【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164106.html
友達にならない方がいい男性の特徴

友達にならない方がいい男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
友達にならない方がいい男性の特徴

自然と仲良くなれた相手や「友達になろう」と言ってくれた相手でも友達になるべきではない男性もいます。

その特徴をまとめました。

  • モテるために人気者と仲良くなろうとする人
  • 助けを求めるばかりで助けてはくれない人
  • 言うこともやることもいい加減な人
  • お金に対する価値観が合わない人
  • 八方美人で調子がいい人
  • 極端に明るいか暗い性格の人
  • まとめ

1. モテるために人気者と仲良くなろうとする人

モテるために人気者と仲良くなろうとする人

自分がモテるために人気者と仲良くなろうとする計算高い男性とは友達になるべきではありません。

同性ならモテる友達のおこぼれを頂こうとしている可能性がありますし、異性なら株を上げるためだけに人気者を狙っていたりその子の仲のいい別の子と関わるキッカケを作ろうと近寄っている可能性があります。

最初は社交的な相手に仲良くなってもいいかなと思ってしまいますが、動機が不純なので別の人気者を見つけるとぱっといなくなってしまうこともありがっかりすることもあります。

2. 助けを求めるばかりで助けてはくれない人

助けを求めるばかりで助けてはくれない人

優しい性格の人なら助けを求めてくる相手のことを「自分を頼りにしてくれているのだ」と感じてつい世話をやいてしまいたくなります。

しかし、自分が楽をするためだけに利用しているだけという場合もあり、そんな相手に限ってこちらがピンチの時は何もしてくれません。

このような人とは友達になってもただ面倒なだけでありメリットがありません。

また、便利な相手などと思われているのを想像すると腹が立ってきます。

3. 言うこともやることもいい加減な人

言うこともやることもいい加減な人

いい加減なことばかり言って調子ばかりいい人や、遅刻を繰り返したり雑にものや人を扱うような適当な行動が目立つ相手とは友達にならない方が無難です。

一緒にいると巻き添えをくらってしまうこともあり、自分の価値を下げることにもなってしまいます。

それに、そんな相手から学ぶべきことなどありません。

諭したり心配しながらだんだん虚しくなっていく自分に気づきます。

4. お金に対する価値観が合わない人

お金に対する価値観が合わない人

お金に対する価値観が合わない人とは友達になっても苦労が耐えません。

浪費が激しいだけでも見ていて不快な相手ですが、簡単にお金を無心してくるようであればますます信用することはできなくなってしまいます。

また、一緒に食事に行ったり買い物に行ってもお金の使い方が違うと好きなものを食べたり買ったりすることが躊躇われます。

友達としてではなく恋人としても親しくなると苦労するのではないでしょうか。

5. 八方美人で調子がいい人

八方美人で調子がいい人

八方美人で調子がいい男性と友達になってしまうとその人の言っていることが信用できません。

親しくしているうちはまだいいですが、あちこちのグループに所属している状態なので自分のことをあちらでネタとして話しているという可能性もあります。

その結果もっと相手を信用できなくなってしまい、上辺だけの浅い関係になってしまうことも珍しいことではないはずです。

また、調子がいい相手と親しくしていると自分までそう見られてしまうので他の交友関係にも影響が出てきます。

6. 極端に明るいか暗い性格の人

極端に明るいか暗い性格の人

性格が極端に明るい人と友達になると大人しい人は疲れてしまいます。

明るい人であっても隙を見せる間がないので時には疲労を感じてしまうこともあります。

かといって極端に暗い性格の人だと同じタイプの人は楽に感じますがいつまでも暗いままで自分を変えることはできそうにありませんし、明るい人からすると気分が落ちる相手となり疫病神のように思えてしまったりします。

まとめ

友達にならない方がいい男性とは自分にメリットのない人や尊敬できない人のことを言います。

友達とはただ気が合うかどうかだけではなく自分にはないものを持っていたり助け合えるような関係でいたいものです。

ただがむしゃらに友達を増やすよりも、少数であってもこの人こそという相手と絆を深めていきたいものではないでしょうか。

自然と仲良くなれた相手や「友達になろう」と言ってくれた相手でも友達になるべきではない男性もいます。

その特徴をまとめました。


モテるために人気者と仲良くなろうとする人

自分がモテるために人気者と仲良くなろうとする計算高い男性とは友達になるべきではありません。

同性ならモテる友達のおこぼれを頂こうとしている可能性がありますし、異性なら株を上げるためだけに人気者を狙っていたりその子の仲のいい別の子と関わるキッカケを作ろうと近寄っている可能性があります。

最初は社交的な相手に仲良くなってもいいかなと思ってしまいますが、動機が不純なので別の人気者を見つけるとぱっといなくなってしまうこともありがっかりすることもあります。

助けを求めるばかりで助けてはくれない人

優しい性格の人なら助けを求めてくる相手のことを「自分を頼りにしてくれているのだ」と感じてつい世話をやいてしまいたくなります。

しかし、自分が楽をするためだけに利用しているだけという場合もあり、そんな相手に限ってこちらがピンチの時は何もしてくれません。

このような人とは友達になってもただ面倒なだけでありメリットがありません。

また、便利な相手などと思われているのを想像すると腹が立ってきます。

言うこともやることもいい加減な人

いい加減なことばかり言って調子ばかりいい人や、遅刻を繰り返したり雑にものや人を扱うような適当な行動が目立つ相手とは友達にならない方が無難です。

一緒にいると巻き添えをくらってしまうこともあり、自分の価値を下げることにもなってしまいます。

それに、そんな相手から学ぶべきことなどありません。

諭したり心配しながらだんだん虚しくなっていく自分に気づきます。

お金に対する価値観が合わない人

お金に対する価値観が合わない人とは友達になっても苦労が耐えません。

浪費が激しいだけでも見ていて不快な相手ですが、簡単にお金を無心してくるようであればますます信用することはできなくなってしまいます。

また、一緒に食事に行ったり買い物に行ってもお金の使い方が違うと好きなものを食べたり買ったりすることが躊躇われます。

友達としてではなく恋人としても親しくなると苦労するのではないでしょうか。

八方美人で調子がいい人

八方美人で調子がいい男性と友達になってしまうとその人の言っていることが信用できません。

親しくしているうちはまだいいですが、あちこちのグループに所属している状態なので自分のことをあちらでネタとして話しているという可能性もあります。

その結果もっと相手を信用できなくなってしまい、上辺だけの浅い関係になってしまうことも珍しいことではないはずです。

また、調子がいい相手と親しくしていると自分までそう見られてしまうので他の交友関係にも影響が出てきます。

極端に明るいか暗い性格の人

性格が極端に明るい人と友達になると大人しい人は疲れてしまいます。

明るい人であっても隙を見せる間がないので時には疲労を感じてしまうこともあります。

かといって極端に暗い性格の人だと同じタイプの人は楽に感じますがいつまでも暗いままで自分を変えることはできそうにありませんし、明るい人からすると気分が落ちる相手となり疫病神のように思えてしまったりします。

友達にならない方がいい男性とは自分にメリットのない人や尊敬できない人のことを言います。

友達とはただ気が合うかどうかだけではなく自分にはないものを持っていたり助け合えるような関係でいたいものです。

ただがむしゃらに友達を増やすよりも、少数であってもこの人こそという相手と絆を深めていきたいものではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-