【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134755.html
男も女も浴衣姿には弱い!浴衣デートがお勧めな理由6選

男も女も浴衣姿には弱い!浴衣デートがお勧めな理由6選 | LADYCO

LADYCO
男も女も浴衣姿には弱い!浴衣デートがお勧めな理由6選

梅雨が開けると本格的な夏が始まります。 浴衣は普段から着るものではありませんが、夏祭りのみ気軽にきていけますからね。 今回は浴衣デートが何故おすすめなのか、その理由についてご紹介していきたいと思います。

  • 男性は浴衣姿に弱い
  • 普段とは違った雰囲気にやられる
  • プレミア感
  • 浴衣限定イベントは楽しい
  • 浴衣の柄を楽しめる
  • 男性の浴衣もいい

1. 男性は浴衣姿に弱い

男性は浴衣姿に弱い

昔から男性は女性の浴衣姿に弱いと言われています。 夏場の定番といえば露出度の高い水着が好まれるかと思われますが、実は浴衣姿の方が人気があります。 普段の私服とは違った雰囲気が楽しめ、夏ならではの限定感が良いそうです。 また程よく見えるうなじが色っぽく何ともいえないという声が多いですね。 浴衣は決して露出度の高い服装ではありませんが、男性は女性のうなじの出るスタイルが大好物と言われています。

実は浴衣の正式な着方は、下着を付けない事だというのをご存知でしょうか? ほとんどは下着を付けている人は多いのですが、昔の人は浴衣から見える下着の跡などを美しくないと考え、和装では下着を禁止していたそうです。 ちなみに和装をすることで仕草が制限されるため、自然と内股になり、女性っぽさをより引き立たせます。

水着は健康的なイメージですが、浴衣はおしとやかなイメージがありますよね。 また普段意識していなかった女性が着物を着ていたことで見方が変わった、女性として意識するようになったという男性の声も多いです。 男性は女性のギャップに弱いみたいですね。

2. 普段とは違った雰囲気にやられる

普段とは違った雰囲気にやられる

上記で説明させて頂いた様に、浴衣は色気のある着物だと紹介いたしましたが、普段活発なイメージのある女性にはいつもと違った女性らしいイメージを演出できるというメリットがあります。 彼氏彼女の関係だけではなく、片思いの方や、女性としての色気が足りない人には有効ですよ。

3. プレミア感

プレミア感

浴衣は準備するのにも、着るのにも手間も暇もかかり、荷物が制限されてしまうので、かなり面倒くさい服ではあります。 靴は下駄なので、普段履きなれていない人だとすぐに足がいたくなり、足の皮が剥けたり、足の裏が酷いことになってしまいます。

更に履きなれていないことにより、疲労がすぐにきてしまい、夏祭りや花火大会だと長時間歩かないといけないので、終わった後はクタクタになってすぐに疲れてしまいますよね。 第一者からしてみるとほとんどデメリットしか無いような服装ですが、第三者から見れば浴衣姿というものは美しいです。

特に普通に町中で歩いていても浴衣姿だと、誰もが目を追いますよね。 特に浴衣がとても似合っていて、うなじがとても美しく、歩く姿は百合のような可憐さを持つ女性がいたら、やはり男性としてはときめいてしまいますよね。 そんな女性の隣りに歩いている男性は優越感が半端ない事間違いありません!

4. 浴衣限定イベントは楽しい

浴衣限定イベントは楽しい

京都や関西方面などとある地域のみで行われている限定イベントかもしれませんが、浴衣を着てきたら入場料ただという所もあります。 入場料タダとかそうそうありませんよね。

5. 浴衣の柄を楽しめる

浴衣の柄を楽しめる

浴衣の柄は古典的なものや、今時のキラキラしたものなどたくさんあります。 女性からしてみればパステルカラーのキラキラした浴衣を好まれるかと思いますが、男性からは真逆の古典的なものが良いそうです。

古典的なものを好む理由としては、涼しそうで自分も涼しくなる感じがするから、見ていて心が落ち着く気がするだそうです。 また今時のパステルカラーなどの派手な着物がいやという人は、全てにおいて派手なものが良いとは限らないからだそうです。

実際派手な着物を好む女性はギャルか、10代の若者というイメージがありますよね。 せっかく清楚なイメージが強い浴衣をぶち壊しにしてしまっているので、着る時はシンプルな浴衣のほうがよいでしょう。

6. 男性の浴衣もいい

今度は反対に男性の浴衣姿についてです。 男性の浴衣は女性の浴衣と比べてしまうとほとんど地味で、持っていないという人も非常に多いです。 男性の浴衣姿って普段とはギャップがあり、とてもたくましくみえませんか? さすがにうなじを見て興奮する事はないと思いますが、時折見せるたくましい腕や、少しはだけた胸板が素敵ですよね。

男性の浴衣姿は女性よりもかなりレアなので、着ている人はおとんどいません。 体外面倒臭がって嫌がられてしまうのですよね。 ここで男性の浴衣と甚平派に分かれる人もいるそうですが、甚平はどうしてもカジュアルにみえてしまう為、20代くらいの男性にしか似合いません。

女性のキラキラパステルカラーの浴衣と同じ感じで、あまり品がなくヤンキー感満載にみえてしまうからです。 女性が浴衣を着ているから、本当は自分も着てみたいという男性も最近増加しています。

梅雨が開けると本格的な夏が始まります。 浴衣は普段から着るものではありませんが、夏祭りのみ気軽にきていけますからね。 今回は浴衣デートが何故おすすめなのか、その理由についてご紹介していきたいと思います。


男性は浴衣姿に弱い

昔から男性は女性の浴衣姿に弱いと言われています。 夏場の定番といえば露出度の高い水着が好まれるかと思われますが、実は浴衣姿の方が人気があります。 普段の私服とは違った雰囲気が楽しめ、夏ならではの限定感が良いそうです。 また程よく見えるうなじが色っぽく何ともいえないという声が多いですね。 浴衣は決して露出度の高い服装ではありませんが、男性は女性のうなじの出るスタイルが大好物と言われています。

実は浴衣の正式な着方は、下着を付けない事だというのをご存知でしょうか? ほとんどは下着を付けている人は多いのですが、昔の人は浴衣から見える下着の跡などを美しくないと考え、和装では下着を禁止していたそうです。 ちなみに和装をすることで仕草が制限されるため、自然と内股になり、女性っぽさをより引き立たせます。

水着は健康的なイメージですが、浴衣はおしとやかなイメージがありますよね。 また普段意識していなかった女性が着物を着ていたことで見方が変わった、女性として意識するようになったという男性の声も多いです。 男性は女性のギャップに弱いみたいですね。

普段とは違った雰囲気にやられる

上記で説明させて頂いた様に、浴衣は色気のある着物だと紹介いたしましたが、普段活発なイメージのある女性にはいつもと違った女性らしいイメージを演出できるというメリットがあります。 彼氏彼女の関係だけではなく、片思いの方や、女性としての色気が足りない人には有効ですよ。

プレミア感

浴衣は準備するのにも、着るのにも手間も暇もかかり、荷物が制限されてしまうので、かなり面倒くさい服ではあります。 靴は下駄なので、普段履きなれていない人だとすぐに足がいたくなり、足の皮が剥けたり、足の裏が酷いことになってしまいます。

更に履きなれていないことにより、疲労がすぐにきてしまい、夏祭りや花火大会だと長時間歩かないといけないので、終わった後はクタクタになってすぐに疲れてしまいますよね。 第一者からしてみるとほとんどデメリットしか無いような服装ですが、第三者から見れば浴衣姿というものは美しいです。

特に普通に町中で歩いていても浴衣姿だと、誰もが目を追いますよね。 特に浴衣がとても似合っていて、うなじがとても美しく、歩く姿は百合のような可憐さを持つ女性がいたら、やはり男性としてはときめいてしまいますよね。 そんな女性の隣りに歩いている男性は優越感が半端ない事間違いありません!

浴衣限定イベントは楽しい

京都や関西方面などとある地域のみで行われている限定イベントかもしれませんが、浴衣を着てきたら入場料ただという所もあります。 入場料タダとかそうそうありませんよね。

浴衣の柄を楽しめる

浴衣の柄は古典的なものや、今時のキラキラしたものなどたくさんあります。 女性からしてみればパステルカラーのキラキラした浴衣を好まれるかと思いますが、男性からは真逆の古典的なものが良いそうです。

古典的なものを好む理由としては、涼しそうで自分も涼しくなる感じがするから、見ていて心が落ち着く気がするだそうです。 また今時のパステルカラーなどの派手な着物がいやという人は、全てにおいて派手なものが良いとは限らないからだそうです。

実際派手な着物を好む女性はギャルか、10代の若者というイメージがありますよね。 せっかく清楚なイメージが強い浴衣をぶち壊しにしてしまっているので、着る時はシンプルな浴衣のほうがよいでしょう。

今度は反対に男性の浴衣姿についてです。 男性の浴衣は女性の浴衣と比べてしまうとほとんど地味で、持っていないという人も非常に多いです。 男性の浴衣姿って普段とはギャップがあり、とてもたくましくみえませんか? さすがにうなじを見て興奮する事はないと思いますが、時折見せるたくましい腕や、少しはだけた胸板が素敵ですよね。

男性の浴衣姿は女性よりもかなりレアなので、着ている人はおとんどいません。 体外面倒臭がって嫌がられてしまうのですよね。 ここで男性の浴衣と甚平派に分かれる人もいるそうですが、甚平はどうしてもカジュアルにみえてしまう為、20代くらいの男性にしか似合いません。

女性のキラキラパステルカラーの浴衣と同じ感じで、あまり品がなくヤンキー感満載にみえてしまうからです。 女性が浴衣を着ているから、本当は自分も着てみたいという男性も最近増加しています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-