【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164248.html
他人の不幸を喜ぶ男性の特徴

他人の不幸を喜ぶ男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
他人の不幸を喜ぶ男性の特徴

「他人の不幸は蜜の味」という言葉がありますが、他人の不幸を喜ぶ男性がいます。

そういう性格の男性にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 自分の現状に不満がある
  • 劣等意識が強く、自信がない
  • プライドが低い
  • 感情表現がストレートでわかりやすい
  • まとめ
1. すぐに人と自分を比べたがる 「自分は自分、人は人」という考え方をする人は、他人の不幸を喜ぶということがありません。

人とは関係なく、自分の幸福を追求していますので、他人がどんな状況にあるかについては、ほとんど関心を持たないのです。

他人の不幸を喜ぶ男性はちがいます。

「人は人」という考え方をすることができず、すぐに人と自分を比べてしまいます。

そして、人との比較によってしか、自分の幸福を実感することができません。

人が不幸な目に遭っていることを見て、初めて「ああ、よかった。

あんなひどい目に遭っていない自分は幸福だ」と認識することができるのです。

すぐに人と自分を比べたがり、人との比較によって自分の幸福を認識するというのが、他人の不幸を喜ぶ性格の男性の特徴ということになるでしょう。

2. 自分の現状に不満がある

自分の現状に不満がある

もし、自分の現状に満足していて、何も不足を感じていないとしたらどうでしょう。

人の不幸を見てうれしい気持ちになるということはないに違いありません。

現状に満足している人は、自然に気持ちに余裕ができます。

そのため、不幸な目に遭っている人を見ると、「かわいそう」と同情するだけの余裕が生まれるのです。

他人の不幸を喜ぶ男性には、そういう余裕がありません。

自分の現状に大きな不満をもっているため、心に余裕がなく、人に対して同情心を持つことができないのです。

また、現状に不満を抱える男性は、小さくないストレスを感じていると考えていいでしょう。

ネガティブな気持ちがストレスを生むわけです。

そのため、他人の不幸を見て「いい気味」と喜ぶことで、そのストレスを軽減、解消しようとしていると考えられます。

いずれにしても、自分の現状に不満があるというのが、他人の不幸を喜ぶ男性の特徴なのです。

3. 劣等意識が強く、自信がない

劣等意識が強く、自信がない

自分に自信がないというのも、他人の不幸を喜ぶ男性の特徴といっていいでしょう。

自分に自信のある人は、他人の不幸を見て、それを愉快に感じるということはありません。

自信がないからこそ、人が不幸な目に遭っているのを見て、「いい気味」と感じるのです。

どうして自信がないのか、それは小さくない劣等意識を抱えているからです。

仕事や勉強ができないとか、容姿が劣っているとか、女性にモテないといった劣等意識があると、人の不幸を見てうれしく感じるようになるのです。

それは、不幸な人に対して、自分の優位性を認識するためと考えていいでしょう。

「不幸なあの人よりも、自分のほうが上」と考えるために、他人の不幸を喜ぶわけです。

4. プライドが低い

プライドが低い

他人の不幸を喜ぶようなことをすれば、人からの評価は当然低くなります。

「人の不幸を喜ぶなんて、人間として、問題がある」という見方を、人からされてしまうに違いありません。

ですから、プライドの高い人は、けっしてそんなことはしないでしょう。

人からの評価が下がるだけでなく、「人の不幸を喜ぶようなみっともないことは、自分自身が許さない」という意識を持つからです。

他人の不幸を喜ぶ男性は、つまり、プライドが低いのです。

そのために、人として疑問なことを平気でできると考えていいでしょう。

5. 感情表現がストレートでわかりやすい

感情表現がストレートでわかりやすい

他人の不幸を見て、うれしく感じたとしても、その感情を表に出さなければ、人の不幸を喜んでいることがほかに人にはわかりません。

実際に、多くの人は、心の中では「いい気味」と感じていても、表向きは「かわいそう」と同情してみせるはずです。

その心の中が人に伝わってしまうというのは、「うれしい」という感情を表に出しているということになるでしょう。

他人の不幸を喜ぶ男性は、つまり「うれしい」という気持ちをストレートに表現しているわけです。

感情表現がストレートでわかりやすいというのが、他人の不幸を喜ぶ男性の特徴ということになるでしょう。

まとめ

他人の不幸を喜ぶ男性の特徴を5種類、紹介しました。

身近にそういう男性がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

「他人の不幸は蜜の味」という言葉がありますが、他人の不幸を喜ぶ男性がいます。

そういう性格の男性にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


1. すぐに人と自分を比べたがる 「自分は自分、人は人」という考え方をする人は、他人の不幸を喜ぶということがありません。

人とは関係なく、自分の幸福を追求していますので、他人がどんな状況にあるかについては、ほとんど関心を持たないのです。

他人の不幸を喜ぶ男性はちがいます。

「人は人」という考え方をすることができず、すぐに人と自分を比べてしまいます。

そして、人との比較によってしか、自分の幸福を実感することができません。

人が不幸な目に遭っていることを見て、初めて「ああ、よかった。

あんなひどい目に遭っていない自分は幸福だ」と認識することができるのです。

すぐに人と自分を比べたがり、人との比較によって自分の幸福を認識するというのが、他人の不幸を喜ぶ性格の男性の特徴ということになるでしょう。

自分の現状に不満がある

もし、自分の現状に満足していて、何も不足を感じていないとしたらどうでしょう。

人の不幸を見てうれしい気持ちになるということはないに違いありません。

現状に満足している人は、自然に気持ちに余裕ができます。

そのため、不幸な目に遭っている人を見ると、「かわいそう」と同情するだけの余裕が生まれるのです。

他人の不幸を喜ぶ男性には、そういう余裕がありません。

自分の現状に大きな不満をもっているため、心に余裕がなく、人に対して同情心を持つことができないのです。

また、現状に不満を抱える男性は、小さくないストレスを感じていると考えていいでしょう。

ネガティブな気持ちがストレスを生むわけです。

そのため、他人の不幸を見て「いい気味」と喜ぶことで、そのストレスを軽減、解消しようとしていると考えられます。

いずれにしても、自分の現状に不満があるというのが、他人の不幸を喜ぶ男性の特徴なのです。

劣等意識が強く、自信がない

自分に自信がないというのも、他人の不幸を喜ぶ男性の特徴といっていいでしょう。

自分に自信のある人は、他人の不幸を見て、それを愉快に感じるということはありません。

自信がないからこそ、人が不幸な目に遭っているのを見て、「いい気味」と感じるのです。

どうして自信がないのか、それは小さくない劣等意識を抱えているからです。

仕事や勉強ができないとか、容姿が劣っているとか、女性にモテないといった劣等意識があると、人の不幸を見てうれしく感じるようになるのです。

それは、不幸な人に対して、自分の優位性を認識するためと考えていいでしょう。

「不幸なあの人よりも、自分のほうが上」と考えるために、他人の不幸を喜ぶわけです。

プライドが低い

他人の不幸を喜ぶようなことをすれば、人からの評価は当然低くなります。

「人の不幸を喜ぶなんて、人間として、問題がある」という見方を、人からされてしまうに違いありません。

ですから、プライドの高い人は、けっしてそんなことはしないでしょう。

人からの評価が下がるだけでなく、「人の不幸を喜ぶようなみっともないことは、自分自身が許さない」という意識を持つからです。

他人の不幸を喜ぶ男性は、つまり、プライドが低いのです。

そのために、人として疑問なことを平気でできると考えていいでしょう。

感情表現がストレートでわかりやすい

他人の不幸を見て、うれしく感じたとしても、その感情を表に出さなければ、人の不幸を喜んでいることがほかに人にはわかりません。

実際に、多くの人は、心の中では「いい気味」と感じていても、表向きは「かわいそう」と同情してみせるはずです。

その心の中が人に伝わってしまうというのは、「うれしい」という感情を表に出しているということになるでしょう。

他人の不幸を喜ぶ男性は、つまり「うれしい」という気持ちをストレートに表現しているわけです。

感情表現がストレートでわかりやすいというのが、他人の不幸を喜ぶ男性の特徴ということになるでしょう。

他人の不幸を喜ぶ男性の特徴を5種類、紹介しました。

身近にそういう男性がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-