【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164327.html
時計にこだわる男性の特徴

時計にこだわる男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
時計にこだわる男性の特徴

時計にこだわりのある男性は多いですよね。

コレクションボックスなどにキレイに収納し、嬉しそうに眺めているなんていう男性もいるほどです。

そんな時計にこだわりのある男性の特徴をみていきましょう。

  • ステータス主義
  • 周りの人と同じことを嫌う
  • 時計をアクセサリーだと思っている
  • コレクション好き
  • 見栄っ張り
  • まとめ

1. ステータス主義

ステータス主義

時計にこだわる男性はステータス主義ですある場合が多いでしょう。

時計はパッと見てだいたいどのブランドなのかわかってしまう為、ステータス主義の男性であれば高価なブランドの時計を身に付けたいと思うのも当然なのです。

たとえ何百万とする時計であろうとも、惜しみなく大金を注ぐくらいのこだわりぶりです。

高価な時計を身に付けていれば、それを買うだけの収入的余裕があることの証明にもなるので、時計には並大抵ならぬこだわりを発揮します。

2. 周りの人と同じことを嫌う

周りの人と同じことを嫌う

周囲の人間と同じものを身に付けたくない男性も時計へのこだわりは強いでしょう。

個性が強く周りの人と持ち物がカブることは許せないので、どんなものでも人と違うということを重要視します。

思わず周囲も凝視してしまうような変なものや派手なものを平気で身に付けているのが特徴です。

唯一無二であることに優越感と満足感を見出すので時計ひとつとっても、個性的でその人らしさが溢れ出るものを身に付けていることでしょう。

3. 時計をアクセサリーだと思っている

時計をアクセサリーだと思っている

一般的に男性は女性よりもアクセサリーをジャラジャラと身に付けたりすることは少なく、こだわりもそれほどないでしょう。

しかし、時計の場合は仕事などで身に付けることも多く人目に触れることも多い為、時計に関してはこだわりを持つ男性も少なくありません。

年齢を重ねるとともにより良い時計を身に付けたいという思いは強くなるでしょう。

それは女性がブランド品のアクセサリーを買いを求めるのと同様に、男性にとって時計というのはアクセサリーそのものなのです。

時計という実用的に使うアイテムだからこそ堅いデザインのものでなく、一風変わった遊び心のあるデザインのものを身に付けたいと思うものなのです。

4. コレクション好き

コレクション好き

時計をコレクションしている男性は数多くいます。

それこそコレクション部屋なんてものを設けて、そこに数多くの時計をずらりと並べていることでしょう。

時計は男性にとってある種のステータスなので、例え身に付けることのない時計でも迷わず購入してしまいます。

上級者のコレクターであれば、まるで子供に愛情を注ぐかのごとく時計にも強い愛情を注ぎ、毎日丁寧な手入れを怠らないなんて人もいるくらいです。

多くの時計をコレクションしていくことで男性の自尊心は満たされ、ポジティブなエネルギー受けとることができるのです。

5. 見栄っ張り

見栄っ張り

見栄っ張りな男性も身に付ける時計にはこだわるでしょう。

チープなものや見るからに安物だとわかるような時計は絶対に身に付けません。

この手の人は、人が多く集まる場所では周囲の人間が身に付けているものを、頭から爪先までまじまじと観察し評価をつけて楽しんでいます。

特に男性同士では、誰がどのような時計を身に付けているかをこっそり見ているので、見栄っ張りな男性は相手の身に付けている時計について話題のネタにし、自分の方が高価でよい時計をしていることをさりげなく自慢するでしょう。

しかし見栄っ張りなタイプは高価なものでもセンスが悪いものしか選ばないので、いくら取り繕ったところで周囲の視線はとても冷ややかなものです。

まとめ

男性は女性よりも時計にこだわる傾向があり、ステータスの一部と考えるのでこだわりが強くなってしまうことがわかりますね。

男性にとって時計はその人を物語る大切なツールだと言えることが出来るでしょう。

大金を出してでもよい腕時計を身に付けたいと考えるのも納得がいきますね。

時計にこだわりのある男性は多いですよね。

コレクションボックスなどにキレイに収納し、嬉しそうに眺めているなんていう男性もいるほどです。

そんな時計にこだわりのある男性の特徴をみていきましょう。


ステータス主義

時計にこだわる男性はステータス主義ですある場合が多いでしょう。

時計はパッと見てだいたいどのブランドなのかわかってしまう為、ステータス主義の男性であれば高価なブランドの時計を身に付けたいと思うのも当然なのです。

たとえ何百万とする時計であろうとも、惜しみなく大金を注ぐくらいのこだわりぶりです。

高価な時計を身に付けていれば、それを買うだけの収入的余裕があることの証明にもなるので、時計には並大抵ならぬこだわりを発揮します。

周りの人と同じことを嫌う

周囲の人間と同じものを身に付けたくない男性も時計へのこだわりは強いでしょう。

個性が強く周りの人と持ち物がカブることは許せないので、どんなものでも人と違うということを重要視します。

思わず周囲も凝視してしまうような変なものや派手なものを平気で身に付けているのが特徴です。

唯一無二であることに優越感と満足感を見出すので時計ひとつとっても、個性的でその人らしさが溢れ出るものを身に付けていることでしょう。

時計をアクセサリーだと思っている

一般的に男性は女性よりもアクセサリーをジャラジャラと身に付けたりすることは少なく、こだわりもそれほどないでしょう。

しかし、時計の場合は仕事などで身に付けることも多く人目に触れることも多い為、時計に関してはこだわりを持つ男性も少なくありません。

年齢を重ねるとともにより良い時計を身に付けたいという思いは強くなるでしょう。

それは女性がブランド品のアクセサリーを買いを求めるのと同様に、男性にとって時計というのはアクセサリーそのものなのです。

時計という実用的に使うアイテムだからこそ堅いデザインのものでなく、一風変わった遊び心のあるデザインのものを身に付けたいと思うものなのです。

コレクション好き

時計をコレクションしている男性は数多くいます。

それこそコレクション部屋なんてものを設けて、そこに数多くの時計をずらりと並べていることでしょう。

時計は男性にとってある種のステータスなので、例え身に付けることのない時計でも迷わず購入してしまいます。

上級者のコレクターであれば、まるで子供に愛情を注ぐかのごとく時計にも強い愛情を注ぎ、毎日丁寧な手入れを怠らないなんて人もいるくらいです。

多くの時計をコレクションしていくことで男性の自尊心は満たされ、ポジティブなエネルギー受けとることができるのです。

見栄っ張り

見栄っ張りな男性も身に付ける時計にはこだわるでしょう。

チープなものや見るからに安物だとわかるような時計は絶対に身に付けません。

この手の人は、人が多く集まる場所では周囲の人間が身に付けているものを、頭から爪先までまじまじと観察し評価をつけて楽しんでいます。

特に男性同士では、誰がどのような時計を身に付けているかをこっそり見ているので、見栄っ張りな男性は相手の身に付けている時計について話題のネタにし、自分の方が高価でよい時計をしていることをさりげなく自慢するでしょう。

しかし見栄っ張りなタイプは高価なものでもセンスが悪いものしか選ばないので、いくら取り繕ったところで周囲の視線はとても冷ややかなものです。

男性は女性よりも時計にこだわる傾向があり、ステータスの一部と考えるのでこだわりが強くなってしまうことがわかりますね。

男性にとって時計はその人を物語る大切なツールだと言えることが出来るでしょう。

大金を出してでもよい腕時計を身に付けたいと考えるのも納得がいきますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-