【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401160649.html
情に弱い男性の特徴

情に弱い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
情に弱い男性の特徴

情にほだされて負けてしまったり、情に流されやすい人が少なくありません。

ここでは、情に弱い男性に注目し、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 人から頼まれると嫌と言えない
  • 困っている人を放っておけない
  • もらい泣きしやすい
  • 交際中の彼女に別れを切り出せない
  • 人を厳しく責めることができない

1. 人から頼まれると嫌と言えない

人から頼まれると嫌と言えない

情に弱い男性は、自分よりも人の立場になってものごとをとらえ、自分よりも人を優先して行動する傾向が強くあります。

たとえば、職場の同僚から「仕事が残業になりそうなんだけど、子どもが生まれたばかりで、できるだけ早く家に帰ってやりたいから、代わりにやってくれないか?」と頼まれたとしましょう。

それはその同僚の仕事なのですから、同僚が残業するのが当然のことです。

ところが、情に弱い男性は「子どもと嫁さんのために早く帰ってやりたい」という同僚の話を聞くと、情にほだされて、「わかった。

仕事はおれが引き受ける」と答えてしまうのです。

「早く帰って、嫁さんを安心させてやりなよ」というようなやさしい言葉をかけることも少なくありません。

人から頼まれると嫌と言えないというのが、情に弱い男性の特徴ということになるでしょう。

2. 困っている人を放っておけない

困っている人を放っておけない

人から頼まれたときに人をサポートするだけではありません。

困っている人を見ると、自分から自発的に人助けをしようとするのも、情に弱い男性の特徴といっていいでしょう。

街中で、道がわからず困っているお年寄りがいるとします。

地図を片手に街角に立ち尽くしている人を見ると、そのままにしておけません。

「どうしました?」と声をかけてその人の力になろうとします。

そして、道に迷っているとわかると、ていねいに道を教え、その目的地にできるだけ近いところまで、そのお年寄りに同行してあげるのです。

そこには、少しでも「かわいそうだな」と感じると、その人のためにできるだけのことをしてあげないではいられないという心理があると考えていいでしょう。

3. もらい泣きしやすい

もらい泣きしやすい

涙もろいというのも、情に弱い男の特徴です。

男ですから、自分のことで泣くということはほとんどありません。

人のために泣くのです。

たとえば、人から悲しい身の上話を聞いたとしましょう。

そうすると、その話の中に入り込み、その人に感情移入して、まるで自分がその体験をしたかのように感じて涙を流すのです。

ドラマや映画を見ているときも同様です。

登場人物に感情移入をし、その気持ちに同調して涙を流すのが、情に弱い男性の特徴ということになるでしょう。

4. 交際中の彼女に別れを切り出せない

交際中の彼女に別れを切り出せない

交際している彼女と別れたいと思ったとしましょう。

気持ちが冷めたとか、彼女の嫌なところが目につくようになったとか、ほかに好きな女性ができたとかいう理由で、今の彼女との別れを考えるわけです。

しかし、別れたいと思っても、情に弱い男性は別れを切りだすことができません。

それは、交際している彼女に情が移ってしまっているからです。

たとえ、彼女の嫌なところが目につくようになったとしても、「全部が全部、悪いというわけではない。

彼女にはいいところもある」と、情に弱い男性は考えます。

また、「別れを切り出したら、彼女は悲しむに違いない」と想像し、「それはかわいそうなことだ」と思うのです。

そのため、気持ちが冷めていたとしても、彼女に別れを切り出せないのが、情に弱い男性と言うことになるでしょう。

5. 人を厳しく責めることができない

たとえば、自分が上司の立場で、大きなミスをした部下を叱責するとしましょう。

明らかに不用意なミスで、かんたんに防げるようものであった場合、上司としてある程度、厳しく指導しなければなりません。

しかし、情に弱い人は、目の前で部下がうなだれて、ひどく落ち込んでいるようすを見ると、厳しく責めることができません。

部下がかわいそうになって、「今後は気をつけるように」といった程度の注意で終わってしまうのです。

人を厳しく責めることができないというのが、情に弱い男性の特徴なのです。

情にほだされて負けてしまったり、情に流されやすい人が少なくありません。

ここでは、情に弱い男性に注目し、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


人から頼まれると嫌と言えない

情に弱い男性は、自分よりも人の立場になってものごとをとらえ、自分よりも人を優先して行動する傾向が強くあります。

たとえば、職場の同僚から「仕事が残業になりそうなんだけど、子どもが生まれたばかりで、できるだけ早く家に帰ってやりたいから、代わりにやってくれないか?」と頼まれたとしましょう。

それはその同僚の仕事なのですから、同僚が残業するのが当然のことです。

ところが、情に弱い男性は「子どもと嫁さんのために早く帰ってやりたい」という同僚の話を聞くと、情にほだされて、「わかった。

仕事はおれが引き受ける」と答えてしまうのです。

「早く帰って、嫁さんを安心させてやりなよ」というようなやさしい言葉をかけることも少なくありません。

人から頼まれると嫌と言えないというのが、情に弱い男性の特徴ということになるでしょう。

困っている人を放っておけない

人から頼まれたときに人をサポートするだけではありません。

困っている人を見ると、自分から自発的に人助けをしようとするのも、情に弱い男性の特徴といっていいでしょう。

街中で、道がわからず困っているお年寄りがいるとします。

地図を片手に街角に立ち尽くしている人を見ると、そのままにしておけません。

「どうしました?」と声をかけてその人の力になろうとします。

そして、道に迷っているとわかると、ていねいに道を教え、その目的地にできるだけ近いところまで、そのお年寄りに同行してあげるのです。

そこには、少しでも「かわいそうだな」と感じると、その人のためにできるだけのことをしてあげないではいられないという心理があると考えていいでしょう。

もらい泣きしやすい

涙もろいというのも、情に弱い男の特徴です。

男ですから、自分のことで泣くということはほとんどありません。

人のために泣くのです。

たとえば、人から悲しい身の上話を聞いたとしましょう。

そうすると、その話の中に入り込み、その人に感情移入して、まるで自分がその体験をしたかのように感じて涙を流すのです。

ドラマや映画を見ているときも同様です。

登場人物に感情移入をし、その気持ちに同調して涙を流すのが、情に弱い男性の特徴ということになるでしょう。

交際中の彼女に別れを切り出せない

交際している彼女と別れたいと思ったとしましょう。

気持ちが冷めたとか、彼女の嫌なところが目につくようになったとか、ほかに好きな女性ができたとかいう理由で、今の彼女との別れを考えるわけです。

しかし、別れたいと思っても、情に弱い男性は別れを切りだすことができません。

それは、交際している彼女に情が移ってしまっているからです。

たとえ、彼女の嫌なところが目につくようになったとしても、「全部が全部、悪いというわけではない。

彼女にはいいところもある」と、情に弱い男性は考えます。

また、「別れを切り出したら、彼女は悲しむに違いない」と想像し、「それはかわいそうなことだ」と思うのです。

そのため、気持ちが冷めていたとしても、彼女に別れを切り出せないのが、情に弱い男性と言うことになるでしょう。

たとえば、自分が上司の立場で、大きなミスをした部下を叱責するとしましょう。

明らかに不用意なミスで、かんたんに防げるようものであった場合、上司としてある程度、厳しく指導しなければなりません。

しかし、情に弱い人は、目の前で部下がうなだれて、ひどく落ち込んでいるようすを見ると、厳しく責めることができません。

部下がかわいそうになって、「今後は気をつけるように」といった程度の注意で終わってしまうのです。

人を厳しく責めることができないというのが、情に弱い男性の特徴なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-