【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095257.html
説明上手になるためのコツ

説明上手になるためのコツ | LADYCO

LADYCO
説明上手になるためのコツ

みんなに説明するのが苦手、口下手って思っている人必見です。

ちょっとのコツで誰でも今日から説明上手です。

参考にしてみてくださいね。

  • 相手の知りたいことを察する
  • 説明は要点をしっかり伝える
  • 説明する時間は短めを心がける
  • 説明に自信がない人は結論から先に話す
  • 自分の感情を抜いて話す
  • 余談は入れないこと
  • 横文字、流行り言葉は使わない
  • 相手の理解能力に合わせる
  • 要点をまとめた資料を相手に渡す
  • 抽象的な表現でなく具体的な例を出すなどわかりやすくする
  • まとめ

1. 相手の知りたいことを察する

相手の知りたいことを察する

説明上手な人というのは、相手の顔を見て話します。

そして相手が何を知りたいのか、興味があるのかを察することができるのです。

説明が苦手な人、わかりにくい人というのは大体相手が知りたいと思っていることは言わず、どうでもいいことに時間をかけるといった傾向があります。

なので相手から「わからない」「もういい」などと言われることも。

相手の気持ちになって考えるという癖をつけましょう。

2. 説明は要点をしっかり伝える

説明は要点をしっかり伝える

わかりやすい説明というのは大事な部分をしっかり伝えてくれることです。

ですから、説明する側も何が重要なのかをわかっていないとダメです。

最初から最後まで覚えろと言われても誰だって一回説明されただけでは無理です。

ですから大事な部分だけ、これだけは覚えておいて、知っておいてという部分を強調して伝えるのが大事ですね。

3. 説明する時間は短めを心がける

説明する時間は短めを心がける

説明上手な人は説明する時間は短いものです。

賢くない、説明が下手な人ほどダラダラと説明が無駄に長く、聞いている方がイライラしたり、結局相手が何を言いたいのかわからないまま終わるということになりがちです。

相手の大事な時間をもらって話を聞いてもらっている、そういう意識を持つことです。

4. 説明に自信がない人は結論から先に話す

説明に自信がない人は結論から先に話す

説明が苦手な人は自分が何を言いたいのかわからなくなってしまう時があります。

上手に話そうと思えば思うほど空回り、緊張でのどがカラカラになってしまいますよね。

説明が上手な人というのは結論を先にずばっと言ってしまう方法をとることもあります。

先に結論を言っておけばとりあえず伝えたいことは伝えられるわけです。

また聞いている側が質問を投げかけやすくなるので、質問に答えていくうちに説明ができていたというメリットもありますよね。

5. 自分の感情を抜いて話す

自分の感情を抜いて話す

説明上手になるためには、客観的に事実を述べるというのも大切なこと。

説明をするうちに自分の主観を入れたり、感情的になったりすると、聞いている側からするとちょっと信用できないと思ってしまうこともあります。

6. 余談は入れないこと

余談は入れないこと

説明下手な人はなぜか、話が脱線することが多いのです。

関係ない人や物の名前を出した後、その説明をしたり。

最初から関係ない人や物の話を入れなければもっと説明がスムーズに終わるのにと思うことがあります。

なぜ余談を入れるのか、これは理由なわかりませんが、本人は入れておいた方がいいとか、時間を稼げるとか思うのかもしれません。

説明上手な人は余談は入れません。

時間が余ったら雑談をするなどすればいいのですから、とりあえず話の本筋に関係ないことは入れないことです。

7. 横文字、流行り言葉は使わない

横文字、流行り言葉は使わない

話がわかりにくくなる理由の一つに横文字、流行り言葉を入れてしまうことがあります。

話している本人には当たり前の言葉であっても聞いている側は初めて聞く言葉だったり、理解できないこともあります。

8. 相手の理解能力に合わせる

相手の理解能力に合わせる

説明上手になるコツは、相手にわかりやすく話す、これに尽きます。

説明下手の人は、簡単な言葉をあえて難しくしようとすることがありますが、これは間違い。

相手は難しい言葉を聞きたいわけではなく理解したいのです。

ですから、説明上手の人は難しいことほど簡単にかみ砕いて説明するのです。

横文字や、専門用語はあえてわかりやすい日本語に置き換えます。

たとえば、マラソンをする人なら誰でも知っている「サブフォー」という言葉があります。

でもマラソンに興味のない人にはわからないかもしれませんよね。

説明上手な人は「4時間切りでゴール」と言い換えることでしょう。

9. 要点をまとめた資料を相手に渡す

要点をまとめた資料を相手に渡す

説明上手になるためのコツに、あらかじめわかりやすい資料を用意しておくという方法もあります。

要点だけ書き出しておく、図を入れて理解度を深めてもらうなどできますし、また資料を作ってくれた心遣いにも感謝されたり、評価されるというメリットも期待できます。

10. 抽象的な表現でなく具体的な例を出すなどわかりやすくする

抽象的な表現でなく具体的な例を出すなどわかりやすくする

説明をする時というのは、おしゃべりとは違います。

要点をわかりやすく絞って、相手に伝えて、また理解をしてもらわなくてはなりません。

友達と話す時は抽象的な表現でも、気ごころ知れていることもありそれなりに察してもらえます。

ですが説明をする時というのは察してもらうのではなく理解をさせなければならないわけですから、抽象的などちらともとれるような曖昧な言い方はせず、具体例を出す、はっきりと結論を話すなどが求められます。

まとめ

以上、説明上手になるためのコツを紹介しました。

実は、説明上手な人というのは聞き上手な人の方が得意かもしれません。

相手の気持ちを察することができる人の方が、相手が何を知りたがっているかを考えて話せるのです。

説明下手の人は自分の気持ちを話すのは得意かもしれませんが相手の気持ちを察するのはちょっと苦手な傾向にあるかもしれません。

よく、仕事などで自分はできるけど教えるのが苦手という人がいますよね。

でも、要点を押さえてシンプルな言葉で伝えれば誰でも説明上手になれるのです。

みんなに説明するのが苦手、口下手って思っている人必見です。

ちょっとのコツで誰でも今日から説明上手です。

参考にしてみてくださいね。


相手の知りたいことを察する

説明上手な人というのは、相手の顔を見て話します。

そして相手が何を知りたいのか、興味があるのかを察することができるのです。

説明が苦手な人、わかりにくい人というのは大体相手が知りたいと思っていることは言わず、どうでもいいことに時間をかけるといった傾向があります。

なので相手から「わからない」「もういい」などと言われることも。

相手の気持ちになって考えるという癖をつけましょう。

説明は要点をしっかり伝える

わかりやすい説明というのは大事な部分をしっかり伝えてくれることです。

ですから、説明する側も何が重要なのかをわかっていないとダメです。

最初から最後まで覚えろと言われても誰だって一回説明されただけでは無理です。

ですから大事な部分だけ、これだけは覚えておいて、知っておいてという部分を強調して伝えるのが大事ですね。

説明する時間は短めを心がける

説明上手な人は説明する時間は短いものです。

賢くない、説明が下手な人ほどダラダラと説明が無駄に長く、聞いている方がイライラしたり、結局相手が何を言いたいのかわからないまま終わるということになりがちです。

相手の大事な時間をもらって話を聞いてもらっている、そういう意識を持つことです。

説明に自信がない人は結論から先に話す

説明が苦手な人は自分が何を言いたいのかわからなくなってしまう時があります。

上手に話そうと思えば思うほど空回り、緊張でのどがカラカラになってしまいますよね。

説明が上手な人というのは結論を先にずばっと言ってしまう方法をとることもあります。

先に結論を言っておけばとりあえず伝えたいことは伝えられるわけです。

また聞いている側が質問を投げかけやすくなるので、質問に答えていくうちに説明ができていたというメリットもありますよね。

自分の感情を抜いて話す

説明上手になるためには、客観的に事実を述べるというのも大切なこと。

説明をするうちに自分の主観を入れたり、感情的になったりすると、聞いている側からするとちょっと信用できないと思ってしまうこともあります。

余談は入れないこと

説明下手な人はなぜか、話が脱線することが多いのです。

関係ない人や物の名前を出した後、その説明をしたり。

最初から関係ない人や物の話を入れなければもっと説明がスムーズに終わるのにと思うことがあります。

なぜ余談を入れるのか、これは理由なわかりませんが、本人は入れておいた方がいいとか、時間を稼げるとか思うのかもしれません。

説明上手な人は余談は入れません。

時間が余ったら雑談をするなどすればいいのですから、とりあえず話の本筋に関係ないことは入れないことです。

横文字、流行り言葉は使わない

話がわかりにくくなる理由の一つに横文字、流行り言葉を入れてしまうことがあります。

話している本人には当たり前の言葉であっても聞いている側は初めて聞く言葉だったり、理解できないこともあります。

相手の理解能力に合わせる

説明上手になるコツは、相手にわかりやすく話す、これに尽きます。

説明下手の人は、簡単な言葉をあえて難しくしようとすることがありますが、これは間違い。

相手は難しい言葉を聞きたいわけではなく理解したいのです。

ですから、説明上手の人は難しいことほど簡単にかみ砕いて説明するのです。

横文字や、専門用語はあえてわかりやすい日本語に置き換えます。

たとえば、マラソンをする人なら誰でも知っている「サブフォー」という言葉があります。

でもマラソンに興味のない人にはわからないかもしれませんよね。

説明上手な人は「4時間切りでゴール」と言い換えることでしょう。

要点をまとめた資料を相手に渡す

説明上手になるためのコツに、あらかじめわかりやすい資料を用意しておくという方法もあります。

要点だけ書き出しておく、図を入れて理解度を深めてもらうなどできますし、また資料を作ってくれた心遣いにも感謝されたり、評価されるというメリットも期待できます。

抽象的な表現でなく具体的な例を出すなどわかりやすくする

説明をする時というのは、おしゃべりとは違います。

要点をわかりやすく絞って、相手に伝えて、また理解をしてもらわなくてはなりません。

友達と話す時は抽象的な表現でも、気ごころ知れていることもありそれなりに察してもらえます。

ですが説明をする時というのは察してもらうのではなく理解をさせなければならないわけですから、抽象的などちらともとれるような曖昧な言い方はせず、具体例を出す、はっきりと結論を話すなどが求められます。

以上、説明上手になるためのコツを紹介しました。

実は、説明上手な人というのは聞き上手な人の方が得意かもしれません。

相手の気持ちを察することができる人の方が、相手が何を知りたがっているかを考えて話せるのです。

説明下手の人は自分の気持ちを話すのは得意かもしれませんが相手の気持ちを察するのはちょっと苦手な傾向にあるかもしれません。

よく、仕事などで自分はできるけど教えるのが苦手という人がいますよね。

でも、要点を押さえてシンプルな言葉で伝えれば誰でも説明上手になれるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-