【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518114437.html
仕事にメリハリをつける方法

仕事にメリハリをつける方法 | LADYCO

LADYCO
仕事にメリハリをつける方法

仕事にメリハリをつけられるようになると仕事効率がアップしてプライベートも充実させることができます。

今回はそのための方法をご紹介します。

  • やると決めたら切りの良いところまでやること
  • 仕事をしながら並行して好きなことをしない
  • 眠い時は寝てすっきりさせる
  • 集中できる環境で仕事を始める
  • 最初に必要なものを揃えてから仕事を始める
  • 仕事仲間に自分のプライベートを全て明かさない
  • 大変な仕事と楽な仕事をどの順序でこないしていくかということ
  • 早出と残業はしないと決める
  • まとめ

1. やると決めたら切りの良いところまでやること

やると決めたら切りの良いところまでやること

一度仕事に取り掛かったら切りの良いところまではやりましょう。

そうでなければ途中でやめることになり、再開する際にまた一から見直して確認してからの作業となってしまいます。

切りの良いところまではやると決めておくことで仕事にも集中でき、やめる時にも抵抗がなくなるのでプライベートの時間も大切にすることができます。

2. 仕事をしながら並行して好きなことをしない

仕事をしながら並行して好きなことをしない

仕事をしながら大好きな音楽を聴いたり、恋人をそばにおいて時折いちゃいちゃしながら仕事をしたってはかどりません。

影響のない程度ならコーヒーを飲みながらとか良い香りを室内に漂わせながらなどというような、それほど手間や気が取られない程度のことだけです。

同時進行でどちらも少しずつ楽しむよりも仕事を集中的にがんばって終わらせてからの方がたっぷり好きなことを楽しめます。

3. 眠い時は寝てすっきりさせる

眠い時は寝てすっきりさせる

眠いのに我慢して仕事を続けても効率は上がりませんしミスも増えます。

そして一度眠いと感じるとしばらく眠気が忘れられず、仕事をしていることが精神的にも辛くなってきます。

こんな時は仮眠をとってすっきりしてから仕事をリスタートさせましょう。

少しだけ眠ることで眠りたいという欲求がなくなって頭も冴えます。

4. 集中できる環境で仕事を始める

集中できる環境で仕事を始める

仕事にメリハリをつけるためには集中できる環境で行うのが良いでしょう。

人の話し声や物音があると気になって仕事がはかどらず、何度も見返したり入力し直すようなことにもなりかねません。

自分の世界にしっかり入り込める環境を自分に与えてあげるのです。

5. 最初に必要なものを揃えてから仕事を始める

最初に必要なものを揃えてから仕事を始める

仕事にメリハリをつけることができる人は仕事の効率を考える人のこと言うのでしょう。

だからこそ最初に必要なものを周りに揃えてから仕事を始めます。

そしてやる気をアップさせ、無駄な動きや連絡の必要を減らします。

このような仕事をしていると周りにも影響を与えるようになってみんながメリハリ良く動くようになります。

そうすることで全体が無駄なく回転していきます。

6. 仕事仲間に自分のプライベートを全て明かさない

仕事仲間に自分のプライベートを全て明かさない

仕事仲間と仲良くなっても自分のプライベートを全て明かしてしまうと情が移ったりしてしまうことがあり、時にそれが仕事の邪魔となることがあります。

たとえば誰かに仕事を頼みたくても今日は子供の誕生日だから悪いよな…と頼めず自分で抱え込んでしまうなどというような事態が起こります。

一人でできることばかりではありませんし、特にチームワークを必要とする業種の場合は相手の都合ばかり考えているうちに自分の仕事に影響が出ることもあるのです。

7. 大変な仕事と楽な仕事をどの順序でこないしていくかということ

大変な仕事と楽な仕事をどの順序でこないしていくかということ

大変な仕事から始めた方がいいように思っても終わる頃には疲れ切って他をやる気がなくなってしまうこともありますし、楽な仕事ばかりしているとそれ以上の仕事をやりたくなってしまうようなこともあります。

自分の性格、体調、周りの状況などからどの順序でこなしていくのがベストなのかを考えて順序立てできると仕事にもメリハリがつくでしょう。

8. 早出と残業はしないと決める

早出と残業はしないと決める

仕事を済ませるために早く出社したり残業をするのが当たり前になるとその分時間はたっぷりあると思ってしまいます。

そのせいで仕事がさらに遅くなることもあるのです。

それを一切しないと決めることでスピードアップと人との協力を考えられるようになります。

まとめ

仕事にメリハリをつけることは働く上で非常に重要なポイントです。

それは仕事を終えるためだけではなく仕事を嫌いにならないためにも大切なことだからです。

忘れないでおきましょう。

仕事にメリハリをつけられるようになると仕事効率がアップしてプライベートも充実させることができます。

今回はそのための方法をご紹介します。


やると決めたら切りの良いところまでやること

一度仕事に取り掛かったら切りの良いところまではやりましょう。

そうでなければ途中でやめることになり、再開する際にまた一から見直して確認してからの作業となってしまいます。

切りの良いところまではやると決めておくことで仕事にも集中でき、やめる時にも抵抗がなくなるのでプライベートの時間も大切にすることができます。

仕事をしながら並行して好きなことをしない

仕事をしながら大好きな音楽を聴いたり、恋人をそばにおいて時折いちゃいちゃしながら仕事をしたってはかどりません。

影響のない程度ならコーヒーを飲みながらとか良い香りを室内に漂わせながらなどというような、それほど手間や気が取られない程度のことだけです。

同時進行でどちらも少しずつ楽しむよりも仕事を集中的にがんばって終わらせてからの方がたっぷり好きなことを楽しめます。

眠い時は寝てすっきりさせる

眠いのに我慢して仕事を続けても効率は上がりませんしミスも増えます。

そして一度眠いと感じるとしばらく眠気が忘れられず、仕事をしていることが精神的にも辛くなってきます。

こんな時は仮眠をとってすっきりしてから仕事をリスタートさせましょう。

少しだけ眠ることで眠りたいという欲求がなくなって頭も冴えます。

集中できる環境で仕事を始める

仕事にメリハリをつけるためには集中できる環境で行うのが良いでしょう。

人の話し声や物音があると気になって仕事がはかどらず、何度も見返したり入力し直すようなことにもなりかねません。

自分の世界にしっかり入り込める環境を自分に与えてあげるのです。

最初に必要なものを揃えてから仕事を始める

仕事にメリハリをつけることができる人は仕事の効率を考える人のこと言うのでしょう。

だからこそ最初に必要なものを周りに揃えてから仕事を始めます。

そしてやる気をアップさせ、無駄な動きや連絡の必要を減らします。

このような仕事をしていると周りにも影響を与えるようになってみんながメリハリ良く動くようになります。

そうすることで全体が無駄なく回転していきます。

仕事仲間に自分のプライベートを全て明かさない

仕事仲間と仲良くなっても自分のプライベートを全て明かしてしまうと情が移ったりしてしまうことがあり、時にそれが仕事の邪魔となることがあります。

たとえば誰かに仕事を頼みたくても今日は子供の誕生日だから悪いよな…と頼めず自分で抱え込んでしまうなどというような事態が起こります。

一人でできることばかりではありませんし、特にチームワークを必要とする業種の場合は相手の都合ばかり考えているうちに自分の仕事に影響が出ることもあるのです。

大変な仕事と楽な仕事をどの順序でこないしていくかということ

大変な仕事から始めた方がいいように思っても終わる頃には疲れ切って他をやる気がなくなってしまうこともありますし、楽な仕事ばかりしているとそれ以上の仕事をやりたくなってしまうようなこともあります。

自分の性格、体調、周りの状況などからどの順序でこなしていくのがベストなのかを考えて順序立てできると仕事にもメリハリがつくでしょう。

早出と残業はしないと決める

仕事を済ませるために早く出社したり残業をするのが当たり前になるとその分時間はたっぷりあると思ってしまいます。

そのせいで仕事がさらに遅くなることもあるのです。

それを一切しないと決めることでスピードアップと人との協力を考えられるようになります。

仕事にメリハリをつけることは働く上で非常に重要なポイントです。

それは仕事を終えるためだけではなく仕事を嫌いにならないためにも大切なことだからです。

忘れないでおきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-