【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401160540.html
自分のことをあまり話さない男性の特徴

自分のことをあまり話さない男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分のことをあまり話さない男性の特徴

自分のことをあまり話さない男性はなぜ話してくれないのでしょうか。

それをしないことで人付き合いにも影響が出ます。

特徴を知ることで理由を考えてみましょう。

  • 自分なんかに興味を持ってもらえないと思い込んでいる
  • 話術に自信がないので話すこと自体が苦手である
  • 相手の話を聞いてアドバイスするのが好きである
  • 自分を見せることが恥ずかしかったり損した気分になってしまう
  • ミステリアスな印象を持たれ続けたい
  • 悩みや不満がない余裕の男と思われたい
  • まとめ

1. 自分なんかに興味を持ってもらえないと思い込んでいる

自分なんかに興味を持ってもらえないと思い込んでいる

自分のことをあまり話さない男性の中には「どうせ自分なんかに興味を持ってもらえないだろう…」と思い込んでいる人がいます。

面白みのない人間だと自覚していますし、相手と合わないと感じているならなおさら話したところで共通点や関心を持ってもらえそうな部分はほとんど見つかりません。

そのため、興味を持ってもらえるように話してみようという希望を持つことすらなかなかできないのです。

2. 話術に自信がないので話すこと自体が苦手である

話術に自信がないので話すこと自体が苦手である

口下手な男性は話術に自信がなく話すこと自体が苦手です。

コンプレックスとなっているせいで積極的に自分から会話をしようとはしないので、話さなければ困ることや相手からの問いかけなど最低限の内容のみで会話が終わってしまい、自分のことを話す時間がなくなってしまいます。

話術に自信さえあれば時間が限られていてもつっこんで話を進めることもできますが、そうまでして自分のことを話したいと思えないのでどんどん消極的になっていきます。

3. 相手の話を聞いてアドバイスするのが好きである

相手の話を聞いてアドバイスするのが好きである

自分のことを聞いてもらうよりも相手の話を聞いてアドバイスしたりする方が好きという男性は自分のことはあまり話さなくていいと自然に思うようになってしまいます。

聞き上手な自分が好かれているという感覚があり、相手に嫌われたくないと思うことでいつまでも聞き上手スタイルがやめられません。

人が喜ぶ顔を見るのも好きで、聞いてあげる時の嬉しげな相手の表情を見たいという思いもあります。

会話は自分のためではなく人を喜ばせるためという感覚の男性なのです。

4. 自分を見せることが恥ずかしかったり損した気分になってしまう

自分を見せることが恥ずかしかったり損した気分になってしまう

自分のことをあまり話さないのは自分を見せることが恥ずかしいというシャイな性格の人だからです。

価値観がバレてしまうと馬鹿にされてしまう可能性もありますし、相手のイメージと本当の自分がかけ離れていると大げさに驚かれてしまうのでこちらが動揺する羽目になります。

相手にとってどの自分がウケがいいのかわからず、つい身構えてしまうのです。

また、そうまでして自分を晒すことが損した気分になってしまうという感覚の男性もいます。

5. ミステリアスな印象を持たれ続けたい

ミステリアスな印象を持たれ続けたい

ミステリアスな印象を持たれている男性はそのイメージを保っていたいと考えて自分の事を隠し続けることがあります。

これは、人とは違ってちょっとクセのある印象を持たれる自分が個性的で面白いと感じているということです。

特に女性からミステリアスと言われた時はセクシーに感じていると思うこともできるため、女性に色気を感じてもらいながら興味を持ち続けてもらいたいと狙っています。

6. 悩みや不満がない余裕の男と思われたい

悩みや不満がない余裕の男と思われたい

自分のことを話してしまうと愚痴や悩みだって聞かせることにもなるでしょう。

そうすると自分が案外ちっぽけな男だったと相手にバレてしまうことになり、ちょっとかっこ悪いように感じます。

自分のことをあまり話さないことで悩みや不満がない余裕な男と思ってもらえるなら、男友達からは一目置かれ女性からは頼もしいとモテる可能性もあります。

自分を大きく見せたくて本当の自分を知られないようにしているということです。

まとめ

自分のことをあまり話さない男性にも理由があります。

そんな男性でも話してくれたらいいのにと思うならまずは自分から話してみるのが先決です。

優しい性格の男性であればちょっと無理してでも自分のことを話そうと努力してくれるでしょうし、わかり合える相手だと知れば話す勇気もわいてくるのではないでしょうか。

自分のことをあまり話さない男性はなぜ話してくれないのでしょうか。

それをしないことで人付き合いにも影響が出ます。

特徴を知ることで理由を考えてみましょう。


自分なんかに興味を持ってもらえないと思い込んでいる

自分のことをあまり話さない男性の中には「どうせ自分なんかに興味を持ってもらえないだろう…」と思い込んでいる人がいます。

面白みのない人間だと自覚していますし、相手と合わないと感じているならなおさら話したところで共通点や関心を持ってもらえそうな部分はほとんど見つかりません。

そのため、興味を持ってもらえるように話してみようという希望を持つことすらなかなかできないのです。

話術に自信がないので話すこと自体が苦手である

口下手な男性は話術に自信がなく話すこと自体が苦手です。

コンプレックスとなっているせいで積極的に自分から会話をしようとはしないので、話さなければ困ることや相手からの問いかけなど最低限の内容のみで会話が終わってしまい、自分のことを話す時間がなくなってしまいます。

話術に自信さえあれば時間が限られていてもつっこんで話を進めることもできますが、そうまでして自分のことを話したいと思えないのでどんどん消極的になっていきます。

相手の話を聞いてアドバイスするのが好きである

自分のことを聞いてもらうよりも相手の話を聞いてアドバイスしたりする方が好きという男性は自分のことはあまり話さなくていいと自然に思うようになってしまいます。

聞き上手な自分が好かれているという感覚があり、相手に嫌われたくないと思うことでいつまでも聞き上手スタイルがやめられません。

人が喜ぶ顔を見るのも好きで、聞いてあげる時の嬉しげな相手の表情を見たいという思いもあります。

会話は自分のためではなく人を喜ばせるためという感覚の男性なのです。

自分を見せることが恥ずかしかったり損した気分になってしまう

自分のことをあまり話さないのは自分を見せることが恥ずかしいというシャイな性格の人だからです。

価値観がバレてしまうと馬鹿にされてしまう可能性もありますし、相手のイメージと本当の自分がかけ離れていると大げさに驚かれてしまうのでこちらが動揺する羽目になります。

相手にとってどの自分がウケがいいのかわからず、つい身構えてしまうのです。

また、そうまでして自分を晒すことが損した気分になってしまうという感覚の男性もいます。

ミステリアスな印象を持たれ続けたい

ミステリアスな印象を持たれている男性はそのイメージを保っていたいと考えて自分の事を隠し続けることがあります。

これは、人とは違ってちょっとクセのある印象を持たれる自分が個性的で面白いと感じているということです。

特に女性からミステリアスと言われた時はセクシーに感じていると思うこともできるため、女性に色気を感じてもらいながら興味を持ち続けてもらいたいと狙っています。

悩みや不満がない余裕の男と思われたい

自分のことを話してしまうと愚痴や悩みだって聞かせることにもなるでしょう。

そうすると自分が案外ちっぽけな男だったと相手にバレてしまうことになり、ちょっとかっこ悪いように感じます。

自分のことをあまり話さないことで悩みや不満がない余裕な男と思ってもらえるなら、男友達からは一目置かれ女性からは頼もしいとモテる可能性もあります。

自分を大きく見せたくて本当の自分を知られないようにしているということです。

自分のことをあまり話さない男性にも理由があります。

そんな男性でも話してくれたらいいのにと思うならまずは自分から話してみるのが先決です。

優しい性格の男性であればちょっと無理してでも自分のことを話そうと努力してくれるでしょうし、わかり合える相手だと知れば話す勇気もわいてくるのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-