【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518143938.html
人を見下す癖を治すコツ

人を見下す癖を治すコツ | LADYCO

LADYCO
人を見下す癖を治すコツ

人を見下す癖は悪いと思っているけど、なかなか治せないという人のために、治すコツをご紹介していきます。

  • 悪いところばかりを見ない
  • 人を見下している瞬間を意識する
  • ひたすら念じる
  • ストレスを解消する
  • 小さいことにも感謝する
  • 人と自分を比べない
  • コンプレックスを認める
  • 謙虚な姿勢を忘れない
  • 自分を表現する方法を見つける
  • 劣等感をなくす
  • 見下すことは恥ずかしい
  • 他人にどう思われても気にしない
  • 自分中心で考えない
  • まとめ

1. 悪いところばかりを見ない

悪いところばかりを見ない

人を見下す癖がある人はどうしても、他人の悪いところばかり目についてしまいます。

あの人はこういう所があるから自分より下だと思ってしまいがちです。

もちろん悪いところは目につきやすいですが、そういう時は良いところも同時に探してみることにしましょう。

今まで気付かなかった良いところを見つけたり、尊敬できるようになるでしょう。

2. 人を見下している瞬間を意識する

人を見下している瞬間を意識する

人を見下す癖がある人はもう癖になってしまっているので、人を見下すことが当たり前になってしまっています。

なので無意識に人を見下してしまい、周りから嫌われてしまうかもしれません。

そういう時は今、自分が人を見下しているんじゃないか?

という気付きが大事です。

どういう時に自分が見下してしまっているか、まず自分を分析してみましょう。

3. ひたすら念じる

ひたすら念じる

人を見下している瞬間が分かれば、ひたすら自分の中で見下してはいけないと念じましょう。

ばかげていると思うかもしれませんが、それだけでもだいぶ変わります。

ふとした一言を発してしまう時にも見下していけないと念じていれば、相手に見下している発言を回避できるかもしれません。

意識するだけでも自分の中でワンクッション置けるので、見下すことも少しずつ減るでしょう。

4. ストレスを解消する

ストレスを解消する

何かですごくストレスを感じてしまっていることを、他人を見下すことによって解消しているかもしれません。

ストレスは自分の中でも気づかないこともありますので、自分を見つめなおしてみましょう。

ストレスを感じているなら、解消になる趣味などを見つけると、自然と見下す癖も治っていくかもしれません。

5. 小さいことにも感謝する

小さいことにも感謝する

人を見下す癖を治すのに関係ないと思うかもしれませんが小さいことに感謝することで、人を見下すこともなくなるでしょう。

まず自分と一緒に働いていたり、遊んでくれていることなど周りの人に感謝しましょう。

本当に感謝の気持ちがあれば周りの人を見下すという感情もなくなっていきます。

小さいことにも感謝することが出来れば、人間的にも成長することができるでしょう。

6. 人と自分を比べない

人と自分を比べない

どうしても何でこんな簡単なことが出来ないのか、どうしてそんなだらしないのか、学歴、仕事など、いろいろなことを周りの人と自分とで比べていませんか?

自分は自分、人は人と分けて考えることが必要です。

どうしても人は自分が優れている部分を他人と比べて、自分が優れていることを確認したがります。

人と比べることをやめると人を見下したりしなくなるでしょう。

7. コンプレックスを認める

コンプレックスを認める

人は誰しも必ずなにかコンプレックスはあります。

そのコンプレックスに対しての考え方は人それぞれですが。

人を見下す癖がある人はコンプレックスを認めたくないという気持ちがあります。

なので周りの人を見下すことで自分のコンプレックスを隠したり、解消した気分になっているのです。

ただそれでは必ずといっていいほど満たされないので、また人を見下すことを繰り返してしまいます。

なので自分のコンプレックスを恥ずかしいと思わず、きちんと認めることが大事です。

8. 謙虚な姿勢を忘れない

謙虚な姿勢を忘れない

感謝の気持ちも大事ですが、常に謙虚な姿勢を忘れないことが人を見下す癖を治すために必要です。

どうしても自分が上の立場になったり、部下や後輩が出来たりすると、自分の価値も上がったかと勘違いして、見下してしまうことがありますがそうではありません。

部下も後輩も同じ人間でその価値をはかることなんて出来ません。

上司や目上の人には謙虚な姿勢でいますよね?後輩や部下や周りの人にも謙虚な姿勢でいましょう。

そうすると必ずあなたの周りの人があなたを信頼してよい関係が築けます。

9. 自分を表現する方法を見つける

自分を表現する方法を見つける

人を見下す癖がある人は、人を見下すことでしか自分を表現できていないのかもしれません。

人を見下して、他人と比べて自分はこれほどすごいと表現しています。

なので他に自分を表現する方法を見つけましょう。

自分がやっていることを自分がしっかり信じてやっていたら、誰もみていなくても必ず結果は出ますし、認めてくれる人はいます。

人を見下して自分を表現するのはやめましょう。

10. 劣等感をなくす

劣等感をなくす

人を見下してしまうのは自分の中で劣等感があるからです。

もちろん感じることもあるかもしれませんが、それは人と比べているからであって誰でも欠点はあります。

悪いところもあるのが自分です。

周りの人が責めるかもしれませんが、自分自信は認めてあげましょう。

劣等感を感じる必要なんてありません。

11. 見下すことは恥ずかしい

見下すことは恥ずかしい

見下すことは恥ずかしいという意識を持ちましょう。

見下すということは周りに私は劣等感がありますと言ってアピールしているようなものです。

あなたのことをよく知らない人はあなたが見下す人だと知ったらあなたに近寄りたくなくなるかもしれません。

見下すことは何も良いことはありません。

そういう意識を持っていると見下す気持ちもなくなるでしょう。

12. 他人にどう思われても気にしない

他人にどう思われても気にしない

他人の目が気になる人は多いですし、もちろん社会では秩序を守らなくてはいけません。

しかし必要以上に周りによく思われようとしなくていいのです。

あなたが全く同じ行動していても尊敬してくれる人もいれば、バカにする人もいるのです。

他人にどう思われてるか気になり過ぎて、自分をよく見せようと人を見下すのは、何も良い結果を生みません。

他人の考えなんていくら考えてもその人にしか分かりません。

その人のために理解することは大事ですが、気にしなくていいのです。

13. 自分中心で考えない

自分中心で考えない

人はみな自分が好きで、自分の思い通りになればいいと思っています。

でもそれでは社会が成り立たないので周りを認めたり、他人を尊重してうまく釣り合いをとっています。

人を見下す人はどうしても自分のことばっかり考えていませんか?

自分中心で考えていても、自分のことを理解してくれる人もいるかもしれませんが、共存するには他人のことも考え、尊重しましょう。

自分だけで、自分の考えを基準に世の中はできていません。

まとめ

いかがでしたか?

人を見下してしまうと周りの人もよくは思ってくれないですし、あなたのことを避けてしまうかもしれません。

でも人を見下す癖を治し他人を認め、自分のことも認めることが出来たら、きっと幸せな毎日が過ごせるでしょう。

人を見下す癖は悪いと思っているけど、なかなか治せないという人のために、治すコツをご紹介していきます。


悪いところばかりを見ない

人を見下す癖がある人はどうしても、他人の悪いところばかり目についてしまいます。

あの人はこういう所があるから自分より下だと思ってしまいがちです。

もちろん悪いところは目につきやすいですが、そういう時は良いところも同時に探してみることにしましょう。

今まで気付かなかった良いところを見つけたり、尊敬できるようになるでしょう。

人を見下している瞬間を意識する

人を見下す癖がある人はもう癖になってしまっているので、人を見下すことが当たり前になってしまっています。

なので無意識に人を見下してしまい、周りから嫌われてしまうかもしれません。

そういう時は今、自分が人を見下しているんじゃないか?

という気付きが大事です。

どういう時に自分が見下してしまっているか、まず自分を分析してみましょう。

ひたすら念じる

人を見下している瞬間が分かれば、ひたすら自分の中で見下してはいけないと念じましょう。

ばかげていると思うかもしれませんが、それだけでもだいぶ変わります。

ふとした一言を発してしまう時にも見下していけないと念じていれば、相手に見下している発言を回避できるかもしれません。

意識するだけでも自分の中でワンクッション置けるので、見下すことも少しずつ減るでしょう。

ストレスを解消する

何かですごくストレスを感じてしまっていることを、他人を見下すことによって解消しているかもしれません。

ストレスは自分の中でも気づかないこともありますので、自分を見つめなおしてみましょう。

ストレスを感じているなら、解消になる趣味などを見つけると、自然と見下す癖も治っていくかもしれません。

小さいことにも感謝する

人を見下す癖を治すのに関係ないと思うかもしれませんが小さいことに感謝することで、人を見下すこともなくなるでしょう。

まず自分と一緒に働いていたり、遊んでくれていることなど周りの人に感謝しましょう。

本当に感謝の気持ちがあれば周りの人を見下すという感情もなくなっていきます。

小さいことにも感謝することが出来れば、人間的にも成長することができるでしょう。

人と自分を比べない

どうしても何でこんな簡単なことが出来ないのか、どうしてそんなだらしないのか、学歴、仕事など、いろいろなことを周りの人と自分とで比べていませんか?

自分は自分、人は人と分けて考えることが必要です。

どうしても人は自分が優れている部分を他人と比べて、自分が優れていることを確認したがります。

人と比べることをやめると人を見下したりしなくなるでしょう。

コンプレックスを認める

人は誰しも必ずなにかコンプレックスはあります。

そのコンプレックスに対しての考え方は人それぞれですが。

人を見下す癖がある人はコンプレックスを認めたくないという気持ちがあります。

なので周りの人を見下すことで自分のコンプレックスを隠したり、解消した気分になっているのです。

ただそれでは必ずといっていいほど満たされないので、また人を見下すことを繰り返してしまいます。

なので自分のコンプレックスを恥ずかしいと思わず、きちんと認めることが大事です。

謙虚な姿勢を忘れない

感謝の気持ちも大事ですが、常に謙虚な姿勢を忘れないことが人を見下す癖を治すために必要です。

どうしても自分が上の立場になったり、部下や後輩が出来たりすると、自分の価値も上がったかと勘違いして、見下してしまうことがありますがそうではありません。

部下も後輩も同じ人間でその価値をはかることなんて出来ません。

上司や目上の人には謙虚な姿勢でいますよね?後輩や部下や周りの人にも謙虚な姿勢でいましょう。

そうすると必ずあなたの周りの人があなたを信頼してよい関係が築けます。

自分を表現する方法を見つける

人を見下す癖がある人は、人を見下すことでしか自分を表現できていないのかもしれません。

人を見下して、他人と比べて自分はこれほどすごいと表現しています。

なので他に自分を表現する方法を見つけましょう。

自分がやっていることを自分がしっかり信じてやっていたら、誰もみていなくても必ず結果は出ますし、認めてくれる人はいます。

人を見下して自分を表現するのはやめましょう。

劣等感をなくす

人を見下してしまうのは自分の中で劣等感があるからです。

もちろん感じることもあるかもしれませんが、それは人と比べているからであって誰でも欠点はあります。

悪いところもあるのが自分です。

周りの人が責めるかもしれませんが、自分自信は認めてあげましょう。

劣等感を感じる必要なんてありません。

見下すことは恥ずかしい

見下すことは恥ずかしいという意識を持ちましょう。

見下すということは周りに私は劣等感がありますと言ってアピールしているようなものです。

あなたのことをよく知らない人はあなたが見下す人だと知ったらあなたに近寄りたくなくなるかもしれません。

見下すことは何も良いことはありません。

そういう意識を持っていると見下す気持ちもなくなるでしょう。

他人にどう思われても気にしない

他人の目が気になる人は多いですし、もちろん社会では秩序を守らなくてはいけません。

しかし必要以上に周りによく思われようとしなくていいのです。

あなたが全く同じ行動していても尊敬してくれる人もいれば、バカにする人もいるのです。

他人にどう思われてるか気になり過ぎて、自分をよく見せようと人を見下すのは、何も良い結果を生みません。

他人の考えなんていくら考えてもその人にしか分かりません。

その人のために理解することは大事ですが、気にしなくていいのです。

自分中心で考えない

人はみな自分が好きで、自分の思い通りになればいいと思っています。

でもそれでは社会が成り立たないので周りを認めたり、他人を尊重してうまく釣り合いをとっています。

人を見下す人はどうしても自分のことばっかり考えていませんか?

自分中心で考えていても、自分のことを理解してくれる人もいるかもしれませんが、共存するには他人のことも考え、尊重しましょう。

自分だけで、自分の考えを基準に世の中はできていません。

いかがでしたか?

人を見下してしまうと周りの人もよくは思ってくれないですし、あなたのことを避けてしまうかもしれません。

でも人を見下す癖を治し他人を認め、自分のことも認めることが出来たら、きっと幸せな毎日が過ごせるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-