【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401160543.html
情に弱い男性の恋愛傾向

情に弱い男性の恋愛傾向 | LADYCO

LADYCO
情に弱い男性の恋愛傾向

情に弱い男性は恋愛において不利なことや後悔も多そうです。

その恋愛傾向を考えながらどうあるべきかも考えていきましょう。

  • 別れようと決心しても彼女に泣かれてまたヨリを戻してしまう
  • 「あなたしかいないの」と言われたら仕方ないと思ってしまう
  • 浮気をされても寂しくさせた自分が悪いと自己嫌悪に陥る
  • 告白してきてくれた女性を振ることができず付き合ってしまう
  • 彼女の親と親しくなると情がわいてもう別れることができない
  • 陰のある女性を放っておけず気づけば好きになっている
  • まとめ

1. 別れようと決心しても彼女に泣かれてまたヨリを戻してしまう

別れようと決心しても彼女に泣かれてまたヨリを戻してしまう

情に弱い男性は彼女と別れようと決心しても泣かれてしまうと意思を貫き通すことができずヨリを戻してしまったりします。

女性の涙にはめっぽう弱く、泣かせてしまった自分に罪悪感を感じてしまうので強く言えません。

それをいいことに普段から大事な場面で涙を見せて振り回すような彼女が形成されてしまうこともあり、交際中からわがままな彼女に振り回されてしまうことも多いでしょう。

2. 「あなたしかいないの」と言われたら仕方ないと思ってしまう

「あなたしかいないの」と言われたら仕方ないと思ってしまう

情に弱い男性は女性の弱々しい言葉を聞くと突き放すことができません。

「あなたしかいないの」と言われたら「仕方ないか…」と別れを躊躇ってしまったり、嘘っぽい理由でデートに遅れてきた時もしおらしく反省の言葉を述べている彼女を責めることなどできません。

情に弱い男性は優しい性格なので素直に言葉を受け止めます。

しかし、女性はコントロールできる男性を便利だとかちょろい相手と見ていることもあり、切なくなってしまいます。

3. 浮気をされても寂しくさせた自分が悪いと自己嫌悪に陥る

浮気をされても寂しくさせた自分が悪いと自己嫌悪に陥る

彼女に浮気をされても「寂しくさせた自分が悪い」と自己嫌悪に陥ることがあるというのも特徴のひとつです。

相手を責めるより自分に原因がないかを先に考えるタイプですし、自分に原因があるに違いないと思い込むタイプでもあります。

そう思おうとすることで彼女の気持ちが完全に自分から離れてしまったと考えないようにしている場合もありますが、思い込もうとするうちに本当に自分が悪いような気分になっていきます。

4. 告白してきてくれた女性を振ることができず付き合ってしまう

告白してきてくれた女性を振ることができず付き合ってしまう

情に弱い男性は女性が告白してきてくれると振ることができません。

勇気を出して告白した相手が傷つくだろうと想像し、目の前でそんな様子を見たくないと思ってしまいます。

そのため、よほど嫌いなタイプじゃないならそのまま何となく付き合ってしまうなんてことも起こりやすく、結果的に彼女を不安にさせたり悲しませる結果になってしまうこともあります。

5. 彼女の親と親しくなると情がわいてもう別れることができない

彼女の親と親しくなると情がわいてもう別れることができない

情に弱い男性は自分の親にも優しいですから、彼女の親とも一度親しくなってしまうとすっかり情がわいてきます。

優しい性格で気遣いもできるので彼女の親にも気に入られやすいのですが、彼女と順調に交際している間はそれで良くても別れたくなった時に切り出せずに困ってしまいます。

彼女を悲しませるのももちろん辛いですが、彼氏ができたことに喜んでくれていた相手の親を思い出すと責任を感じてしまい、別れることがかなりの負担に思えてしまいます。

6. 陰のある女性を放っておけず気づけば好きになっている

陰のある女性を放っておけず気づけば好きになっている

情に弱い男性は陰のある女性を放っておけません。

話しかけたりはしなくてもつい言動を気にかけてしまうので、接点が多かったりあまりにも寂しそうな様子だといつのまにか好きになっていたと気づくということもあります。

顔が好みだとか気が合うからという理由ではないため、それは捨て犬を拾うような感覚です。

情でしかない関係はたとえ交際に発展しても依存し合うことになりやすく後悔することも多いでしょう。

まとめ

情に弱い男性は彼女との恋愛の駆け引きに負けてしまうことが多く、好きという強い思いがないまま女性と付き合うことになってしまうこともあります。

しかし、その優しい性格が女性にモテるポイントでもあるので離れたくないと迫られることも多そうです。

情に弱くても後悔のない交際がしたいのであれば、相手以上に自分の気持ちを大切にすることを忘れずにいたいですね。

情に弱い男性は恋愛において不利なことや後悔も多そうです。

その恋愛傾向を考えながらどうあるべきかも考えていきましょう。


別れようと決心しても彼女に泣かれてまたヨリを戻してしまう

情に弱い男性は彼女と別れようと決心しても泣かれてしまうと意思を貫き通すことができずヨリを戻してしまったりします。

女性の涙にはめっぽう弱く、泣かせてしまった自分に罪悪感を感じてしまうので強く言えません。

それをいいことに普段から大事な場面で涙を見せて振り回すような彼女が形成されてしまうこともあり、交際中からわがままな彼女に振り回されてしまうことも多いでしょう。

「あなたしかいないの」と言われたら仕方ないと思ってしまう

情に弱い男性は女性の弱々しい言葉を聞くと突き放すことができません。

「あなたしかいないの」と言われたら「仕方ないか…」と別れを躊躇ってしまったり、嘘っぽい理由でデートに遅れてきた時もしおらしく反省の言葉を述べている彼女を責めることなどできません。

情に弱い男性は優しい性格なので素直に言葉を受け止めます。

しかし、女性はコントロールできる男性を便利だとかちょろい相手と見ていることもあり、切なくなってしまいます。

浮気をされても寂しくさせた自分が悪いと自己嫌悪に陥る

彼女に浮気をされても「寂しくさせた自分が悪い」と自己嫌悪に陥ることがあるというのも特徴のひとつです。

相手を責めるより自分に原因がないかを先に考えるタイプですし、自分に原因があるに違いないと思い込むタイプでもあります。

そう思おうとすることで彼女の気持ちが完全に自分から離れてしまったと考えないようにしている場合もありますが、思い込もうとするうちに本当に自分が悪いような気分になっていきます。

告白してきてくれた女性を振ることができず付き合ってしまう

情に弱い男性は女性が告白してきてくれると振ることができません。

勇気を出して告白した相手が傷つくだろうと想像し、目の前でそんな様子を見たくないと思ってしまいます。

そのため、よほど嫌いなタイプじゃないならそのまま何となく付き合ってしまうなんてことも起こりやすく、結果的に彼女を不安にさせたり悲しませる結果になってしまうこともあります。

彼女の親と親しくなると情がわいてもう別れることができない

情に弱い男性は自分の親にも優しいですから、彼女の親とも一度親しくなってしまうとすっかり情がわいてきます。

優しい性格で気遣いもできるので彼女の親にも気に入られやすいのですが、彼女と順調に交際している間はそれで良くても別れたくなった時に切り出せずに困ってしまいます。

彼女を悲しませるのももちろん辛いですが、彼氏ができたことに喜んでくれていた相手の親を思い出すと責任を感じてしまい、別れることがかなりの負担に思えてしまいます。

陰のある女性を放っておけず気づけば好きになっている

情に弱い男性は陰のある女性を放っておけません。

話しかけたりはしなくてもつい言動を気にかけてしまうので、接点が多かったりあまりにも寂しそうな様子だといつのまにか好きになっていたと気づくということもあります。

顔が好みだとか気が合うからという理由ではないため、それは捨て犬を拾うような感覚です。

情でしかない関係はたとえ交際に発展しても依存し合うことになりやすく後悔することも多いでしょう。

情に弱い男性は彼女との恋愛の駆け引きに負けてしまうことが多く、好きという強い思いがないまま女性と付き合うことになってしまうこともあります。

しかし、その優しい性格が女性にモテるポイントでもあるので離れたくないと迫られることも多そうです。

情に弱くても後悔のない交際がしたいのであれば、相手以上に自分の気持ちを大切にすることを忘れずにいたいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-