【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164033.html
言い訳が多い男性の特徴

言い訳が多い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
言い訳が多い男性の特徴

私たちが社会で多くの人達と接触する中で、自分のミスや失態を素直に謝らず、言い訳を繰り返す男性がおります。

そう言った男性にはどのような特徴があるのかをご紹介致します。

  • 自分の正当性を主張したがる
  • 自分を守ろうとする
  • 責任から逃れようとする
  • 謝ったら負けだと思っている
  • 主張をした後、直ぐにその場からいなくなる
  • 筋が通っていない反論を通そうとする
  • まとめ

1. 自分の正当性を主張したがる

自分の正当性を主張したがる

以下の項目に関係してくる特徴でもありますが、とにかく自分の正当性を主張してきます。

仕事上でミスや失敗が起こった場合、自分の判断は正しくそこに何らかのミスが生じた場合は周囲の人や周りの環境のせいにして、自分には一切の非が無い事を主張してきます。

特に男性はプライドが高い人も多く、怒られている間も相手の言葉を遮ってまで自身の主張を押し通してきます。

2. 自分を守ろうとする

自分を守ろうとする

これは、自分のせいで何らかのミスが生じた場合、まず自分を守ろうとする思考に直結すると言う男性に見られる特徴です。

自分がミスを起因したことによる自身の評価・評判の低下に繋がる事にもなりますし、他者からの叱責から逃れようとして言い訳を繰り返す事になります。

特に小さな店舗や事務所と言った空間では、上司から叱責をされたとなると、周囲の従業員にもすぐに広まりやすい場所だと考え、より一層、自身を守るために必死に言い訳をするのです。

3. 責任から逃れようとする

責任から逃れようとする

どのような場所や仕事でも、ミスを起こした場合に責任を問われる事がほとんどです。

しかし、言い訳をする男性はその責任から逃れたいと考え、自分は悪くなく自分のせいでは無いと言い訳をします。

基本的には上の項目と似たような特徴であり、自分を守る事で必死ですし例え自身に完全に非があったとしても、自分の考え・行動は正しく周囲に問題があるかのように振舞う男性に見られる特徴です。

4. 謝ったら負けだと思っている

謝ったら負けだと思っている

プライドの高い男性に多く見られる特徴で、謝罪をしたら負けだと言う価値観を持っている為、謝罪をすると言う考えには行きつきません。

少なくとも、ミスや失態の原因が自分一人が悪い状況では無いように言い訳をし続け、五分五分になる状態になるまで無理にでも引っ張ろうとします。

そうする事で、相手が申し訳ないと言う気持ちを確認してから自身も、次回からは気を付けるようにします、と最終的に自分が上の立場で決着をつけようとする男性にも見られる特徴でしょう。

5. 主張をした後、直ぐにその場からいなくなる

主張をした後、直ぐにその場からいなくなる

言い訳を繰り返す男性の中には、自身の主張を一方的に言い放ち勝手にその場を離れる方も多からずおります。

相手が上司であろうが店長であろうがお構いなく、これ以上話しても、認識が違うので時間の無駄であると言ったように、逃げるようにその場を離れます。

場合によっては、こちらが引き留めようとしても、お構い無し態度を取りさっさとその場を離れ、職場に戻り当てつけのように、失敗した業務についてこれ見よがしに作業を始める方もおります。

6. 筋が通っていない反論を通そうとする

筋が通っていない反論を通そうとする

結局のところ、言い訳をする男性は自身の評価やプライドを守り、責任を問われないようにその場を取り繕う事で何とか切り抜けようと考えているわけです。

しかし、完全に自身に非がある場合でも、過去の事例や自身のその時の状況、周囲のメンバー達の配慮不足と言ったように、何が何でも自分の主張を押し通そうと、筋が通っていない事でも口にする事があります。

その主張が如何に筋違いであっても自身を守る事で頭がいっぱいとなり、周りが見えなくなる男性に多い特徴だと言えます。

まとめ

このようにミスや失敗をしても、言い訳が多い男性に対しては注意をする側も大きな負担となります。

ですので、そう言う男性に対しては、まず、冷静に話を聞いてから、その場を飛び出すようでしたら、頭を冷やす時間を与えた後に、今一度先程の主張が如何に自己中心的な考えなのかを指摘して、決着がつくまでじっくりと話し合う時間を設けてください。

面倒な事ではありますが、一人そういう主張を声高に繰り返す従業員がいると、周囲の従業員の士気にも関わりますし、それを見た後輩従業員にも移ってしまう可能性もあります。

ですので、時間を掛けてゆっくりと言い分を聞いた後、不適当な個所は一つずつ指摘する事が大事なのです。

私たちが社会で多くの人達と接触する中で、自分のミスや失態を素直に謝らず、言い訳を繰り返す男性がおります。

そう言った男性にはどのような特徴があるのかをご紹介致します。


自分の正当性を主張したがる

以下の項目に関係してくる特徴でもありますが、とにかく自分の正当性を主張してきます。

仕事上でミスや失敗が起こった場合、自分の判断は正しくそこに何らかのミスが生じた場合は周囲の人や周りの環境のせいにして、自分には一切の非が無い事を主張してきます。

特に男性はプライドが高い人も多く、怒られている間も相手の言葉を遮ってまで自身の主張を押し通してきます。

自分を守ろうとする

これは、自分のせいで何らかのミスが生じた場合、まず自分を守ろうとする思考に直結すると言う男性に見られる特徴です。

自分がミスを起因したことによる自身の評価・評判の低下に繋がる事にもなりますし、他者からの叱責から逃れようとして言い訳を繰り返す事になります。

特に小さな店舗や事務所と言った空間では、上司から叱責をされたとなると、周囲の従業員にもすぐに広まりやすい場所だと考え、より一層、自身を守るために必死に言い訳をするのです。

責任から逃れようとする

どのような場所や仕事でも、ミスを起こした場合に責任を問われる事がほとんどです。

しかし、言い訳をする男性はその責任から逃れたいと考え、自分は悪くなく自分のせいでは無いと言い訳をします。

基本的には上の項目と似たような特徴であり、自分を守る事で必死ですし例え自身に完全に非があったとしても、自分の考え・行動は正しく周囲に問題があるかのように振舞う男性に見られる特徴です。

謝ったら負けだと思っている

プライドの高い男性に多く見られる特徴で、謝罪をしたら負けだと言う価値観を持っている為、謝罪をすると言う考えには行きつきません。

少なくとも、ミスや失態の原因が自分一人が悪い状況では無いように言い訳をし続け、五分五分になる状態になるまで無理にでも引っ張ろうとします。

そうする事で、相手が申し訳ないと言う気持ちを確認してから自身も、次回からは気を付けるようにします、と最終的に自分が上の立場で決着をつけようとする男性にも見られる特徴でしょう。

主張をした後、直ぐにその場からいなくなる

言い訳を繰り返す男性の中には、自身の主張を一方的に言い放ち勝手にその場を離れる方も多からずおります。

相手が上司であろうが店長であろうがお構いなく、これ以上話しても、認識が違うので時間の無駄であると言ったように、逃げるようにその場を離れます。

場合によっては、こちらが引き留めようとしても、お構い無し態度を取りさっさとその場を離れ、職場に戻り当てつけのように、失敗した業務についてこれ見よがしに作業を始める方もおります。

筋が通っていない反論を通そうとする

結局のところ、言い訳をする男性は自身の評価やプライドを守り、責任を問われないようにその場を取り繕う事で何とか切り抜けようと考えているわけです。

しかし、完全に自身に非がある場合でも、過去の事例や自身のその時の状況、周囲のメンバー達の配慮不足と言ったように、何が何でも自分の主張を押し通そうと、筋が通っていない事でも口にする事があります。

その主張が如何に筋違いであっても自身を守る事で頭がいっぱいとなり、周りが見えなくなる男性に多い特徴だと言えます。

このようにミスや失敗をしても、言い訳が多い男性に対しては注意をする側も大きな負担となります。

ですので、そう言う男性に対しては、まず、冷静に話を聞いてから、その場を飛び出すようでしたら、頭を冷やす時間を与えた後に、今一度先程の主張が如何に自己中心的な考えなのかを指摘して、決着がつくまでじっくりと話し合う時間を設けてください。

面倒な事ではありますが、一人そういう主張を声高に繰り返す従業員がいると、周囲の従業員の士気にも関わりますし、それを見た後輩従業員にも移ってしまう可能性もあります。

ですので、時間を掛けてゆっくりと言い分を聞いた後、不適当な個所は一つずつ指摘する事が大事なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-