【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401160549.html
のんびりしている男性の性格

のんびりしている男性の性格 | LADYCO

LADYCO
のんびりしている男性の性格

のんびりしている性格の女性は意外と多く存在しますが、男性でのんびりしている性格は意外と多くはありません。

では、どんな男性がのんびりしている性格をしているのでしょうか?

のんびりしている男性の性格をご紹介します。

  • 平和主義で争い事が嫌いな性格
  • 周りが見えていない自己中心的な性格
  • いつまでも大人になれない性格
  • 物事にこだわりがない性格
  • まとめ

1. 物事に対してそれほどの危機感を持っていない性格 のんびりしていない性格の場合、例えば今日中にやり終わらなければならないものに対して「今日までにこれを仕上げなくちゃ!〇時までには終わらせるぞ!」というような感情になるのですが、のんびりしている性格の場合危機感がそれほどなく、「終わらなかったら終わらなかったで別に良いや」「終わらなかったら誰かに手伝ってもらおう」などという感情なのです。

そのため、学生の時は通用していたが、社会人になるとこうした性格が通用しなくなるため苦労してしまう部分もあります。

ですが、普段から危機感を持っていないのんびりしている男性は、苦労をしていたとしてもそれほど深く悩まないのです。

  • 平和主義で争い事が嫌いな性格
  • 周りが見えていない自己中心的な性格
  • いつまでも大人になれない性格
  • 物事にこだわりがない性格
  • まとめ

2. 平和主義で争い事が嫌いな性格

平和主義で争い事が嫌いな性格

争い事を好む人はほとんど居ませんが、のんびりしている男性はより争い事を嫌います。

その理由としては、のんびりしている男性は〝平和主義″ということがモットーでもあるので競争心がないというだけではなく、争い事が起きそうになると身を引いてその場をどうにか収めようとするのです。

ですが、人生には誰かと競争しなければならない環境になることもないとは言えません。

こうした時は逃げてしまうか、怖気ずいてしまうのがのんびりしている男性の性格です。

3. 周りが見えていない自己中心的な性格

周りが見えていない自己中心的な性格

のんびりしている男性は周りがほとんど見えておらず、自己中心的な行動をとることがよくあります。

例えば数人で飲食店に入った時に中々メニューが決まらずに1人で何十分も悩んでしまって同席した人たちの事を待たせていたり、同席している人たちは食事が終わっているのにのんびりしている男性はまだ半分位しか食べ終わっておらず、それなのに食事が食べ終わると1人だけ食後のデザートを注文して更に同席している人たちを待たせたりします。

ただのんびりしている性格なのであれば特に周囲も気にはなりませんが、周りが見えていない自己中心的なのんびりしている性格の男性の場合、こうした言動に周囲は苛立ってしまいのんびりしている男性と徐々に距離を置いていったりもします。

その結果1人行動が多くなり、よりのんびりとした性格になったり、〝類は友を呼ぶ″という言葉があるように自分に似た性格の人たちと仲良くしていることがよくあります。

4. いつまでも大人になれない性格

いつまでも大人になれない性格

のんびりしている男性は何歳になっても大人になりきれていません。

その理由としてはのんびりとしている性格ということで決められた期限を守って仕事や提出することはほとんどなく危機感がありません。

また、競争心がなく争い事が嫌いなのでこうした事が起きると逃げてしまったり、争い事が起きないように身を引いたりし、のんびりした性格なことで周囲が手を貸してしまったり、「あの子に頼むと遅いから自分でやった方が早い」などと思われているため、仕事での頼みごとはほとんどされません。

その結果、のんびりした性格が故にいつまでも大人になれず、同い年の男性と、のんびりしている男性では仕事の効率や出来、周囲からの信頼度が全く違うのです。

5. 物事にこだわりがない性格

物事にこだわりがない性格

何事に対しても基本的にこだわりがありません。

そのためその場を適当にやり過ごしたり、出された物に文句を言うことなく食べたり飲んだりもします。

「自分の意思がないんじゃないか?

「本当にやる気があるのか?

などと周囲から思われて不安を感じさせてしまうこともあるのですが、実は物事にこだわりがないことでのんびりしている性格の男性は、人生が上手くいくことが結構あるのです。

その理由としては例えばのんびりしていない男性は「こういう仕事じゃなくて〇〇な仕事に就きたい」というこだわりがあり、自分のこだわりに向かって就職活動をしますがこだわりが強過ぎて返って中々就職先が決まらない状況になったりもします。

ですがのんびりしている男性は「自宅から近ければどこでも良い」というこだわりのなさの為、すぐに就職先が見つかるといった感じになるのです。

まとめ

のんびりしている性格の男性は周囲から反感を買ってしまったり、集団の輪を乱してしまうことがほとんどですが、世の中を楽観的に見れているので逆にそれが周囲に安心感を与えることがあったりします。

普段のんびりしている男性に苛立ってしまっても、ピンチの時や危機的状況の時にのんびりしている男性が側にいることで平常心になれる環境をくれるのも、のんびりしている男性の魅力的な一面でもあります。

のんびりしている性格の女性は意外と多く存在しますが、男性でのんびりしている性格は意外と多くはありません。

では、どんな男性がのんびりしている性格をしているのでしょうか?

のんびりしている男性の性格をご紹介します。


1. 物事に対してそれほどの危機感を持っていない性格 のんびりしていない性格の場合、例えば今日中にやり終わらなければならないものに対して「今日までにこれを仕上げなくちゃ!〇時までには終わらせるぞ!」というような感情になるのですが、のんびりしている性格の場合危機感がそれほどなく、「終わらなかったら終わらなかったで別に良いや」「終わらなかったら誰かに手伝ってもらおう」などという感情なのです。

そのため、学生の時は通用していたが、社会人になるとこうした性格が通用しなくなるため苦労してしまう部分もあります。

ですが、普段から危機感を持っていないのんびりしている男性は、苦労をしていたとしてもそれほど深く悩まないのです。


平和主義で争い事が嫌いな性格

争い事を好む人はほとんど居ませんが、のんびりしている男性はより争い事を嫌います。

その理由としては、のんびりしている男性は〝平和主義″ということがモットーでもあるので競争心がないというだけではなく、争い事が起きそうになると身を引いてその場をどうにか収めようとするのです。

ですが、人生には誰かと競争しなければならない環境になることもないとは言えません。

こうした時は逃げてしまうか、怖気ずいてしまうのがのんびりしている男性の性格です。

周りが見えていない自己中心的な性格

のんびりしている男性は周りがほとんど見えておらず、自己中心的な行動をとることがよくあります。

例えば数人で飲食店に入った時に中々メニューが決まらずに1人で何十分も悩んでしまって同席した人たちの事を待たせていたり、同席している人たちは食事が終わっているのにのんびりしている男性はまだ半分位しか食べ終わっておらず、それなのに食事が食べ終わると1人だけ食後のデザートを注文して更に同席している人たちを待たせたりします。

ただのんびりしている性格なのであれば特に周囲も気にはなりませんが、周りが見えていない自己中心的なのんびりしている性格の男性の場合、こうした言動に周囲は苛立ってしまいのんびりしている男性と徐々に距離を置いていったりもします。

その結果1人行動が多くなり、よりのんびりとした性格になったり、〝類は友を呼ぶ″という言葉があるように自分に似た性格の人たちと仲良くしていることがよくあります。

いつまでも大人になれない性格

のんびりしている男性は何歳になっても大人になりきれていません。

その理由としてはのんびりとしている性格ということで決められた期限を守って仕事や提出することはほとんどなく危機感がありません。

また、競争心がなく争い事が嫌いなのでこうした事が起きると逃げてしまったり、争い事が起きないように身を引いたりし、のんびりした性格なことで周囲が手を貸してしまったり、「あの子に頼むと遅いから自分でやった方が早い」などと思われているため、仕事での頼みごとはほとんどされません。

その結果、のんびりした性格が故にいつまでも大人になれず、同い年の男性と、のんびりしている男性では仕事の効率や出来、周囲からの信頼度が全く違うのです。

物事にこだわりがない性格

何事に対しても基本的にこだわりがありません。

そのためその場を適当にやり過ごしたり、出された物に文句を言うことなく食べたり飲んだりもします。

「自分の意思がないんじゃないか?

「本当にやる気があるのか?

などと周囲から思われて不安を感じさせてしまうこともあるのですが、実は物事にこだわりがないことでのんびりしている性格の男性は、人生が上手くいくことが結構あるのです。

その理由としては例えばのんびりしていない男性は「こういう仕事じゃなくて〇〇な仕事に就きたい」というこだわりがあり、自分のこだわりに向かって就職活動をしますがこだわりが強過ぎて返って中々就職先が決まらない状況になったりもします。

ですがのんびりしている男性は「自宅から近ければどこでも良い」というこだわりのなさの為、すぐに就職先が見つかるといった感じになるのです。

のんびりしている性格の男性は周囲から反感を買ってしまったり、集団の輪を乱してしまうことがほとんどですが、世の中を楽観的に見れているので逆にそれが周囲に安心感を与えることがあったりします。

普段のんびりしている男性に苛立ってしまっても、ピンチの時や危機的状況の時にのんびりしている男性が側にいることで平常心になれる環境をくれるのも、のんびりしている男性の魅力的な一面でもあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-