【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518095035.html
母性本能をくすぐる男の特徴

母性本能をくすぐる男の特徴 | LADYCO

LADYCO
母性本能をくすぐる男の特徴

男性の子供のような仕草や行動にキュンとさせられお世話をしたい、守ってあげたいなどの男性の特徴をまとめました。

  • 童顔である
  • 何事にも一生懸命な人
  • 笑顔
  • ギャップが多い
  • 嬉しさを隠せない
  • 電話をなかなか切ろうとしない人
  • 強がりを言うこと
  • 女子力が高い
  • 子供みたいに甘えてくっついてくる
  • 駄々をこねたりわがままを言う
  • 怒られるとすねる
  • 美味しいものを食べるといかにも幸せそう
  • ムキになって言い訳をしたり噛んでしまう
  • ~だもん、~じゃん!と言葉遣いが子供
  • 会えないと寂しがる
  • 連絡が遅いと不満を言う
  • 男性と仲良くしているとやきもちをやく
  • 仕事よりも自分を大切にしてほしい
  • 人の不幸話を自分のことのように聞いて落ち込む
  • 物事に必死に取り組む
  • こちらの笑顔につられて笑う
  • 緊張したり慌てるタイプ
  • まとめ

1. 童顔である

童顔である

母性本能というものは男性の「可愛い」と思える瞬間に心をうたれてしまうことです。

男らしいかっこいい人よりも見た目が童顔でかわいらしい男性が圧倒的に母性本能をくすぐられるでしょう。

童顔の場合、見た目でキュンとしてしまい、ちょっとした仕草も可愛いと思えてしまいます。

例えどんな些細な仕草や行動でも可愛さが倍増して見えてしまうことがあると思います。

最近では草食系男子やジェンダーレス男子が増えてきてかわいらしい男性に母性本能をくすぐられる女性の増えてきているのではないでしょうか。

2. 何事にも一生懸命な人

何事にも一生懸命な人

なんでも器用にこなす男性はもちろん女性にとっては受けがいいですが、できないこと、苦手なことを一生懸命に頑張っている姿を見て応援したい気持ちになり、そんな姿にキュンとさせられると思います。

頑張った後のつかれた顔や成し遂げ、満足しきった笑顔が魅力的に見えるものです。

頑張った後に「お疲れ様」と甘えさせてあげたいですね。

3. 笑顔

笑顔

やはり何といっても笑顔がすてきな男性です。

笑った顔は男性を子供っぽく見せてくれるものでこれだけで母性本能がくすぐられる女性の少なくありません。

また普段からあまり笑ってくれないのに時折ふいに見せる笑顔に女性はとりこになってしまいます。

無邪気に笑う姿に癒され幸せな気持ちになるのではないでしょうか。

4. ギャップが多い

ギャップが多い

女性は男性に対してギャップを感じた時に母性本能を感じることが多いみたいです。

例えば、普段からしっかりしていて凛々しい男性がときどき弱いところを見せたり、怖い男性が笑ったりする瞬間に「可愛い」と感じると思えるようです。

童顔でかわいらしい男性にもキュンとしますが、やはりギャップのある男性のほうが意外性があってその分心をくすぐられます。

5. 嬉しさを隠せない

嬉しさを隠せない

男性は女性の前では男らしくかっこよくいたいものです。

そのため、笑う顔をあまり見せようとしない男性もいます。

でも、そんな男性の中に嬉しさを隠せない人がいます。

本人はポーカーフェイスをしようと必死にごまかそうと本人は隠しているつもりですが、周囲からはバレバレですぐに分かってしまう男性に母性本能を感じるのではないでしょうか。

よっぽど嬉しいんだろうなと可愛く感じます。

6. 電話をなかなか切ろうとしない人

電話をなかなか切ろうとしない人

電話をした後なかなか電話を切らずに時間稼ぎをする男性に母性本能をくすぐられます。

電話が終わりそうになった時無理矢理なんでもない話で繋げようとしたり「切ろうか」と言いつつなかなか切ろうとしないことに可愛さを感じます。

電話を終わらせたくない気持ちが伝わってきてとても嬉しくなります。

7. 強がりを言うこと

強がりを言うこと

男性は見栄っ張りでプライドが高く、女性の前だと自分を強く見せたがるため、変に無理をしたり強がりを言ったりします。

しかしそんな強がりは女性はすぐに見破ることができそんな強がりを可愛いと思っていたりします。

自意識過剰で強がりな男性は引いてしまいますが頑張って強がっている姿にキュンとするのではないでしょうか。

8. 女子力が高い

女子力が高い

スイーツを自分で作ったり、服やアクセサリーを作ったりと女子力が高い男性はもてます。

逆にあまりにも女子力が高いと「比べられて嫌だ」となって引いてしまう女性もいますが、ほどよく身につけた女子力だと、共通の話題が作りやすく2人でできることがふえて一緒にいることが楽しくなったりします。

共通の話題で盛り上がり恋も発展するのではないでしょうか。

9. 子供みたいに甘えてくっついてくる

子供みたいに甘えてくっついてくる

女性が男性に母性本能をくすぐられるのは子供のように甘えられた時です。

「こっちに来てよ!」と甘えながら怒ったり、なでなですると嬉しそうにくっついてくる様子はまるでペットのようであり、甘えんぼ男子が好きな女性からするとたまりません。

しかし中には母性本能をくすぐろうと可愛い姿を演出している男性もいます。

10. 駄々をこねたりわがままを言う

駄々をこねたりわがままを言う

駄々をこねたりわがままを言われると面倒だなと感じながらも仕方ないなぁと受け止めてしまう女性も多いですね。

世話好きの女性はわがままを言われるとつい甘やかしてしまいます。

そこで喜ぶ男性の姿を見たいと思ってしまいますし、好きな人に甘えられているだけできゅんとしてしまうんです。

気のない人ならムカつくことなのに恋の力はすごいですね。

11. 怒られるとすねる

怒られるとすねる

怒られると怒り返すのではなく「もういい…」などとすねてしまう様子は母性本能をくすぐられて「言い過ぎちゃったかな?」と思わせます。

その怒る理由が「大切だから言ったのに」とか「わかってくれると思ったのに」などというような時はなおさらくすぐられてしまうでしょう。

つい喧嘩をごまかされて許してしまうことも多そうです。

12. 美味しいものを食べるといかにも幸せそう

美味しいものを食べるといかにも幸せそう

男性が美味しそうに食べる姿が好きという女性も多いですが、特に母性本能をくすぐられるのはいかにも幸せそうに大きな口を開けてぱくぱくと食べるような時です。

大きな声で「美味しい!」とか「やば!」などと言いながらならなおさらですね。

どんどん食べて欲しくなり、見ているだけでこちらはおなかいっぱいになれます。

13. ムキになって言い訳をしたり噛んでしまう

ムキになって言い訳をしたり噛んでしまう

言い合いになった時にムキになって言い訳をしてくると子供みたいですね。

その時、興奮しすぎて言葉を噛んでしまったり「何で怒っていたんだっけ?」というように天然ぶりを出してくるとさらに母性本能がくすぐられてしまいます。

こんな時こそ男性の素が見えて怒りが収まってしまうのです。

14. ~だもん、~じゃん!と言葉遣いが子供

~だもん、~じゃん!と言葉遣いが子供

本気で喧嘩をしていたつもりが「~だもん!」「~じゃん!」というような言葉遣いで返されると子供と話しているみたいな気になってなんだか馬鹿らしくなってきます。

子供っぽい話し方の男性はこんな時すら母性本能を感じさせて危機回避ができてしまうというわけです。

本人は意識していないのでなぜ女性がくすっと笑うかわからないでしょう。

15. 会えないと寂しがる

会えないと寂しがる

会えないことをすぐに受け止めず寂しがったりいじけるような男性は母性本能をくすぐられてしまいます。

男なら寂しいなんて言うのはかっこ悪いと思うはずですが、それをしないで露骨に不満を出してくるなんて可愛いではありませんか。

甘えられると弱い女性は多いので何とかして会いたくなってしまいます。

16. 連絡が遅いと不満を言う

連絡が遅いと不満を言う

連絡を待っていたことを悟られたくないという風にかっこつける男性も多い中で、連絡が遅いことを「待ってなのに!」とはっきり言われるとぐらっときてしまいます。

適度な束縛は女性も愛されていることを感じて喜びに変わります。

また、それだけ自分が求められていることを感じて気持ちに応えたくもなります。

17. 男性と仲良くしているとやきもちをやく

男性と仲良くしているとやきもちをやく

母性本能をくすぐられて抱きしめてあげたくなるのは、他の男性と仲良くしていることに不満を言ってくる時ですね。

やきもちをやいてぷんぷん怒っている男性は女性から見れば嬉しい存在です。

小悪魔タイプの女性ならもう少しやきもちをやかせたくなってしまいます。

18. 仕事よりも自分を大切にしてほしい

仕事よりも自分を大切にしてほしい

仕事にすらやきもちをやいてしまい、忙しいことを怒ってきたり仕事と自分のどっちが大事かなどと聞いてくる男性の姿は母性本能をくすぐります。

むちゃを言っているのに好きな男性からならこんなことも喜びに変わります。

カップルの喧嘩のようでいてただのイチャイチャとも言えますね。

19. 人の不幸話を自分のことのように聞いて落ち込む

人の不幸話を自分のことのように聞いて落ち込む

人から相談を受けている時や周りの不幸話を聞いた時に自分のことのように感じてしまい、勝手に落ち込んでしまう男性がいます。

そんな男性は優しくてお人よしで、女性は母性本能をくすぐられて守ってあげたくなってしまいます。

彼氏がこうである時は心配をかけないように明るく振舞うようになりそうです。

20. 物事に必死に取り組む

物事に必死に取り組む

目の前のことに何でも必死になって取り組む男性は女性の母性本能をくすぐるタイプです。

大きなことなら当然かもしれませんが、中にはどうでもいいことまで大切なことのように全力で頑張る男性もいます。

母性本能をくすぐられると同時にもっともっとと頑張らせたりしてしまい、できた時は過剰に褒めて喜ばせたくなってしまいます。

21. こちらの笑顔につられて笑う

こちらの笑顔につられて笑う

こちらの笑顔につられて笑う男性は可愛いですね。

母性本能をくすぐられてときめいてしまう女性も多いでしょう。

男性の笑顔に弱い女性は多いですが、こちらにつたれてよくわからないまま笑われるととても無邪気で人が良いように感じます。

だからこそ褒めたり可愛がりたくなってしまうんです。

22. 緊張したり慌てるタイプ

緊張したり慌てるタイプ

頻繁に緊張したりすぐ慌ててしまうタイプの男性は手を差し伸べたくなります。

ドキドキしているのを見ると素直で可愛いと感じ、母性本能をくすぐられて自分が支えようという気になってしまうんです。

周りから見れば女性に守られる情けない男性に見えることでしょうが、それで二人の釣り合いが取れている場合がほとんどでしょう。

まとめ

母性本能をくすぐる男性かどうかは顔の良さも少なからず影響するかもしれません。

やはりイケメンや可愛い系男子ならくすぐられやすいのではないでしょうか。

自分の可愛さを武器に女性の母性本能をくすぐって利用する悪い男もいるはずなので、素なのか縁起なのかはしっかり見極めたいところですね。

母性本能をくすぐられるのに弱い女性は多いですが、何でも流されないようにしなければいけません。

男性の子供のような仕草や行動にキュンとさせられお世話をしたい、守ってあげたいなどの男性の特徴をまとめました。


童顔である

母性本能というものは男性の「可愛い」と思える瞬間に心をうたれてしまうことです。

男らしいかっこいい人よりも見た目が童顔でかわいらしい男性が圧倒的に母性本能をくすぐられるでしょう。

童顔の場合、見た目でキュンとしてしまい、ちょっとした仕草も可愛いと思えてしまいます。

例えどんな些細な仕草や行動でも可愛さが倍増して見えてしまうことがあると思います。

最近では草食系男子やジェンダーレス男子が増えてきてかわいらしい男性に母性本能をくすぐられる女性の増えてきているのではないでしょうか。

何事にも一生懸命な人

なんでも器用にこなす男性はもちろん女性にとっては受けがいいですが、できないこと、苦手なことを一生懸命に頑張っている姿を見て応援したい気持ちになり、そんな姿にキュンとさせられると思います。

頑張った後のつかれた顔や成し遂げ、満足しきった笑顔が魅力的に見えるものです。

頑張った後に「お疲れ様」と甘えさせてあげたいですね。

笑顔

やはり何といっても笑顔がすてきな男性です。

笑った顔は男性を子供っぽく見せてくれるものでこれだけで母性本能がくすぐられる女性の少なくありません。

また普段からあまり笑ってくれないのに時折ふいに見せる笑顔に女性はとりこになってしまいます。

無邪気に笑う姿に癒され幸せな気持ちになるのではないでしょうか。

ギャップが多い

女性は男性に対してギャップを感じた時に母性本能を感じることが多いみたいです。

例えば、普段からしっかりしていて凛々しい男性がときどき弱いところを見せたり、怖い男性が笑ったりする瞬間に「可愛い」と感じると思えるようです。

童顔でかわいらしい男性にもキュンとしますが、やはりギャップのある男性のほうが意外性があってその分心をくすぐられます。

嬉しさを隠せない

男性は女性の前では男らしくかっこよくいたいものです。

そのため、笑う顔をあまり見せようとしない男性もいます。

でも、そんな男性の中に嬉しさを隠せない人がいます。

本人はポーカーフェイスをしようと必死にごまかそうと本人は隠しているつもりですが、周囲からはバレバレですぐに分かってしまう男性に母性本能を感じるのではないでしょうか。

よっぽど嬉しいんだろうなと可愛く感じます。

電話をなかなか切ろうとしない人

電話をした後なかなか電話を切らずに時間稼ぎをする男性に母性本能をくすぐられます。

電話が終わりそうになった時無理矢理なんでもない話で繋げようとしたり「切ろうか」と言いつつなかなか切ろうとしないことに可愛さを感じます。

電話を終わらせたくない気持ちが伝わってきてとても嬉しくなります。

強がりを言うこと

男性は見栄っ張りでプライドが高く、女性の前だと自分を強く見せたがるため、変に無理をしたり強がりを言ったりします。

しかしそんな強がりは女性はすぐに見破ることができそんな強がりを可愛いと思っていたりします。

自意識過剰で強がりな男性は引いてしまいますが頑張って強がっている姿にキュンとするのではないでしょうか。

女子力が高い

スイーツを自分で作ったり、服やアクセサリーを作ったりと女子力が高い男性はもてます。

逆にあまりにも女子力が高いと「比べられて嫌だ」となって引いてしまう女性もいますが、ほどよく身につけた女子力だと、共通の話題が作りやすく2人でできることがふえて一緒にいることが楽しくなったりします。

共通の話題で盛り上がり恋も発展するのではないでしょうか。

子供みたいに甘えてくっついてくる

女性が男性に母性本能をくすぐられるのは子供のように甘えられた時です。

「こっちに来てよ!」と甘えながら怒ったり、なでなですると嬉しそうにくっついてくる様子はまるでペットのようであり、甘えんぼ男子が好きな女性からするとたまりません。

しかし中には母性本能をくすぐろうと可愛い姿を演出している男性もいます。

駄々をこねたりわがままを言う

駄々をこねたりわがままを言われると面倒だなと感じながらも仕方ないなぁと受け止めてしまう女性も多いですね。

世話好きの女性はわがままを言われるとつい甘やかしてしまいます。

そこで喜ぶ男性の姿を見たいと思ってしまいますし、好きな人に甘えられているだけできゅんとしてしまうんです。

気のない人ならムカつくことなのに恋の力はすごいですね。

怒られるとすねる

怒られると怒り返すのではなく「もういい…」などとすねてしまう様子は母性本能をくすぐられて「言い過ぎちゃったかな?」と思わせます。

その怒る理由が「大切だから言ったのに」とか「わかってくれると思ったのに」などというような時はなおさらくすぐられてしまうでしょう。

つい喧嘩をごまかされて許してしまうことも多そうです。

美味しいものを食べるといかにも幸せそう

男性が美味しそうに食べる姿が好きという女性も多いですが、特に母性本能をくすぐられるのはいかにも幸せそうに大きな口を開けてぱくぱくと食べるような時です。

大きな声で「美味しい!」とか「やば!」などと言いながらならなおさらですね。

どんどん食べて欲しくなり、見ているだけでこちらはおなかいっぱいになれます。

ムキになって言い訳をしたり噛んでしまう

言い合いになった時にムキになって言い訳をしてくると子供みたいですね。

その時、興奮しすぎて言葉を噛んでしまったり「何で怒っていたんだっけ?」というように天然ぶりを出してくるとさらに母性本能がくすぐられてしまいます。

こんな時こそ男性の素が見えて怒りが収まってしまうのです。

~だもん、~じゃん!と言葉遣いが子供

本気で喧嘩をしていたつもりが「~だもん!」「~じゃん!」というような言葉遣いで返されると子供と話しているみたいな気になってなんだか馬鹿らしくなってきます。

子供っぽい話し方の男性はこんな時すら母性本能を感じさせて危機回避ができてしまうというわけです。

本人は意識していないのでなぜ女性がくすっと笑うかわからないでしょう。

会えないと寂しがる

会えないことをすぐに受け止めず寂しがったりいじけるような男性は母性本能をくすぐられてしまいます。

男なら寂しいなんて言うのはかっこ悪いと思うはずですが、それをしないで露骨に不満を出してくるなんて可愛いではありませんか。

甘えられると弱い女性は多いので何とかして会いたくなってしまいます。

連絡が遅いと不満を言う

連絡を待っていたことを悟られたくないという風にかっこつける男性も多い中で、連絡が遅いことを「待ってなのに!」とはっきり言われるとぐらっときてしまいます。

適度な束縛は女性も愛されていることを感じて喜びに変わります。

また、それだけ自分が求められていることを感じて気持ちに応えたくもなります。

男性と仲良くしているとやきもちをやく

母性本能をくすぐられて抱きしめてあげたくなるのは、他の男性と仲良くしていることに不満を言ってくる時ですね。

やきもちをやいてぷんぷん怒っている男性は女性から見れば嬉しい存在です。

小悪魔タイプの女性ならもう少しやきもちをやかせたくなってしまいます。

仕事よりも自分を大切にしてほしい

仕事にすらやきもちをやいてしまい、忙しいことを怒ってきたり仕事と自分のどっちが大事かなどと聞いてくる男性の姿は母性本能をくすぐります。

むちゃを言っているのに好きな男性からならこんなことも喜びに変わります。

カップルの喧嘩のようでいてただのイチャイチャとも言えますね。

人の不幸話を自分のことのように聞いて落ち込む

人から相談を受けている時や周りの不幸話を聞いた時に自分のことのように感じてしまい、勝手に落ち込んでしまう男性がいます。

そんな男性は優しくてお人よしで、女性は母性本能をくすぐられて守ってあげたくなってしまいます。

彼氏がこうである時は心配をかけないように明るく振舞うようになりそうです。

物事に必死に取り組む

目の前のことに何でも必死になって取り組む男性は女性の母性本能をくすぐるタイプです。

大きなことなら当然かもしれませんが、中にはどうでもいいことまで大切なことのように全力で頑張る男性もいます。

母性本能をくすぐられると同時にもっともっとと頑張らせたりしてしまい、できた時は過剰に褒めて喜ばせたくなってしまいます。

こちらの笑顔につられて笑う

こちらの笑顔につられて笑う男性は可愛いですね。

母性本能をくすぐられてときめいてしまう女性も多いでしょう。

男性の笑顔に弱い女性は多いですが、こちらにつたれてよくわからないまま笑われるととても無邪気で人が良いように感じます。

だからこそ褒めたり可愛がりたくなってしまうんです。

緊張したり慌てるタイプ

頻繁に緊張したりすぐ慌ててしまうタイプの男性は手を差し伸べたくなります。

ドキドキしているのを見ると素直で可愛いと感じ、母性本能をくすぐられて自分が支えようという気になってしまうんです。

周りから見れば女性に守られる情けない男性に見えることでしょうが、それで二人の釣り合いが取れている場合がほとんどでしょう。

母性本能をくすぐる男性かどうかは顔の良さも少なからず影響するかもしれません。

やはりイケメンや可愛い系男子ならくすぐられやすいのではないでしょうか。

自分の可愛さを武器に女性の母性本能をくすぐって利用する悪い男もいるはずなので、素なのか縁起なのかはしっかり見極めたいところですね。

母性本能をくすぐられるのに弱い女性は多いですが、何でも流されないようにしなければいけません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-