【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155045.html
卑屈な態度を取らないようにするコツ

卑屈な態度を取らないようにするコツ | LADYCO

LADYCO
卑屈な態度を取らないようにするコツ

今回は卑屈な態度を取らないようにするコツがテーマです。

卑屈な態度は周りにも悪影響があるので、直していきたいものです。

  • 「ごめんなさい」とやめて「ありがとう」に変える
  • 「自分はどうせ・・・」という口癖をやめる
  • 相手と比べない
  • 普段からコツコツ努力する
  • 相手の調子に合わせすぎない
  • 遠慮しすぎない
  • ダメそうに思えても、まずはやってみる
  • 堂々と話す
  • 愚痴はほどほどに
  • 卑屈な人と一緒にいないようにする
  • 変化を怖れない
  • 容姿のせいにしない
  • 年齢のせいにしない
  • まとめ

1. 「ごめんなさい」とやめて「ありがとう」に変える

「ごめんなさい」とやめて「ありがとう」に変える

卑屈な態度を取らないようにするには、人に何かしてもらったときに「ごめんなさい」ではなく、「ありがとう」と伝えることが有効です。

何かをしてもらうとつい「ごめんなさい」と謝ってしまう人がいますが、相手がこれを聞くと「自分は謝られるようなことをしている」と思ってしまいます。

それよりは「ありがとう」とにこやかに言い、相手が「自分は感謝されるようなことをしている」と思うようにしていきたいものです。

自然と卑屈な態度はなくなっていくでしょう。

2. 「自分はどうせ・・・」という口癖をやめる

「自分はどうせ・・・」という口癖をやめる

卑屈な態度を取らないようにするには、「自分はどうせできない」というようなネガティブワードを言わないことが肝心です。

言うことで自己暗示がかかり、それ以上の努力をしない人になってしまいます。

そして卑屈な発言をする、の繰り返しです。

卑屈な態度は言葉から始まります。

注意しましょう。

3. 相手と比べない

相手と比べない

卑屈な態度を取らないようにするには、他人と自分とを比較しないことです。

比較して勝った負けたと思うことには、ほとんど何の意味もありません。

そもそも同じステージにいないことが多いので、比較対象にもならないのですが、人は比較して優位に立つことで、自分という存在を確認する傾向にあるようです。

安易に他人と比較しないことで、卑屈から抜け出す第一歩を歩めます。

4. 普段からコツコツ努力する

普段からコツコツ努力する

卑屈な態度を取らないようにするには、自分のためになることを普段から努力していくことです。

努力していない人間は口先だけとなり、卑屈な発言も出やすくなります。

自分が謙虚であることはよいのですが、自分を下げ過ぎるような卑屈さは、見ていても卑しいものです。

普段から努力することで自分に自信をつけ、卑屈な態度を脱却しましょう。

5. 相手の調子に合わせすぎない

相手の調子に合わせすぎない

卑屈な態度を取らないようにするには、相手の調子に合わせすぎないことも重要です。

話に合わせてつい「自分も~~ができないし、大した人間でない」と調子を合わせてしまうことがあります。

建前で話すような場であったとしても、言葉にすることで本当に自分はそういう人間だということを思いやすくなってしまうものです。

相手の調子に乗せられてばかりいると、自分を見失ってしまいます。

たとえ合わせたとしても、心の中では合わせすぎないことを意識しましょう。


6. 遠慮しすぎない

遠慮しすぎない

卑屈な態度を取らないようにするには、遠慮しすぎないことです。

遠慮は日本人の美徳であると、長年思われてきました。

三歩後ろを歩くなど、古くからの大和撫子のような控えめ女性像がまさにそうです。

しかし遠慮がすぎると、何かをすすめてきた相手に対して失礼になってしまうこともあります。

無遠慮で不躾けにならない程度に、自分の主張をし、相手に何かをすすめられたら快く受けるような余裕のある態度を心がけましょう。

7. ダメそうに思えても、まずはやってみる

ダメそうに思えても、まずはやってみる

卑屈な態度を取らないようにするには、自分ができないと思うようなことでも、まずはやってみることです。

「どうせできない」と思う前に、行動に移してみるのです。

本当にできるかできないかはやってみないと分からないものです。

もしできなかったとしても、やる前よりはできるようになっているはずです。

卑屈になる前に、ダメ元でやってみましょう。

8. 堂々と話す

堂々と話す

卑屈な態度を取らないようにするには、話す姿勢も堂々としたものにすることです。

卑屈でいることと堂々とすることとは相反することであり、同時にはできないことです。

話し方から変えてみることは有効です。

態度を変えると話す内容も自然と変わってくることでしょう。

9. 愚痴はほどほどに

愚痴はほどほどに

卑屈な態度を取らないようにするには、愚痴を言ったとしてもほどほどにしておくことが必要です。

愚痴は悪いとは言いません。

物事を長く続けられる人というのは、うまく愚痴を言ってガス抜きしている場合が多いのです。

ただし誰彼かまわず愚痴っぽいことばかりを言うのはやめましょう。

気の許せる相手に、言い過ぎない程度にするのです。

気の許せる相手だったら、その人のことを思い、愚痴であっても聞いてくれます。

しかし毎回愚痴を聞かされるとなると、だんだんその人のことを敬遠するようになってしまうでしょう。

10. 卑屈な人と一緒にいないようにする

卑屈な人と一緒にいないようにする

卑屈な態度を取らないようにするには、卑屈っぽい人とは一緒にいないことです。

卑屈な者どうしは仲良くなりやすい傾向にありますが、この傾向を自分から断ち切る努力をするのです。

卑屈な人といると、卑屈さはどんどん増長していきます。

良いことはないのです。

11. 変化を怖れない

変化を怖れない

卑屈な態度を取らないようにするには、変化を怖れないようにしましょう。

卑屈な人は変化に対して敏感で、変化を嫌います。

これまでと同じような状況が居心地のいい状況なので、ずっと変化しないようにしたいのです。

卑屈でない人は変化を嫌うことなく、変化にうまく対応して自分自身をも変化させていきます。

変化を受け入れる努力をしましょう。

12. 容姿のせいにしない

容姿のせいにしない

卑屈な態度を取らないようにするには、できないことを自分の容姿のせいにしないことです。

就職試験に落ちた、友人ができない、恋人ができないなど、容姿のせいだけではないことを容姿のせいにしてしまいがちです。

特に恋人は、内面で選ぶ人もたくさんいます。

自分が容姿や外見で選ぶ傾向にあるために、容姿が良くなければいけないという強迫観念に憑りつかれてしまうのです。

13. 年齢のせいにしない

年齢のせいにしない

卑屈な態度を取らないようにするには、できないことを自分の年齢のせいにしてはいけません。

年齢を重ねるに従って、できないことは確かに増えます。

しかし世の中には、80代になってもパソコン教室に通い始めたりして新しいことを始めていく意欲のある人は大勢います。

できなくなることは増えますが、できることを増やそうという姿勢が重要なのです。

そういった人はいつまでも若々しく、年齢のせいにすることがないので、卑屈さとは無縁です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

卑屈な態度を取らないようにするには、ちょっとのコツでいいようです。

そのちょっとしたことの積み重ねが自分をつくっていくのです。

今回は卑屈な態度を取らないようにするコツがテーマです。

卑屈な態度は周りにも悪影響があるので、直していきたいものです。


「ごめんなさい」とやめて「ありがとう」に変える

卑屈な態度を取らないようにするには、人に何かしてもらったときに「ごめんなさい」ではなく、「ありがとう」と伝えることが有効です。

何かをしてもらうとつい「ごめんなさい」と謝ってしまう人がいますが、相手がこれを聞くと「自分は謝られるようなことをしている」と思ってしまいます。

それよりは「ありがとう」とにこやかに言い、相手が「自分は感謝されるようなことをしている」と思うようにしていきたいものです。

自然と卑屈な態度はなくなっていくでしょう。

「自分はどうせ・・・」という口癖をやめる

卑屈な態度を取らないようにするには、「自分はどうせできない」というようなネガティブワードを言わないことが肝心です。

言うことで自己暗示がかかり、それ以上の努力をしない人になってしまいます。

そして卑屈な発言をする、の繰り返しです。

卑屈な態度は言葉から始まります。

注意しましょう。

相手と比べない

卑屈な態度を取らないようにするには、他人と自分とを比較しないことです。

比較して勝った負けたと思うことには、ほとんど何の意味もありません。

そもそも同じステージにいないことが多いので、比較対象にもならないのですが、人は比較して優位に立つことで、自分という存在を確認する傾向にあるようです。

安易に他人と比較しないことで、卑屈から抜け出す第一歩を歩めます。

普段からコツコツ努力する

卑屈な態度を取らないようにするには、自分のためになることを普段から努力していくことです。

努力していない人間は口先だけとなり、卑屈な発言も出やすくなります。

自分が謙虚であることはよいのですが、自分を下げ過ぎるような卑屈さは、見ていても卑しいものです。

普段から努力することで自分に自信をつけ、卑屈な態度を脱却しましょう。

相手の調子に合わせすぎない

卑屈な態度を取らないようにするには、相手の調子に合わせすぎないことも重要です。

話に合わせてつい「自分も~~ができないし、大した人間でない」と調子を合わせてしまうことがあります。

建前で話すような場であったとしても、言葉にすることで本当に自分はそういう人間だということを思いやすくなってしまうものです。

相手の調子に乗せられてばかりいると、自分を見失ってしまいます。

たとえ合わせたとしても、心の中では合わせすぎないことを意識しましょう。


遠慮しすぎない

卑屈な態度を取らないようにするには、遠慮しすぎないことです。

遠慮は日本人の美徳であると、長年思われてきました。

三歩後ろを歩くなど、古くからの大和撫子のような控えめ女性像がまさにそうです。

しかし遠慮がすぎると、何かをすすめてきた相手に対して失礼になってしまうこともあります。

無遠慮で不躾けにならない程度に、自分の主張をし、相手に何かをすすめられたら快く受けるような余裕のある態度を心がけましょう。

ダメそうに思えても、まずはやってみる

卑屈な態度を取らないようにするには、自分ができないと思うようなことでも、まずはやってみることです。

「どうせできない」と思う前に、行動に移してみるのです。

本当にできるかできないかはやってみないと分からないものです。

もしできなかったとしても、やる前よりはできるようになっているはずです。

卑屈になる前に、ダメ元でやってみましょう。

堂々と話す

卑屈な態度を取らないようにするには、話す姿勢も堂々としたものにすることです。

卑屈でいることと堂々とすることとは相反することであり、同時にはできないことです。

話し方から変えてみることは有効です。

態度を変えると話す内容も自然と変わってくることでしょう。

愚痴はほどほどに

卑屈な態度を取らないようにするには、愚痴を言ったとしてもほどほどにしておくことが必要です。

愚痴は悪いとは言いません。

物事を長く続けられる人というのは、うまく愚痴を言ってガス抜きしている場合が多いのです。

ただし誰彼かまわず愚痴っぽいことばかりを言うのはやめましょう。

気の許せる相手に、言い過ぎない程度にするのです。

気の許せる相手だったら、その人のことを思い、愚痴であっても聞いてくれます。

しかし毎回愚痴を聞かされるとなると、だんだんその人のことを敬遠するようになってしまうでしょう。

卑屈な人と一緒にいないようにする

卑屈な態度を取らないようにするには、卑屈っぽい人とは一緒にいないことです。

卑屈な者どうしは仲良くなりやすい傾向にありますが、この傾向を自分から断ち切る努力をするのです。

卑屈な人といると、卑屈さはどんどん増長していきます。

良いことはないのです。

変化を怖れない

卑屈な態度を取らないようにするには、変化を怖れないようにしましょう。

卑屈な人は変化に対して敏感で、変化を嫌います。

これまでと同じような状況が居心地のいい状況なので、ずっと変化しないようにしたいのです。

卑屈でない人は変化を嫌うことなく、変化にうまく対応して自分自身をも変化させていきます。

変化を受け入れる努力をしましょう。

容姿のせいにしない

卑屈な態度を取らないようにするには、できないことを自分の容姿のせいにしないことです。

就職試験に落ちた、友人ができない、恋人ができないなど、容姿のせいだけではないことを容姿のせいにしてしまいがちです。

特に恋人は、内面で選ぶ人もたくさんいます。

自分が容姿や外見で選ぶ傾向にあるために、容姿が良くなければいけないという強迫観念に憑りつかれてしまうのです。

年齢のせいにしない

卑屈な態度を取らないようにするには、できないことを自分の年齢のせいにしてはいけません。

年齢を重ねるに従って、できないことは確かに増えます。

しかし世の中には、80代になってもパソコン教室に通い始めたりして新しいことを始めていく意欲のある人は大勢います。

できなくなることは増えますが、できることを増やそうという姿勢が重要なのです。

そういった人はいつまでも若々しく、年齢のせいにすることがないので、卑屈さとは無縁です。

いかがでしたでしょうか。

卑屈な態度を取らないようにするには、ちょっとのコツでいいようです。

そのちょっとしたことの積み重ねが自分をつくっていくのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-