【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164330.html
出しゃばりな男性の特徴

出しゃばりな男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
出しゃばりな男性の特徴

様々な場面で出しゃばりる男性の心理をご紹介します。

  • 常に自分が中心になりたい
  • 自分という存在に注目されたい
  • 無知は恥だと思っている
  • 立場は自分が上
  • 持ち上げられたい
  • 話を聞かない
  • 怒られても気しない
  • まとめ

1. 常に自分が中心になりたい

常に自分が中心になりたい

出しゃばりな男性は、常に自分にスポットライトが当たってる、もしくは当たってほしいと考え、常に自分が中心になるよう他人と接して目立とうとします。

他人とコミュニケーションを取るときは、常に「僕は」「俺は」と会話が始まり、会話を乗っ取り自分が中心になろうとしします。

集団行動をしていても、自分が中心になりたいが最優先なので他人に気を使うことが少ないです。

また集団では自分より中心になっている他人がいれば、あの手この手で中心から引きずりだそうとします。

2. 自分という存在に注目されたい

自分という存在に注目されたい

出しゃばりな男性は、自分が出しゃばることで周りが反応することを分かっています。

出しゃばることで周りからの注目を浴びることが出来、その注目が出しゃばりな男性にとっては喜びになります。

また会話の面では注目を浴びたいため、基本的に積極的に発言しますが目立つことが目的なので、最後に話が纏まらなくても気にしません。

3. 無知は恥だと思っている

無知は恥だと思っている

出しゃばりな男性は、知ったかぶりをすることが多いです。

知らないことや詳しくないことも、自分は知っているし知ってて当たり前という振る舞いで他人に話します。

出しゃばりな男性は、プライドが高く自分を大きく見せて認められたいという欲求が強い為、素直に分からないや知らないと言えず、気持ちを優先してしまい曖昧な会話になり、結果的に周囲を混乱させてしまうことがあります。

 

4. 立場は自分が上

立場は自分が上

出しゃばりな男性は、常に何かと上から目線で他人と接します。

プライドが高いため、常に他人をどこかで見下しており自分に非があっても中々認めようとしません。

そして非を認めようとせず、自分を正当化しようとします。

また自分の中では他人より上で、自分が一番だと考えているため、人の考えや意見には興味がなく聞く耳を持ちません。

 

5. 持ち上げられたい

持ち上げられたい

出しゃばりな男性は、周りに持ち上げられたいと考えています。

誰でも他人に持ち上げられたいと思っていますが、出しゃばりは特に持ち上げられたい思いが強いです。

例えば会話の面では武勇伝や自慢話を話すことで、他人から良い評価を得ることで嬉しく機嫌が良くなります。

そして機嫌が良くなるとさらに自慢話等にエンジンがかかり、良い評価ならば機嫌が良くなり、また自慢話という感じで止まらなくなります。

出しゃばり人を持ち上げることはいいのですが、持ち上げすぎると調子に乗りすぎることがありますので、注意が必要です。

6. 話を聞かない

話を聞かない

出しゃばりな男性は、人の話を最後まで聞こうとしません。

黙っていることが苦手で自分が知ってる内容の話であれば、自分で主導権を握ろうとしたり話の途中で結論を出してしまったりします。

そして出しゃばりな男性は相手の話をゆっくり最後まで待つことが出来ないので、話をせかしてしまうことがあります。

積極的に見えるかもしれませんが、場合によっては相手方とっては失礼な態度になってしまう可能性があります。

 

7. 怒られても気しない

怒られても気しない

出しゃばりな男性は、ある意味ポジティブ思考なので怒られてもずるずる引きずることはありません。

出しゃばりは、自分の立ち振る舞いで場の空気を悪くしてしまうことがあります。

しかし周りが怒ることで、ようやく人の話を聞く姿勢になり、自分の悪い部分は反省します。

ポジティブ思考な為、気持ちの切り替えも早くて怒られたことに関しても引きずることがありません。

 

まとめ

出しゃばりな男性の心理について6つご紹介しました。

ご紹介した内容からお分かりだと思いますが、出しゃばりな男性は自己中心でプライドが高く承認欲求が強いです。

そのため自己主張も強く、鬱陶しいと感じることがあるかもしれませんが、彼らも悪気はありません。

出しゃばりな男性がいても、その人の個性だと思って寛容な心で接しましょう。

様々な場面で出しゃばりる男性の心理をご紹介します。


常に自分が中心になりたい

出しゃばりな男性は、常に自分にスポットライトが当たってる、もしくは当たってほしいと考え、常に自分が中心になるよう他人と接して目立とうとします。

他人とコミュニケーションを取るときは、常に「僕は」「俺は」と会話が始まり、会話を乗っ取り自分が中心になろうとしします。

集団行動をしていても、自分が中心になりたいが最優先なので他人に気を使うことが少ないです。

また集団では自分より中心になっている他人がいれば、あの手この手で中心から引きずりだそうとします。

自分という存在に注目されたい

出しゃばりな男性は、自分が出しゃばることで周りが反応することを分かっています。

出しゃばることで周りからの注目を浴びることが出来、その注目が出しゃばりな男性にとっては喜びになります。

また会話の面では注目を浴びたいため、基本的に積極的に発言しますが目立つことが目的なので、最後に話が纏まらなくても気にしません。

無知は恥だと思っている

出しゃばりな男性は、知ったかぶりをすることが多いです。

知らないことや詳しくないことも、自分は知っているし知ってて当たり前という振る舞いで他人に話します。

出しゃばりな男性は、プライドが高く自分を大きく見せて認められたいという欲求が強い為、素直に分からないや知らないと言えず、気持ちを優先してしまい曖昧な会話になり、結果的に周囲を混乱させてしまうことがあります。

 
立場は自分が上

出しゃばりな男性は、常に何かと上から目線で他人と接します。

プライドが高いため、常に他人をどこかで見下しており自分に非があっても中々認めようとしません。

そして非を認めようとせず、自分を正当化しようとします。

また自分の中では他人より上で、自分が一番だと考えているため、人の考えや意見には興味がなく聞く耳を持ちません。

 
持ち上げられたい

出しゃばりな男性は、周りに持ち上げられたいと考えています。

誰でも他人に持ち上げられたいと思っていますが、出しゃばりは特に持ち上げられたい思いが強いです。

例えば会話の面では武勇伝や自慢話を話すことで、他人から良い評価を得ることで嬉しく機嫌が良くなります。

そして機嫌が良くなるとさらに自慢話等にエンジンがかかり、良い評価ならば機嫌が良くなり、また自慢話という感じで止まらなくなります。

出しゃばり人を持ち上げることはいいのですが、持ち上げすぎると調子に乗りすぎることがありますので、注意が必要です。

話を聞かない

出しゃばりな男性は、人の話を最後まで聞こうとしません。

黙っていることが苦手で自分が知ってる内容の話であれば、自分で主導権を握ろうとしたり話の途中で結論を出してしまったりします。

そして出しゃばりな男性は相手の話をゆっくり最後まで待つことが出来ないので、話をせかしてしまうことがあります。

積極的に見えるかもしれませんが、場合によっては相手方とっては失礼な態度になってしまう可能性があります。

 
怒られても気しない

出しゃばりな男性は、ある意味ポジティブ思考なので怒られてもずるずる引きずることはありません。

出しゃばりは、自分の立ち振る舞いで場の空気を悪くしてしまうことがあります。

しかし周りが怒ることで、ようやく人の話を聞く姿勢になり、自分の悪い部分は反省します。

ポジティブ思考な為、気持ちの切り替えも早くて怒られたことに関しても引きずることがありません。

 

出しゃばりな男性の心理について6つご紹介しました。

ご紹介した内容からお分かりだと思いますが、出しゃばりな男性は自己中心でプライドが高く承認欲求が強いです。

そのため自己主張も強く、鬱陶しいと感じることがあるかもしれませんが、彼らも悪気はありません。

出しゃばりな男性がいても、その人の個性だと思って寛容な心で接しましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-