【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514104354.html
2人でバーベキューを楽しむコツ

2人でバーベキューを楽しむコツ | LADYCO

LADYCO
2人でバーベキューを楽しむコツ

カップルでバーベキューを楽しむのは、ある種の夢ですよね。

自然中で美味しいものを好きな人と食べるのは格別です。

それをより楽しくするためのコツをお教えします!

  • ハウツー本を二人で読む
  • 日程はゆるゆるで組むのがベスト
  • どの程度のバーベキューにするのか相談する
  • 苦手なものは伝えておく
  • 予算を話し合う
  • 調理は女性の領分と決めない
  • 直ぐにお腹に入れられる食べ物も準備しておく
  • 上級者用のレシピにはチャレンジしない
  • オシャレし過ぎない
  • とりあえず「楽しかったね」と終える

1. ハウツー本を二人で読む

ハウツー本を二人で読む

仲良くなるための段取りとして、二人で一緒に頑張るというステップは重要です。

その為に、余程どちらかがバーベキュー知識豊富でない限り、まずは一緒にハウツー本を読むことから始めましょう。

そうすることで「ここって大事だね」といった会話が自然と生まれ、バーベキューに向かってワクワク感が増幅します。

このワクワク感を共有することがカップルにとってはとっても大事。

本を買いに行って選ぶのも楽しいですよ。

2. 日程はゆるゆるで組むのがベスト

日程はゆるゆるで組むのがベスト

忙しい二人であれば、日程を合わせることが至難の業ということもあるでしょう。

でも、できれば1週間前くらいに「来週の土曜日はどうかな」という決め方ができるといいですね。

というのも、バーベキューを成功させるために重要な要素としてお天気が関係しています。

1週間前であれば週間天気予報で、ほぼ正確な予測ができるので計画に役立ちます。

気温によっては準備するものも変わりますし、中止にすることも視野に入れなければなりません。

「どんなことがあっても決行!」と融通が利かないと、楽しめずに喧嘩のタネになりかねないので要注意!

3. どの程度のバーベキューにするのか相談する

どの程度のバーベキューにするのか相談する

単にバーベキューといっても、やり方はまちまちです。

機材と材料を一式の準備を提供してくれるスポットもあるので、そういうところを選べば、自分たちの準備は限りなく軽減されます。

反対に、何回も楽しむ予定だから一から機材を揃えたいと思うのか。

この認識にギャップが生じると、プラン全てが台無しになってしまいます。

初心者であれば、機材はレンタルで材料を持ち込む程度がおススメ。

アルコールを飲むのか、その後に散歩やトレッキングをする予定があるのか。

そういった話も予めしておきましょう。

4. 苦手なものは伝えておく

苦手なものは伝えておく

苦手なものはありますか?

そういったものがあれば、事前に伝えておくといいですね。

例えば、食べ物。

実は牛肉が苦手であれば、早目に伝えるべきです。

メインともいえるお肉ですから、その不得手を知らせないのはマナー違反。

先に知らせることで「私は豚肉であなたは牛肉ね。

ソーセージは二人とも食べられるかな」
といった段取りの相談もできます。

また、虫が苦手、日光アレルギーといったようなことも含めて伝えておけば安心です。

5. 予算を話し合う

予算を話し合う

予算ゼロでは儘ならないバーベキュー。

そこで、どれくらいお金がかかるのかなんとなく試算してみましょう。

その上で、いつものように割り勘をするのか。

それとも彼氏たっての希望でバーベキューをするのだから彼氏が御馳走するのか。

バーベキューは思ったよりも経費が嵩むので、お金のことで楽しかった思いに水を差すことのないように備えておきましょう。

6. 調理は女性の領分と決めない

調理は女性の領分と決めない

バーベキューはキッチンでの炊事とは異なります。

だからあくまでも二人の共同作業と心得てください。

女性が主導になる必要もなく、男性が肩に力を入れて頑張りすぎることも無用です。

二人で楽しくおしゃべりをしながら、作業を進めましょう。

7. 直ぐにお腹に入れられる食べ物も準備しておく

直ぐにお腹に入れられる食べ物も準備しておく

焼いて食べる時の香ばしい香り。

それこそがバーベキューで一番の御馳走でしょう。

だからといって、他のものは食べないとばかりに準備をしておかないと大変な思いをするかもしれません。

例えば、なかなかお肉が焼けなくて、お腹がグーッとなって気まずい思いをしたり、イライラして段取りの悪さを相手のせいにしてしまったり。

お腹が空くと誰もが気持ちの余裕を失ってしまいがちです。

スナックやおにぎりなど、準備をしながらでも気軽につまめるものを持参しましょう。

8. 上級者用のレシピにはチャレンジしない

上級者用のレシピにはチャレンジしない

知識が先行して、自分たちの実力以上のことをしたくなりがちですが、そこは初心者であることをわきまえてください。

知ったかぶりをしたり、できるはずと見切り発車をしてできなかったりした時のガッカリ度は言葉に出来な程。

相手を強く責めるわけにもいかず、なんとなく気まずくなってしまいます。

できることを「できたね、良かったね」と共に達成感を得ながら楽しむのがバーベキューなのです。

9. オシャレし過ぎない

オシャレし過ぎない

相手に良く思われたいのは山々ですが、バーベキューに限ってはオシャレし過ぎるとろくなことがありません。

時と場所をわきまえて支度を整えるのは必須ですが、例えば直ぐに汚れてしまいそうなホワイトジーンズを穿いてきたり、靴擦れしてしまいそうな新品の靴を履いて来たり。

どこにでも座れないような服装はバーベキューをする時にはタブーで、汚れた服のままでいるのは見苦しさも感じます。

更に、靴擦れなどの痛みや辛さは相手に気を遣わせてしまって、せっかくのお楽しみに水を差してしまいますので気を付けましょう。

10. とりあえず「楽しかったね」と終える

何かハプニングが起きようとも、二人で乗り越えれば笑い話になります。

少しくらいお肉が焦げても、時間が掛かって大変だったとしても、最後は必ず笑顔で「楽しかったね」と伝え合いましょう。

そうすることで、「この人といると何をしていても楽しい、幸せ」と思えるのです。

カップルでバーベキューを楽しむのは、ある種の夢ですよね。

自然中で美味しいものを好きな人と食べるのは格別です。

それをより楽しくするためのコツをお教えします!


ハウツー本を二人で読む

仲良くなるための段取りとして、二人で一緒に頑張るというステップは重要です。

その為に、余程どちらかがバーベキュー知識豊富でない限り、まずは一緒にハウツー本を読むことから始めましょう。

そうすることで「ここって大事だね」といった会話が自然と生まれ、バーベキューに向かってワクワク感が増幅します。

このワクワク感を共有することがカップルにとってはとっても大事。

本を買いに行って選ぶのも楽しいですよ。

日程はゆるゆるで組むのがベスト

忙しい二人であれば、日程を合わせることが至難の業ということもあるでしょう。

でも、できれば1週間前くらいに「来週の土曜日はどうかな」という決め方ができるといいですね。

というのも、バーベキューを成功させるために重要な要素としてお天気が関係しています。

1週間前であれば週間天気予報で、ほぼ正確な予測ができるので計画に役立ちます。

気温によっては準備するものも変わりますし、中止にすることも視野に入れなければなりません。

「どんなことがあっても決行!」と融通が利かないと、楽しめずに喧嘩のタネになりかねないので要注意!

どの程度のバーベキューにするのか相談する

単にバーベキューといっても、やり方はまちまちです。

機材と材料を一式の準備を提供してくれるスポットもあるので、そういうところを選べば、自分たちの準備は限りなく軽減されます。

反対に、何回も楽しむ予定だから一から機材を揃えたいと思うのか。

この認識にギャップが生じると、プラン全てが台無しになってしまいます。

初心者であれば、機材はレンタルで材料を持ち込む程度がおススメ。

アルコールを飲むのか、その後に散歩やトレッキングをする予定があるのか。

そういった話も予めしておきましょう。

苦手なものは伝えておく

苦手なものはありますか?

そういったものがあれば、事前に伝えておくといいですね。

例えば、食べ物。

実は牛肉が苦手であれば、早目に伝えるべきです。

メインともいえるお肉ですから、その不得手を知らせないのはマナー違反。

先に知らせることで「私は豚肉であなたは牛肉ね。

ソーセージは二人とも食べられるかな」
といった段取りの相談もできます。

また、虫が苦手、日光アレルギーといったようなことも含めて伝えておけば安心です。

予算を話し合う

予算ゼロでは儘ならないバーベキュー。

そこで、どれくらいお金がかかるのかなんとなく試算してみましょう。

その上で、いつものように割り勘をするのか。

それとも彼氏たっての希望でバーベキューをするのだから彼氏が御馳走するのか。

バーベキューは思ったよりも経費が嵩むので、お金のことで楽しかった思いに水を差すことのないように備えておきましょう。

調理は女性の領分と決めない

バーベキューはキッチンでの炊事とは異なります。

だからあくまでも二人の共同作業と心得てください。

女性が主導になる必要もなく、男性が肩に力を入れて頑張りすぎることも無用です。

二人で楽しくおしゃべりをしながら、作業を進めましょう。

直ぐにお腹に入れられる食べ物も準備しておく

焼いて食べる時の香ばしい香り。

それこそがバーベキューで一番の御馳走でしょう。

だからといって、他のものは食べないとばかりに準備をしておかないと大変な思いをするかもしれません。

例えば、なかなかお肉が焼けなくて、お腹がグーッとなって気まずい思いをしたり、イライラして段取りの悪さを相手のせいにしてしまったり。

お腹が空くと誰もが気持ちの余裕を失ってしまいがちです。

スナックやおにぎりなど、準備をしながらでも気軽につまめるものを持参しましょう。

上級者用のレシピにはチャレンジしない

知識が先行して、自分たちの実力以上のことをしたくなりがちですが、そこは初心者であることをわきまえてください。

知ったかぶりをしたり、できるはずと見切り発車をしてできなかったりした時のガッカリ度は言葉に出来な程。

相手を強く責めるわけにもいかず、なんとなく気まずくなってしまいます。

できることを「できたね、良かったね」と共に達成感を得ながら楽しむのがバーベキューなのです。

オシャレし過ぎない

相手に良く思われたいのは山々ですが、バーベキューに限ってはオシャレし過ぎるとろくなことがありません。

時と場所をわきまえて支度を整えるのは必須ですが、例えば直ぐに汚れてしまいそうなホワイトジーンズを穿いてきたり、靴擦れしてしまいそうな新品の靴を履いて来たり。

どこにでも座れないような服装はバーベキューをする時にはタブーで、汚れた服のままでいるのは見苦しさも感じます。

更に、靴擦れなどの痛みや辛さは相手に気を遣わせてしまって、せっかくのお楽しみに水を差してしまいますので気を付けましょう。

何かハプニングが起きようとも、二人で乗り越えれば笑い話になります。

少しくらいお肉が焦げても、時間が掛かって大変だったとしても、最後は必ず笑顔で「楽しかったね」と伝え合いましょう。

そうすることで、「この人といると何をしていても楽しい、幸せ」と思えるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-