【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095300.html
仕事をする理由10選

仕事をする理由10選 | LADYCO

LADYCO
仕事をする理由10選

仕事をする理由を10選まとめました。

  • お金を稼ぐ
  • 趣味
  • 評価される
  • やりがいがある
  • 仲間ができる
  • 扱う商品に魅力を感じる
  • 資格を活かしたい
  • 年金などの支払い
  • 誰かの役に立ちたい
  • 社会とつながっていたい

仕事がつまらない、やっていてもつらい、そんなときには仕事をする理由を考え直してみましょう。 仕事がつらい、何のために仕事をするのかわからない、やめたい、こんなふうに思ったことがありませんか。

つらい思いをしながら毎日仕事を続けるのは、心にも体にも負担になりますよね。 でも、仕事をする理由を考え直してみると仕事のやる気がアップするはずです。 そこで、仕事をする理由を10個紹介します。

1. お金を稼ぐ

お金を稼ぐ

生活をするにはお金が必要です。 食事、家、水道、ガス、電気、服、化粧品などなど、さまざまなことにお金が必要です。 自給自足で生活できるという意見もあるかもしれませんね、でも、服を自分で作ることができますか。

家をすべて自分の力だけで建てることができますか。 木材などを山から調達すればいいと考えるかもしれませんが、その木材を切るための道具を購入する必要があります。

2. 趣味

趣味

仕事が趣味という方もいます。 スポーツ、料理、ゲームなどは趣味の延長で仕事をしているという方もいると思います。 サラリーマンでも仕事が趣味という方がいるのではないでしょうか。

そのような方は、定年退職後に趣味がなくなりつまらなくなってしまうようです。 しかし、仕事を趣味と考えて行っているのなら楽しいことでしょう。

3. 評価される

評価される

家では奥さんに怒られてばかり、子供にばかにされる、こんな方でも職場では評価をしてもらうことができます。 よい評価をされるとうれしいですよね。 人間は人に認められたいという本能を持っています。

評価をされれば、さらに仕事を頑張ろうという意欲が湧くはずです。 そして、またその頑張りを評価してもらえます。

4. やりがいがある

やりがいがある

自分が行った仕事が誰かの役に立つと思うとやりがいを感じます。 やりがいを感じる仕事の一つが医師です。 患者さんが元気になっていく様子を身近でみていると、「元気になってよかった」などやりがいを感じることでしょう。

商品を製造する仕事の場合、実際に使う様子をみることはできませんが、役に立っているかもしれないなど想像をするとやりがいを感じると思います。

5. 仲間ができる

仲間ができる

職場には多くの仲間がいます。 同じ目標に向かって仕事をしていれば、仲間意識を自然と持つようになります。 職場の仲間と飲みにいくなど、楽しみを持っている方もいると思います。 仲間とともに楽しいときを過ごせば、仕事のつらさも忘れてしまうことでしょう。

たとえつらいことがあっても、仲間が慰めてくれることでしょう。 家で一人で過ごしていては、飲みに行ったり慰めてくれる仲間を作ることは難しいです。 外に仕事に出ているから仲間を作ることができるのです。

6. 扱う商品に魅力を感じる

扱う商品に魅力を感じる

「この商品おいしい」「この商品が便利」など、商品に魅力を感じることがありませんか。 そんな企業で働きたいと思ったことはありませんか。 扱う商品に魅力を感じて、その企業で働く方もいます。

魅力ある商品を作ることにはやりがいを感じることでしょう。 自分が魅力を感じた商品を作ることにはワクワクとします。

7. 資格を活かしたい

資格を活かしたい

資格を取得したなら、その資格を活かした仕事をしたいと思いませんか。 資格を取得するためには、多くの時間や費用をかけているはずです。 せっかく資格を取得したのなら、仕事に活かさないもはもったいないです。

仕事に活かすことで、多くの人の役に立つこともあります。 仕事に活かせる仕事はさまざまあります。 通信講座でも資格取得ができます。

8. 年金などの支払い

年金などの支払い

日本で生活をするなら、年金や健康保険の費用を支払わなければなりません。 年金を支払わなければ、老後の生活に困るだろうし、健康保険料を支払わなければ全額自己負担となり、大きな怪我をしたときなどは困ります。 企業に就職している場合、これらの費用の支払い手続きを企業が行ってくれます。

そして、主婦や子供などは被扶養者となります。 年金には国民年金、厚生年金、共済年金があります。 厚生年金は厚生年金保険の適用を受けている企業に就職した場合加入をするのですが、国民年金よりももらえる額が多くなります。

9. 誰かの役に立ちたい

誰かの役に立ちたい

人間には人の役に立ちたいという本能があります。 仕事は何かしら誰かの役に立っています。 たとえば、コンビニのレジ係がいなければ商品代金の支払いに手間取ってしまいます。

レジ係がいなければ商品の代金を支払わなくてよい、という考えが浮かぶかもしれませんが、人間には善意が備わっているのでそんなことはできないはずです。 清掃員さんが掃除をしてくれるので、気持ちよく過ごすことができます。 農家が野菜などを作ってくれるから毎日食事をすることができます。 このように、何かしら誰かの役に立っています。

10. 社会とつながっていたい

仕事は社会とつながる行為です。 職場に行けば必ず誰かと会話をします。 一人でもくもくと作業をする仕事でも、できたものを納品するために誰かとかかわります。

家でずっと過ごしていては社会とのかかわりが少なくなります。 しかし、仕事をすれば必ず相手がいます。 そして、社会との接点を持つことができます。

仕事をする理由を10選まとめました。


仕事がつまらない、やっていてもつらい、そんなときには仕事をする理由を考え直してみましょう。 仕事がつらい、何のために仕事をするのかわからない、やめたい、こんなふうに思ったことがありませんか。

つらい思いをしながら毎日仕事を続けるのは、心にも体にも負担になりますよね。 でも、仕事をする理由を考え直してみると仕事のやる気がアップするはずです。 そこで、仕事をする理由を10個紹介します。

お金を稼ぐ

生活をするにはお金が必要です。 食事、家、水道、ガス、電気、服、化粧品などなど、さまざまなことにお金が必要です。 自給自足で生活できるという意見もあるかもしれませんね、でも、服を自分で作ることができますか。

家をすべて自分の力だけで建てることができますか。 木材などを山から調達すればいいと考えるかもしれませんが、その木材を切るための道具を購入する必要があります。

趣味

仕事が趣味という方もいます。 スポーツ、料理、ゲームなどは趣味の延長で仕事をしているという方もいると思います。 サラリーマンでも仕事が趣味という方がいるのではないでしょうか。

そのような方は、定年退職後に趣味がなくなりつまらなくなってしまうようです。 しかし、仕事を趣味と考えて行っているのなら楽しいことでしょう。

評価される

家では奥さんに怒られてばかり、子供にばかにされる、こんな方でも職場では評価をしてもらうことができます。 よい評価をされるとうれしいですよね。 人間は人に認められたいという本能を持っています。

評価をされれば、さらに仕事を頑張ろうという意欲が湧くはずです。 そして、またその頑張りを評価してもらえます。

やりがいがある

自分が行った仕事が誰かの役に立つと思うとやりがいを感じます。 やりがいを感じる仕事の一つが医師です。 患者さんが元気になっていく様子を身近でみていると、「元気になってよかった」などやりがいを感じることでしょう。

商品を製造する仕事の場合、実際に使う様子をみることはできませんが、役に立っているかもしれないなど想像をするとやりがいを感じると思います。

仲間ができる

職場には多くの仲間がいます。 同じ目標に向かって仕事をしていれば、仲間意識を自然と持つようになります。 職場の仲間と飲みにいくなど、楽しみを持っている方もいると思います。 仲間とともに楽しいときを過ごせば、仕事のつらさも忘れてしまうことでしょう。

たとえつらいことがあっても、仲間が慰めてくれることでしょう。 家で一人で過ごしていては、飲みに行ったり慰めてくれる仲間を作ることは難しいです。 外に仕事に出ているから仲間を作ることができるのです。

扱う商品に魅力を感じる

「この商品おいしい」「この商品が便利」など、商品に魅力を感じることがありませんか。 そんな企業で働きたいと思ったことはありませんか。 扱う商品に魅力を感じて、その企業で働く方もいます。

魅力ある商品を作ることにはやりがいを感じることでしょう。 自分が魅力を感じた商品を作ることにはワクワクとします。

資格を活かしたい

資格を取得したなら、その資格を活かした仕事をしたいと思いませんか。 資格を取得するためには、多くの時間や費用をかけているはずです。 せっかく資格を取得したのなら、仕事に活かさないもはもったいないです。

仕事に活かすことで、多くの人の役に立つこともあります。 仕事に活かせる仕事はさまざまあります。 通信講座でも資格取得ができます。

年金などの支払い

日本で生活をするなら、年金や健康保険の費用を支払わなければなりません。 年金を支払わなければ、老後の生活に困るだろうし、健康保険料を支払わなければ全額自己負担となり、大きな怪我をしたときなどは困ります。 企業に就職している場合、これらの費用の支払い手続きを企業が行ってくれます。

そして、主婦や子供などは被扶養者となります。 年金には国民年金、厚生年金、共済年金があります。 厚生年金は厚生年金保険の適用を受けている企業に就職した場合加入をするのですが、国民年金よりももらえる額が多くなります。

誰かの役に立ちたい

人間には人の役に立ちたいという本能があります。 仕事は何かしら誰かの役に立っています。 たとえば、コンビニのレジ係がいなければ商品代金の支払いに手間取ってしまいます。

レジ係がいなければ商品の代金を支払わなくてよい、という考えが浮かぶかもしれませんが、人間には善意が備わっているのでそんなことはできないはずです。 清掃員さんが掃除をしてくれるので、気持ちよく過ごすことができます。 農家が野菜などを作ってくれるから毎日食事をすることができます。 このように、何かしら誰かの役に立っています。

仕事は社会とつながる行為です。 職場に行けば必ず誰かと会話をします。 一人でもくもくと作業をする仕事でも、できたものを納品するために誰かとかかわります。

家でずっと過ごしていては社会とのかかわりが少なくなります。 しかし、仕事をすれば必ず相手がいます。 そして、社会との接点を持つことができます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-