【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155015.html
ルーティーンが大切な理由13選

ルーティーンが大切な理由13選 | LADYCO

LADYCO
ルーティーンが大切な理由13選

今回は、ルーティーンが大切な理由がテーマです。 プロの競技選手はルーティーンを大事にしています。

  • 自分は成し遂げられると思い込ませられるため
  • 自分自身に安定感を与えることができるため
  • 集中力を高められるため
  • 気持ちを高揚させることができるため
  • スランプに強くなれるため
  • 冷静な視点を持つことができるため
  • 基本の動作の確認ができるため
  • 大事な点を思い起こすことができるため
  • 平常心を保つことができるため
  • 程よい緊張感を持つことができるため
  • コンスタントに成果を出せることにつながるため
  • チームワークを乱さないようになるため
  • いつも以上の成果を出すことができる時があるため
  • まとめ

1. 自分は成し遂げられると思い込ませられるため

自分は成し遂げられると思い込ませられるため

ルーティーンをいつも通りに行っていくことで、競技本番において、自分はできる、成し遂げられると自分自身に思い込ませることができます。

大抵ルーティーンは、競技でうまくいった時の行動をゲン担ぎ的に反復するものですが、それを行うことで、以前のように良い成績を収めることができると思い込むことができるのです。 メジャーリーグのイチロー選手などが、決まったルーティーンを実践していることで有名です。

2. 自分自身に安定感を与えることができるため

自分自身に安定感を与えることができるため

ルーティーンを行った後は、不安定な気持ちが安定します。 心身共にどっしりと構えることができるようになり、うわずった気持ちが鎮められています。

ルーティーンを行わないと自分がどこか不安定だったり、うわの空だったりします。 それを瞬時に切り替えることができるので、ルーティーンには即効性があるのです。

3. 集中力を高められるため

集中力を高められるため

競技において一番大事と言えるのが、集中力です。 いくら練習を頑張っても、集中力が低く、本番で力を発揮できなければ意味がないのです。

イチロー選手は、バッターボックスに立つ前に17種類ものルーティーンを行い、集中力を高めています。 人によってルーティーンは様々です。 自分に合ったものを独自に考えていきましょう。

4. 気持ちを高揚させることができるため

気持ちを高揚させることができるため

ルーティーンにより、競技に向かう気持ちを高揚させることができます。 あまりに高ぶりすぎてはいけませんが、適度に高めることは闘争心を掻き立て、いつも以上の力を発揮できることにも繋がるのです。

自分を高揚させるための手法を知っている人は、自分をコントロールできる人であるため、競技でも大きな力を発揮できるのです。 陸上短距離のウサイン・ボルト選手は、スタート前のルーティーンがブームになるほど有名です。 彼もルーティーンにより、自分の気持ちをコントロールしているのです。

5. スランプに強くなれるため

スランプに強くなれるため

ルーティーンを常に行っていると、競技において調子の波が出にくくなります。 悪くなりすぎることが少ないのです。

スランプは、自分としてはやり方を変えていないつもりが、体つきの微妙な変化であったり、精神的なことが原因で、これまでになかったような不調に陥ることです。 競技生活を長く続けようとすると、必ずと言っていいほどぶち当たる壁です。 ルーティーンを行っていると、その波にも強くなります。

常にいつも通りの力を出しやすくなるのです。 ルーティーンは特に、精神面を調整するものとも言われています。

6. 冷静な視点を持つことができるため

冷静な視点を持つことができるため

ルーティーンにより気持ちの高揚もできますが、あまりに高揚しすぎるという人は、冷静に落ち着かせなければなりません。

ルーティーンでは気持ちの面を大きくコントロールできますので、練習の時のような冷静さを発揮することにも繋がるのです。 物事の全体を冷静に見なければならないサッカーの司令塔などは、特にこの面が重要です。

7. 基本の動作の確認ができるため

基本の動作の確認ができるため

バレーボールの木村沙織選元選手は、相手のサーブの前にレシーブの動作を何度も繰り返すことをルーティーンとしていました。

いつも通りの力を発揮できる理由の他に、基本の動作の確認も含められています。 競技においては基本の動作が一番大事です。 これが崩れると、その上に築き上げた技術もすべて崩れてくるためです。

8. 大事な点を思い起こすことができるため

大事な点を思い起こすことができるため

ルーティーンにより、競技において大事なことを思い起こすことができます。 練習中にいつも先生から指摘されている自分の弱点、相手のデータ・癖など、大事な点を思い起こした直後に本番を迎えることは、競技をする上で大変大切なことです。

イチロー選手は毎朝同じメニューの食事をとることをルーティーンとして取り入れています。 朝食をとりながら競技のことが頭に浮かんでいるでしょうけれど、大事なポイントを思い起こしていることでしょう。

9. 平常心を保つことができるため

平常心を保つことができるため

ルーティーンの強みは、練習でのいつも通りの雰囲気を思い起こさせてくれることです。 異国の地でもルーティーンを行うことで、いつも練習している場所や空気などをイメージとして思い起こさせてくれるのです。

いつも通りと同じイメージをしようと思ってもなかなかできませんが、自分の行動(ルーティーン)により容易くイメージすることができるようになるのは不思議なものです。

10. 程よい緊張感を持つことができるため

程よい緊張感を持つことができるため

ルーティーンにより、程よい緊張感を持つことができ、心身ともにシャキッとさせることができます。 何となく体の芯が通っていないように感じていても、ルーティーンにより本番で力を発揮できるような体に持っていけるのです。 本番で特に緊張しないタイプに有効です。 適度な緊張感は勝利に必須と言えるものです。

11. コンスタントに成果を出せることにつながるため

コンスタントに成果を出せることにつながるため

ルーティーンを行い続けると、いつも一定あるいは一定以上の成果を出し続けることができるようになります。 競技生活を続けるプロの選手であれば、長く活躍できることを望むことでしょう。 息の長い選手はルーティーンを何かしらの形で持っていることが多いものです。

12. チームワークを乱さないようになるため

チームワークを乱さないようになるため

集団のスポーツにおいてもルーティーンは大事です。 スタート直前に円陣を組み、決まったフレーズの掛け声をかけるなどです。 これによりメンバーの歩調はそろうことになります。

集団のスポーツは誰かのスタンドプレーによってできるものではなく、全体としてあたかもひとりの人間が采配し、動いているような一体感が必要です。 バラバラにならないためには直前のルーティーンが大事になってくるのです。

13. いつも以上の成果を出すことができる時があるため

いつも以上の成果を出すことができる時があるため

本番ではいつも通りの力が出せれば万々歳ですが、時折練習以上の成果を出す選手がいます。

ルーティーンにより気持ちを整えることが非常にうまくいった場合です。 いつも以上の力は、まずはいつも通りの力を出せる土台ができていなれば発揮できません。 そのためにルーティーンが機能するのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 スポーツ選手を例に挙げて説明しましたが、ルーティーンは仕事などの日常でも取り入れていけます。

大事なプレゼンで程よい緊張状態にする時などに使えるものです。 ルーティーンと言うくらいなので、普段から実践して習慣にしておく必要はありますが、自分なりのルーティーンは持っておいて損はないものです。

今回は、ルーティーンが大切な理由がテーマです。 プロの競技選手はルーティーンを大事にしています。


自分は成し遂げられると思い込ませられるため

ルーティーンをいつも通りに行っていくことで、競技本番において、自分はできる、成し遂げられると自分自身に思い込ませることができます。

大抵ルーティーンは、競技でうまくいった時の行動をゲン担ぎ的に反復するものですが、それを行うことで、以前のように良い成績を収めることができると思い込むことができるのです。 メジャーリーグのイチロー選手などが、決まったルーティーンを実践していることで有名です。

自分自身に安定感を与えることができるため

ルーティーンを行った後は、不安定な気持ちが安定します。 心身共にどっしりと構えることができるようになり、うわずった気持ちが鎮められています。

ルーティーンを行わないと自分がどこか不安定だったり、うわの空だったりします。 それを瞬時に切り替えることができるので、ルーティーンには即効性があるのです。

集中力を高められるため

競技において一番大事と言えるのが、集中力です。 いくら練習を頑張っても、集中力が低く、本番で力を発揮できなければ意味がないのです。

イチロー選手は、バッターボックスに立つ前に17種類ものルーティーンを行い、集中力を高めています。 人によってルーティーンは様々です。 自分に合ったものを独自に考えていきましょう。

気持ちを高揚させることができるため

ルーティーンにより、競技に向かう気持ちを高揚させることができます。 あまりに高ぶりすぎてはいけませんが、適度に高めることは闘争心を掻き立て、いつも以上の力を発揮できることにも繋がるのです。

自分を高揚させるための手法を知っている人は、自分をコントロールできる人であるため、競技でも大きな力を発揮できるのです。 陸上短距離のウサイン・ボルト選手は、スタート前のルーティーンがブームになるほど有名です。 彼もルーティーンにより、自分の気持ちをコントロールしているのです。

スランプに強くなれるため

ルーティーンを常に行っていると、競技において調子の波が出にくくなります。 悪くなりすぎることが少ないのです。

スランプは、自分としてはやり方を変えていないつもりが、体つきの微妙な変化であったり、精神的なことが原因で、これまでになかったような不調に陥ることです。 競技生活を長く続けようとすると、必ずと言っていいほどぶち当たる壁です。 ルーティーンを行っていると、その波にも強くなります。

常にいつも通りの力を出しやすくなるのです。 ルーティーンは特に、精神面を調整するものとも言われています。

冷静な視点を持つことができるため

ルーティーンにより気持ちの高揚もできますが、あまりに高揚しすぎるという人は、冷静に落ち着かせなければなりません。

ルーティーンでは気持ちの面を大きくコントロールできますので、練習の時のような冷静さを発揮することにも繋がるのです。 物事の全体を冷静に見なければならないサッカーの司令塔などは、特にこの面が重要です。

基本の動作の確認ができるため

バレーボールの木村沙織選元選手は、相手のサーブの前にレシーブの動作を何度も繰り返すことをルーティーンとしていました。

いつも通りの力を発揮できる理由の他に、基本の動作の確認も含められています。 競技においては基本の動作が一番大事です。 これが崩れると、その上に築き上げた技術もすべて崩れてくるためです。

大事な点を思い起こすことができるため

ルーティーンにより、競技において大事なことを思い起こすことができます。 練習中にいつも先生から指摘されている自分の弱点、相手のデータ・癖など、大事な点を思い起こした直後に本番を迎えることは、競技をする上で大変大切なことです。

イチロー選手は毎朝同じメニューの食事をとることをルーティーンとして取り入れています。 朝食をとりながら競技のことが頭に浮かんでいるでしょうけれど、大事なポイントを思い起こしていることでしょう。

平常心を保つことができるため

ルーティーンの強みは、練習でのいつも通りの雰囲気を思い起こさせてくれることです。 異国の地でもルーティーンを行うことで、いつも練習している場所や空気などをイメージとして思い起こさせてくれるのです。

いつも通りと同じイメージをしようと思ってもなかなかできませんが、自分の行動(ルーティーン)により容易くイメージすることができるようになるのは不思議なものです。

程よい緊張感を持つことができるため

ルーティーンにより、程よい緊張感を持つことができ、心身ともにシャキッとさせることができます。 何となく体の芯が通っていないように感じていても、ルーティーンにより本番で力を発揮できるような体に持っていけるのです。 本番で特に緊張しないタイプに有効です。 適度な緊張感は勝利に必須と言えるものです。

コンスタントに成果を出せることにつながるため

ルーティーンを行い続けると、いつも一定あるいは一定以上の成果を出し続けることができるようになります。 競技生活を続けるプロの選手であれば、長く活躍できることを望むことでしょう。 息の長い選手はルーティーンを何かしらの形で持っていることが多いものです。

チームワークを乱さないようになるため

集団のスポーツにおいてもルーティーンは大事です。 スタート直前に円陣を組み、決まったフレーズの掛け声をかけるなどです。 これによりメンバーの歩調はそろうことになります。

集団のスポーツは誰かのスタンドプレーによってできるものではなく、全体としてあたかもひとりの人間が采配し、動いているような一体感が必要です。 バラバラにならないためには直前のルーティーンが大事になってくるのです。

いつも以上の成果を出すことができる時があるため

本番ではいつも通りの力が出せれば万々歳ですが、時折練習以上の成果を出す選手がいます。

ルーティーンにより気持ちを整えることが非常にうまくいった場合です。 いつも以上の力は、まずはいつも通りの力を出せる土台ができていなれば発揮できません。 そのためにルーティーンが機能するのです。

いかがでしたでしょうか。 スポーツ選手を例に挙げて説明しましたが、ルーティーンは仕事などの日常でも取り入れていけます。

大事なプレゼンで程よい緊張状態にする時などに使えるものです。 ルーティーンと言うくらいなので、普段から実践して習慣にしておく必要はありますが、自分なりのルーティーンは持っておいて損はないものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-