【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095315.html
仕事をしたくない人の理由

仕事をしたくない人の理由 | LADYCO

LADYCO
仕事をしたくない人の理由

仕事をしたくないと感じる理由は様々です。

ここではそのうちの10個を取り上げます。

  • 自分に合う仕事がない
  • 上司が嫌い
  • 怠け者
  • ストレスを感じやすい
  • 夢を追い続けている
  • 人づきあいが苦手
  • 給料が少ない
  • 家が好き
  • 予定がきつい
  • 責任感が怖い

1. 自分に合う仕事がない

自分に合う仕事がない

仕事をしたくないと感じる人の多くは、自分に合う仕事に出会わないと感じます。

人は生活していくためには仕事をしてお金を稼ぐ必要があります。

そのため生きている以上、仕事を行わなければならないのです。

このような理由により、自分に合った仕事を探し求める人が増えています。

しかしそのような仕事になかなか巡り合えず、最終的に仕事をしたくないと感じる人がいるのです。

しかし自分の好きなことを仕事にできている人はほんのわずかです。

そのためこの事実をしっかりと受け止めなければなりません。

2. 上司が嫌い

上司が嫌い

職場の上司が嫌な人であるために、仕事をしたくないと感じる人がいます。

このような状況に置かれてる人は、上司がどのような人であるのかをじっくりと考える必要があります。

上司がなぜ自分に嫌な態度を取るのかを分析するのです。

もし自分が仕事をしっかりと行っておらず、それゆえに上司が冷たく当たるのであれば、その原因は自分にあることになります。

しかし上司がただ人間性に問題があるのであれば、職場を変えたりさらに上の人に相談する必要があります。

3. 怠け者

怠け者

仕事は楽しことばかりではありません。

ときには大変な状況を切り抜けなければならないこともあります。

しかしそのような努力を払わず、いつでも楽に仕事をしたいと考える人がいます。

このような人は仕事上の難しい問題に直面したとき、もう仕事などしたくないと感じます。

もちろんストレスを抱えるほどの仕事は辞める必要があるかもしれませんが、常にこのような態度を取っていると新たな職を見つけることは困難です。

4. ストレスを感じやすい

ストレスを感じやすい

上記でも少し触れましたが、仕事によるストレスを感じやすい人がいます。

そのような人は仕事をしたくないと感じるものです。

多くの場合、仕事から大きなストレスを感じる人は真面目な人です。

そのため真面目で仕事ができるにもかかわらず、突然退社してしまうという人の中にはこのタイプの人が多く見られます。

5. 夢を追い続けている

夢を追い続けている

「自分にはやりたい仕事がある、そのために努力を惜しまない」という人がいます。

このような人もお金を稼ぐために何かの職を見つけることはせず、自分が追い求めている職業に就くことを夢見ています。

1つ目の項目との違いは、夢を追い求めている人にはしっかりとした目標があるということです。

しかし夢がかなわないことが分かった場合、それを諦めて他の仕事を探すようになります。

6. 人づきあいが苦手

人づきあいが苦手

社会に出て働くということは、多くの人と接することを意味しています。

仕事は人と人との間で商品やサービスの売り買いを行うことがメインとなるわけですので、人との接触は避けられません。

また当然のことながら同僚や上司とはほぼ毎日会うことになりますので、これらの人たちとの接触は一番多くなるはずです。

しかし他人と話をすることが苦手であったり、引っ込み思案の人の中にはこうしたことに恐怖心を抱くことがあります。

そのため社会に出て仕事をしたくないと感じることがあるのです。

7. 給料が少ない

給料が少ない

自分の能力に見合った給料を支払ってくれる会社はないと感じ、働く意欲を失う人がいます。

このような人の心理は給料の額というのではなく、自分の能力を給料の支払いによって評価してほしいと願っているのです。

そのため給料が少ないと自分の能力が評価されないと感じ、働く威容を失うのです。

8. 家が好き

家が好き

これは怠け者の予兆ともいえます。

とにかく自由の利く家で過ごすことが好きであり、一日の大半を職場で過ごしたくないという人がいます。

このような人も働く意欲を見せず、いつまでも自宅で時を過ごすこととなります。

このような状況は裕福な家庭に生まれ育った人に見られることがります。

また甘やかされて育った人にも見られる状況です。

お金持ちの家庭である場合は働かなくても生活できることもあり、家族の資産を上手に運用していく人もいます。

9. 予定がきつい

予定がきつい

社会に出て働くことには抵抗を感じないものの、朝早く起きて職場に向かい、夕方に帰宅するというルーティーンをきつく感じて働く意欲を失う人がいます。

確かに場合によては通勤時間が長くなることがあります。

このような時間をもったいなく感じる人が多いのも事実です。

また朝が弱い人などは出勤時間に間に合うように家を出ることは容易ではないでしょう。

こうしたことが理由となり、仕事をしたくないと感じる人もいるのです。

10. 責任感が怖い

先にも少し触れましたが、仕事をするというのは商品やサービスを提供し、それによってお金を得るということです。

そのため大きな責任が伴うのです。

このような責任を担うだけの自信がないという人も、仕事をしたくないと感じるものです。

極端な自信のなさは仕事をしたくないという消極的な感情を湧き起こさせます。

しかしこのような気持ちはどこかで断ち切らなければなりません。

何かを行わなければ自信を持つことはできないからです。

そのため失敗は誰にでもあることを認め、思い切って何かにチャレンジすることが必要なのです。

仕事をしたくないと感じる理由は様々です。

ここではそのうちの10個を取り上げます。


自分に合う仕事がない

仕事をしたくないと感じる人の多くは、自分に合う仕事に出会わないと感じます。

人は生活していくためには仕事をしてお金を稼ぐ必要があります。

そのため生きている以上、仕事を行わなければならないのです。

このような理由により、自分に合った仕事を探し求める人が増えています。

しかしそのような仕事になかなか巡り合えず、最終的に仕事をしたくないと感じる人がいるのです。

しかし自分の好きなことを仕事にできている人はほんのわずかです。

そのためこの事実をしっかりと受け止めなければなりません。

上司が嫌い

職場の上司が嫌な人であるために、仕事をしたくないと感じる人がいます。

このような状況に置かれてる人は、上司がどのような人であるのかをじっくりと考える必要があります。

上司がなぜ自分に嫌な態度を取るのかを分析するのです。

もし自分が仕事をしっかりと行っておらず、それゆえに上司が冷たく当たるのであれば、その原因は自分にあることになります。

しかし上司がただ人間性に問題があるのであれば、職場を変えたりさらに上の人に相談する必要があります。

怠け者

仕事は楽しことばかりではありません。

ときには大変な状況を切り抜けなければならないこともあります。

しかしそのような努力を払わず、いつでも楽に仕事をしたいと考える人がいます。

このような人は仕事上の難しい問題に直面したとき、もう仕事などしたくないと感じます。

もちろんストレスを抱えるほどの仕事は辞める必要があるかもしれませんが、常にこのような態度を取っていると新たな職を見つけることは困難です。

ストレスを感じやすい

上記でも少し触れましたが、仕事によるストレスを感じやすい人がいます。

そのような人は仕事をしたくないと感じるものです。

多くの場合、仕事から大きなストレスを感じる人は真面目な人です。

そのため真面目で仕事ができるにもかかわらず、突然退社してしまうという人の中にはこのタイプの人が多く見られます。

夢を追い続けている

「自分にはやりたい仕事がある、そのために努力を惜しまない」という人がいます。

このような人もお金を稼ぐために何かの職を見つけることはせず、自分が追い求めている職業に就くことを夢見ています。

1つ目の項目との違いは、夢を追い求めている人にはしっかりとした目標があるということです。

しかし夢がかなわないことが分かった場合、それを諦めて他の仕事を探すようになります。

人づきあいが苦手

社会に出て働くということは、多くの人と接することを意味しています。

仕事は人と人との間で商品やサービスの売り買いを行うことがメインとなるわけですので、人との接触は避けられません。

また当然のことながら同僚や上司とはほぼ毎日会うことになりますので、これらの人たちとの接触は一番多くなるはずです。

しかし他人と話をすることが苦手であったり、引っ込み思案の人の中にはこうしたことに恐怖心を抱くことがあります。

そのため社会に出て仕事をしたくないと感じることがあるのです。

給料が少ない

自分の能力に見合った給料を支払ってくれる会社はないと感じ、働く意欲を失う人がいます。

このような人の心理は給料の額というのではなく、自分の能力を給料の支払いによって評価してほしいと願っているのです。

そのため給料が少ないと自分の能力が評価されないと感じ、働く威容を失うのです。

家が好き

これは怠け者の予兆ともいえます。

とにかく自由の利く家で過ごすことが好きであり、一日の大半を職場で過ごしたくないという人がいます。

このような人も働く意欲を見せず、いつまでも自宅で時を過ごすこととなります。

このような状況は裕福な家庭に生まれ育った人に見られることがります。

また甘やかされて育った人にも見られる状況です。

お金持ちの家庭である場合は働かなくても生活できることもあり、家族の資産を上手に運用していく人もいます。

予定がきつい

社会に出て働くことには抵抗を感じないものの、朝早く起きて職場に向かい、夕方に帰宅するというルーティーンをきつく感じて働く意欲を失う人がいます。

確かに場合によては通勤時間が長くなることがあります。

このような時間をもったいなく感じる人が多いのも事実です。

また朝が弱い人などは出勤時間に間に合うように家を出ることは容易ではないでしょう。

こうしたことが理由となり、仕事をしたくないと感じる人もいるのです。

先にも少し触れましたが、仕事をするというのは商品やサービスを提供し、それによってお金を得るということです。

そのため大きな責任が伴うのです。

このような責任を担うだけの自信がないという人も、仕事をしたくないと感じるものです。

極端な自信のなさは仕事をしたくないという消極的な感情を湧き起こさせます。

しかしこのような気持ちはどこかで断ち切らなければなりません。

何かを行わなければ自信を持つことはできないからです。

そのため失敗は誰にでもあることを認め、思い切って何かにチャレンジすることが必要なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-