【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401163938.html
関西男子の特徴

関西男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
関西男子の特徴

エンタメやファッションなど関西は、関東とは異なる文化があり魅力を感じている人も多いでしょう。

カルチャーだけでなく人間性にも地域によって違いが出てきます。

関西男子に多い性格や特徴について見ていきます。

  • 常にムードメーカーな気配り上手
  • 思ったことをストレートに言うので反感を買うこともある
  • 倹約家が多くデートでも割り勘は定番
  • 家意識が比較的強いので家族の話題が豊富
  • ファッションはアラサー、アラフォーでもストリート系が多い
  • プライドが高くない親しみやすい女子が好み
  • まとめ

1. 常にムードメーカーな気配り上手

常にムードメーカーな気配り上手

関西男子は、常にまわりを意識して場を盛り上げようとしてくれるサービス精神が豊富な特徴があります。

ほかの地域の男子だったら黙っていたり事務的に物事を進めようとしている時でも、関西男子はその場の空気を和やかなものに変えてくれます。

明るく気配り上手な性格なので、会社や学校などのグループの雰囲気はよくなり、プロジェクトなども円滑に進むことも多いのです。

大阪をはじめとして商人の町、古くからアジア、ヨーロッパ諸国からの来客者も多かった関西という地域柄もあり、人をもてなす気質が備わっているのです。

2. 思ったことをストレートに言うので反感を買うこともある

思ったことをストレートに言うので反感を買うこともある

関西男子に多いのは、思ったことをオブラートに包まずそのまま発言してしまうことです。

そのことでまわりに誤解を招いてしまったり反感を買ったりすることも少なくありません。

それはどうしてかというと、関東ではマンションの隣に住んでいる人の名前を知らないことはありますが、まだ関西では人との交流が活発です。

十数年前よりは疎遠になっていますが、それでも関東に比べると関西は人との繋がりが密接です。

そのため関西男子はそののりで他人に対しても歯に衣着せぬ発言をしてしまいます。

人との関係をフランクに感じているのです。

3. 倹約家が多くデートでも割り勘は定番

倹約家が多くデートでも割り勘は定番

不況下において関西男子の懐はより堅実になっています。

友達と遊びに行ったり彼女とデートをしたりする時も人に奢ることはほとんどありません。

もちろん何らかの記念日や、奢るような出来事があれば別ですが、気前よく見せたりすることは日頃はありません。

デートでも割り勘は当たり前の倹約家が多いのです。

そのため倹約家過ぎてけちな人だと思われることもあり、サービス精神豊富な人柄とのギャップにがっかりされることもあります。

言葉や態度でムードを盛り上げても、お財布の紐が固いのが関西男子の特徴です。

4. 家意識が比較的強いので家族の話題が豊富

家意識が比較的強いので家族の話題が豊富

核家族や1人暮らしが多くなっている現在で、家族と疎遠になりがちですが、関西男子は家族と仲がいいケースが目立ちます。

というのも関西の場合、関東や東京の男子に比べるとまだまだ家意識が強いのです。

そのため家を離れてもいつかは地元に戻る、結婚相手は親が気に入る相手といった従来の慣習が残っています。

もちろんすべての関西男子ではありませんが、結婚は本人同士の意思だけでなく親の介入も多いので、今の時代だと婚期が遅くなりがちになってしまいます。

5. ファッションはアラサー、アラフォーでもストリート系が多い

ファッションはアラサー、アラフォーでもストリート系が多い

関西男子に多いファッションはストリート系で、それは十代、二十代だけでなく、アラサー、アラフォーにも珍しくありません。

関東男子は年齢が高くなるほど落ち着いたファッションを好みますが、関西男子は年齢が上がってもいつまでも若者っぽいファッションをする人が多いです。

したいファッションを続けているので関西男子にとっては違和感はないのですが、相手にどう見られるかをあまり気にしていないのです。

外面より内面で勝負することが関西男子にとってのポリシーです。

6. プライドが高くない親しみやすい女子が好み

プライドが高くない親しみやすい女子が好み

関西男子の理想の女性は美人でクールというタイプよりも、親しみやすい性格やビジュアルを持ったタイプの女性です。

けして面食いではないので性格を重視します。

そのため好きな芸能人のタイプを聞かれても、美人女優より親しみやすいタレントの名前を挙げることが多いでしょう。

美人相手だと緊張したりプライドの高さに引いてしまうことがありますが、楽しい雰囲気や親しみやすい雰囲気の女性に関西男子は弱いのです。

まとめ

場を和ますムードメーカーが目立つのが関西男子に多い性格や特徴ですが、その一方で倹約なところ、家意識が強いところなど真面目な部分があります。

そういったところがギャップとして人を引き寄せることもあるのです。

エンタメやファッションなど関西は、関東とは異なる文化があり魅力を感じている人も多いでしょう。

カルチャーだけでなく人間性にも地域によって違いが出てきます。

関西男子に多い性格や特徴について見ていきます。


常にムードメーカーな気配り上手

関西男子は、常にまわりを意識して場を盛り上げようとしてくれるサービス精神が豊富な特徴があります。

ほかの地域の男子だったら黙っていたり事務的に物事を進めようとしている時でも、関西男子はその場の空気を和やかなものに変えてくれます。

明るく気配り上手な性格なので、会社や学校などのグループの雰囲気はよくなり、プロジェクトなども円滑に進むことも多いのです。

大阪をはじめとして商人の町、古くからアジア、ヨーロッパ諸国からの来客者も多かった関西という地域柄もあり、人をもてなす気質が備わっているのです。

思ったことをストレートに言うので反感を買うこともある

関西男子に多いのは、思ったことをオブラートに包まずそのまま発言してしまうことです。

そのことでまわりに誤解を招いてしまったり反感を買ったりすることも少なくありません。

それはどうしてかというと、関東ではマンションの隣に住んでいる人の名前を知らないことはありますが、まだ関西では人との交流が活発です。

十数年前よりは疎遠になっていますが、それでも関東に比べると関西は人との繋がりが密接です。

そのため関西男子はそののりで他人に対しても歯に衣着せぬ発言をしてしまいます。

人との関係をフランクに感じているのです。

倹約家が多くデートでも割り勘は定番

不況下において関西男子の懐はより堅実になっています。

友達と遊びに行ったり彼女とデートをしたりする時も人に奢ることはほとんどありません。

もちろん何らかの記念日や、奢るような出来事があれば別ですが、気前よく見せたりすることは日頃はありません。

デートでも割り勘は当たり前の倹約家が多いのです。

そのため倹約家過ぎてけちな人だと思われることもあり、サービス精神豊富な人柄とのギャップにがっかりされることもあります。

言葉や態度でムードを盛り上げても、お財布の紐が固いのが関西男子の特徴です。

家意識が比較的強いので家族の話題が豊富

核家族や1人暮らしが多くなっている現在で、家族と疎遠になりがちですが、関西男子は家族と仲がいいケースが目立ちます。

というのも関西の場合、関東や東京の男子に比べるとまだまだ家意識が強いのです。

そのため家を離れてもいつかは地元に戻る、結婚相手は親が気に入る相手といった従来の慣習が残っています。

もちろんすべての関西男子ではありませんが、結婚は本人同士の意思だけでなく親の介入も多いので、今の時代だと婚期が遅くなりがちになってしまいます。

ファッションはアラサー、アラフォーでもストリート系が多い

関西男子に多いファッションはストリート系で、それは十代、二十代だけでなく、アラサー、アラフォーにも珍しくありません。

関東男子は年齢が高くなるほど落ち着いたファッションを好みますが、関西男子は年齢が上がってもいつまでも若者っぽいファッションをする人が多いです。

したいファッションを続けているので関西男子にとっては違和感はないのですが、相手にどう見られるかをあまり気にしていないのです。

外面より内面で勝負することが関西男子にとってのポリシーです。

プライドが高くない親しみやすい女子が好み

関西男子の理想の女性は美人でクールというタイプよりも、親しみやすい性格やビジュアルを持ったタイプの女性です。

けして面食いではないので性格を重視します。

そのため好きな芸能人のタイプを聞かれても、美人女優より親しみやすいタレントの名前を挙げることが多いでしょう。

美人相手だと緊張したりプライドの高さに引いてしまうことがありますが、楽しい雰囲気や親しみやすい雰囲気の女性に関西男子は弱いのです。

場を和ますムードメーカーが目立つのが関西男子に多い性格や特徴ですが、その一方で倹約なところ、家意識が強いところなど真面目な部分があります。

そういったところがギャップとして人を引き寄せることもあるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-