【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401155556.html
真ん中っ子男子の恋愛傾向

真ん中っ子男子の恋愛傾向 | LADYCO

LADYCO
真ん中っ子男子の恋愛傾向

少子化で三人以上の兄弟は現在では珍しい方ですが、真ん中っ子男子は恋愛においてなかなか人気があるのです。

真ん中っ子男子の恋愛傾向を見ていきましょう。

  • 異性に対してのアピールが強い
  • KYな相手には百年の恋も冷めてしまう
  • 恋愛事で悩みにくい恋愛上級者
  • しつこくされるのは嫌い
  • コミュニケーションの取り過ぎで熱しやすく冷めやすい
  • 相性がいいのは同じ真ん中っ子
  • まとめ

1. 異性に対してのアピールが強い

異性に対してのアピールが強い

上に兄や姉、下に弟や妹がいる真ん中っ子男子は、異性に対してはアピールが強い傾向があります。

というのも自身は真ん中っ子で上も下もいることで、小さい頃から親やまわりの人にあまり注目を浴びることができませんでした。

そういった経験かせあることで真ん中っ子男子は、常に注目を浴びたいと考えているのです。

異性に対しては猛アピールをしてしまうのも、少しでも後れをとりたくないという焦りからきているのです。

2. KYな相手には百年の恋も冷めてしまう

KYな相手には百年の恋も冷めてしまう

恋心を基本的に隠すことがない真ん中っ子男子ですが、意中の相手が空気を読まないKYなタイプだと一気に恋愛感情クールダウンしてしまいます。

というのも真ん中っ子男子は常日頃兄弟に挟まれているので、空気を読む力に優れています。

空気を読まない選択肢をする相手には百年の恋も冷めるのです。

真ん中っ子男子自身は空気を読むことイコール空気を読んだ行動ばかりでないので、相手にとっては理不尽に感じてしまいます。

TPOに合わせた柔軟な姿勢がありつつ真ん中っ子男子の恋愛傾向として八方美人なタイプになりやすいのです。

3. 恋愛事で悩みにくい恋愛上級者

恋愛事で悩みにくい恋愛上級者

真ん中っ子男子の恋愛は割といつでも順調で、まわりからしてみると恋愛上級者というイメージが常につきまといます。

というのも真ん中っ子男子は基本的に人の気を引いたり魅力をこれでもかとアピールするのが上手なので、合コンなどではいつでも好感度が高いのです。

また真ん中っ子男子本人もそれを自覚しているので恋愛で滅多に悩むことはありません。

明るく器用な男子が多いのでモテるタイプです。

4. しつこくされるのは嫌い

しつこくされるのは嫌い

相手からしつこく迫られると途端に引いてしまうのが真ん中っ子男子の恋愛傾向の一つでしょう。

相手にしらけた態度をとることもあります。

というのも真ん中っ子男子は小さい頃は兄弟の陰に隠れて日の目を浴びることができなかった人も多く、承認欲求は人一倍ですが、相手から急に猛アピールされると、恋愛感情が希薄になってしまいます。

つまりいざアピールされると対応に困ってしまって、しっぽを巻いて逃げたくなるケースもあるのです。

愛されたいと思っていても、実際は手放しで愛されることに慣れていないのです。

5. コミュニケーションの取り過ぎで熱しやすく冷めやすい

コミュニケーションの取り過ぎで熱しやすく冷めやすい

恋愛でかまってちゃんになりやすいのが真ん中っ子男子です。

常に注目していてほしい願望を持っています。

そのため真ん中っ子男子とつきあい始めれば一日に多くのやりとりを交わすことは珍しくありません。

最近ではチャットなどで恋人に対してコミュニケーションをとろうとするケースもありますが、実際にはやりとりが頻繁過ぎるとむしろ真ん中っ子男子の方が先に飽きてしまうなんてこともあります。

熱しやすく冷めやすい傾向でしょう。

真ん中っ子男子と付き合った場合、相手のペースをうまくコントロールする術が必要不可欠です。

6. 相性がいいのは同じ真ん中っ子

相性がいいのは同じ真ん中っ子

真ん中っ子男子との恋愛で相性がいいのは同じ真ん中っ子の相手です。

なぜかというと、兄弟に挟まれている兄弟構成は少なくなってきていて、真ん中っ子特有の感性を理解してくれる相手はどちらかというと少ないのです。

ですから同じ恋愛観や人生観などを持つことが多い真ん中っ子の相手であれば、そういった理解不足によるすれ違いを防ぐことができます。

お互い空気を読むのがうまいので目立ったけんかはしない傾向でしょう。

まとめ

真ん中っ子男子の恋愛傾向は、兄弟の間で板挟みになり活躍の機会が少なかったので、恋愛での行動は控えめではありません。

意識的に目立つことで合コンなどでも優位に立ちやすいですが、その分恋愛感情の起伏があるタイプです。

少子化で三人以上の兄弟は現在では珍しい方ですが、真ん中っ子男子は恋愛においてなかなか人気があるのです。

真ん中っ子男子の恋愛傾向を見ていきましょう。


異性に対してのアピールが強い

上に兄や姉、下に弟や妹がいる真ん中っ子男子は、異性に対してはアピールが強い傾向があります。

というのも自身は真ん中っ子で上も下もいることで、小さい頃から親やまわりの人にあまり注目を浴びることができませんでした。

そういった経験かせあることで真ん中っ子男子は、常に注目を浴びたいと考えているのです。

異性に対しては猛アピールをしてしまうのも、少しでも後れをとりたくないという焦りからきているのです。

KYな相手には百年の恋も冷めてしまう

恋心を基本的に隠すことがない真ん中っ子男子ですが、意中の相手が空気を読まないKYなタイプだと一気に恋愛感情クールダウンしてしまいます。

というのも真ん中っ子男子は常日頃兄弟に挟まれているので、空気を読む力に優れています。

空気を読まない選択肢をする相手には百年の恋も冷めるのです。

真ん中っ子男子自身は空気を読むことイコール空気を読んだ行動ばかりでないので、相手にとっては理不尽に感じてしまいます。

TPOに合わせた柔軟な姿勢がありつつ真ん中っ子男子の恋愛傾向として八方美人なタイプになりやすいのです。

恋愛事で悩みにくい恋愛上級者

真ん中っ子男子の恋愛は割といつでも順調で、まわりからしてみると恋愛上級者というイメージが常につきまといます。

というのも真ん中っ子男子は基本的に人の気を引いたり魅力をこれでもかとアピールするのが上手なので、合コンなどではいつでも好感度が高いのです。

また真ん中っ子男子本人もそれを自覚しているので恋愛で滅多に悩むことはありません。

明るく器用な男子が多いのでモテるタイプです。

しつこくされるのは嫌い

相手からしつこく迫られると途端に引いてしまうのが真ん中っ子男子の恋愛傾向の一つでしょう。

相手にしらけた態度をとることもあります。

というのも真ん中っ子男子は小さい頃は兄弟の陰に隠れて日の目を浴びることができなかった人も多く、承認欲求は人一倍ですが、相手から急に猛アピールされると、恋愛感情が希薄になってしまいます。

つまりいざアピールされると対応に困ってしまって、しっぽを巻いて逃げたくなるケースもあるのです。

愛されたいと思っていても、実際は手放しで愛されることに慣れていないのです。

コミュニケーションの取り過ぎで熱しやすく冷めやすい

恋愛でかまってちゃんになりやすいのが真ん中っ子男子です。

常に注目していてほしい願望を持っています。

そのため真ん中っ子男子とつきあい始めれば一日に多くのやりとりを交わすことは珍しくありません。

最近ではチャットなどで恋人に対してコミュニケーションをとろうとするケースもありますが、実際にはやりとりが頻繁過ぎるとむしろ真ん中っ子男子の方が先に飽きてしまうなんてこともあります。

熱しやすく冷めやすい傾向でしょう。

真ん中っ子男子と付き合った場合、相手のペースをうまくコントロールする術が必要不可欠です。

相性がいいのは同じ真ん中っ子

真ん中っ子男子との恋愛で相性がいいのは同じ真ん中っ子の相手です。

なぜかというと、兄弟に挟まれている兄弟構成は少なくなってきていて、真ん中っ子特有の感性を理解してくれる相手はどちらかというと少ないのです。

ですから同じ恋愛観や人生観などを持つことが多い真ん中っ子の相手であれば、そういった理解不足によるすれ違いを防ぐことができます。

お互い空気を読むのがうまいので目立ったけんかはしない傾向でしょう。

真ん中っ子男子の恋愛傾向は、兄弟の間で板挟みになり活躍の機会が少なかったので、恋愛での行動は控えめではありません。

意識的に目立つことで合コンなどでも優位に立ちやすいですが、その分恋愛感情の起伏があるタイプです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-