【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401160634.html
あればいいってものじゃない?責任感のありすぎる男性の性格や特徴

あればいいってものじゃない?責任感のありすぎる男性の性格や特徴 | LADYCO

LADYCO
あればいいってものじゃない?責任感のありすぎる男性の性格や特徴

責任感がある男性といえば、聞こえの良いものです。

頼もしいですね。

しかし、責任感も「あり過ぎてしまう」とやや問題なのです。

そういった男性の性格や特徴とは?

  • ものごとを全て自分で決めようとする
  • 悩みごとを人に言わない
  • 子どもなどの自由さを制限する
  • 無理なことでも自分でしようとしてしまう
  • 仕事で無理をしすぎることがある
  • 勝手な行動をする
  • 何を考えているのかわからないと言われる
  • まとめ

1. ものごとを全て自分で決めようとする

ものごとを全て自分で決めようとする

責任感が強い男性では、万が一のことがあってはならないと考え、家族や恋人などと相談して決めるものごとも、最終的には自分で決める傾向があります。

もし良くないことが起きた場合、「俺が決めたんだから」と責任を持ちたいからですね。

その傾向自体ただちに悪いわけではありませんが、旅行先も自分が決める、買うべき家電製品も自分で決める、など「何でも俺が」になると、周囲もストレスを感じてしまいます。

2. 悩みごとを人に言わない

悩みごとを人に言わない

責任感がありすぎると、「自分の問題は自分で解決する」という姿勢もかなり強くなりがちです。

たとえば職場の人間関係に悩んでいても、それを家族や友人に言わない、体に悪いところがあっても恋人に打ち明けない、などの状況がありえます。

「自分でなんでも抱え込んでしまう」といえば同情したくもなりますが、裏を返せば、周囲の人の力を信用していないということでもあります。

やや勝手な姿勢でもありますね。

3. 子どもなどの自由さを制限する

子どもなどの自由さを制限する

もしも危険なことが起きては大変だ、と考え、子どもなどの遊びを制限してしまうのも、責任感のありすぎる男性に見られる傾向です。

たしかに子どもの遊びではケガなどの危険性をともなうものもありますが、あまりにも制限をかけてしまうと、子どもの好奇心が抑圧され、ひいては自立心を損なってしまうこともあります。

考えものですね。

恋人の始めるスポーツに「それは危ないからやめたほうがいい」と文句を言うなどになってくると、なかなか厄介です。

4. 無理なことでも自分でしようとしてしまう

無理なことでも自分でしようとしてしまう

たとえば、弁護士が必要な状況となっても、何ら法的知識がないのに自分で解決してしまおうとする、などの状況が見られます。

言い換えれば「できないことでも、しようとする」わけで、責任を感じるあまりの「無責任な行動」となります。

周囲にとって迷惑になることも少なくありません。

5. 仕事で無理をしすぎることがある

仕事で無理をしすぎることがある

責任感の強い男性では、当然仕事にも真面目に熱心に取り組むものです。

しかし、あまりにも無理をしてしまえば、心身ともにダメージを受け続け、深刻な事態を招くこともあります。

責任感の強い男性が仕事で無理をしすぎる点については、注意をはらいましょう。

ボランティアや親の介護など、ほかのことでも同様です。

6. 勝手な行動をする

勝手な行動をする

たとえば、家族に面倒な思いをさせたくないからと、何も言わずに高額な家庭用品を買ってきたり、寒さをしのぐ服(自分用以外)を買ってきたりと、世話焼き的な行動をするのも彼らの特徴です。

周囲からしてみれば、「一言言ってくれればよかったのに」とか「そんな高いものじゃなくても、家に置いてあるものがあったのに」などと感じ、「勝手だ」と思うこともあります。

7. 何を考えているのかわからないと言われる

何を考えているのかわからないと言われる

責任感がありすぎる男性は、周囲に相談せず重要なものごとを決めたり、相談しても最後はやはり自分で、何も言わず決めてしまったりします。

悩みごとなども言わない傾向が強いため、「何を考えているのかわからない」ととらえられることもあります。

まとめ

責任感がありすぎる男性では、その結果としてむしろ周囲に不安や戸惑い、時には不快感を与えることもあります。

また、自分自身を追い込んでしまうこともありますね。

結局のところ、責任感がありすぎると、問題も起こしやすいのです。

何事も程度問題といえるでしょう。

ただし本人に悪気はないため、それとなく指摘してあげるなどが大事です。

強気な男性では「いやいや、良いんだ」などと指摘を遮るかもしれませんが、時には指摘してあげることも本人のためになります。

責任感がある男性といえば、聞こえの良いものです。

頼もしいですね。

しかし、責任感も「あり過ぎてしまう」とやや問題なのです。

そういった男性の性格や特徴とは?


ものごとを全て自分で決めようとする

責任感が強い男性では、万が一のことがあってはならないと考え、家族や恋人などと相談して決めるものごとも、最終的には自分で決める傾向があります。

もし良くないことが起きた場合、「俺が決めたんだから」と責任を持ちたいからですね。

その傾向自体ただちに悪いわけではありませんが、旅行先も自分が決める、買うべき家電製品も自分で決める、など「何でも俺が」になると、周囲もストレスを感じてしまいます。

悩みごとを人に言わない

責任感がありすぎると、「自分の問題は自分で解決する」という姿勢もかなり強くなりがちです。

たとえば職場の人間関係に悩んでいても、それを家族や友人に言わない、体に悪いところがあっても恋人に打ち明けない、などの状況がありえます。

「自分でなんでも抱え込んでしまう」といえば同情したくもなりますが、裏を返せば、周囲の人の力を信用していないということでもあります。

やや勝手な姿勢でもありますね。

子どもなどの自由さを制限する

もしも危険なことが起きては大変だ、と考え、子どもなどの遊びを制限してしまうのも、責任感のありすぎる男性に見られる傾向です。

たしかに子どもの遊びではケガなどの危険性をともなうものもありますが、あまりにも制限をかけてしまうと、子どもの好奇心が抑圧され、ひいては自立心を損なってしまうこともあります。

考えものですね。

恋人の始めるスポーツに「それは危ないからやめたほうがいい」と文句を言うなどになってくると、なかなか厄介です。

無理なことでも自分でしようとしてしまう

たとえば、弁護士が必要な状況となっても、何ら法的知識がないのに自分で解決してしまおうとする、などの状況が見られます。

言い換えれば「できないことでも、しようとする」わけで、責任を感じるあまりの「無責任な行動」となります。

周囲にとって迷惑になることも少なくありません。

仕事で無理をしすぎることがある

責任感の強い男性では、当然仕事にも真面目に熱心に取り組むものです。

しかし、あまりにも無理をしてしまえば、心身ともにダメージを受け続け、深刻な事態を招くこともあります。

責任感の強い男性が仕事で無理をしすぎる点については、注意をはらいましょう。

ボランティアや親の介護など、ほかのことでも同様です。

勝手な行動をする

たとえば、家族に面倒な思いをさせたくないからと、何も言わずに高額な家庭用品を買ってきたり、寒さをしのぐ服(自分用以外)を買ってきたりと、世話焼き的な行動をするのも彼らの特徴です。

周囲からしてみれば、「一言言ってくれればよかったのに」とか「そんな高いものじゃなくても、家に置いてあるものがあったのに」などと感じ、「勝手だ」と思うこともあります。

何を考えているのかわからないと言われる

責任感がありすぎる男性は、周囲に相談せず重要なものごとを決めたり、相談しても最後はやはり自分で、何も言わず決めてしまったりします。

悩みごとなども言わない傾向が強いため、「何を考えているのかわからない」ととらえられることもあります。

責任感がありすぎる男性では、その結果としてむしろ周囲に不安や戸惑い、時には不快感を与えることもあります。

また、自分自身を追い込んでしまうこともありますね。

結局のところ、責任感がありすぎると、問題も起こしやすいのです。

何事も程度問題といえるでしょう。

ただし本人に悪気はないため、それとなく指摘してあげるなどが大事です。

強気な男性では「いやいや、良いんだ」などと指摘を遮るかもしれませんが、時には指摘してあげることも本人のためになります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-