【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401160546.html
オーラの無い男性の特徴

オーラの無い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
オーラの無い男性の特徴

影の薄い人は、集団の中にいると霞んでしまいます。

そんなオーラのない男性の特徴をまとめてみました。

  • 不健康そうな顔色
  • 猫背
  • 自分に自信がない
  • 声が小さい
  • 自己主張があまりない
  • 無表情
  • ネガテイブ思考
  • まとめ

1. 不健康そうな顔色

不健康そうな顔色

華やかなオーラの無い人は、顔が青白く血色が悪いので、病気がちに見える事が多いでしょう。

顔色が不健康そうだと、どんよりとした雰囲気が漂ってしまい、遊びに誘うのも躊躇ってしまいます。

顔色が悪いだけで、表情全体が暗くなってしまうため、放って置いて欲しいというマイナスのオーラが漂うのです。

知らぬうちに、周囲に必要のない心配や気を遣わせてしまいます。

2. 猫背

猫背

オーラがある人は決まって背筋をピシッと伸ばして姿勢を正しています。

背中を丸めているだけで、頼りなく見えてしまい、出来る男とはかけ離れてしまうのです。

オーラは目に見えないけれども、確実に人に影響力を与えます。

背中を丸めて俯いてばかりいると、どんどんオーラが無くなって人の波に埋もれてしまいます。

暗くてつまらない人とも思われ兼ねません。

3. 自分に自信がない

自分に自信がない

オーラが無い人は自分に自信もありません。

人に自分を見せる程の自信もないので、出来れば目立ちたくないという気持ちが強まって、目立つ行動を避けるように生きるのです。

自分に自信が無い人は、自らが自らの手で自分のオーラを消して生きる事を選んでいるのです。

オーラとは、内側に秘めた自信そのものなので、自己肯定感の低い人は、人を惹きつけるオーラは皆無でしょう。

4. 声が小さい

声が小さい

話し声が小さく、ボソボソ話す人は、自分の発言に自信が持てなかったり、人前で話す事自体に抵抗を感じています。

声が小さいと、活気が無く、弱々しい人とみられ、大勢の中だと忘れられやすい存在になります。

大声を張り上げて話さなくても、せめて普通にしていて聞こえるくらいの声量で話す事が出来なければ、オーラも何もありません。

おとなしいくて存在感の無い人と思われて、蚊帳の外にされてしまうでしょう。

5. 自己主張があまりない

自己主張があまりない

自分の意見をハッキリ言える人は、大きな存在感を放ちます。

それに比べ、自己主張の少ないうちに籠るタイプの人は、オーラを感じさせません。

『自分』というアイデンティティーをしっかり確立出来ていない人は、どこかふわふわしていて、人の心にインパクトを残しません。

いつもその他、大勢の脇役のポジションがお似合いの人になってしまいます。

6. 無表情

無表情

楽しい時は思い切り笑い、悲しい時は涙を流す感情表現豊かな人は自然と明るいオーラに満ち溢れ、周囲に人が集まってきます。

無表情な人はどうでしょう。

頭の中で何を考えているか、相手にサッパリ伝わらず、オーラすら感じる事が出来ません。

人は言葉だけでは無く、表情で訴える事も出来れば、表情から多くの事を感じさせます。

顔の筋肉が固まってしまっている人は、損な生き方をしているのです。

7. ネガテイブ思考

ネガテイブ思考

物事を悪い方向に考える癖がついてしまっている人は、マイナスのエネルギーばかりが溜まってしまい、良いオーラを発する事が出来ません。

ネガテイブ思考を上手に隠しているつもりでも、言葉の端々に僻みや、妬みなどが見え隠れしてしまうのです。

そんな暗い思考をしているうちは、人を惹きつけるオーラが微塵も感じられず、心から人と打ち解け合う事も出来ずに、上辺だけの人間関係で終わってしまいます。

まとめ

何故か魅力的に見える人は、不思議と人を惹きつけるオーラを放っています。

それは、目に見える事もなく、言葉では表現出来ない不思議な力ですが、自分を信じ、自分を愛してあげる事が出来れば、自然に良いオーラが放たれます。

オーラが表れるようになると、自然と運気が上がってきます。

すると、幸運が舞い込みやすくなり、気がつけば、多く人から愛され体質に変わっていくのです。

影の薄い人は、集団の中にいると霞んでしまいます。

そんなオーラのない男性の特徴をまとめてみました。


不健康そうな顔色

華やかなオーラの無い人は、顔が青白く血色が悪いので、病気がちに見える事が多いでしょう。

顔色が不健康そうだと、どんよりとした雰囲気が漂ってしまい、遊びに誘うのも躊躇ってしまいます。

顔色が悪いだけで、表情全体が暗くなってしまうため、放って置いて欲しいというマイナスのオーラが漂うのです。

知らぬうちに、周囲に必要のない心配や気を遣わせてしまいます。

猫背

オーラがある人は決まって背筋をピシッと伸ばして姿勢を正しています。

背中を丸めているだけで、頼りなく見えてしまい、出来る男とはかけ離れてしまうのです。

オーラは目に見えないけれども、確実に人に影響力を与えます。

背中を丸めて俯いてばかりいると、どんどんオーラが無くなって人の波に埋もれてしまいます。

暗くてつまらない人とも思われ兼ねません。

自分に自信がない

オーラが無い人は自分に自信もありません。

人に自分を見せる程の自信もないので、出来れば目立ちたくないという気持ちが強まって、目立つ行動を避けるように生きるのです。

自分に自信が無い人は、自らが自らの手で自分のオーラを消して生きる事を選んでいるのです。

オーラとは、内側に秘めた自信そのものなので、自己肯定感の低い人は、人を惹きつけるオーラは皆無でしょう。

声が小さい

話し声が小さく、ボソボソ話す人は、自分の発言に自信が持てなかったり、人前で話す事自体に抵抗を感じています。

声が小さいと、活気が無く、弱々しい人とみられ、大勢の中だと忘れられやすい存在になります。

大声を張り上げて話さなくても、せめて普通にしていて聞こえるくらいの声量で話す事が出来なければ、オーラも何もありません。

おとなしいくて存在感の無い人と思われて、蚊帳の外にされてしまうでしょう。

自己主張があまりない

自分の意見をハッキリ言える人は、大きな存在感を放ちます。

それに比べ、自己主張の少ないうちに籠るタイプの人は、オーラを感じさせません。

『自分』というアイデンティティーをしっかり確立出来ていない人は、どこかふわふわしていて、人の心にインパクトを残しません。

いつもその他、大勢の脇役のポジションがお似合いの人になってしまいます。

無表情

楽しい時は思い切り笑い、悲しい時は涙を流す感情表現豊かな人は自然と明るいオーラに満ち溢れ、周囲に人が集まってきます。

無表情な人はどうでしょう。

頭の中で何を考えているか、相手にサッパリ伝わらず、オーラすら感じる事が出来ません。

人は言葉だけでは無く、表情で訴える事も出来れば、表情から多くの事を感じさせます。

顔の筋肉が固まってしまっている人は、損な生き方をしているのです。

ネガテイブ思考

物事を悪い方向に考える癖がついてしまっている人は、マイナスのエネルギーばかりが溜まってしまい、良いオーラを発する事が出来ません。

ネガテイブ思考を上手に隠しているつもりでも、言葉の端々に僻みや、妬みなどが見え隠れしてしまうのです。

そんな暗い思考をしているうちは、人を惹きつけるオーラが微塵も感じられず、心から人と打ち解け合う事も出来ずに、上辺だけの人間関係で終わってしまいます。

何故か魅力的に見える人は、不思議と人を惹きつけるオーラを放っています。

それは、目に見える事もなく、言葉では表現出来ない不思議な力ですが、自分を信じ、自分を愛してあげる事が出来れば、自然に良いオーラが放たれます。

オーラが表れるようになると、自然と運気が上がってきます。

すると、幸運が舞い込みやすくなり、気がつけば、多く人から愛され体質に変わっていくのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-