【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095348.html
人を好きになったことがない男性の特徴10選

人を好きになったことがない男性の特徴10選 | LADYCO

LADYCO
人を好きになったことがない男性の特徴10選

人を好きになるのはとても自然な行為です。 本当に好きになったことがない男性っているのでしょうか。 その特徴とは?

  • 潔癖症
  • 自己肯定感が低すぎる
  • 気が弱い
  • ストレスが怖い
  • こだわりが強すぎる
  • 強烈なマザーコンプレックス
  • 自分が一番大事
  • 生真面目に親の言うなりに生きてきた
  • やるべき使命を背負ってきた
  • デジタルな生活の中で成長した
  • テレビの世界が全て

1. 潔癖症

潔癖症

潔癖症も度が過ぎると対人関係に支障をきたします。 そして、それは恋愛関係にも及ぶのです。 色々と気になって手が繋げない。 キスができない。 外出も限られた条件下でしか楽しめない。

こんな厄介な人とまともな恋愛感情を育むことなんてできません。 結果、誰かを好きになりたいと思っていても、現実的に好きになることはなく、もちろん交際には至らないという男性です。

2. 自己肯定感が低すぎる

自己肯定感が低すぎる

「どうせ自分なんて世の中の役に立たない」 「自分のことなんて誰も好きになってくれない」 そんな自分に交際なんてありえないと考えて疑わないタイプです。 実際のところは特別性格が悪いわけではなく、不細工なわけでもありません。

何故だか、人を好きになることを恐れてしまいます。 こういう男性の場合、幼少の頃の思い出が大きく影響していることも。 例えば、両親から「お前は可愛げがない子供」と言われ続けた結果、肯定感が高められないということが考えられます。

3. 気が弱い

気が弱い

いつでも誰かに先を譲るほどに気の弱い人は、女性との交際さえ恐怖心を抱いてしまいます。 だから、好きになるなんてこと自体不可能なのです。 近年は女性だって自分の言いたいことははっきりと主張するのが当たり前。

でも自分が言い負かされることに耐えられそうにないと構えてしまいます。 結果、「人を好きにならないほうが楽に生きられそう」という思考に至ります。 こういった男性の気持ちを変えるのは至難の業です。

4. ストレスが怖い

ストレスが怖い

ストレスに打ち勝てない弱気な人がいます。 こういうタイプは優し過ぎて、男性としての魅力に乏しいと思われがち。 そのことを承知で「どうせ好きになってもらえない」と最初から女性に対して興味を抱くことさえ拒否しています。 ストレスを抱えるくらいなら、好きになんかなってもらう必要がないと考えています。

5. こだわりが強すぎる

こだわりが強すぎる

自分自身や身の回りにこだわりが強すぎる人は、人を好きになる行為自体が無駄と感じてしまいます。 交際よりも○○をしたほうが楽しいんじゃないか。 こっちをすべきなんじゃないか。

頭でっかちで、思うように人生を歩めません。 人を好きになるということはとても尊い行為なのですが、そのことに対する理解が薄いために好きになることがないのです。

6. 強烈なマザーコンプレックス

強烈なマザーコンプレックス

自分の母親以上の女性はいないと大人になるまで考えていると、他の女性を好きになるチャンスにさえ恵まれません。 母親の料理は世界一。 母親は世界一の愛情を捧げてくれる。

誰もが母親の深い愛情をたっぷりと注いでもらって大きくなります。 そして、それ以上に大切にしてくれる女性が現れない限り、まっとうに好きになることは不可能です。

7. 自分が一番大事

自分が一番大事

自分大好き人間は、自分以上に優先したいものなどありません。 だから誰かを好きになって時間を奪われるなんてまっぴらなのです。 「あの人、素敵だな」と思うことはあっても、誘うことに頭を悩ませて上手くいかなかった時のことを考えると前に進めません。

8. 生真面目に親の言うなりに生きてきた

生真面目に親の言うなりに生きてきた

「お勉強は大事」 「遊ぶのは大人になってからいくらでもできる」 そんなふうに言い含められ、青春時代を棒に振ってきた人は好きになるタイミングを逸してしまいました。

人生の中で一番ドキドキとときめくのは中学・高校時代です。 この誰もが恋愛デビューを果たすであろう時期にときめきとは無縁に生きてしまうと、好きになるということ自体を放棄するようになってしまいます。

9. やるべき使命を背負ってきた

やるべき使命を背負ってきた

親からやるべきことを遂行するべく徹底的にスパルタで育てられた男性に、人を好きになる余裕なんてありませんでした。 また実際に好きにになった経験がないのです。

そのおかげか、本来の目標を達成することはできそうですが、人並みに恋愛をするなんて夢のまた夢。 そういった類の楽しみとは一切無関係で生きてゆくのでしょう。

10. デジタルな生活の中で成長した

デジタルな生活の中で成長した

何から何まで便利な生活を送ってきた人は、心の成長が止まっていることがあります。 どれだけ効率よく、合理的に物事を進めるたらいいのか。 興味の全てがそこにあるので、心が未熟なまま。

人は他人を思いやったり、好きになったり、失恋したり。 傷ついてもそこから成長を遂げながら大人になります。 その過程が省かれてしまった男性に、人を好きになるというプログラムは脳の中に刻まれていません。

11. テレビの世界が全て

小さい頃からテレビに子守りをされて成長したら、全ての経験値は視聴したことに限られます。 でも、その経験の中には友情、冒険や恋愛も存分に含まれているので、敢えて自分からややこしいことに身を投じる必要はないと感じてしまっているのです。 現実には淡々と過ごしていても、テレビの中の疑似体験で満足至極。

実際に自分の心が痛みを感じるわけではないので、安心していられます。 そして、いまさら面倒な恋愛事情に足を踏み入れる気など、さらさらありません。

人を好きになるのはとても自然な行為です。 本当に好きになったことがない男性っているのでしょうか。 その特徴とは?


潔癖症

潔癖症も度が過ぎると対人関係に支障をきたします。 そして、それは恋愛関係にも及ぶのです。 色々と気になって手が繋げない。 キスができない。 外出も限られた条件下でしか楽しめない。

こんな厄介な人とまともな恋愛感情を育むことなんてできません。 結果、誰かを好きになりたいと思っていても、現実的に好きになることはなく、もちろん交際には至らないという男性です。

自己肯定感が低すぎる

「どうせ自分なんて世の中の役に立たない」 「自分のことなんて誰も好きになってくれない」 そんな自分に交際なんてありえないと考えて疑わないタイプです。 実際のところは特別性格が悪いわけではなく、不細工なわけでもありません。

何故だか、人を好きになることを恐れてしまいます。 こういう男性の場合、幼少の頃の思い出が大きく影響していることも。 例えば、両親から「お前は可愛げがない子供」と言われ続けた結果、肯定感が高められないということが考えられます。

気が弱い

いつでも誰かに先を譲るほどに気の弱い人は、女性との交際さえ恐怖心を抱いてしまいます。 だから、好きになるなんてこと自体不可能なのです。 近年は女性だって自分の言いたいことははっきりと主張するのが当たり前。

でも自分が言い負かされることに耐えられそうにないと構えてしまいます。 結果、「人を好きにならないほうが楽に生きられそう」という思考に至ります。 こういった男性の気持ちを変えるのは至難の業です。

ストレスが怖い

ストレスに打ち勝てない弱気な人がいます。 こういうタイプは優し過ぎて、男性としての魅力に乏しいと思われがち。 そのことを承知で「どうせ好きになってもらえない」と最初から女性に対して興味を抱くことさえ拒否しています。 ストレスを抱えるくらいなら、好きになんかなってもらう必要がないと考えています。

こだわりが強すぎる

自分自身や身の回りにこだわりが強すぎる人は、人を好きになる行為自体が無駄と感じてしまいます。 交際よりも○○をしたほうが楽しいんじゃないか。 こっちをすべきなんじゃないか。

頭でっかちで、思うように人生を歩めません。 人を好きになるということはとても尊い行為なのですが、そのことに対する理解が薄いために好きになることがないのです。

強烈なマザーコンプレックス

自分の母親以上の女性はいないと大人になるまで考えていると、他の女性を好きになるチャンスにさえ恵まれません。 母親の料理は世界一。 母親は世界一の愛情を捧げてくれる。

誰もが母親の深い愛情をたっぷりと注いでもらって大きくなります。 そして、それ以上に大切にしてくれる女性が現れない限り、まっとうに好きになることは不可能です。

自分が一番大事

自分大好き人間は、自分以上に優先したいものなどありません。 だから誰かを好きになって時間を奪われるなんてまっぴらなのです。 「あの人、素敵だな」と思うことはあっても、誘うことに頭を悩ませて上手くいかなかった時のことを考えると前に進めません。

生真面目に親の言うなりに生きてきた

「お勉強は大事」 「遊ぶのは大人になってからいくらでもできる」 そんなふうに言い含められ、青春時代を棒に振ってきた人は好きになるタイミングを逸してしまいました。

人生の中で一番ドキドキとときめくのは中学・高校時代です。 この誰もが恋愛デビューを果たすであろう時期にときめきとは無縁に生きてしまうと、好きになるということ自体を放棄するようになってしまいます。

やるべき使命を背負ってきた

親からやるべきことを遂行するべく徹底的にスパルタで育てられた男性に、人を好きになる余裕なんてありませんでした。 また実際に好きにになった経験がないのです。

そのおかげか、本来の目標を達成することはできそうですが、人並みに恋愛をするなんて夢のまた夢。 そういった類の楽しみとは一切無関係で生きてゆくのでしょう。

デジタルな生活の中で成長した

何から何まで便利な生活を送ってきた人は、心の成長が止まっていることがあります。 どれだけ効率よく、合理的に物事を進めるたらいいのか。 興味の全てがそこにあるので、心が未熟なまま。

人は他人を思いやったり、好きになったり、失恋したり。 傷ついてもそこから成長を遂げながら大人になります。 その過程が省かれてしまった男性に、人を好きになるというプログラムは脳の中に刻まれていません。

小さい頃からテレビに子守りをされて成長したら、全ての経験値は視聴したことに限られます。 でも、その経験の中には友情、冒険や恋愛も存分に含まれているので、敢えて自分からややこしいことに身を投じる必要はないと感じてしまっているのです。 現実には淡々と過ごしていても、テレビの中の疑似体験で満足至極。

実際に自分の心が痛みを感じるわけではないので、安心していられます。 そして、いまさら面倒な恋愛事情に足を踏み入れる気など、さらさらありません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-