【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517135313.html
賢い男の特徴

賢い男の特徴 | LADYCO

LADYCO
賢い男の特徴

よく男を選ぶときは賢い男を選べ、と言われますが、一体賢い男とはどういった男性を差すのでしょうか。

賢い男というのは、単純な頭の良さだけで測れるものではないようです。

そこで、賢い男にはどんな特徴があるのか、10個にまとめてみました。

  • 機転が利く
  • 容量が良い
  • 取捨選択がはっきりしている
  • 自分の力量がしっかり分かっている
  • 愚痴を言わない
  • 話し方が上手
  • コミュニケーションの取り方がうまい
  • 周りがよく見えている
  • 不利になるような行動はしない
  • 危機察知能力が高い

1. 機転が利く

機転が利く

会社内や誰かと遊ぶ時、何らかのトラブルはつきものですよね。

賢い人というのは、トラブルの原因からその状況を解決するための判断や行動が素早くできるのです。

例えば「予約していたはずのお店に予約が通っていないため入れない」などのトラブルも、予約していたのに!と憤慨することなく、じゃあこの店は諦めて違う店を探そうという風に、すぐ機転を利かせることができるのです。

2. 容量が良い

容量が良い

仕事やプライベートなどで、頑張るべき!と踏ん張る時と、ちょっと手を抜いてもいいかな、と思う時がありますよね。

賢い人はその調整がとても上手なのです。

「これを頑張りすぎても、後を考えたら無理するところではないな」「今は頑張らなくてはいけない時だな」という判断が的確で、きちんと自分のペースを保つことができます。

3. 取捨選択がはっきりしている

取捨選択がはっきりしている

自分に必要だと思うものしか持っていないというのも、賢い人にあげられる特徴の1つです。

自分には今何が必要なのか、今後何が必要になってくるのかという判断がしっかりできているのです。

これはいつか必要になってくるかもしれないし. という消極的な気持ちのものではなく、はっきりと「これは必要」「これはいらない」などの選択が出来るのも、賢い人の特徴です。

4. 自分の力量がしっかり分かっている

自分の力量がしっかり分かっている

自分が出来る事は限られていますよね。

賢い人には自分の出来る事、力量というものをきちんと分かっている方が多いです。

キャパオ―バーなことをしても後で大変になるだけ、と分かっているんですね。

これは自分にはできない事だ、これは出来る、などといった判断が出来る為、見栄を張らずに自分が出来る範囲のことを着実にこなしていきます。

逆に自分に出来ないと思った事は頼まれてもやらないという方が多いので、少し融通が利かないところもあるようです。

5. 愚痴を言わない

愚痴を言わない

仕事で嫌な事があった時、プライベートで嫌な思いをした時、誰かにそれを聞いてもらいたくなりますよね。

しかし賢い人は、愚痴をそもそも言わないか、愚痴が愚痴になっていないという事が多いようです。

賢い人は嫌な事を話すとき、自分の気持ちを建設的に整理するために話します。

マイナスだけの感情で話すのではなく、今後どうすればいいのかということを考えながら話すので、聞いている側が愚痴と感じないという事が多いようですね。

6. 話し方が上手

話し方が上手

賢い人は頭の回転がとても早いので、話しにきちんとオチをつけてくれるという方が多いです。

盛り上げるべきところで盛り上げる話し方をしてくれますので、話しをずっと聞いていられるくらい話がうまい人が多いです。

芸人の方で高学歴の方が多いというのも、この特徴の裏付けになっているのかもしれませんね。

7. コミュニケーションの取り方がうまい

コミュニケーションの取り方がうまい

人と接するうえでコミュニケーション力は大切ですよね。

賢い人はコミュニケーションの取り方がうまいという方が多いです。

人と話をするとき、この人はこういう話が好き、この人はこの話は嫌いというのを理解するのが早いのです。

相手との距離感を計ることも得意な傾向にありますので、相手とは丁度良い距離で居ることが出来るようですね。

8. 周りがよく見えている

周りがよく見えている

賢い人は周りを見るのがとても得意です。

周りの様子を見て、自分はどうすればいいのかということを判断するのも早いです。

というのも、賢い人というのは、自分の状況を把握しておくということがクセになっているようです。

賢い人は誰かといる時、無意識に何があっても対処できるように身構えているという人が多く、そのため周りがよく見えているのですね。

9. 不利になるような行動はしない

不利になるような行動はしない

これをやったら反感を買う、これをしたら失敗するというということ、仕事やプライベートでもありますよね。

賢い人は自分が不利なことは徹底的に避ける傾向にあります。

たとえ自分が避ける事で誰かが犠牲になったとしても、自分には出来ない事だと割り切って避けます。

薄情であったり自己中心的に見えるかもしれませんが、賢い人なりの自衛手段なのです。

10. 危機察知能力が高い

容量が良いというだけでは片付けられないほどの危機察知能力を持った人っていますよね。

実は、それは賢い人の特徴でもあるのです。

例えば一緒にサボっていたはずなのに、見つかって怒られる時には居なくなっているなど、特殊能力でもあるのか!?と言いたくなるくらいに危機察知能力が高いのです。

周りをよく見る傾向が強い賢い人は、感覚が鋭く、こういった不利益な事が起こりそうなことに働く勘が普段から鍛えられているので、危機察知能力が高いようです。

よく男を選ぶときは賢い男を選べ、と言われますが、一体賢い男とはどういった男性を差すのでしょうか。

賢い男というのは、単純な頭の良さだけで測れるものではないようです。

そこで、賢い男にはどんな特徴があるのか、10個にまとめてみました。


機転が利く

会社内や誰かと遊ぶ時、何らかのトラブルはつきものですよね。

賢い人というのは、トラブルの原因からその状況を解決するための判断や行動が素早くできるのです。

例えば「予約していたはずのお店に予約が通っていないため入れない」などのトラブルも、予約していたのに!と憤慨することなく、じゃあこの店は諦めて違う店を探そうという風に、すぐ機転を利かせることができるのです。

容量が良い

仕事やプライベートなどで、頑張るべき!と踏ん張る時と、ちょっと手を抜いてもいいかな、と思う時がありますよね。

賢い人はその調整がとても上手なのです。

「これを頑張りすぎても、後を考えたら無理するところではないな」「今は頑張らなくてはいけない時だな」という判断が的確で、きちんと自分のペースを保つことができます。

取捨選択がはっきりしている

自分に必要だと思うものしか持っていないというのも、賢い人にあげられる特徴の1つです。

自分には今何が必要なのか、今後何が必要になってくるのかという判断がしっかりできているのです。

これはいつか必要になってくるかもしれないし. という消極的な気持ちのものではなく、はっきりと「これは必要」「これはいらない」などの選択が出来るのも、賢い人の特徴です。

自分の力量がしっかり分かっている

自分が出来る事は限られていますよね。

賢い人には自分の出来る事、力量というものをきちんと分かっている方が多いです。

キャパオ―バーなことをしても後で大変になるだけ、と分かっているんですね。

これは自分にはできない事だ、これは出来る、などといった判断が出来る為、見栄を張らずに自分が出来る範囲のことを着実にこなしていきます。

逆に自分に出来ないと思った事は頼まれてもやらないという方が多いので、少し融通が利かないところもあるようです。

愚痴を言わない

仕事で嫌な事があった時、プライベートで嫌な思いをした時、誰かにそれを聞いてもらいたくなりますよね。

しかし賢い人は、愚痴をそもそも言わないか、愚痴が愚痴になっていないという事が多いようです。

賢い人は嫌な事を話すとき、自分の気持ちを建設的に整理するために話します。

マイナスだけの感情で話すのではなく、今後どうすればいいのかということを考えながら話すので、聞いている側が愚痴と感じないという事が多いようですね。

話し方が上手

賢い人は頭の回転がとても早いので、話しにきちんとオチをつけてくれるという方が多いです。

盛り上げるべきところで盛り上げる話し方をしてくれますので、話しをずっと聞いていられるくらい話がうまい人が多いです。

芸人の方で高学歴の方が多いというのも、この特徴の裏付けになっているのかもしれませんね。

コミュニケーションの取り方がうまい

人と接するうえでコミュニケーション力は大切ですよね。

賢い人はコミュニケーションの取り方がうまいという方が多いです。

人と話をするとき、この人はこういう話が好き、この人はこの話は嫌いというのを理解するのが早いのです。

相手との距離感を計ることも得意な傾向にありますので、相手とは丁度良い距離で居ることが出来るようですね。

周りがよく見えている

賢い人は周りを見るのがとても得意です。

周りの様子を見て、自分はどうすればいいのかということを判断するのも早いです。

というのも、賢い人というのは、自分の状況を把握しておくということがクセになっているようです。

賢い人は誰かといる時、無意識に何があっても対処できるように身構えているという人が多く、そのため周りがよく見えているのですね。

不利になるような行動はしない

これをやったら反感を買う、これをしたら失敗するというということ、仕事やプライベートでもありますよね。

賢い人は自分が不利なことは徹底的に避ける傾向にあります。

たとえ自分が避ける事で誰かが犠牲になったとしても、自分には出来ない事だと割り切って避けます。

薄情であったり自己中心的に見えるかもしれませんが、賢い人なりの自衛手段なのです。

容量が良いというだけでは片付けられないほどの危機察知能力を持った人っていますよね。

実は、それは賢い人の特徴でもあるのです。

例えば一緒にサボっていたはずなのに、見つかって怒られる時には居なくなっているなど、特殊能力でもあるのか!?と言いたくなるくらいに危機察知能力が高いのです。

周りをよく見る傾向が強い賢い人は、感覚が鋭く、こういった不利益な事が起こりそうなことに働く勘が普段から鍛えられているので、危機察知能力が高いようです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-