【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401163548.html
東京都生まれの男性に多い性格や特徴

東京都生まれの男性に多い性格や特徴 | LADYCO

LADYCO
東京都生まれの男性に多い性格や特徴

首都、東京。

考え方によっては日本の中心とも言えます。

そんな東京生まれの男性では、どのような性格や特徴が多く見られるでしょうか。

  • 「東京生まれ」という意識がない
  • 良くも悪くも、口調がはっきりしている
  • 羽振りがよい
  • 電車に詳しい
  • 蕎麦・寿司が好きなことが多い
  • 都内の大学生活や仕事に、これといった新鮮味を見出さない
  • 下町・山の手・都下で違いがある
  • 東京の名所に意外と疎い
  • 「ひ」と「し」の発音を混同する傾向がある
  • 人の出身地や訛りを気にする
  • 言葉に含み・裏表がない
  • まとめ

1. 「東京生まれ」という意識がない

「東京生まれ」という意識がない

地方出身者では、「僕は田舎者だから」とか「自分は関西なので」など、出身地についてどことなく意識することが多いものです。

東京生まれの男性では、基本的に自分の出身地をさほど意識していないことが多いものです。

2. 良くも悪くも、口調がはっきりしている

良くも悪くも、口調がはっきりしている

東京出身の男性では、言葉遣い・口調がはっきりしていることが多いものです。

一般的には良い傾向とも考えられますが、友だち・恋人などの関係では「口調がきつい」と感じられることもあります。

例としては、地方出身男性であれば「今日はさんみいなあ、こりゃあしんどいわあ」などと言うところを、東京出身男性では「今日は寒いね。

これは大変だね」などと「言い切る」印象となり、冷たく受け取られることも多いものです。

3. 羽振りがよい

羽振りがよい

東京出身の男性は、羽振りがよい傾向があります。

これは、実際に裕福であるかとはさほど関係がありません。

同僚がちょっとした病気から回復したという場合でも、「景気づけに寿司でも食いに行くか!」などとおごったりすることが多くあります。

4. 電車に詳しい

電車に詳しい

電車に詳しい人が多いのも、東京出身の男性に多い傾向です。

東京では、駅が非常に多くあるため、車やバイクではなく電車を利用する経験が多いからですね。

複雑な地下鉄網なども、地図を見ることなく使いこなす男性が多いものです。

車の運転が上手いのとはまた異なるスマートさがあります。

5. 蕎麦・寿司が好きなことが多い

蕎麦・寿司が好きなことが多い

東京名物も多々ありますが、日常的には蕎麦や寿司を好む男性が多いのも、東京出身で見られる傾向です。

「うどんか、蕎麦か」と言われたら迷わず蕎麦、と答える男性も多いものです。

寿司に関しても、これといった祝い事などでなくても気楽に食する男性が多く見られます。

6. 都内の大学生活や仕事に、これといった新鮮味を見出さない

都内の大学生活や仕事に、これといった新鮮味を見出さない

都内の大学では、様々な地方からやってきた学生がひしめきあい、大学生活を楽しんだり、あるいは初めての東京生活に戸惑ったりします。

就職においてもこれは同様ですね。

しかし、東京出身で東京に就学・就職した場合では、特にそういった新鮮さや不安などは持たないものです。

7. 下町・山の手・都下で違いがある

下町・山の手・都下で違いがある

東京とひとくちに言っても、いわゆる下町出身では気さくな男性が多く、一方山の手出身では品のある男性が多いものです。

下町出身では、落語を思わせるような口調が染み付いている男性もいます。

いわゆる都下(23区以外)となりますと、住宅街も多く、西の方に行けば山間部・農村部もあります。

こういった都下出身では「べらんめえ口調」や、とっつきにくいような気高さも特にありません。

8. 東京の名所に意外と疎い

東京の名所に意外と疎い

これは他の地方でも言えることですが、自らの出身地の名所についてあまり知らない男性は多いものです。

「東京タワーやスカイツリーに行ったことがない」だとか、「ミッドタウンやヒカリエについて全然わからない」というような男性も珍しくありません。

9. 「ひ」と「し」の発音を混同する傾向がある

「ひ」と「し」の発音を混同する傾向がある

たとえば「必要だ」ということを「しつようだ」と発音したり、「ももひき」を「ももしき」と言うなど、「ひ」と「し」の混同が見られることがあります。

本人はあまり意識しておらず、完全に東京で育ってきたなら指摘されることも少ないため、急に言われると「何のこと?」と思ってしまう男性もいます。

10. 人の出身地や訛りを気にする

人の出身地や訛りを気にする

「どこから来たんですか?」などと何気なく言うのも東京出身の男性に見られる傾向です。

悪気はないものの、言われた方としては「なぜ出身地を唐突に聞くんだろう」と思ってしまうことがあります。

また、関西や東北の言葉はもとより、横浜や埼玉、千葉などの微妙な訛りにも気づく傾向があります。

これまた悪気はないものの、「どこの人だっけ?」などと言ってしまい、言われた側を困惑させることもあります。

11. 言葉に含み・裏表がない

言葉に含み・裏表がない

傾向としてですが、東京出身の男性、それも生粋の江戸っ子では言葉に裏表がなく、「含み」のある表現も好まない傾向があります。

たとえば「え?今言ったそれってどういう意味?」と聞き返しても「言ったままの意味だよ」というような会話も多くなります。

まとめ

東京の男性では、地方とはまた異なる独特の特徴があります。

なかでも気をつけたいのは「言葉がきつい」「冷たい」などと思わせやすいことです。

地方出身の女性からすると「そんな厳しい言い方しなくても」と感じてしまうこともあります。

東京弁は「標準語」とも言われたりしますが、東京出身の男性は「標準的」なわけではなく、固有の特徴を持つのです。

彼らの特徴には良いもの・悪いもの・特にどうともいえないもの、とあります。

上手く特徴を掴んで人付き合いをすることで、無用ないさかい・誤解などは避けられ、楽しく一緒に生活や仕事をできます。

首都、東京。

考え方によっては日本の中心とも言えます。

そんな東京生まれの男性では、どのような性格や特徴が多く見られるでしょうか。


「東京生まれ」という意識がない

地方出身者では、「僕は田舎者だから」とか「自分は関西なので」など、出身地についてどことなく意識することが多いものです。

東京生まれの男性では、基本的に自分の出身地をさほど意識していないことが多いものです。

良くも悪くも、口調がはっきりしている

東京出身の男性では、言葉遣い・口調がはっきりしていることが多いものです。

一般的には良い傾向とも考えられますが、友だち・恋人などの関係では「口調がきつい」と感じられることもあります。

例としては、地方出身男性であれば「今日はさんみいなあ、こりゃあしんどいわあ」などと言うところを、東京出身男性では「今日は寒いね。

これは大変だね」などと「言い切る」印象となり、冷たく受け取られることも多いものです。

羽振りがよい

東京出身の男性は、羽振りがよい傾向があります。

これは、実際に裕福であるかとはさほど関係がありません。

同僚がちょっとした病気から回復したという場合でも、「景気づけに寿司でも食いに行くか!」などとおごったりすることが多くあります。

電車に詳しい

電車に詳しい人が多いのも、東京出身の男性に多い傾向です。

東京では、駅が非常に多くあるため、車やバイクではなく電車を利用する経験が多いからですね。

複雑な地下鉄網なども、地図を見ることなく使いこなす男性が多いものです。

車の運転が上手いのとはまた異なるスマートさがあります。

蕎麦・寿司が好きなことが多い

東京名物も多々ありますが、日常的には蕎麦や寿司を好む男性が多いのも、東京出身で見られる傾向です。

「うどんか、蕎麦か」と言われたら迷わず蕎麦、と答える男性も多いものです。

寿司に関しても、これといった祝い事などでなくても気楽に食する男性が多く見られます。

都内の大学生活や仕事に、これといった新鮮味を見出さない

都内の大学では、様々な地方からやってきた学生がひしめきあい、大学生活を楽しんだり、あるいは初めての東京生活に戸惑ったりします。

就職においてもこれは同様ですね。

しかし、東京出身で東京に就学・就職した場合では、特にそういった新鮮さや不安などは持たないものです。

下町・山の手・都下で違いがある

東京とひとくちに言っても、いわゆる下町出身では気さくな男性が多く、一方山の手出身では品のある男性が多いものです。

下町出身では、落語を思わせるような口調が染み付いている男性もいます。

いわゆる都下(23区以外)となりますと、住宅街も多く、西の方に行けば山間部・農村部もあります。

こういった都下出身では「べらんめえ口調」や、とっつきにくいような気高さも特にありません。

東京の名所に意外と疎い

これは他の地方でも言えることですが、自らの出身地の名所についてあまり知らない男性は多いものです。

「東京タワーやスカイツリーに行ったことがない」だとか、「ミッドタウンやヒカリエについて全然わからない」というような男性も珍しくありません。

「ひ」と「し」の発音を混同する傾向がある

たとえば「必要だ」ということを「しつようだ」と発音したり、「ももひき」を「ももしき」と言うなど、「ひ」と「し」の混同が見られることがあります。

本人はあまり意識しておらず、完全に東京で育ってきたなら指摘されることも少ないため、急に言われると「何のこと?」と思ってしまう男性もいます。

人の出身地や訛りを気にする

「どこから来たんですか?」などと何気なく言うのも東京出身の男性に見られる傾向です。

悪気はないものの、言われた方としては「なぜ出身地を唐突に聞くんだろう」と思ってしまうことがあります。

また、関西や東北の言葉はもとより、横浜や埼玉、千葉などの微妙な訛りにも気づく傾向があります。

これまた悪気はないものの、「どこの人だっけ?」などと言ってしまい、言われた側を困惑させることもあります。

言葉に含み・裏表がない

傾向としてですが、東京出身の男性、それも生粋の江戸っ子では言葉に裏表がなく、「含み」のある表現も好まない傾向があります。

たとえば「え?今言ったそれってどういう意味?」と聞き返しても「言ったままの意味だよ」というような会話も多くなります。

東京の男性では、地方とはまた異なる独特の特徴があります。

なかでも気をつけたいのは「言葉がきつい」「冷たい」などと思わせやすいことです。

地方出身の女性からすると「そんな厳しい言い方しなくても」と感じてしまうこともあります。

東京弁は「標準語」とも言われたりしますが、東京出身の男性は「標準的」なわけではなく、固有の特徴を持つのです。

彼らの特徴には良いもの・悪いもの・特にどうともいえないもの、とあります。

上手く特徴を掴んで人付き合いをすることで、無用ないさかい・誤解などは避けられ、楽しく一緒に生活や仕事をできます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-