【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164303.html
スーツ姿がだらしない男性の特徴

スーツ姿がだらしない男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
スーツ姿がだらしない男性の特徴

しっかりとスーツが着こなせている男性は女性ウケが良いだけではなく、なんだか仕事ができるようにも見えます。

ですが、スーツ姿がだらしない男性は反対に女性ウケは全く良くなく、仕事ができないように感じてしまいます。

では、スーツ姿がだらしない男性の特徴をご紹介します。

  • ネクタイがおかしい
  • 靴が良くない
  • 自分の体に合っていない
  • 中の肌着が丸見え
  • 靴下がおかしい
  • まとめ

1. ネクタイがおかしい

ネクタイがおかしい

クールビズ以外であればスーツにネクタイは当たり前です。

毎日同じ柄のネクタイや、ネクタイの長さが極端に長かったり、短かったりするのがスーツ姿がだらしない男性の特徴です。

ネクタイの柄が毎日同じ場合、毎日綺麗なネクタイをしていたとしても、そんなことを知らない周囲の人たちからすれば「毎日同じネクタイでなんだか汚い」「臭そう」と思われてしまったり、お洒落さが全くありません。

また、ネクタイの長さが極端に長かったり、短い場合はスーツ姿がだらしなく見えるだけではなく、人間としてもだらしない人に見えてしまいます。

2. 靴が良くない

靴が良くない

「高価な靴を履けば良い」というものではありませんが、スーツ姿がだらしない男性は靴が良くないのが特徴です。

「靴が良くない」とは高価や安価という問題ではなく、クタクタ過ぎていたりひどく汚れているモノ、靴がすり減っているモノなどです。

男性の場合、スーツはパンツなので「靴はそれほど見えていない」と思うかもしれませんが、意外と靴は目立っているのです。

スーツばかりを気にするのではなく、ちゃんと靴も気にしましょう。

靴がちゃんとしていることで会社内での信頼関係も良くなる傾向もあります。

3. 自分の体に合っていない

自分の体に合っていない

スーツの大きさ、靴が自分の体に合っていないのがスーツ姿がだらしない男性の特徴です。

スーツをお下がりで貰う方や、誰かからプレゼントされたモノを着ている人も居ますが、自分の体に合っていない場合とてもだらしなく見えてしまいます。

男性の場合スーツの上着(ジャケット)の丈が長過ぎたり、短過ぎてしまたり、パンツが短過ぎていたり、長過ぎてしまっていると「スーツを着ている」と言うより、「スーツに着られている」という印象を周囲は持ちます。

また、靴がきつい分には履いている本人にしか分かりませんが、足に合っていない大きなサイズの靴の場合、歩く度に音が鳴ってしまうためスマートには見えません。

4. 中の肌着が丸見え

中の肌着が丸見え

「透け防止」としてワイシャツの中に肌着を着る男性はたくさん居ます。

ですが、その中でも白やベージュ以外の色の肌着を着ている人は、スーツ姿がだらしない男性の特徴です。

透け防止ではありますが、常識的に考えると目立たない白やベージュといった色をワイシャツの中に着ますが、白やベージュ以外の色の肌着を着てしまうと、ワイシャツを着ているのに中の肌着が丸見えになってしまっているのでとてもだらしなく見えてしまいます。

黒や紫などの濃ければ濃い色ほどだらしなく見えてしまい、社会人としても常識のない人だと思われてしまいます。

5. 靴下がおかしい

靴下がおかしい

一見、スーツ姿が様になっているのに、靴を脱いだら靴下がおかしい人がスーツ姿がだらしない男性の特徴です。

靴を履いているときは「仕事ができる男性」といった面持ちなのに、靴を脱いだ途端スーツに合っていない靴下ではだらしなく見えてしまうだけではなく、常識がない人間だとも思われてしまいます。

新年会や忘年会等の行事であれば可愛らしい靴下を履いていても特に問題はありませんが、会社で仕事をしたり、接待などをするのにキャラクターの靴下や、仕事場にはふさわしくないような派手な靴下を履いて行くのは辞めましょう。

まとめ

きちんとスーツを着るということは簡単なことではありませんが、最低でも、最低限のマナーを守ってスーツを着られる男性になりましょう。

しっかりとスーツが着こなせている男性は女性ウケが良いだけではなく、なんだか仕事ができるようにも見えます。

ですが、スーツ姿がだらしない男性は反対に女性ウケは全く良くなく、仕事ができないように感じてしまいます。

では、スーツ姿がだらしない男性の特徴をご紹介します。


ネクタイがおかしい

クールビズ以外であればスーツにネクタイは当たり前です。

毎日同じ柄のネクタイや、ネクタイの長さが極端に長かったり、短かったりするのがスーツ姿がだらしない男性の特徴です。

ネクタイの柄が毎日同じ場合、毎日綺麗なネクタイをしていたとしても、そんなことを知らない周囲の人たちからすれば「毎日同じネクタイでなんだか汚い」「臭そう」と思われてしまったり、お洒落さが全くありません。

また、ネクタイの長さが極端に長かったり、短い場合はスーツ姿がだらしなく見えるだけではなく、人間としてもだらしない人に見えてしまいます。

靴が良くない

「高価な靴を履けば良い」というものではありませんが、スーツ姿がだらしない男性は靴が良くないのが特徴です。

「靴が良くない」とは高価や安価という問題ではなく、クタクタ過ぎていたりひどく汚れているモノ、靴がすり減っているモノなどです。

男性の場合、スーツはパンツなので「靴はそれほど見えていない」と思うかもしれませんが、意外と靴は目立っているのです。

スーツばかりを気にするのではなく、ちゃんと靴も気にしましょう。

靴がちゃんとしていることで会社内での信頼関係も良くなる傾向もあります。

自分の体に合っていない

スーツの大きさ、靴が自分の体に合っていないのがスーツ姿がだらしない男性の特徴です。

スーツをお下がりで貰う方や、誰かからプレゼントされたモノを着ている人も居ますが、自分の体に合っていない場合とてもだらしなく見えてしまいます。

男性の場合スーツの上着(ジャケット)の丈が長過ぎたり、短過ぎてしまたり、パンツが短過ぎていたり、長過ぎてしまっていると「スーツを着ている」と言うより、「スーツに着られている」という印象を周囲は持ちます。

また、靴がきつい分には履いている本人にしか分かりませんが、足に合っていない大きなサイズの靴の場合、歩く度に音が鳴ってしまうためスマートには見えません。

中の肌着が丸見え

「透け防止」としてワイシャツの中に肌着を着る男性はたくさん居ます。

ですが、その中でも白やベージュ以外の色の肌着を着ている人は、スーツ姿がだらしない男性の特徴です。

透け防止ではありますが、常識的に考えると目立たない白やベージュといった色をワイシャツの中に着ますが、白やベージュ以外の色の肌着を着てしまうと、ワイシャツを着ているのに中の肌着が丸見えになってしまっているのでとてもだらしなく見えてしまいます。

黒や紫などの濃ければ濃い色ほどだらしなく見えてしまい、社会人としても常識のない人だと思われてしまいます。

靴下がおかしい

一見、スーツ姿が様になっているのに、靴を脱いだら靴下がおかしい人がスーツ姿がだらしない男性の特徴です。

靴を履いているときは「仕事ができる男性」といった面持ちなのに、靴を脱いだ途端スーツに合っていない靴下ではだらしなく見えてしまうだけではなく、常識がない人間だとも思われてしまいます。

新年会や忘年会等の行事であれば可愛らしい靴下を履いていても特に問題はありませんが、会社で仕事をしたり、接待などをするのにキャラクターの靴下や、仕事場にはふさわしくないような派手な靴下を履いて行くのは辞めましょう。

きちんとスーツを着るということは簡単なことではありませんが、最低でも、最低限のマナーを守ってスーツを着られる男性になりましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-