【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515155239.html
小学生の頃にモテた男子の特徴

小学生の頃にモテた男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
小学生の頃にモテた男子の特徴

小学生の頃にモテた男子の特徴を10選まとめました。

  • 顔がイケメン
  • 足が速い
  • ドッヂボールが強い
  • フレンドリー
  • 給食をたくさん食べる
  • 物知り
  • やんちゃ
  • 背が高い
  • 少年野球、サッカーを習っている
  • 運動会の応援団

1. 顔がイケメン

顔がイケメン

いくら小さいとはいっても、それぞれ自分の好きな顔立ちと言うものを理解しています。

みんながかっこいいと思う、顔の整った男の子はもちろんモテます。

小学校に限らず、大人になってからでもイケメンは特別扱いされていますよね。

持って生まれた才能ですが、顔が良いだけで全ての行動がキラキラして見えたものです。

2. 足が速い

足が速い

小学校といえば、運動会、自由時間、体育の時間。

さまざまな場面で足の速さが重要になってきます。

特に足の速い子はよくモテます。

速く走れるからと、迷信を信じて校庭を裸足で走っているような子もいました。

勉強が出来なくても、足が速ければその時だけみんなのヒーローになれるのです。

運動会の紅白大国リレーでは大活躍できる場なので、足の速い男子は張り切っていました。

みんなの期待を背負って走り、見事一位を勝ち取った時には女子のみんなはドキドキでした。

3. ドッヂボールが強い

ドッヂボールが強い

体育の時間や自由時間にみんなが必ずやるのがドッヂボール。

これは男子たちが必死になって戦っていました。

基本女子はコートの中を逃げ回ってボールをキャッチしようとしません。

お互いのチームの強い子たちが投げ合いをし、弱い女子を片っ端から当てていきます。

最終的に多く人数が残った方が勝つので、ボールをキャッチしない女子でも、コートの中にいてくれさえすれば良かったので、男子は狙われている女子の前に立ちはだかり、守ってくれていました。

特別な思いを込めてやっている行動ではなくても、小さいながらに守られている感じにトキメキを覚えていました。

4. フレンドリー

フレンドリー

兄弟が多く、みんなに平等に優しいガキ大将もモテました。

正義感が人一倍強く、困ったときには頼りになる存在です。

小学校の高学年になると、男子女子はお互いの事を意識し始めます。

最近では小学校で彼氏彼女がいる事が普通なようです。

女子が意識してドギマギしていても、フレンドリーな男子は平気でちょっかいをかけたり、遊びに誘ったり。

恥ずかしいけどそれがとても嬉しいものでした。

みんなに平等に接しているつもりでも、多くの人に優しくしているので、このようなタイプの子はたくさんの女子にモテていました。

5. 給食をたくさん食べる

給食をたくさん食べる

ここで重要になってくるのが、あくまでガタイが良い事や、たくさん食べる事が重要なのであって、決してポッチャリしている男子がモテていた訳ではありません。

給食当番さんに牛乳瓶の蓋のワイロを渡しておくと、その男子には他の生徒よりも多くの給食が盛り付けられていました。

たくさん食べておかわりをした後になると、みんなが嫌いな食べ物を残し始めます。

そこでまた食いしん坊男子が残した給食を食べてくれるので、みんなにモテていました。

好きなおかずをあげて、自分に好意を持ってもらおうとする上手の女子もいました。

6. 物知り

物知り

宇宙の事、虫の事、外国の事。

小学生では知り得ない知識を持っている男子は、あだ名で博士と呼ばれます。

物知りで、色々なことを知っています。

このタイプの男子は男子からも女子からも一目置かれていました。

未知の世界の事をたくさん知っている博士は、小学生の女子たちから憧れられていました。

今でいう医者の男性がモテるような感覚でしょうか。

7. やんちゃ

やんちゃ

みんながビビッてやらないようなことでも率先してやっていたのが、やんちゃく坊主。

夏休み明けには一番真っ黒に日焼けしていたタイプです。

宿題もほとんどやらないので、きちんと宿題をしてきた女子の回答を写して提出していたりしました。

もちろん後でそれがバレて先生にこっぴどく怒られるのですが、ムードメーカーとしてとても重要な存在でした。

女子たちは危なっかしくてほっとけない存在として認識しています。

8. 背が高い

背が高い

図書室で届かないところの本を取ってくれたり、掃除箱の上に乗ってしまった物を取ってくれたり。

身長が高い男子はみんなの注目の的でした。

努力しても身長だけはなかなか伸びないので、男子からは羨ましがられていました。

組体操では一番下の段の要として、人間ピラミッドを支える役割です。

頼れる庚申町男子も女子の中での人気が高いのです。

9. 少年野球、サッカーを習っている

少年野球、サッカーを習っている

スポーツをしている男子はよくモテました。

朝の練習が終わって汗だくで教室に帰って来ると、水筒が空だと騒ぎだします。

朝の練習で全て飲み干してしまった為です。

お茶をくれと催促してきて、女子の水筒からお茶を飲んでいました。

間接キスだと騒がれていましたが、女子はまんざらでもないのです。

努力して頑張っている姿はどんな人の目にも輝いて映ります。

子供の頃から、頑張る人を応援したくなる気持ちが養われていったのは、スポーツ少年のおかげかもしれません。

10. 運動会の応援団

年に一度の一大イベント運動会。

足の速い男子の見せ所です。

そんな男子と同じく輝いているのが、競技を応援する応援団の男子です。

太鼓を叩き、ハチマキを巻いて、大声で応援している姿は、競技をしている子達よりも輝いて見えました。

男らしく、年に一度しか見られない姿がより一層プレミアム感を出してくれていたのです。

小学生の頃にモテた男子の特徴を10選まとめました。


顔がイケメン

いくら小さいとはいっても、それぞれ自分の好きな顔立ちと言うものを理解しています。

みんながかっこいいと思う、顔の整った男の子はもちろんモテます。

小学校に限らず、大人になってからでもイケメンは特別扱いされていますよね。

持って生まれた才能ですが、顔が良いだけで全ての行動がキラキラして見えたものです。

足が速い

小学校といえば、運動会、自由時間、体育の時間。

さまざまな場面で足の速さが重要になってきます。

特に足の速い子はよくモテます。

速く走れるからと、迷信を信じて校庭を裸足で走っているような子もいました。

勉強が出来なくても、足が速ければその時だけみんなのヒーローになれるのです。

運動会の紅白大国リレーでは大活躍できる場なので、足の速い男子は張り切っていました。

みんなの期待を背負って走り、見事一位を勝ち取った時には女子のみんなはドキドキでした。

ドッヂボールが強い

体育の時間や自由時間にみんなが必ずやるのがドッヂボール。

これは男子たちが必死になって戦っていました。

基本女子はコートの中を逃げ回ってボールをキャッチしようとしません。

お互いのチームの強い子たちが投げ合いをし、弱い女子を片っ端から当てていきます。

最終的に多く人数が残った方が勝つので、ボールをキャッチしない女子でも、コートの中にいてくれさえすれば良かったので、男子は狙われている女子の前に立ちはだかり、守ってくれていました。

特別な思いを込めてやっている行動ではなくても、小さいながらに守られている感じにトキメキを覚えていました。

フレンドリー

兄弟が多く、みんなに平等に優しいガキ大将もモテました。

正義感が人一倍強く、困ったときには頼りになる存在です。

小学校の高学年になると、男子女子はお互いの事を意識し始めます。

最近では小学校で彼氏彼女がいる事が普通なようです。

女子が意識してドギマギしていても、フレンドリーな男子は平気でちょっかいをかけたり、遊びに誘ったり。

恥ずかしいけどそれがとても嬉しいものでした。

みんなに平等に接しているつもりでも、多くの人に優しくしているので、このようなタイプの子はたくさんの女子にモテていました。

給食をたくさん食べる

ここで重要になってくるのが、あくまでガタイが良い事や、たくさん食べる事が重要なのであって、決してポッチャリしている男子がモテていた訳ではありません。

給食当番さんに牛乳瓶の蓋のワイロを渡しておくと、その男子には他の生徒よりも多くの給食が盛り付けられていました。

たくさん食べておかわりをした後になると、みんなが嫌いな食べ物を残し始めます。

そこでまた食いしん坊男子が残した給食を食べてくれるので、みんなにモテていました。

好きなおかずをあげて、自分に好意を持ってもらおうとする上手の女子もいました。

物知り

宇宙の事、虫の事、外国の事。

小学生では知り得ない知識を持っている男子は、あだ名で博士と呼ばれます。

物知りで、色々なことを知っています。

このタイプの男子は男子からも女子からも一目置かれていました。

未知の世界の事をたくさん知っている博士は、小学生の女子たちから憧れられていました。

今でいう医者の男性がモテるような感覚でしょうか。

やんちゃ

みんながビビッてやらないようなことでも率先してやっていたのが、やんちゃく坊主。

夏休み明けには一番真っ黒に日焼けしていたタイプです。

宿題もほとんどやらないので、きちんと宿題をしてきた女子の回答を写して提出していたりしました。

もちろん後でそれがバレて先生にこっぴどく怒られるのですが、ムードメーカーとしてとても重要な存在でした。

女子たちは危なっかしくてほっとけない存在として認識しています。

背が高い

図書室で届かないところの本を取ってくれたり、掃除箱の上に乗ってしまった物を取ってくれたり。

身長が高い男子はみんなの注目の的でした。

努力しても身長だけはなかなか伸びないので、男子からは羨ましがられていました。

組体操では一番下の段の要として、人間ピラミッドを支える役割です。

頼れる庚申町男子も女子の中での人気が高いのです。

少年野球、サッカーを習っている

スポーツをしている男子はよくモテました。

朝の練習が終わって汗だくで教室に帰って来ると、水筒が空だと騒ぎだします。

朝の練習で全て飲み干してしまった為です。

お茶をくれと催促してきて、女子の水筒からお茶を飲んでいました。

間接キスだと騒がれていましたが、女子はまんざらでもないのです。

努力して頑張っている姿はどんな人の目にも輝いて映ります。

子供の頃から、頑張る人を応援したくなる気持ちが養われていったのは、スポーツ少年のおかげかもしれません。

年に一度の一大イベント運動会。

足の速い男子の見せ所です。

そんな男子と同じく輝いているのが、競技を応援する応援団の男子です。

太鼓を叩き、ハチマキを巻いて、大声で応援している姿は、競技をしている子達よりも輝いて見えました。

男らしく、年に一度しか見られない姿がより一層プレミアム感を出してくれていたのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-