【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164242.html
昔の女のことを過度に引きずる男の特徴

昔の女のことを過度に引きずる男の特徴 | LADYCO

LADYCO
昔の女のことを過度に引きずる男の特徴

女性よりも男性のほうが恋愛に関して未練を引きずる傾向が強いと言われています。

ここでは、昔つきあっていた女性のことをいつまでも過度に引きずってしまう男性に注目し、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 思い出を美化しすぎ
  • 自分の悪いところばかりを思い出して後悔している
  • 昔の女のSNSを毎日チェックする
  • 何かというと昔の女の話をする
  • 恋愛に関して自信がない
  • まとめ

1. 思い出を美化しすぎ

思い出を美化しすぎ

性別を問わず、終わった恋の思い出は、時間がたつうちにしだいに美化されていく傾向がありますが、昔の女ことを過度に引きずる男性は、その美化の仕方が過度になってしまうと考えていいでしょう。

たとえば、元カノといっしょに行った旅行のことを思い出すとします。

その旅行中に何度もケンカが起こったとしましょう。

ところが、終わった恋を過度に引きずる男性は、そんなケンカのことは思い出しません。

二人で旅行を楽しんだシーンだけが記憶に残り、さらにその楽しみが実際のものよりもどんどん大きく膨れ上げっていくのです。

元カノに対する評価も同様です。

人間ですから、元カノには良いところも悪いところもあったに違いありません。

しかし、元カノのを悪いところはすっかり忘れ、良いところばかりを誇張して記憶しているのが、昔の女を過度に引きずる男の特徴といっていいでしょう。

2. 自分の悪いところばかりを思い出して後悔している

自分の悪いところばかりを思い出して後悔している

彼女に関しては良い思い出しか残っていないのですが、逆に自分に関しては悪い記憶ばかりが残っているというのも、昔の女を過度に引きずる男性の特徴です。

自分から別れたにせよ、彼女のほうから別れを切り出されたにせよ、「とにかく悪いのは自分だ」と決めつけています。

たとえば、元カノがほかの男に乗り換えるかたちで別れたとしましょう。

その場合も、「自分が彼女を束縛しすぎたから、彼女はそれが重く感じて、ほかの男を選んだんだ。

束縛しすぎた自分が悪い」
というように考えて、自分を責めるのです。

そうした後悔がいつまでも消えず、むしろ時間とともに強まっていくのが、昔の女のことを引きずりすぎる男性の特徴といっていいでしょう。

3. 昔の女のSNSを毎日チェックする

昔の女のSNSを毎日チェックする

昔の女のことを引きずりすぎる男性は、現在の元カノの状況を知りたくて仕方ありません。

そのため、元カノのSNSを毎日チェックします。

ふつうは、別れた直後は元の恋人のことが気になることはあるものの、時間がたてば、やがてSNSのチェックなどはしなくなるものでしょう。

しかし、元カノを過度に引きずる男性は、たとえ別れてから何年たっていようと、元カノのことが気になってしかたないのです。

そのため、毎日元カノのSNSをチェックして、ネット上でつきまとうのが、昔の女のことを過度に引きずる男性の特徴ということになるでしょう。

4. 何かというと昔の女の話をする

何かというと昔の女の話をする

友達などと話をしているとき、何かというと元カノの話題を持ち出すというのも、昔の女のことを過度に引きずる男性の特徴です。

人から聞かれもしないのに、「昔つきあっていた女はこんなにすてきな女性だった」とか、「彼女とはこんな楽しいデートをした」というような話を積極的にします。

また、彼女からもらった服などを着て、「いいだろ」と友達に自慢したりするのです。

友達ばかりではありません。

現在、交際している彼女にさえ、「昔こんな女と付き合っていた」という話をすることさえあります。

そこに悪意はなく、ただ元カノ自慢をしたいだけなのです。

5. 恋愛に関して自信がない

恋愛に関して自信がない

恋愛経験豊富で、女性にモテるタイプの男性は、いつまでも昔の女のことを引きずってしまうということはありません。

一人と別れたら、すぐに別の恋をスタートさせることができるため、いちいち過去を振り返ることはないのです。

つまり、昔の女のことを過度に引きずる男性には、「恋愛経験が少なく、恋愛に関して自信がない」という特徴があると考えていいでしょう。

恋愛に自信がないため、一つの恋愛経験の持つ意味が大変に大きくなり、そのため、いつまでも昔のことばかりに意識が集中してしまうのです。

まとめ

昔の女のことを過度に引きずる男性の特徴を5種類紹介しました。

身近にそういう男性がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

女性よりも男性のほうが恋愛に関して未練を引きずる傾向が強いと言われています。

ここでは、昔つきあっていた女性のことをいつまでも過度に引きずってしまう男性に注目し、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


思い出を美化しすぎ

性別を問わず、終わった恋の思い出は、時間がたつうちにしだいに美化されていく傾向がありますが、昔の女ことを過度に引きずる男性は、その美化の仕方が過度になってしまうと考えていいでしょう。

たとえば、元カノといっしょに行った旅行のことを思い出すとします。

その旅行中に何度もケンカが起こったとしましょう。

ところが、終わった恋を過度に引きずる男性は、そんなケンカのことは思い出しません。

二人で旅行を楽しんだシーンだけが記憶に残り、さらにその楽しみが実際のものよりもどんどん大きく膨れ上げっていくのです。

元カノに対する評価も同様です。

人間ですから、元カノには良いところも悪いところもあったに違いありません。

しかし、元カノのを悪いところはすっかり忘れ、良いところばかりを誇張して記憶しているのが、昔の女を過度に引きずる男の特徴といっていいでしょう。

自分の悪いところばかりを思い出して後悔している

彼女に関しては良い思い出しか残っていないのですが、逆に自分に関しては悪い記憶ばかりが残っているというのも、昔の女を過度に引きずる男性の特徴です。

自分から別れたにせよ、彼女のほうから別れを切り出されたにせよ、「とにかく悪いのは自分だ」と決めつけています。

たとえば、元カノがほかの男に乗り換えるかたちで別れたとしましょう。

その場合も、「自分が彼女を束縛しすぎたから、彼女はそれが重く感じて、ほかの男を選んだんだ。

束縛しすぎた自分が悪い」
というように考えて、自分を責めるのです。

そうした後悔がいつまでも消えず、むしろ時間とともに強まっていくのが、昔の女のことを引きずりすぎる男性の特徴といっていいでしょう。

昔の女のSNSを毎日チェックする

昔の女のことを引きずりすぎる男性は、現在の元カノの状況を知りたくて仕方ありません。

そのため、元カノのSNSを毎日チェックします。

ふつうは、別れた直後は元の恋人のことが気になることはあるものの、時間がたてば、やがてSNSのチェックなどはしなくなるものでしょう。

しかし、元カノを過度に引きずる男性は、たとえ別れてから何年たっていようと、元カノのことが気になってしかたないのです。

そのため、毎日元カノのSNSをチェックして、ネット上でつきまとうのが、昔の女のことを過度に引きずる男性の特徴ということになるでしょう。

何かというと昔の女の話をする

友達などと話をしているとき、何かというと元カノの話題を持ち出すというのも、昔の女のことを過度に引きずる男性の特徴です。

人から聞かれもしないのに、「昔つきあっていた女はこんなにすてきな女性だった」とか、「彼女とはこんな楽しいデートをした」というような話を積極的にします。

また、彼女からもらった服などを着て、「いいだろ」と友達に自慢したりするのです。

友達ばかりではありません。

現在、交際している彼女にさえ、「昔こんな女と付き合っていた」という話をすることさえあります。

そこに悪意はなく、ただ元カノ自慢をしたいだけなのです。

恋愛に関して自信がない

恋愛経験豊富で、女性にモテるタイプの男性は、いつまでも昔の女のことを引きずってしまうということはありません。

一人と別れたら、すぐに別の恋をスタートさせることができるため、いちいち過去を振り返ることはないのです。

つまり、昔の女のことを過度に引きずる男性には、「恋愛経験が少なく、恋愛に関して自信がない」という特徴があると考えていいでしょう。

恋愛に自信がないため、一つの恋愛経験の持つ意味が大変に大きくなり、そのため、いつまでも昔のことばかりに意識が集中してしまうのです。

昔の女のことを過度に引きずる男性の特徴を5種類紹介しました。

身近にそういう男性がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-