【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164239.html
神経質な男性と結婚して後悔すること

神経質な男性と結婚して後悔すること | LADYCO

LADYCO
神経質な男性と結婚して後悔すること

細やかで気の利く彼氏と結婚すると「神経質な男と結婚なんてするんじゃなかった…」と後悔することもあるかもしれません。

どんなことが当てはまるのかまとめてみました。

  • 掃除をしても粗探しをされる
  • 料理の味付けにうるさい
  • 寝室を別にされて寝る時に孤独で寂しい
  • 時間に細かいので管理されているように感じる
  • 質問が多くいちいち相手にするのが面倒
  • 休日の過ごし方まで口を出してくるので休めない
  • 義理の親まで神経質で困ることもある
  • 服のたたみ方や洗濯物の干し方など自由にさせてもらえない
  • まとめ

1. 掃除をしても粗探しをされる

掃除をしても粗探しをされる

神経質な男性と結婚すると、掃除をした後に「ここがまだ汚れているよ」と粗探しをされてしまいます。

教えてくれるような言い方なら素直に反省できますが、悪いところを見つけてやるというかのように家中をチェックされると信用されていないようで傷つきますし掃除が嫌いになってしまいそうです。

指摘されないように念入りに掃除をするようになり、時間もかかりストレスもかかります。

2. 料理の味付けにうるさい

料理の味付けにうるさい

神経質な男性は料理の味付けにもうるさいことがあり、ああだこうだ言われてしまうので料理を心から楽しめなくなってしまうこともあります。

自信のあった女性でもすっかり自信がなくなり、お惣菜や外食に頼って食費がかさんでいくなんてこともあるかもしれません。

料理の味付けにうるさい男性はせっかく健康に気遣って作っても目の前に並んでから醤油やソースをかけてしまうこともあり、努力や気遣いも台無しです。

3. 寝室を別にされて寝る時に孤独で寂しい

寝室を別にされて寝る時に孤独で寂しい

神経質な男性は人と並んで寝るのは嫌だということもあります。

夫がそんな男性であれば、新婚のうちから寝室を別にされて寝る時に寂しい思いをすることにもなります。

ドラマや友達夫婦の寝室の状況を知って「うちは冷め切った夫婦だなぁ」と落ち込むことにもなりますし、夫婦というよりただの同居生活のような感覚にもなってしまいます。

特に仕事で夜遅く帰って来る夫の場合は会話やふれあいも減ってしまうことになります。

4. 時間に細かいので管理されているように感じる

時間に細かいので管理されているように感じる

でかけてくることを伝えると「何時に帰って来る?」と聞かれ、少しでもその時間を過ぎると「どうして遅くなった?」と問い詰められることもあるかもしれません。

神経質な男性は自分のことはきっちりしてくれるので手間がかかりませんが、周りにもそれを求めてくるのでマイペースな人にとってはかなりの苦痛を強いられます。

そのうち細かく聞いてくる夫に管理されているように感じだし、支配下にいる自分がちっぽけに思えてきてしまうこともあります。

5. 質問が多くいちいち相手にするのが面倒

質問が多くいちいち相手にするのが面倒

神経質な男性は会話がこじれやすいものです。

何か伝えると「それはどういうこと?」と納得いくまで細かな説明を求めてきたり、「前は○○って言ってたよ」と矛盾やミスをつつかれてイラっとします。

それに対してやり合うのもいちいち面倒ですが、相手にしなければしないで言われっぱなしで悔しい思いをします。

相手は意地悪なつもりで言っていないので、対応し切れない自分が心が狭いのだと自分を責めてしまうことだってあります。

6. 休日の過ごし方まで口を出してくるので休めない

休日の過ごし方まで口を出してくるので休めない

普段隙なく夫のために尽くしていたとしても、休日の過ごし方までとやかく言われると休む暇もありません。

神経質な夫は目が行くところには何か言いたくなりますから、休みだからといって夫が納得できる時間くらいには起きていてあげないと、寝坊したことを責めてきたり「具合でも悪いの?」と嫌味なのか心配してくれているのかわからないようなことを言ってきたりして疲れてしまいます。

7. 義理の親まで神経質で困ることもある

義理の親まで神経質で困ることもある

夫が神経質な場合、その両親も神経質であるかもしれません。

神経質な親に育てられたせいでそうなってしまったとも考えられるからです。

すると、義理の親に会いに行くのも気がひけるようになりますし、いつまでも壁のある関係のまま腹を割って話せないという心配もあります。

夫の両親を実の両親のように見たいと思うのであれば、神経質な男性には慣れて合わせていく努力も必要なことと言えます。

8. 服のたたみ方や洗濯物の干し方など自由にさせてもらえない

服のたたみ方や洗濯物の干し方など自由にさせてもらえない

神経質な男性は家事のやり方も自分流を押し付けてくることが多く、こちらが任せてもらっていることですらああしろこうしろ口を出してきたりします。

服のたたみ方や洗濯物の干し方など、一人暮らしを経験しているとそれなりにみな自分のやり方が染み付いているものですが、それを否定されてやり方を変えるように言われると家事もはかどらず生活が窮屈に思えます。

何が正しいかではなく「こうするものだ」と言い切られると言い返したくもなって喧嘩にもなるでしょう。

まとめ

神経質な男性は態度や表情にまで反応し、「どういうつもりなんだ」と問い詰めてきたり勝手に落ち込んでしまうようなこともあります。

結婚するまでは細やかな気配りに紳士的とすら思っていた女性でも、生活を共にすることでそれは美化されていただけだったと気づくこともあるでしょう。

神経質な男性にストレスを抱えて生きていきたくないのであれば結婚前にしっかり自分を見せてわかっておいてもらいましょう。

そして、許せるラインとそうではないラインを二人で決めておくことが必要です。

細やかで気の利く彼氏と結婚すると「神経質な男と結婚なんてするんじゃなかった…」と後悔することもあるかもしれません。

どんなことが当てはまるのかまとめてみました。


掃除をしても粗探しをされる

神経質な男性と結婚すると、掃除をした後に「ここがまだ汚れているよ」と粗探しをされてしまいます。

教えてくれるような言い方なら素直に反省できますが、悪いところを見つけてやるというかのように家中をチェックされると信用されていないようで傷つきますし掃除が嫌いになってしまいそうです。

指摘されないように念入りに掃除をするようになり、時間もかかりストレスもかかります。

料理の味付けにうるさい

神経質な男性は料理の味付けにもうるさいことがあり、ああだこうだ言われてしまうので料理を心から楽しめなくなってしまうこともあります。

自信のあった女性でもすっかり自信がなくなり、お惣菜や外食に頼って食費がかさんでいくなんてこともあるかもしれません。

料理の味付けにうるさい男性はせっかく健康に気遣って作っても目の前に並んでから醤油やソースをかけてしまうこともあり、努力や気遣いも台無しです。

寝室を別にされて寝る時に孤独で寂しい

神経質な男性は人と並んで寝るのは嫌だということもあります。

夫がそんな男性であれば、新婚のうちから寝室を別にされて寝る時に寂しい思いをすることにもなります。

ドラマや友達夫婦の寝室の状況を知って「うちは冷め切った夫婦だなぁ」と落ち込むことにもなりますし、夫婦というよりただの同居生活のような感覚にもなってしまいます。

特に仕事で夜遅く帰って来る夫の場合は会話やふれあいも減ってしまうことになります。

時間に細かいので管理されているように感じる

でかけてくることを伝えると「何時に帰って来る?」と聞かれ、少しでもその時間を過ぎると「どうして遅くなった?」と問い詰められることもあるかもしれません。

神経質な男性は自分のことはきっちりしてくれるので手間がかかりませんが、周りにもそれを求めてくるのでマイペースな人にとってはかなりの苦痛を強いられます。

そのうち細かく聞いてくる夫に管理されているように感じだし、支配下にいる自分がちっぽけに思えてきてしまうこともあります。

質問が多くいちいち相手にするのが面倒

神経質な男性は会話がこじれやすいものです。

何か伝えると「それはどういうこと?」と納得いくまで細かな説明を求めてきたり、「前は○○って言ってたよ」と矛盾やミスをつつかれてイラっとします。

それに対してやり合うのもいちいち面倒ですが、相手にしなければしないで言われっぱなしで悔しい思いをします。

相手は意地悪なつもりで言っていないので、対応し切れない自分が心が狭いのだと自分を責めてしまうことだってあります。

休日の過ごし方まで口を出してくるので休めない

普段隙なく夫のために尽くしていたとしても、休日の過ごし方までとやかく言われると休む暇もありません。

神経質な夫は目が行くところには何か言いたくなりますから、休みだからといって夫が納得できる時間くらいには起きていてあげないと、寝坊したことを責めてきたり「具合でも悪いの?」と嫌味なのか心配してくれているのかわからないようなことを言ってきたりして疲れてしまいます。

義理の親まで神経質で困ることもある

夫が神経質な場合、その両親も神経質であるかもしれません。

神経質な親に育てられたせいでそうなってしまったとも考えられるからです。

すると、義理の親に会いに行くのも気がひけるようになりますし、いつまでも壁のある関係のまま腹を割って話せないという心配もあります。

夫の両親を実の両親のように見たいと思うのであれば、神経質な男性には慣れて合わせていく努力も必要なことと言えます。

服のたたみ方や洗濯物の干し方など自由にさせてもらえない

神経質な男性は家事のやり方も自分流を押し付けてくることが多く、こちらが任せてもらっていることですらああしろこうしろ口を出してきたりします。

服のたたみ方や洗濯物の干し方など、一人暮らしを経験しているとそれなりにみな自分のやり方が染み付いているものですが、それを否定されてやり方を変えるように言われると家事もはかどらず生活が窮屈に思えます。

何が正しいかではなく「こうするものだ」と言い切られると言い返したくもなって喧嘩にもなるでしょう。

神経質な男性は態度や表情にまで反応し、「どういうつもりなんだ」と問い詰めてきたり勝手に落ち込んでしまうようなこともあります。

結婚するまでは細やかな気配りに紳士的とすら思っていた女性でも、生活を共にすることでそれは美化されていただけだったと気づくこともあるでしょう。

神経質な男性にストレスを抱えて生きていきたくないのであれば結婚前にしっかり自分を見せてわかっておいてもらいましょう。

そして、許せるラインとそうではないラインを二人で決めておくことが必要です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-