【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401160631.html
歩くのが遅い男性の性格

歩くのが遅い男性の性格 | LADYCO

LADYCO
歩くのが遅い男性の性格

いっしょに歩いているとき、いつもそのペースが遅い男性がいると、「この人はどうして歩くのが遅いんだろう」と思うこともあるでしょう。

ここでは、歩くのが遅い男性にはどんな性格があるのか紹介します。

  • のんびり屋
  • 臆病で慎重
  • 好奇心旺盛
  • 思索的
  • マイペース
  • まとめ

1. のんびり屋

のんびり屋

のんびり屋の男性は、歩くペースも遅い傾向があると考えていいでしょう。

こういう性格の人は、何をするにもスローペースです。

仕事をする場合でも、あわてて仕事を始めたり、焦って早く終わらせようとはしません。

「締め切りまでに終わらせればいいんだから、あわてる必要はない」と考え、ゆっくり仕事に取りかかります。

ふだんの生活でも、あせって何かをするということはありません。

あわてたり急いだりすることが嫌いなのです。

歩くときも、「急ぎの用事があるわけではないんだから、ゆっくり行けばいい」と考えます。

のんびり屋で何事も焦らず、ゆっくりしたペースで進めることが好きというのが、歩くの遅い男性の性格ということになるでしょう。

2. 臆病で慎重

臆病で慎重

歩くのが遅い男性は、ほかの人といっしょに歩く際、人の後から遅れて行くことが少なくありません。

人の後から歩いていけば、なにか思わぬアクシデントに遭遇した時、そのアクシデントを回避することも可能でしょう。

たとえば、デートで彼女といっしょに歩いているとしましょう。

先に歩いている彼女が、わき道から出てきた自転車と接触してしまうというようなアクシデントが起こったとします。

その場合、遅れて後から歩いていた男性は、自転車との接触を避けることができるわけです。

もちろん、そんな計算をして、わざと遅らせているわけではありません。

しかし、あとから行ったほうが、リスク回避ができることを経験上知っているために、無意識のうちに遅れて歩くようになるのです。

つまり、臆病で慎重というのが、歩くのが遅い男性の性格なのです。

3. 好奇心旺盛

好奇心旺盛

歩くペースそのものが遅いというわけでもないのに、人よりも遅れて歩く男性も少なくありません。

どうしてそのようなことになるのか。

それは、このタイプの男性は好奇心旺盛で、町を歩いているとき、目に入るもの、耳に入る情報に興味を示し、それについて知りたいという思いから、足を止めたり、歩調をゆっくりしたりすることが多いからです。

たとえば、初めて訪れる旅先を散歩するとしましょう。

その場合、ふだんは速足の人でも、自然にゆっくりな歩調になって、旅の景色を楽しもうとするに違いありません。

そのように、ふだんから好奇心旺盛で、入ってくる情報に興味を示すというのが、歩くのが遅い男性の性格ということになります。

4. 思索的

思索的

何か考え事をしながら歩くと、人間は自然に歩くペースが遅くなるものです。

運動目的の速歩ウォーキングでは、歩くこと自体が目的になりますから、歩きながらじっくり考え事をすることはむずかしいでしょう。

ゆっくり散歩をしながらのほうが、深い考えごとをしやすいに違いありません。

歩くの遅い男性には、そのように考えごとをしながら歩くケースがあるのです。

ふだんから考えごとをする習慣があり、歩きながらものを考えているのが、このタイプの男性と言っていいでしょう。

つまり、「思索的」というのが、このケースでの歩くのが遅い男性の性格なのです。

5. マイペース

マイペース

いっしょに歩いている人のペースに合わせようとしないのが、歩くのが遅い男性の性格と言っていいでしょう。

相手も自分と同じスローペースの人なら、歩調を合わせる必要はありません。

しかし、そうでない場合は、相手の歩調に合わせ、できるだけ相手と並んで歩こうとするのがふつうです。

しかし、マイペースな性格の男性は、自分のペースを変えて、相手に合わせようとはしません。

むしろ、相手に対して、「そんなに急がないで、自分のペースに合わせてゆっくり歩いてほしい」と思っているのです。

まとめ

歩くのが遅い男性の性格を5種類紹介しました。

同じように歩くのが遅い男性にも、このようにさまざまな異なった性格があります。

身近にそういう男性がいるという方は、参考になさってください。

いっしょに歩いているとき、いつもそのペースが遅い男性がいると、「この人はどうして歩くのが遅いんだろう」と思うこともあるでしょう。

ここでは、歩くのが遅い男性にはどんな性格があるのか紹介します。


のんびり屋

のんびり屋の男性は、歩くペースも遅い傾向があると考えていいでしょう。

こういう性格の人は、何をするにもスローペースです。

仕事をする場合でも、あわてて仕事を始めたり、焦って早く終わらせようとはしません。

「締め切りまでに終わらせればいいんだから、あわてる必要はない」と考え、ゆっくり仕事に取りかかります。

ふだんの生活でも、あせって何かをするということはありません。

あわてたり急いだりすることが嫌いなのです。

歩くときも、「急ぎの用事があるわけではないんだから、ゆっくり行けばいい」と考えます。

のんびり屋で何事も焦らず、ゆっくりしたペースで進めることが好きというのが、歩くの遅い男性の性格ということになるでしょう。

臆病で慎重

歩くのが遅い男性は、ほかの人といっしょに歩く際、人の後から遅れて行くことが少なくありません。

人の後から歩いていけば、なにか思わぬアクシデントに遭遇した時、そのアクシデントを回避することも可能でしょう。

たとえば、デートで彼女といっしょに歩いているとしましょう。

先に歩いている彼女が、わき道から出てきた自転車と接触してしまうというようなアクシデントが起こったとします。

その場合、遅れて後から歩いていた男性は、自転車との接触を避けることができるわけです。

もちろん、そんな計算をして、わざと遅らせているわけではありません。

しかし、あとから行ったほうが、リスク回避ができることを経験上知っているために、無意識のうちに遅れて歩くようになるのです。

つまり、臆病で慎重というのが、歩くのが遅い男性の性格なのです。

好奇心旺盛

歩くペースそのものが遅いというわけでもないのに、人よりも遅れて歩く男性も少なくありません。

どうしてそのようなことになるのか。

それは、このタイプの男性は好奇心旺盛で、町を歩いているとき、目に入るもの、耳に入る情報に興味を示し、それについて知りたいという思いから、足を止めたり、歩調をゆっくりしたりすることが多いからです。

たとえば、初めて訪れる旅先を散歩するとしましょう。

その場合、ふだんは速足の人でも、自然にゆっくりな歩調になって、旅の景色を楽しもうとするに違いありません。

そのように、ふだんから好奇心旺盛で、入ってくる情報に興味を示すというのが、歩くのが遅い男性の性格ということになります。

思索的

何か考え事をしながら歩くと、人間は自然に歩くペースが遅くなるものです。

運動目的の速歩ウォーキングでは、歩くこと自体が目的になりますから、歩きながらじっくり考え事をすることはむずかしいでしょう。

ゆっくり散歩をしながらのほうが、深い考えごとをしやすいに違いありません。

歩くの遅い男性には、そのように考えごとをしながら歩くケースがあるのです。

ふだんから考えごとをする習慣があり、歩きながらものを考えているのが、このタイプの男性と言っていいでしょう。

つまり、「思索的」というのが、このケースでの歩くのが遅い男性の性格なのです。

マイペース

いっしょに歩いている人のペースに合わせようとしないのが、歩くのが遅い男性の性格と言っていいでしょう。

相手も自分と同じスローペースの人なら、歩調を合わせる必要はありません。

しかし、そうでない場合は、相手の歩調に合わせ、できるだけ相手と並んで歩こうとするのがふつうです。

しかし、マイペースな性格の男性は、自分のペースを変えて、相手に合わせようとはしません。

むしろ、相手に対して、「そんなに急がないで、自分のペースに合わせてゆっくり歩いてほしい」と思っているのです。

歩くのが遅い男性の性格を5種類紹介しました。

同じように歩くのが遅い男性にも、このようにさまざまな異なった性格があります。

身近にそういう男性がいるという方は、参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-