるにはやらないという時間をちゃんと作ることも大切です。

がんばりやさんの人は常にやる気を持ってがんばろうとし続けますが、それでは全力で24時間というわけにはいきません。

体力も気力も一点に集中させるため、やる時はやるけれどやらない時は気にせずに休んだり考えないようにします。

その時間があるからこそやってばかりで損をしている気分にならずに済みます。

同じように頑張っている人を意識する

できる人は周りが自分よりできないと急にやる気をなくしてしまうことがありますが、そんな人こそ同じように頑張っているライバルの存在が欠かせません。

人が頑張っている話を聞いたり頑張る人が集まる場に出向いて見てみましょう。

自分がどれほど頑張っていたと思っていてもそれは普通だったとか、まだまだ足りなかったと気づけるはずです。

そしてやる気にまた火がつきます。

人に評価してもらう

子供は頑張ったことを褒めてもらえるとまた頑張ろうとしますが、大人だってそうやって褒められながらもっといいところを見せたいと思うこともあります。

自分の手柄としてだけではなく、相手が「すごい!」と笑顔になってくれるのが嬉しいという人もいますね。

人に評価してもらいながらやる気を継続させましょう。

見てくれる人がいると思えばエンジンが加速しますよ。

人にダメ出しをしてもらう

褒めてもらってばかりでは調子にのってしまい、やる気が衰えていく人もいます。

うさぎとかめのうさぎのようなタイプの人です。

そのような人はダメ出しをしてくれる厳しい鬼コーチのような存在が必要ですね。

褒めてもくれるけれど課題もくれるというバランスがわかりやすくやる気を刺激します。

自分の弱い部分をよく知ってくれている人こそベストパートナーとなってくれるでしょう。

節目に自分へのご褒美を与える

やる気を出して頑張り続けることは辛いことですが、節目に自分へのご褒美があるとまた次の節目へと進みたくなるものです。

何時にあれをしようとか、これが終わったら何を食べようなどと給水ポイントをイメージして設けましょう。

スケジュールを立てる際にこんなことも織り交ぜておくとゲーム感覚でやっていけるようになります。

やり終えた時の自分を想像する

やっている時は辛くてもやり終えたら開放されます。

その時どんな風に喜んでいるのか、自分や周りの人の様子を想像してみてください。

辛いことこそ達成感が得られ、大きい物事を成し遂げた時こそ得るものも多いのです。

今どんなに辛くても大きなものが返ってくると思えば頑張る気持ちになれます。

大切な人が何人も思い浮かぶならその人達の喜ぶ笑顔を想像するのもいいですね。

弱い自分に打ち勝つという決意を固める

今までいろいろなことに逃げてきたと思うなら、やる気を出して継続していきたいと思っている今がそんな弱い自分を捨てるチャンスだと考えてください。

性格や習慣を変えるのは簡単なことではありませんが、せっかく今それを変えられそうな機会が訪れています。

今回を逃すとまたコンプレックスだらけの自分に戻るということを忘れないでくださいね。

過去に辛かった経験があればその時よりはマシと思うこと

今まで苦労してきた人なら過去にも同じような経験があったはずです。

その時どれほど辛かったかを覚えているならその時よりはマシだと思うこともやる気に繋がったりします。

もし今以上の辛い経験がないなら今後もうこんなに大変なことはないはずと思い込みましょう。

一度やっつけてしまえば当分現れない試練だと思えばやる気もわいてきます。

誰も褒めてくれなくても自分で自分を認める

誰も褒めてくれなくたって自分で自分を認めることもできます。

「何時間もやってる!すごいなぁ」とか、「こんなにやる人いないよね!」というように心の中で自分に話しかけてみましょう。

日記につけてみるのもいいですね。

文字として残れば心が折れそうになった時にもう一度読み返すこともできます。

そして大切なことは誰も褒めてくれないと思っていても見てくれている人はきっといるという事実です。

忘れないで頑張りましょう。

万全な体調で臨む

やる気があっても体調が万全でない時は途中で挫折することになってしまいます。

睡眠をしっかりとっておなかもそこそこいっぱいにしておき、心配事がないように周りの支度も済ませておきます。

そこから始めれば途中で集中が切れるきっかけが減るのでやる気も継続していられます。

やる気を継続させるには強い決意と心構えが大切ですが、人の目や自らが第三者の目となって自分を励ましたり奮起させるということも欠かせません。

やる気を継続できる強い人間になりましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-