【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164057.html
男性が使う不倫の言い訳

男性が使う不倫の言い訳 | LADYCO

LADYCO
男性が使う不倫の言い訳

不倫をする男性が多いといわれていますが、不倫をした際の言い訳として、男性が多く使う言葉をみていきましょう。

  • 寂しかった
  • 女性の方から誘ってきた
  • 女性としてみれなくなった
  • 一時の気の迷い
  • 男女の関係はない
  • 好きになったから仕方ない
  • まとめ

1. 寂しかった

寂しかった

不倫をする男性がよく使う言い訳が、「寂しかったから不倫をしてしまった」という言葉です。

子供ができてから、全てが子供中心の生活になってしまい、自分の相手をしてもらえなくなって寂しかったとか、お互いに仕事が忙しくてすれ違い生活だったから寂しかったなど理由は様々です。

まるで相手にしてくれなかった奥さんが悪いともとれる言い訳には、聞いた方も呆れてしまうかもしれません。

寂しかったからという不倫の言い訳に、納得できる人はいないはずです。

2. 女性の方から誘ってきた

女性の方から誘ってきた

「誘ったのは自分ではなく相手の女性の方だ」という言い訳もよく使われます。

事実がどうであれ、不倫をしたことに違いはありません。

もし本当は自分からアプローチしていたにもかかわらず、嘘をついて女性のせいにしていたとしたら最低ですが、女性の方から誘ってきたのだとしても、それを不倫の言い訳に使ってしまうところが男性としてなんとも情けないです。

このようないい訳をしてしまう男性は、不倫関係にあった女性からも奥さんからも、見限られることになるでしょう。

3. 女性としてみれなくなった

女性としてみれなくなった

「奥さんのことを女性としてみれなくなった」これもよく不倫の言い訳として使われる言葉でしょう。

新婚ながらも、子供を産んで母親となった奥さんを、女性としてみれなくなってしまったという人や、長年連れ添ってきて、女性というよりも家族になってしまったという人、結婚後に体型が変わって魅力がなくなったなど様々です。

この言い訳をされてしまうと、言われた奥さんは更に落ち込み、その後も婚姻関係を続けていくことは難しいでしょう。

そのくらいショックな言い訳のはずです。

この言い訳の場合、言った男性の方も、奥さんに許してもらう気はないのかもしれません。

4. 一時の気の迷い

一時の気の迷い

「どうにかしていた」これもよく使われる不倫の言い訳でしょう。

仕事のストレスが溜まっていて、ストレス発散の為の浮気のつもりが不倫になってしまったなど、精神状態がおかしかった、正常ではなかったということを強調してくるのです。

一時の気の迷いであって、今後はそのようなことは絶対ないと言いたいのでしょう。

この場合は、男性の方は奥さんとの修復を望んでいるのかもしれません。

5. 男女の関係はない

男女の関係はない

どう見ても明らかに不倫関係があったとしても、「男女の関係はない」と言い通す男性も多いでしょう。

認めてしまえば全ては終わりということで、相談にのっていただけだとか、一泊したのも二人だけではなかったなど、最後まで男女の関係を認めずに無かったことにしてしまうのです。

かなり無理があっても、自分は絶対に認めないと決めているのでしょう。

しかし言われた方はずっと疑念が残ったままです。

その後は、男性が何かと奥さんに気を遣いながらの結婚生活になるでしょう。

6. 好きになったから仕方ない

好きになったから仕方ない

「好きになってしまったのだから仕方ない」こんな風に開き直る男性もいるでしょう。

結婚をしていても、恋愛をしてしまうことだってあるといった感じで、自分の不倫を潔く認めてくるのです。

言った本人はそれでスッキリするかもしれませんが、開き直られた方はより神経を逆なでされることでしょう。

この言い訳をした男性は、今後奥さんとは別れて不倫相手の女性と一緒になるつもりなのかもしれません。

ここまで男性に開き直られたら、女性はもらうものだけもらって別れようという気になるはずです。

まとめ

不倫をする男性の言い訳には、完全に開き直ったり、無かったことにするなど様々です。

いづれにしても、女性は簡単に許せるものではないことだけは確かでしょう。

不倫をする男性が多いといわれていますが、不倫をした際の言い訳として、男性が多く使う言葉をみていきましょう。


寂しかった

不倫をする男性がよく使う言い訳が、「寂しかったから不倫をしてしまった」という言葉です。

子供ができてから、全てが子供中心の生活になってしまい、自分の相手をしてもらえなくなって寂しかったとか、お互いに仕事が忙しくてすれ違い生活だったから寂しかったなど理由は様々です。

まるで相手にしてくれなかった奥さんが悪いともとれる言い訳には、聞いた方も呆れてしまうかもしれません。

寂しかったからという不倫の言い訳に、納得できる人はいないはずです。

女性の方から誘ってきた

「誘ったのは自分ではなく相手の女性の方だ」という言い訳もよく使われます。

事実がどうであれ、不倫をしたことに違いはありません。

もし本当は自分からアプローチしていたにもかかわらず、嘘をついて女性のせいにしていたとしたら最低ですが、女性の方から誘ってきたのだとしても、それを不倫の言い訳に使ってしまうところが男性としてなんとも情けないです。

このようないい訳をしてしまう男性は、不倫関係にあった女性からも奥さんからも、見限られることになるでしょう。

女性としてみれなくなった

「奥さんのことを女性としてみれなくなった」これもよく不倫の言い訳として使われる言葉でしょう。

新婚ながらも、子供を産んで母親となった奥さんを、女性としてみれなくなってしまったという人や、長年連れ添ってきて、女性というよりも家族になってしまったという人、結婚後に体型が変わって魅力がなくなったなど様々です。

この言い訳をされてしまうと、言われた奥さんは更に落ち込み、その後も婚姻関係を続けていくことは難しいでしょう。

そのくらいショックな言い訳のはずです。

この言い訳の場合、言った男性の方も、奥さんに許してもらう気はないのかもしれません。

一時の気の迷い

「どうにかしていた」これもよく使われる不倫の言い訳でしょう。

仕事のストレスが溜まっていて、ストレス発散の為の浮気のつもりが不倫になってしまったなど、精神状態がおかしかった、正常ではなかったということを強調してくるのです。

一時の気の迷いであって、今後はそのようなことは絶対ないと言いたいのでしょう。

この場合は、男性の方は奥さんとの修復を望んでいるのかもしれません。

男女の関係はない

どう見ても明らかに不倫関係があったとしても、「男女の関係はない」と言い通す男性も多いでしょう。

認めてしまえば全ては終わりということで、相談にのっていただけだとか、一泊したのも二人だけではなかったなど、最後まで男女の関係を認めずに無かったことにしてしまうのです。

かなり無理があっても、自分は絶対に認めないと決めているのでしょう。

しかし言われた方はずっと疑念が残ったままです。

その後は、男性が何かと奥さんに気を遣いながらの結婚生活になるでしょう。

好きになったから仕方ない

「好きになってしまったのだから仕方ない」こんな風に開き直る男性もいるでしょう。

結婚をしていても、恋愛をしてしまうことだってあるといった感じで、自分の不倫を潔く認めてくるのです。

言った本人はそれでスッキリするかもしれませんが、開き直られた方はより神経を逆なでされることでしょう。

この言い訳をした男性は、今後奥さんとは別れて不倫相手の女性と一緒になるつもりなのかもしれません。

ここまで男性に開き直られたら、女性はもらうものだけもらって別れようという気になるはずです。

不倫をする男性の言い訳には、完全に開き直ったり、無かったことにするなど様々です。

いづれにしても、女性は簡単に許せるものではないことだけは確かでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-