【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401160555.html
事故が多い男性の特徴

事故が多い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
事故が多い男性の特徴

まれに事故ばかり起こしている人がいます。

こういった人は決まってきていて、反対に全く事故などとは無縁の人もいます。

では事故を起こしやすい人とはいったいどのような人なのでしょうか?

その特徴を例に挙げて見ていきたいと思います。

  • 注意力が無い
  • 気性が荒い
  • 身勝手
  • せっかち
  • 負けず嫌い
  • 運転マナーが悪い
  • 運転が下手
  • 考え事などが多い
  • 運転すると気が大きくなる人
  • まとめ

1. 注意力が無い

注意力が無い

注意力が散漫でひとつの事に集中できない人は事故を起こしやすいと言えそうです。

車を運転しているときれいな景色だったり、新しい建物だったりと誘惑が沢山。

ついついそちらに気をとられてしまいがちで魅力的なものがあります。

しかし運転中は運転に集中していないと危険です。

注意しましょう。

2. 気性が荒い

気性が荒い

物事を大袈裟に話したり、すぐに喧嘩をしたがる人も事故を起こしやすい可能性が高いでしょう。

こういった人は運転を「度胸を試す場所」だと勘違いをしていますね。

運転は移動手段ですから、強さを誇示する場所ではありません。

冷静を心がけて欲しいものです。

3. 身勝手

身勝手

自分だけが良ければよいといった、自分勝手でわがままな人は事故を起こしやすいものです。

赤信号なども「誰もいないから渡ってしまおう」と考えたりします。

こういった人は事故を起こして、その上責任から逃げたりもするタイプが多いでしょう。

運転は人の命がかかっているのですから、身勝手な人には運転してほしくはありませんね。

4. せっかち

せっかち

そんなに急がなくてもいいのに、せっかちな人は事故を起こしやすいと言えそうです。

落ち着いてスピードを出さなくも良い場所で、急いでしまいます。

性格がそうさせてしまっているのですね。

せめて運転をする時は深呼吸などをして、いつも以上に慎重を心がけて欲しいものです。

5. 負けず嫌い

負けず嫌い

追い越されたから悔しくてまた追い越してやるなどといった、負けず嫌い根性がある人は事故を起こしやすいですね。

運転は競争では無いのですから、譲り合って欲しいものです。

たまに「車好き」といった、趣味でレーサーなどに憧れている人がいます。

こういった人はレーサーのように運転したいのか?ハンドルさばきが派手になりがちです。

車の塗装も同様に目立つものだったりします。

公道はレース場ではありません。

わきまえて欲しいものですね。

6. 運転マナーが悪い

運転マナーが悪い

普段から素行の悪い人も事故にあいやすい人と言えます。

運転マナーがなっていないと車同士の意思疏通ができませんから当然です。

曲がるウインカーを出すタイミングや、急ブレーキなど周囲が困惑するような運転の仕方は事故に繋がります。

極力控えましょう。

7. 運転が下手

運転が下手

そもそもの運転が下手な人がいます 車道の感覚などつかめないのか、車幅もぎりぎりですれ違おうとしていたりと、ハラハラしてしまう危ない運転です。

運転免許を取ったのですから運転は出来るのでしょうが、本音を言えば隣には座りたくありませんね。

8. 考え事などが多い

考え事などが多い

普段から悩みごとなどが多く、ボッーとしてしまいがちな人も事故を起こしやすいと言えます。

特に考え込んで塞ぎこんでしまう人。

一人の世界に入り込んでしまうので視界が狭くなってしまいます。

危ないですから運転するならリフレッシュして欲しいものです。

9. 運転すると気が大きくなる人

運転すると気が大きくなる人

普段は大人しいのに、ストレスを運転にぶつけるかのように豹変する人などです。

ここぞとばかりに荒い運転をしますから迷惑極まりありませんね。

二重人格とも言えますから、このような一面を知ってしまったら人間関係にもヒビが入りそうです。

まとめ

事故を起こしやすい男性は様々な特徴がありましたね。

運転は人柄が出やすいので事故を起こしやすい人はトラブルメーカーとも言えそうです。

命はひとつしかありませんから無理は控えて安心安全運転で過ごしたいものです。

では。

まれに事故ばかり起こしている人がいます。

こういった人は決まってきていて、反対に全く事故などとは無縁の人もいます。

では事故を起こしやすい人とはいったいどのような人なのでしょうか?

その特徴を例に挙げて見ていきたいと思います。


注意力が無い

注意力が散漫でひとつの事に集中できない人は事故を起こしやすいと言えそうです。

車を運転しているときれいな景色だったり、新しい建物だったりと誘惑が沢山。

ついついそちらに気をとられてしまいがちで魅力的なものがあります。

しかし運転中は運転に集中していないと危険です。

注意しましょう。

気性が荒い

物事を大袈裟に話したり、すぐに喧嘩をしたがる人も事故を起こしやすい可能性が高いでしょう。

こういった人は運転を「度胸を試す場所」だと勘違いをしていますね。

運転は移動手段ですから、強さを誇示する場所ではありません。

冷静を心がけて欲しいものです。

身勝手

自分だけが良ければよいといった、自分勝手でわがままな人は事故を起こしやすいものです。

赤信号なども「誰もいないから渡ってしまおう」と考えたりします。

こういった人は事故を起こして、その上責任から逃げたりもするタイプが多いでしょう。

運転は人の命がかかっているのですから、身勝手な人には運転してほしくはありませんね。

せっかち

そんなに急がなくてもいいのに、せっかちな人は事故を起こしやすいと言えそうです。

落ち着いてスピードを出さなくも良い場所で、急いでしまいます。

性格がそうさせてしまっているのですね。

せめて運転をする時は深呼吸などをして、いつも以上に慎重を心がけて欲しいものです。

負けず嫌い

追い越されたから悔しくてまた追い越してやるなどといった、負けず嫌い根性がある人は事故を起こしやすいですね。

運転は競争では無いのですから、譲り合って欲しいものです。

たまに「車好き」といった、趣味でレーサーなどに憧れている人がいます。

こういった人はレーサーのように運転したいのか?ハンドルさばきが派手になりがちです。

車の塗装も同様に目立つものだったりします。

公道はレース場ではありません。

わきまえて欲しいものですね。

運転マナーが悪い

普段から素行の悪い人も事故にあいやすい人と言えます。

運転マナーがなっていないと車同士の意思疏通ができませんから当然です。

曲がるウインカーを出すタイミングや、急ブレーキなど周囲が困惑するような運転の仕方は事故に繋がります。

極力控えましょう。

運転が下手

そもそもの運転が下手な人がいます 車道の感覚などつかめないのか、車幅もぎりぎりですれ違おうとしていたりと、ハラハラしてしまう危ない運転です。

運転免許を取ったのですから運転は出来るのでしょうが、本音を言えば隣には座りたくありませんね。

考え事などが多い

普段から悩みごとなどが多く、ボッーとしてしまいがちな人も事故を起こしやすいと言えます。

特に考え込んで塞ぎこんでしまう人。

一人の世界に入り込んでしまうので視界が狭くなってしまいます。

危ないですから運転するならリフレッシュして欲しいものです。

運転すると気が大きくなる人

普段は大人しいのに、ストレスを運転にぶつけるかのように豹変する人などです。

ここぞとばかりに荒い運転をしますから迷惑極まりありませんね。

二重人格とも言えますから、このような一面を知ってしまったら人間関係にもヒビが入りそうです。

事故を起こしやすい男性は様々な特徴がありましたね。

運転は人柄が出やすいので事故を起こしやすい人はトラブルメーカーとも言えそうです。

命はひとつしかありませんから無理は控えて安心安全運転で過ごしたいものです。

では。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-