【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155033.html
打たれ弱い性格を治すコツ

打たれ弱い性格を治すコツ | LADYCO

LADYCO
打たれ弱い性格を治すコツ

私は弱いな、もっと強くなりたいなと思っている人は案外多い物です。

人間は外から見るのと違って、内部は弱い物です。

打たれ弱い性格を治すコツを見て行きましょう。

  • なるべく人のいう事を気にしない
  • 前向きの事を考える
  • 毎日鏡に向かって・・・
  • 明るい性格の人と仲良くなる
  • 身体を動かす
  • 美味しい物を食べる
  • 良く考えてみる
  • 笑顔を忘れない
  • で書いた性格の明るい人に自分がなると言っても良いでしょう。
  • 友達に話す
  • 次には良い事があると考える
  • 悩む事を習慣にしない
  • 過去より未来をしっかり見つめる
  • 性格は変えられる
  • まとめ

1. なるべく人のいう事を気にしない

なるべく人のいう事を気にしない

これが出来るようになると、随分気が楽になりますが、『言うは易し、行うは難し』ですね。

まず、人から何か嫌な事を言われたり、辛い事があった時、それに気持ちを集中せず、出来るだけ気を逸らす事が大事です。

他の人より気にしてしまうので辛いし、それを引きずってしまうのです。

打たれ弱い性格は自分の気の持ち様で変わります。

時間は掛かると思いますが、段々と気に留めないようにしましょう。

2. 前向きの事を考える

前向きの事を考える

人間は幸いな事に、一度に2つの事を考える事は出来ません。

ですから、打ちのめされたような気になった時こそ、前向きな事、それが無理なら明るい事や楽しい事を考えましょう。

お笑い番組を見るのも良いですね。

どうしても打たれ弱い人は、嫌なことがあるとそれに気持ちが集中して、何日も引きずってしまいます。

その間、誰よりも自分が一番辛いはずです。

それでも仕事や家事は行わなければなりません。

(それに集中し切れれば良いのですが・・・)。

ある人は、「悩んでいる時間が勿体無い。

それよりは気持ちを切り替えて、次にしたい楽しい事に思いを馳せたい」
と言っています。

ここまで行きたいものですね。

3. 毎日鏡に向かって・・・

毎日鏡に向かって・・・

毎日鏡に向かって、「私は小さな事は気にしない!」と念じる事も効果があります。

この言葉をいう時は、心の底から言いましょう。

口に出して言うのが良いですね。

「小さな事は気にしなくなりますように」ではいけません。

「気にしない」又は「気にしなくなる」と断定的に言いましょう。

これを続けていると、自己暗示がかかって本当に小さな事を気に病まなくなれます。

4. 明るい性格の人と仲良くなる

明るい性格の人と仲良くなる

自分が打たれ弱い性格なら、いつも明るい人と仲良くなりましょう。

その人から強く明るいパワーを分けてもらいましょう。

元気な人と一緒にいると楽しく、こちらも元気になってきますね。

ですから、辛い時に話を聞いてもらって同情してもらうだけの友達よりは、良いアドバイスをしてくれたり、時には笑い飛ばしてくれるような明るい性格の友達を多く持つ事がお勧めです。

5. 身体を動かす

身体を動かす

打たれ弱い人の中には、ショックが強いと身体まで動かなくなってしまう人もいます。

しかし、そういう時こそ、気持ちを変える為にも身体を動かす事が効果的です。

部屋の掃除でも散歩でも、何でも構いません。

とにかくショックを受けた事を忘れるには身体を少しでも動かす事で、その事に集中してしまうのを避けましょう。

ウォーキングなら有酸素運動で身体にも良いですし、気分転換にはもってこいです。

6. 美味しい物を食べる

美味しい物を食べる

打たれ弱い人は、嫌なことがあると食欲まで落ちてしまう事があります。

これは良くないですね。

人間食べるものをしっかり食べないとそれだけで元気が出ません。

無理に普段と同じ量を食べる必要はありませんが、消化の良い物を少しでも良いので、普段と同じ時間に取るようにしましょう。

これも食事を作る事で身体を動かしますし、気持ちも食事を作る方へ行きますので、気分転換にもなります。

7. 良く考えてみる

良く考えてみる

自分が何に打ちのめされてしまったのか、よく考えてみましょう。

嫌な事があったのですが、それがどれ位酷いことだったのか、どういう状況だったのかを考えているうちに、そんなに大した事でも無いじゃないかと思えればしめた物です。

要は自分の気持ちの持ち方だという事もわかるでしょう。

他の人ならここまで気にしないだろうな、でもこのタイプの人には辛いのです。

ですから、時には徹底的に打ちのめされた原因について考えてみるのも良い事です。

8. 笑顔を忘れない

笑顔を忘れない

打たれ弱い人でも普段からビクビクしながら生きている訳ではありません。

そこで、なるべく笑顔でいられる時間を多く持ちましょう。

笑顔は人を惹きつけると同時に幸運も引き寄せます。

笑う事は、本人もより楽しい気持ちになります。

9. で書いた性格の明るい人に自分がなると言っても良いでしょう。

で書いた性格の明るい人に自分がなると言っても良いでしょう。

笑顔を忘れ無い事は、打ちのめされた時程大切です。

打ちのめされた自分の気持ちを少しでも明るい方へ向けましょう。

10. 友達に話す

友達に話す

女性なら、これが一番効果があると言っても良いでしょう。

何か問題があった時、男性は一人で解決策を考えたがりますが、女性は誰かに話して相槌を打ってもらう事で気持ちが楽になる生き物です。

もっと言えば、自分がしゃべるだけで言い、聞いてくれる相手がいてくれるだけでいいという人もいます。

それなら電話で話すのも良いですが、どこかお洒落なカフェでティータイムを楽しみながら、自分の心の中をさらけ出してしまいましょう。

大事なことは、その後はショックを受けた事を、思い出さない事です。

11. 次には良い事があると考える

次には良い事があると考える

打たれ弱い人ばかりではなく、人間は弱い面を誰でも持っています。

辛い事があった時に更に追い打ちをかける様に又打ちのめされるような事が起きる事もあります。

こうなると、いっそお祓いにでも行った方が良いのではないかと悩みますね。

でも、それでは人生で何回お祓いをしてもらうかわかりませんし、神様もなかなか大変です。

未来はわからず、過去は変えられません。

過去に拘るのが一番良くない生き方です。

過ぎた事はさらりと忘れて未来を明るい物にするのは自分自身です。

くよくよ悩む暇があったら自分の夢を実現させる事に気持ちを集中しましょう。

12. 悩む事を習慣にしない

悩む事を習慣にしない

打たれ弱い人の事を、「悩むのが好きなだけ」という人もいます。

悩んでいる本人にとってはとんでもない言葉ですが、ここは冷静に捉えて下さい。

このタイプの人より打たれ弱くない人達から見れば、悩むよりもっと他に忙しくする事があるのに、それでも悩むのは「悩むのが好き」としか思えないのも一理あります。

つまり、今自分がしなければならない事に集中する事が人間には大事なので、悩む事を出来るだけ短い時間にするようにしましょう。

13. 過去より未来をしっかり見つめる

過去より未来をしっかり見つめる

先述の通り、過去より大事なのは未来です。

しかし、誤解の無いようにしたいのは、過去の経験を未来に活かすと言う点です。

過去を総て捨て去ると言う意味ではありません。

重要さに於いて、過去より未来が大切だという事です。

打たれ弱い人の中には、過去の嫌な事に拘り過ぎてなかなか前に進めない人もいます。

そんな辛い過去はキッパリとお別れしましょう。

打たれ強くない自分をいつも頭の中で想像し、明るい未来を創っていきましょう。

14. 性格は変えられる

性格は変えられる

人間には生まれつきの性格があります。

しかし、それは変える事が出来ます。

もし、あなたが本当に打たれ弱い性格から脱したければ、それは可能な事なのです。

1か月や2か月では無理だと思うかもしれませんが、性格は変えられると知った時点で何かが変わる人も実際多いです。

積極的に生きている人の本を読んだり、理想とする人を見つけたりして、今迄の打たれ弱い性格から早く脱しましょう。

まとめ

打たれ弱い人は、あなたが考えているよりずっと多いです。

でも、打たれ弱いと思い込んでいる人、打たれ弱いのだと現実から逃げている人もいます。

優しい性格の人の中にも打たれ弱い人はいます。

いづれにせよ、悩むのは辛いですから、少しでも早く積極的に前向きの人生を歩んでくれるよう願っています。

私は弱いな、もっと強くなりたいなと思っている人は案外多い物です。

人間は外から見るのと違って、内部は弱い物です。

打たれ弱い性格を治すコツを見て行きましょう。


なるべく人のいう事を気にしない

これが出来るようになると、随分気が楽になりますが、『言うは易し、行うは難し』ですね。

まず、人から何か嫌な事を言われたり、辛い事があった時、それに気持ちを集中せず、出来るだけ気を逸らす事が大事です。

他の人より気にしてしまうので辛いし、それを引きずってしまうのです。

打たれ弱い性格は自分の気の持ち様で変わります。

時間は掛かると思いますが、段々と気に留めないようにしましょう。

前向きの事を考える

人間は幸いな事に、一度に2つの事を考える事は出来ません。

ですから、打ちのめされたような気になった時こそ、前向きな事、それが無理なら明るい事や楽しい事を考えましょう。

お笑い番組を見るのも良いですね。

どうしても打たれ弱い人は、嫌なことがあるとそれに気持ちが集中して、何日も引きずってしまいます。

その間、誰よりも自分が一番辛いはずです。

それでも仕事や家事は行わなければなりません。

(それに集中し切れれば良いのですが・・・)。

ある人は、「悩んでいる時間が勿体無い。

それよりは気持ちを切り替えて、次にしたい楽しい事に思いを馳せたい」
と言っています。

ここまで行きたいものですね。

毎日鏡に向かって・・・

毎日鏡に向かって、「私は小さな事は気にしない!」と念じる事も効果があります。

この言葉をいう時は、心の底から言いましょう。

口に出して言うのが良いですね。

「小さな事は気にしなくなりますように」ではいけません。

「気にしない」又は「気にしなくなる」と断定的に言いましょう。

これを続けていると、自己暗示がかかって本当に小さな事を気に病まなくなれます。

明るい性格の人と仲良くなる

自分が打たれ弱い性格なら、いつも明るい人と仲良くなりましょう。

その人から強く明るいパワーを分けてもらいましょう。

元気な人と一緒にいると楽しく、こちらも元気になってきますね。

ですから、辛い時に話を聞いてもらって同情してもらうだけの友達よりは、良いアドバイスをしてくれたり、時には笑い飛ばしてくれるような明るい性格の友達を多く持つ事がお勧めです。

身体を動かす

打たれ弱い人の中には、ショックが強いと身体まで動かなくなってしまう人もいます。

しかし、そういう時こそ、気持ちを変える為にも身体を動かす事が効果的です。

部屋の掃除でも散歩でも、何でも構いません。

とにかくショックを受けた事を忘れるには身体を少しでも動かす事で、その事に集中してしまうのを避けましょう。

ウォーキングなら有酸素運動で身体にも良いですし、気分転換にはもってこいです。

美味しい物を食べる

打たれ弱い人は、嫌なことがあると食欲まで落ちてしまう事があります。

これは良くないですね。

人間食べるものをしっかり食べないとそれだけで元気が出ません。

無理に普段と同じ量を食べる必要はありませんが、消化の良い物を少しでも良いので、普段と同じ時間に取るようにしましょう。

これも食事を作る事で身体を動かしますし、気持ちも食事を作る方へ行きますので、気分転換にもなります。

良く考えてみる

自分が何に打ちのめされてしまったのか、よく考えてみましょう。

嫌な事があったのですが、それがどれ位酷いことだったのか、どういう状況だったのかを考えているうちに、そんなに大した事でも無いじゃないかと思えればしめた物です。

要は自分の気持ちの持ち方だという事もわかるでしょう。

他の人ならここまで気にしないだろうな、でもこのタイプの人には辛いのです。

ですから、時には徹底的に打ちのめされた原因について考えてみるのも良い事です。

笑顔を忘れない

打たれ弱い人でも普段からビクビクしながら生きている訳ではありません。

そこで、なるべく笑顔でいられる時間を多く持ちましょう。

笑顔は人を惹きつけると同時に幸運も引き寄せます。

笑う事は、本人もより楽しい気持ちになります。

で書いた性格の明るい人に自分がなると言っても良いでしょう。

笑顔を忘れ無い事は、打ちのめされた時程大切です。

打ちのめされた自分の気持ちを少しでも明るい方へ向けましょう。

友達に話す

女性なら、これが一番効果があると言っても良いでしょう。

何か問題があった時、男性は一人で解決策を考えたがりますが、女性は誰かに話して相槌を打ってもらう事で気持ちが楽になる生き物です。

もっと言えば、自分がしゃべるだけで言い、聞いてくれる相手がいてくれるだけでいいという人もいます。

それなら電話で話すのも良いですが、どこかお洒落なカフェでティータイムを楽しみながら、自分の心の中をさらけ出してしまいましょう。

大事なことは、その後はショックを受けた事を、思い出さない事です。

次には良い事があると考える

打たれ弱い人ばかりではなく、人間は弱い面を誰でも持っています。

辛い事があった時に更に追い打ちをかける様に又打ちのめされるような事が起きる事もあります。

こうなると、いっそお祓いにでも行った方が良いのではないかと悩みますね。

でも、それでは人生で何回お祓いをしてもらうかわかりませんし、神様もなかなか大変です。

未来はわからず、過去は変えられません。

過去に拘るのが一番良くない生き方です。

過ぎた事はさらりと忘れて未来を明るい物にするのは自分自身です。

くよくよ悩む暇があったら自分の夢を実現させる事に気持ちを集中しましょう。

悩む事を習慣にしない

打たれ弱い人の事を、「悩むのが好きなだけ」という人もいます。

悩んでいる本人にとってはとんでもない言葉ですが、ここは冷静に捉えて下さい。

このタイプの人より打たれ弱くない人達から見れば、悩むよりもっと他に忙しくする事があるのに、それでも悩むのは「悩むのが好き」としか思えないのも一理あります。

つまり、今自分がしなければならない事に集中する事が人間には大事なので、悩む事を出来るだけ短い時間にするようにしましょう。

過去より未来をしっかり見つめる

先述の通り、過去より大事なのは未来です。

しかし、誤解の無いようにしたいのは、過去の経験を未来に活かすと言う点です。

過去を総て捨て去ると言う意味ではありません。

重要さに於いて、過去より未来が大切だという事です。

打たれ弱い人の中には、過去の嫌な事に拘り過ぎてなかなか前に進めない人もいます。

そんな辛い過去はキッパリとお別れしましょう。

打たれ強くない自分をいつも頭の中で想像し、明るい未来を創っていきましょう。

性格は変えられる

人間には生まれつきの性格があります。

しかし、それは変える事が出来ます。

もし、あなたが本当に打たれ弱い性格から脱したければ、それは可能な事なのです。

1か月や2か月では無理だと思うかもしれませんが、性格は変えられると知った時点で何かが変わる人も実際多いです。

積極的に生きている人の本を読んだり、理想とする人を見つけたりして、今迄の打たれ弱い性格から早く脱しましょう。

打たれ弱い人は、あなたが考えているよりずっと多いです。

でも、打たれ弱いと思い込んでいる人、打たれ弱いのだと現実から逃げている人もいます。

優しい性格の人の中にも打たれ弱い人はいます。

いづれにせよ、悩むのは辛いですから、少しでも早く積極的に前向きの人生を歩んでくれるよう願っています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-